JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

京都芝3000mデータ|血統・騎手・枠順・馬体重など8つの特徴を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


京都芝3000m・過去10年のデータ分析です。人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や京都芝3000mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

京都競馬場 芝3000m

直線:403.7m

京都芝3000mは菊花賞と万葉Sでのみ使用されるコースで、バックストレートの上り坂の途中からスタートし淀の坂を2回下るコースです。

最初のコーナーまでの距離が短いため内枠で脚を溜めた馬が有利ですが、近年はスタミナに加え直線の瞬発力も求められます。ステイゴールドやゼンノロブロイなどのサンデー系が得意とするコースです。



ー重賞2019ー
クイーンカップ/3連複10点9,100円
京都記念/3連単6点153,540円
根岸ステークス/3連単8点113,580円
愛知杯/3連複10点45,050円
日経新春杯/3連単9点52,650円
フェアリーS/3連単8点383,180円
シンザン記念/3連単9点677,400円
中山金杯/3連単12点865,480円
毎週6~15点内で重賞を的中させてくるのでちょっと見逃せませんね!


真ん中の緑色の無料情報を毎週末チェックしてみてください。
馬券師合同プランという2人の英知を詰め込んだ馬券も気になるところです。

中山記念買い目公開(無料)
メール送ると確認メールくるのでクリックしてログインしてみてください。

京都芝3000mの傾向データ

京都芝3000m 人気データ


1番人気の勝率が高いコースで、菊花賞では過去10年で6度1番人気が優勝しています。

2~4番人気の回収値は低めで5~9番人気の中穴が狙い目。菊花賞でも5番人気で勝ったキタサンブラックや8番人気で勝ったスリーロールスなどが挙げられます。

また2度の坂越えなどトリッキーなコースのため7番人気以下で馬券に絡んでいるのはほぼ関西騎手。関東騎手では唯一吉田隼騎手がフォゲッタブル、ゴールドアクターで2回馬券に絡んでいます。

京都芝3000m 脚質データ


先行馬の信頼度が高く差し馬はやや成績が落ちます。逃げと追い込みの極端な脚質は厳しく、道中内をロスなく回れることが重要。直線は403mありますが4コーナー5番手以内の回収値が高いコースです。

2017年の菊花賞は不良馬場で全馬内を空けていましたが、2014年のトーホウジャッカルのような競馬が理想的です。

京都芝3000m 枠順・馬番データ

枠順

菊花賞と万葉Sでは時期が異なるため2つを合わせると分かりづらいですが、菊花賞では1枠・2枠・7枠がそれぞれ3勝を挙げており複勝率も優秀です。

馬番

菊花賞では1~4番、10~14番に好走馬が多く7~9番からは過去10年で1度も3着以内がありません。万葉Sは小頭数になりやすいレースですが馬番で2~3番、6~8番あたりの成績が良いのが特徴です。

京都芝3000m 馬体重データ


馬体重480kg以上の馬格のある馬が強く、菊花賞では480~499kgに好走馬が集中しています。

520kg越えの馬体重で勝ったのはキタサンブラックですがそれ以外はアルアイン、ベルシャザール、サトノアラジンといった適性外の馬も多く、基本的には長距離を走れるバランスの取れた馬体が好ましいです。

京都芝3000mの血統データ

京都芝3000m 種牡馬データ


長距離適性の高いダンスインザダーク、ステイゴールド以降はこれといった種牡馬がいませんがルーラーシップはキセキ以外の産駒も長距離適性がありそうなので今後に期待。

ゼンノロブロイ産駒は万葉Sでは結果を出しているのですが、クラシックで戦える成長力にやや欠けるのか菊花賞では1番人気で3着に敗れたリアファルなどあと一歩足りない結果に。

相性の悪い種牡馬
・ディープインパクト(1-2-2-22/連対率11.1%)
・マンハッタンカフェ(0-0-0-13/連対率0.0%)

ディープインパクト産駒は長距離は苦手としていますが、ステイゴールド産駒もいなくなる今後は他の種牡馬が台頭しなければ成績を上げるかもしれません。

京都芝3000m 母父データ


母父はサンデーサイレンス、ブライアンズタイム、トニービンの御三家はまずまずの成績を残していますがそれ以外はバラバラ。

短距離種牡馬のサクラバクシンオーやニホンピロウイナー、ダート種牡馬のフォーティナイナーなど絞り込むことが難しいです。

系統で見ると長距離を勝ち切るためにはノーザンダンサー系、ロベルト系、ヘイロー系。3着など穴狙いならミスプロ系が狙い目。

京都芝3000mの騎手・調教師データ

京都芝3000m 騎手データ


酒井騎手はトーホウジャッカルの菊花賞だけでなく、万葉Sでも7番人気のラブラドライドで2着に入るなど長距離レースを得意としています。

ベテランでは武豊騎手、和田騎手が回収値も高め。藤岡佑騎手も菊花賞でのフローテーション、クリンチャーと10番人気以下で2回の2着があります。関東騎手は人気馬なら買いですが、7番人気以下の人気薄なら過去10年では吉田隼騎手しか馬券になっていません。

相性の悪い騎手
・川田将雅(1-0-0-12/連対率7.7%)
・幸英明(0-0-1-9/連対率0.0%)

、川田騎手もビッグウィークの菊花賞以降は万葉Sのタマモベストプレイ、菊花賞のトゥザワールドなどで人気にはなりますが馬券内がありません。

京都芝3000m 調教師データ


長距離レースに強い友道調教師ですが、このコースでは(0-1-1-8)と未だ未勝利。ポポカテペトルやスカイディグニティなど菊花賞の2.3着はありますが、平均人気より着順を落としています。

池江調教師と角居調教師は菊花賞を2勝ずつ挙げています。音無調教師はリアファル、ラブラドライド、オウケンブルースリと異なる3頭で3着以内に入っています。

京都芝3000mの平均タイム

平均タイム(3歳)

クラス平均タイム前3F後3F
オープン3.05.336.535.9

平均タイム(古馬)

クラス平均タイム前3F後3F
オープン3.07.337.435.6

京都芝3000mで行われるレース
・菊花賞
・万葉S

中山記念週は突如人気沸騰中のあのサイトで!かなり使えます「TAZUNA」
人気沸騰中のTAZUNA
人気の理由が一発でわかる的中の数々をご覧ください。

■直近の重賞的中実績
クイーンカップ(4点1,200円→58,200円)
京都記念☆  (6点1,000円→170,600円)
東京新聞杯  (6点1,000円→181,900円)
きさらぎ賞  (24点200円→ 283,920円)




この的中全てに言えること。
”少ない点数でドンピシャ的中!!”

フロックでも何でもない!!
今週は中山記念週。ここのサイトの本当の凄さを味わってください!
土・日重賞含めた4鞍無料提供!平場の1鞍ワイド馬券も2,3点勝負でプラスです。
この予想が無料なら登録して損はありません!

中山記念週の買い目を無料で見る!

京都芝3000mまとめ



・1番人気
・先行馬
・1~2枠、7枠(菊花賞)
・馬体重480~519kg
・父ステイゴールド
・母父ノーザンダンサー系
・父マンハッタンカフェ
・川田将雅、幸英明

京都競馬場 芝コース

芝1200m 芝1400m(内) 芝1400m(外) 芝1600m(内) 芝1600m(外) 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2400m 芝3000m 芝3200m

京都競馬場 ダートコース

ダ1200m ダ1400m ダ1800m ダ1900m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.