中山芝1600mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

中山競馬場 芝1600m

過去10年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

中山競馬場 芝1600m

コース概要

直線:310m

中山芝1600mは外回りコースを使用。1200m同様直線部分が少ないため内枠が有利なコースで、序盤は緩やかな下り坂が続くためペースも速くなりがちです。

最後の直線は310mで残り200mからは急坂が待ち構えています。パワーや小回り適性が必要なコースですが、路盤改修やエアレーション作業の影響で9月開催などは高速馬場になりやすい傾向があります。

中山芝1600mで行われるレース

  • ニュージーランドT
  • ダービー卿CT
  • ターコイズS
  • フェアリーS

中山芝1600m 傾向データ

中山芝1600m 人気データ

1番人気馬の複勝率は60%を切っていますが、中山芝コースの中では唯一1番人気の複勝率が60%以下のコースで中波乱が期待できます

重賞のニュージーランドTやフェアリーSなども固い決着になることは少なく、配当も高めになりやすい傾向があります。

ただ芝1200mと比べて10番人気以下の大穴が来るケースはそれほど多くはないため、人気サイドから中穴に流していく形が合っています。

中山芝1600m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

勝利数では先行馬・差し馬が半々くらいの成績。ただし外回りコースは緩やかなカーブが続く形態と短い直線が特徴なので、直線だけで捉えるのは困難です。差し・追い込み馬は末脚だけでなくコーナリングの巧さも重要

出遅れの影響も大きく同じ関東の東京コースで実績をそのまま当てはめるのは危険で、逆に東京苦手で中山得意という馬も多くコース適性も重要になります。

中山芝1600m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

馬格に連れて徐々に成績が上がり、500kg以上になると勝率は10%前後で安定します。特に牡馬は馬格と成績が比例します。牝馬は馬格がある馬よりも440~479kgの好走が多め。

中山芝1600m コースデータ(良馬場)

中山芝1600m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

枠順では内寄りの成績が良く1~4枠に入った馬はプラス評価。5枠から外に入ると連対率など全体的に成績を落としています。

重賞では2枠の成績が非常に良く複勝率は約30%。他の枠が15~20%前後なので断トツの成績と言えます。2枠以外でも3~5枠は連対率も高めで、6枠以降は成績が落ちます。

馬番

馬番では2番、4番、8番など内寄りの偶数枠に入った馬の成績がやや高めです。

重賞では1枠に当たることが多い1~2番、また11番以降は成績が悪く、3~10番の成績が安定しています。

中山芝1600m コースデータ(重馬場)

中山芝1600m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

道悪になると内枠の成績が下がり、内外でイーブンな成績になります。内の1~2枠は人気より着順を落としやすく、外の6~8枠は人気より若干好走しやすくなります。

馬番

馬番でも外の12番以降は単回値が100を超える所が多く穴でも期待できます。馬場状態やクラスに関係なく5~8番は安定感があります。

中山芝1600m 血統データ

中山芝1600m 種牡馬データ

ディープインパクト、キングカメハメハ産駒が安定していますが1最近ではハービンジャー産駒の勢いがあり、ダービー卿CTのヒーズインラブなど重賞レベルの産駒も出始めています。

重賞ではダイワメジャー産駒が強く、ミスパンテールやロジチャリスなどで7勝を挙げています。

ディープインパクト産駒は2017年までは中山マイル重賞で未勝利でしたが、2018年にプリモシーン、カツジ、ミッキーグローリーと一気に3勝を挙げています。

種牡馬系統別

  • キングマンボ系【58-69-38-475】連対率19.8%
  • ダンジグ系【25-23-22-215】連対率16.8%
  • サンデーサイレンス系【293-283-314-2993】連対率14.8%

相性の悪い種牡馬

  • グラスワンダー【2-1-2-99】連対率2.9%
  • ストーミングホーム【3-0-1-48】連対率5.8%
  • スウェプトオーヴァーボード【4-1-4-67】連対率6.6%

中山芝1600m 母父データ

母父サンデーサイレンス、トニービンの出走数が多いですが2頭とも複勝率や回収値ベースでは優秀。サクラユタカオーやファルブラヴも決して多くない出走数の中で結果を残しています。

重賞では母父サンデーサイレンスが非常に強く、これが父ディープインパクトがなかなか勝てなかった理由にもなっています。

近年はミッキーグローリー、カツジがどちらも母父ホワイトマズル、他に重賞では母父シンボリクリスエス、ブライアンズタイムなどのロベルト系も好調です。

母父系統別

  • ネイティヴダンサー系【13-8-4-77】連対率20.6%
  • ストームキャット系【19-8-16-147】連対率18.5%
  • ダンジグ系【37-22-20-292】連対率15.9%

相性の悪い母父

  • マンハッタンカフェ【3-0-3-51】連対率5.3%
  • フジキセキ【8-7-10-157】連対率8.2%
  • コマンダーインチーフ【3-4-5-70】連対率8.5%

父サンデー系の出走が多いコースなので母父サンデー系はイマイチ。その中でもフジキセキ、マンハッタンカフェは相性があまりよくありません。

中山芝1600m 騎手・調教師データ

中山芝1600m 騎手データ

近年成績を大きく伸ばしたのが田辺騎手。回収値は共に100超えで、2015年の京成杯AHでは13番人気のフラアンジェリコで優勝するなど穴でも狙える騎手です。

成績のみを見ると戸崎騎手や横山典騎手も並んでいますが、人気を考えると田辺騎手の方が上。

また短期免許の海外騎手も結果を残しやすいコースで、シュタルケ騎手が(8-3-3-15)で複勝率48%、ベリー騎手が(5-8-1-22)で複勝率38.9%、ムーア騎手は(7-3-0-5)で複勝率66%。

相性の悪い騎手

  • 井上敏樹【0-0-1-45】連対率0.0%
  • 武士沢友治【2-5-9-185】連対率3.5%
  • 藤田菜七子【1-1-1-40】連対率4.7%

中山芝1600m 調教師データ

国枝調教師、堀調教師など関東のトップトレーナーが上位。この2人は重賞でもそれぞれ3勝を挙げトップで並んでいます。

関西では藤岡調教師や西園調教師、清水調教師が好成績。重賞ではカツジやヤマカツエースの池添兼調教師が得意としています。

相性の悪い調教師

  • 本間忍【0-0-4-50】連対率0.0%
  • 石栗龍彦【1-0-1-50】連対率1.9%
  • 武市康男【1-1-6-76】連対率2.4%

中山芝1600m 傾向まとめ

コース傾向

1番人気の信頼度はあまり高くなく、中波乱が期待できるコース
差し・追い込み馬は小回り巧者、コーナリングの巧い馬が狙い目
牡馬は馬格がある馬が優勢、牝馬は460kg前後でも問題なし
良馬場なら1~4枠の偶数馬番、重賞では2枠
稍重以上だと内外の差はなくなる

血統

ディープインパクト、キングカメハメハ産駒が好成績
重賞ではダイワメジャー産駒が好調
近年はハービンジャー産駒も好成績
母父サンデーサイレンスは重賞でも強い
母父ホワイトマズル、ロベルト系に注意

騎手・調教師

戸崎・横山典・短期免許の海外騎手が好成績
田辺騎手は人気関係なく期待

 

中山競馬場 コースデータ

芝1200m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2500m 芝3600m ダ1200m ダ1800m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。