中山芝2500mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

中山芝2500m・過去10年のコースデータ分析です。
人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や中山芝2500mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

◎検証済!無料予想の精度抜群

1か月の検証完了しました!
前日夜無料公開【軸馬速報】集計↓
───────────────
7月12鞍公開6鞍的中!
7/19福島05R 5300円◎
7/19福島01R 7850円◎
7/11阪神05R 14900円◎
7/11阪神01R 24000円◎
7/05阪神01R 16100円◎
7/04阪神09R 4900円◎
───────────────
無料予想ー6月度戦績
6/28阪神06R 32150円◎
6/28阪神09R 11600円◎
6/27東京02R 55250円◎
6/21阪神04R 22550円◎
6/21東京08R 30550円◎
6/20東京02R 56200円◎
6/13阪神06R 42200円◎
6/13阪神01R 30600円◎
6/07東京04R 25700円◎
6/06阪神01R 14500円◎
6/06東京12R 22950円◎
───────────────
1日2鞍週末4鞍→6月は16鞍中11鞍的中!

色々見た中で無料予想の精度は抜群です。
無料登録後【軸馬速報】という箇所をクリック!

中山競馬場 芝2500m

コース概要

直線:310m

中山芝2500mは有馬記念が行われる舞台で外回りの3コーナーからスタート。スタート後すぐに4コーナーのカーブに入り、コーナーの数も6つと多いため内枠が有利なコースで器用さも重要

前半はスローで残り1000m前後からペースアップすることが多く、ロングスパートやマクリ気味の差しが決まることも多いです。

最後の直線は310mで残り200mからは急坂が待ち構えています。パワーや小回り適性が必要なコースですが、路盤改修やエアレーション作業の影響で9月開催などは高速馬場になりやすい傾向があります。

中山芝2500mで行われるレース

  • 有馬記念
  • 日経賞
  • サンシャインS

中山芝2500m 傾向データ

中山芝2500m 人気データ

1番人気と2番人気では勝率など成績はほぼ変わらず、回収値では2番人気の方が上というデータに。さらに3番人気のより4番人気の方が勝率が高いなど、サンプル数が少ないながら紛れのあるコースです。

人気薄が激走することもあり有馬記念のゴールドアクター(8番人気)や日経賞のネコパンチ(12番人気)、古くはマツリダゴッホやダイユウサクなど何が起きるか分からないコースです。

中山芝2500m 脚質データ

6つのコーナーを回りカーブが多いコース形態から先行有利となっています。差し馬も届きますが4コーナー10番手以内は必須。2014年のジャスタウェイは4コーナー12番手から33.4秒の末脚を使うも4着が精一杯でした。

有馬記念では3~4コーナーで馬群が一団になることが多いのですが、短い310mという直線のため前の馬が壁になったり一度ブレーキをかけると取り戻せない事も多いです。

中山芝2500m 馬体重データ

比較的小柄な馬でも好走していますが、これはステイゴールド産駒に小柄な馬が多いため。ステイゴールド産駒以外ならある程度の馬格は必要です。

中山芝2500m コースデータ(良馬場)

中山芝2500m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

1枠に入った馬の成績が非常に良く、やや内枠有利となっています。有馬記念では2017年クイーンズリングや2009年エアシェイディなど内寄りの枠から激走する穴馬が目立ちます。

ただ内枠は人気になりやすく、平均人気と比べて好走しやすいのは3~4枠です。

馬番

多頭数になると14番以降の成績は大きく落ちます。また8番の成績も極端に悪いのが特徴。軸にするなら8番を除いた1~10番からが良さそうです。

2014年 有馬記念枠順公開抽選会 結果

1度だけで廃止になりましたが、2014年にはJRA60周年を記念して有馬記念の枠順が公開ドラフト制で行われました。

外からのデータ分析よりも競馬関係者が選んだ順ということで非常に興味深い内容でしたが、結果1巡目のジェンティルドンナが1着、2巡目のトゥザワールドが2着という結果になりました。この結果を見ても内寄りの偶数枠が良いと言えます。

  1. 2枠4番 ジェンティルドンナ 1着
  2. 3枠6番 トゥザワールド 2着
  3. 1枠2番 ヴィルシーナ
  4. 1枠1番 トーセンラー
  5. 2枠3番 ワンアンドオンリー
  6. 4枠8番 メイショウマンボ
  7. 3枠5番 ラキシス
  8. 4枠7番 ラストインパクト
  9. 5枠10番 フェノーメノ
  10. 5枠9番 ウインバリアシオン
  11. 6枠11番 サトノノブレス
  12. 6枠12番 デニムアンドルビー
  13. 7枠14番 ゴールドシップ
  14. 7枠13番 エピファネイア
  15. 8枠15番 ジャスタウェイ
  16. 8枠16番 オーシャンブルー

中山芝2500m コースデータ(重馬場)

中山芝2500m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

道悪になると外の7~8枠の連対率が落ちます。2018年の有馬記念でシュヴァルグランが15番枠から3着に入ったように3着なら抑えられますが、軸にはできません。

また稍重以上の7~8枠からは6頭が連対していますが、この中で最も外の馬番は12番。詳しくは下の馬番データで紹介しますが、多頭数の外枠は大きく割引き

馬番

道悪だと12番以降の1着は無く、2018年有馬記念のレイデオロも2着でした。

また8番の成績・回収値が目立ちますが、同じく有馬記念のブラストワンピースと2012年日経賞のネコパンチが8番でした。良馬場では8番の成績は非常に悪かったのですが、道悪なら買い

