中山ダート1200mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

中山競馬場 ダート1200m

過去10年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

中山競馬場 ダート1200m

コース概要

直線:308m

中山ダート1200mは向こう正面奥の芝コースからスタート。コーナーまでは500mで緩やかな下り坂が続いています。スタート後長く芝コースを走れる外枠が有利ですが、ハイペースになることも多く展開次第で前が総崩れになることもあります。

前半のハイペース、コーナーの攻防、直線の急坂とダート短距離の醍醐味を詰めたようなコースです。

中山ダート1200mで行われるレース

  • カペラS
  • 京葉S
  • 千葉S

中山ダート1200m 傾向データ

中山ダート1200m 人気データ

展開次第で紛れも多いコースですが、1番人気はそれなりに信頼できます。5番人気以内の回収値は80前後で安定していて6番人気以下になるとやや低くなる所が多いので、基本的には上位人気に推された馬から

中山ダート1200m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

下級条件では先行有利ですが、クラスが上がるに連れて前半がハイペースになりがちなので差し・追い込み馬が勝ちやすくなります。カペラSでは過去10年中差し・追い込み馬の優勝が6回となっています。

中山ダート1200m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

540kgを超える大型馬はあまり見かけませんが、成績・回収値共に優秀で基本的には馬格がある方がプラス。そもそもダート戦なので大型馬が多い傾向はありますが、迷ったら馬格のある馬を選ぶのがベター。

中山ダート1200m コースデータ(良馬場)

中山ダート1200m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

芝スタートになるため外枠が有利なコースで、6枠と8枠の成績が高めです。8枠は過剰人気することも多いため人気に対して好走しやすいのは6枠。

ただし外有利でも内が不利ということはなく、1~5枠はほぼ成績の差はありません。

馬番

10番より外に入った馬は全体的に成績が良く、若干偶数枠の成績が良いのが特徴です。馬番でも外の14~16番あたりは人気しやすい傾向があり、人気に対して好走しやすいのは10~12番。

また内寄りでは4番も外枠に匹敵する成績を残しています。

中山ダート1200m コースデータ(重馬場)

中山ダート1200m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

稍重以上になると外有利の傾向がやや強まり、内枠になるほど成績が落ちやすくなります。2枠は唯一連対率も10%以下と大きく下がり、7枠は良馬場よりも稍重以上の方が狙いやすくなるのが特徴。

馬番

良馬場時とそれほど変わりませんが10番より外に入った馬が優勢。また偶数枠が有利な傾向も変わらず、単回値が100を超えているのは全て偶数枠です。

中山ダート1200m 血統データ

中山ダート1200m 種牡馬データ

サウスヴィグラスやゴールドアリュール産駒はクラスが上がっても活躍していますが、徐々に産駒数も減ってきています。近年好調なのはキンシャサノキセキ、ファスリエフ、ヨハネスブルグ、ヘニーヒューズあたり。

下級条件ではエスポワールシチーやブラックタイド、スズカコーズウェイも成績・回収値が高め。牝馬に限るとノボジャック産駒の成績が非常に良いのが特徴です。

種牡馬系統別

  • ストームキャット系【68-53-54-480】連対率18.5%
  • フォーティナイナー系【32-36-14-309】連対率17.4%
  • エンドスウィープ系【132-138-144-1437】連対率14.6%

相性の悪い種牡馬

  • ステイゴールド【0-0-1-66】連対率0.0%
  • ベーカバド【2-2-1-65】連対率5.7%
  • ディープブリランテ【1-3-6-57】連対率6.0%

それ以外ではタニノギムレット産駒が(3-10-8-150)と1着が少なく、ヴァーミリアン産駒も(0-7-10-80)と複勝率は悪くありませんが2~3着が多いのが特徴。ただしヴァーミリアンは穴馬の2~3着も多いので注意。

中山ダート1200m 母父データ

ストームキャット系やサドラーズウェルズ系などノーザンダンサー系の母父を持つ馬が強いコースで、表でもストームキャットとキングヘイローの成績が目立ちます。

表以外ではシングスピール、エリシオ、アサティスあたりが複勝率30%以上。

他系統ではプリサイスエンドやエンドスウィープなども複勝率が高めですが、母父エンドスウィープは内国産の母だと複勝率13%、外国産の母だと複勝率34%と傾向が異なるので注意。

母父系統別

  • ストームキャット系【49-37-41-371】連対率17.3%
  • サドラーズウェルズ系【31-32-30-298】連対率16.1%
  • デピュティミニスター系【69-70-61-695】連対率15.5%

相性の悪い母父

  • カーリアン【0-1-1-64】連対率1.5%
  • ヘクタープロテクター【1-4-5-104】連対率4.4%
  • キングカメハメハ【2-6-6-87】連対率7.9%

ノーザンダンサー系の中ではカーリアン、ラムタラ、過去にはマルゼンスキーとニジンスキー系の成績がイマイチです。

中山ダート1200m 騎手・調教師データ

中山ダート1200m 騎手データ

戸崎騎手と横山典騎手はこのコースでの信頼度は非常に高く、内田騎手は近年やや成績を落としています。回収値が高いのは武藤騎手や田辺騎手、あとはミナリク騎手。

関西ではルメール騎手、デムーロ騎手が複勝率40%台ですが人気で飛ぶことも多く、回収値を含めると武豊騎手、福永騎手の方が安定しています。

相性の悪い騎手

  • 原田和真【1-1-3-110】連対率1.7%
  • 木幡育也【1-3-6-82】連対率4.3%
  • 横山和生【5-4-7-186】連対率4.5%

また柴山騎手は(14-20-24-298)で複勝率16.3%に対して勝率3.9%と低め。武士沢騎手や津村騎手も2~3着が多いのが特徴です。

中山ダート1200m 調教師データ

関東では手塚調教師は平場・特別どちらも成績が良く、古賀調教師は特別だと2~3着が多めですが複勝率は40%前後と安定しています。平場のみだと菊沢調教師の回収値が高め。

特別レースになると関西の調教師が目立ち、西浦調教師や村山調教師、中竹調教師あたりが好成績。

相性の悪い調教師

  • 星野忍【3-1-6-148】連対率2.5%
  • 南田美知雄【1-4-6-160】連対率2.9%
  • 加藤和宏【2-5-7-189】連対率3.4%

中山ダート1200m 傾向まとめ

コース傾向

上位人気の信頼度はまずまず
クラスが上がると前傾ラップになり、差しが決まりやすい
馬格がある馬が優勢
良馬場では6枠と8枠の成績が良い
稍重以上だと6~8枠、また偶数馬番が狙い目

血統

ヨハネスブルグ、ヘニーヒューズなど父ストームキャット系の成績が良い
下級条件ではエスポワールシチー、ブラックタイド、ノボジャック(牝馬)産駒
母父ノーザンダンサー系の成績が良い(ニジンスキー系を除く)

騎手・調教師

戸崎、横山典、武豊、福永騎手が好成績
人気薄なら武藤、田辺、ミナリク騎手
手塚調教師は平場・特別共に安定
特別レースでは西浦、村山、中竹調教師など関西の調教師が強い

 

中山競馬場 コースデータ

芝1200m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2500m 芝3600m ダ1200m ダ1800m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。