JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

中山ダート1200mデータ|血統・騎手・枠順・馬体重など8つの特徴を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


中山ダート1200m・過去10年のデータ分析です。

人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や中山ダート1200mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

中山競馬場 ダート1200m

直線:308m


カペラSが行われる中山ダート1200mは向こう正面奥の芝コースからスタート。コーナーまでは500mで緩やかな下り坂が続いています。スタート後長く芝コースを走れる外枠が有利ですが、ハイペースになることも多く展開次第で前が総崩れになることもあります。

前半のハイペース、コーナーの攻防、直線の急坂とダート短距離の醍醐味を詰めたようなコースです。


無料買い目が絶好調!今週は朝日杯FSの買い目を無料配信!

エリザベス女王杯:ラヴズオンリーユー軸で的中!
→3連複4,060×400=16,240円獲得◎(290%回収)
マイルCS:インディチャンプ軸で的中!
→3連複3,200×400=12,800円獲得◎(228%回収)

【Gプレミオ】この秋の重賞は小点数で高配当連発!


グロリアのお勧めコンテンツはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】

今週は「朝日杯FS」週。グロリアは毎週土日2鞍ずつの計4鞍無料配信です!
来週は「有馬記念」の無料買い目も公開予定!

グロリアの無料買い目を見る
↑無料買い目はメール登録で確認できます。エントリーはお早目に!

中山ダート1200mの傾向データ

中山ダート1200m 人気データ


展開次第で紛れも多いコースですが1番人気はそれなりに信頼できます。10番人気前後の大穴が激走することもしばしばあり、上位人気と下位人気の回収値はそれほど変わりません。

中山ダート1200m 脚質データ

※特別レースを集計

直線が308mと短いため基本的には前有利。条件戦では先行が圧倒的に有利ですがクラスが上がるに連れて差し・追い込み馬が台頭します。

中山ダート1200m 枠順・馬番データ

枠順


全ての数値で8枠がトップで全体的に外枠の方が複勝率は高いです。ただ飛び抜けた数字ではないため毎回8枠を狙うのは難しく、外枠ということで人気が先行することもあります。

何より重要なファクターになるのは先行争いを中心とした展開です。

馬番


馬番でも真ん中から外に入った馬の成績が良く10番より外が狙い目です。複勝率ではそれほど差はありませんが、上のクラスになると外寄りの偶数枠に入った馬の勝率がやや高めになっています。

中山ダート1200m 馬体重データ

※特別レースを集計

500kgを越える大型馬が得意としています。そもそもダート戦なので大型馬が多い傾向はありますが、迷ったら馬格のある馬を選ぶのがベター。

中山ダート1200mの血統データ

中山ダート1200m 種牡馬データ


サウスヴィグラス産駒は勝率は高くはありませんが回収値は優秀なのでとりあえず抑えておいて問題はありません。

他にも短距離のダートということでミスプロ系が得意とするコースで、クラスが上がるとデュランダルやトワイニングの成績がアップします。

また近年では牡馬はファスリエフとシニスターミニスター、牝馬ではアイルハヴアナザーやトランセンド産駒がよく馬券に絡んでいます。

相性の悪い種牡馬

  • グラスワンダー【2-2-5-115】連対率3.2%
  • マイネルセレクト【2-4-7-98】連対率5.4%
  • ステイゴールド【0-2-2-70】連対率2.7%

他にはスウェプトオーヴァーボードは下級条件ではそれなりに勝っていますがクラスが上がると非常に苦戦しています。

中山ダート1200m 母父データ


ストームキャット、エンドスウィープが非常に優秀でフレンチデピュティも相性が良さそうです。

またタヤスツヨシはスノードラゴンの母父ですが他にもマルカフリートやゲマインシャフトなど特にこの条件で強く複勝率30%超え。

相性の悪い母父

  • ヘクタープロテクター【2-3-5-122】連対率3.8%
  • ティンバーカントリー【3-3-9-99】連対率5.3%
  • キングカメハメハ【1-3-4-56】連対率6.3%

ヘクタープロテクターやティンバーカントリーは産駒数が多い割に成績はイマイチです。

中山ダート1200mの騎手・調教師データ

中山ダート1200m 騎手データ


内田博騎手、戸崎騎手、横山典騎手の3人が抜けた成績。基本的にはベテランが強いコースで関西では武豊騎手が得意としています。

若手では石川騎手が複勝率22.5%とまずまずの成績で、減量が取れてからもよく穴馬を持ってくるのでお勧めです。

相性の悪い騎手

  • 大庭和弥【0-1-6-185】連対率0.5%
  • 村田一誠【3-3-9-231】連対率2.4%
  • 横山和生【5-3-6-161】連対率4.6%

また柴山騎手は(16-28-26-357)で複勝率16.4%に対して勝率が3.7%とかなり低め。

中山ダート1200m 調教師データ


手塚調教師、萩原調教師は特別レースでの成績もよくこの条件で特にお勧め。関西では安田調教師が複勝率40%弱の成績を残しています。

相性の悪い調教師

  • 星野忍【2-1-7-137】連対率2.0%
  • 南田美知雄【1-4-5-147】連対率3.2%
  • 加藤和宏【2-4-6-160】連対率3.5%

中山ダート1200mの平均タイム

平均タイム(2歳)

クラス平均タイム前3F後3F
新馬1.13.235.138.1
未勝利1.12.734.338.4
500万1.11.933.938.0

平均タイム(3歳)

クラス平均タイム前3F後3F
新馬1.13.635.138.5
未勝利1.12.734.538.3
500万1.11.834.237.7

平均タイム(古馬)

クラス平均タイム前3F後3F
500万1.11.834.237.6
1000万1.11.234.037.2
1600万1.10.733.737.0
オープン1.10.233.736.5

中山ダート1200mで行われるレース

  • カペラS
  • 京葉S
  • 千葉S
  • 春風S
  • ブラッドストーンS
  • 初春S

中山ダート1200mまとめ

・1番人気
・8枠/15~16番
・馬体重500kg以上
・父サウスヴィグラス、デュランダル、トワイニング
・母父ストームキャット、エンドスウィープ、タヤスツヨシ
・内田博幸、戸崎圭太、横山典弘、武豊
・手塚貴久、萩原清、安田隆行
・1~3枠
・父グラスワンダー、ステイゴールド
・母父ヘクタープロテクター、ティンバーカントリー
・大庭和弥、村田一誠
・星野忍、南田美知雄、加藤和宏

中山競馬場 芝コース

芝1200m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2500m 芝3600m

中山競馬場 ダートコース

ダ1200m ダ1800m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。