中山芝2500m 血統データ

中山芝2500m 種牡馬データ

オルフェーヴル、ドリームジャーニー、ゴールドシップを擁するステイゴールド産駒が圧倒的な勝利数を誇り、基本的にはサンデー系かロベルト系が強いコースです。

ディープインパクト産駒はこの距離はギリギリで、サトノダイヤモンドとジェンティルドンナが有馬記念を勝ってはいますがそれ以外ではかなり苦戦しています。

種牡馬系統別

  • サンデーサイレンス系【52-55-49-454】連対率17.5%
  • リファール系【3-5-2-34】連対率18.2%
  • ロベルト系【7-10-6-91】連対率14.9%

相性の悪い種牡馬

  • タニノギムレット【1-1-1-20】連対率8.7%
  • ゼンノロブロイ【3-0-0-30】連対率9.1%
  • ジャングルポケット【2-3-5-38】連対率10.4%

中山芝2500m 母父データ

母父サンデーサイレンスは勝率7%と勝ちきれず、サドラーズウェルズやダンシングブレーヴなどの欧州ノーザンダンサー系のコース適性が高めですが重賞では共に不振。

母父ヘロド系のメジロマックイーンはオルフェーヴル、ゴールドシップ、ドリームジャーニーを輩出。有馬記念ではそれ以外に母父ダンジグ系やミスプロ系あたりの好走が目立ちます

母父系統別

  • キングマンボ系【9-5-9-33】連対率25.0%
  • フェアリーキング系【3-3-2-7】連対率40.0%
  • サドラーズウェルズ系【7-6-6-43】連対率21.0%

相性の悪い母父

  • フレンチデピュティ【0-0-0-15】連対率0.0%
  • ダンスインザダーク【1-0-1-23】連対率4.0%
  • ブライアンズタイム【0-1-3-20】連対率4.2%

フレンチデピュティは母父としては数々の名馬を輩出していますが中山芝2500mは苦手なようで、日経賞で2番人気に推されながら4着に敗れたレインボーラインなど人気馬はいますが3着以内無しという結果に。

中山芝2500m 騎手・調教師データ

中山芝2500m 騎手データ

戸崎騎手や松岡騎手が好成績。吉田隼騎手は成績・回収値共に高くゴールドアクターの有馬記念の印象そのままに穴馬を持ってくることも多く非常にお勧め。

有馬記念では池添騎手が4勝を挙げています。ルメール騎手はサトノダイヤモンドで勝っている他、8番人気クイーンズリング、10番人気オーシャンブルー、7番人気エイシンフラッシュと穴馬を3度2着に導いていますが昨年は1番人気レイデオロでも2着。

武豊騎手も通算で3勝を挙げていますが、2着が8回と多くディープインパクトの3歳時も敗れています。

相性の悪い騎手

  • 石橋脩【1-1-3-27】連対率6.3%
  • 田中勝春【0-2-1-25】連対率7.1%
  • 福永祐一【0-2-3-17】連対率9.1%

他には横山典騎手が(2-2-8-28)と3着が多いのが特徴。

中山芝2500m 調教師データ

ドリームジャーニー、オルフェーヴル兄弟を管理した池江調教師が勝利数トップ。トゥザワールド、トゥザグローリー、オーシャンブルーと人気薄の2~3着も多いので注意が必要

藤沢調教師はかつてはゼンノロブロイやシンボリクリスエスで勝利していますが近年は有馬記念を回避する傾向にあり、条件戦が多めです。

驚異的な回収値の星野調教師は12番人気ネコパンチ、15番人気グランデスバル、5番人気ケンブリッジサンと全て人気薄で勝っています。

相性の悪い調教師

  • 宗像義忠【0-0-0-14】連対率0.0%
  • 堀井雅広【1-0-0-15】連対率6.3%
  • 友道康夫【1-1-3-17】連対率9.1%

友道調教師は長距離を得意としていますが、シュヴァルグランは有馬記念で2年連続3着、エタリオウは日経賞で1番人気2着。人気に推されることは多いもののなかなか勝ち切れません。

◎レパードSの無料買い目公開中!

春のGⅠは8戦中6戦で無料買い目的中!
夏も相変わらず火を噴いてます!重賞プランで3連単高配当連発!
実際公開された買い目の証拠画像がコチラ↓



7/26 アイビスSD:3連単270.3倍×1200円→324,360円
8/02 クイーンS:3連単1537倍×300円→461,110円
7/19 函館記念:3連複2838.8倍×600円→1,703,280円
7/12 七夕賞:3連単1113.3倍×400円→445,320円

ほんとにココの情報の穴馬リサーチはハンパないんです!まず試してみたい方にお得な情報!
今週のレパードSをなんと3連複で無料予想!

推奨は1点4~500円ですが、100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの予想サイトです。

中山芝2500m 傾向まとめ

コース傾向

  • 馬券的には1番人気より2番人気
  • 先行有利、4角10番手以下は苦戦
  • ステイゴールド産駒以外はある程度馬格が欲しい
  • 人気以上に好走しやすいのは3~4枠
  • 8番は良馬場なら割引き、道悪なら買い
  • 道悪+12番以降は割引き

血統

  • ステイゴールド産駒の成績が圧倒的
  • ディープインパクト産駒は苦手なコース
  • 母父ノーザンダンサー系の成績が良い

騎手・調教師

  • 戸崎、松岡、吉田隼騎手
  • 武豊、ルメール騎手は有馬記念での2着が多い
  • 池江調教師は有馬記念に強い
  • 星野調教師は大穴狙い

 

中山競馬場 芝コース

芝1200m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2500m 芝3600m

中山競馬場 ダートコース

ダ1200m ダ1800m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。