新潟芝1400mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

新潟競馬場 芝1400m

過去10年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

新潟競馬場 芝1400m

コース概要

直線:358.7m

新潟芝1400mはポケットからのスタートになり、内回りコースを使用。最後の直線よりもスタート後のストレートの方が長いため前半のペースが速くなりがちです。そのためクラスが上がるほど差し馬が届きやすくなります。

重賞は行われませんが朱鷺Sを勝ったワンスインナムーンやレオアクティブ、マグナーテンなどこのコースで1分20秒を切った馬は他コースの重賞でも通用します。

新潟芝1400mで行われるレース

  • 朱鷺S
  • 信越S
  • ダリア賞

新潟芝1400m 傾向データ

新潟芝1400m 人気データ

1番人気は複勝率63%と平均的な数値。6~7番人気の勝率が高く頭でも狙えますが、8番人気以下になると勝率は大きく下がります。特に牡馬は4~5番人気の11勝に対して6~7番人気は22勝を挙げています。

新潟芝1400m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

逃げ馬は勝つか大敗するか極端ですが成績としては非常に優秀。逃げ馬を狙うなら1着固定で点数を絞る買い方がお勧めです。逃げ馬以外は特に先行有利という訳ではなく、差しも届きます。

新潟芝1400m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

500kgを超える大型馬の勝率が非常に低いのが特徴。500kg未満なら成績に差はありませんが、440kg未満の好走馬は牝馬が多く、牡馬は440~499kgが狙い目。

新潟芝1400m コースデータ(良馬場)

新潟芝1400m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

1枠と6枠の成績が悪く見えますが人気を考慮すると問題なく、枠の有利不利はありません。性別で見ると牡馬は2~3枠の回収値が高く、牝馬は1~2枠、8枠と内外極端な枠の回収値が高いのが特徴。

馬番

馬番でも人気と成績で極端に差のある枠はありません。クラスが上がると3~4番や大外18番の複勝率が高めです。

新潟芝1400m コースデータ(重馬場)

新潟芝1400m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

道悪では内の1~4枠の成績が上がり、特に1~2枠は人気以上の好走が目立ち回収値も抜群。

ただし性別で特徴が異なり、牡馬は1~4枠の成績が良く5~8枠は割引きですが牝馬は2枠のみ成績が良く、1枠は複勝率8%弱と不振。3枠以降はそれほど成績の差はありません。

馬番

牡馬は内の1~4枠の成績が良く、特に1枠1番は(4-4-0-13)で連対率38%。また奇数枠の成績が良いのが特徴です。牝馬は偶数枠の成績が若干良く、牡馬ほど偏りはありません。

新潟芝1400m 血統データ

新潟芝1400m 種牡馬データ

サンデーサイレンス系は出走数も断トツですが成績は非常に良く、ダイワメジャーやディープインパクト、近年はキンシャサノキセキも好成績。

出走数が少ない所ではノヴェリストが(2-3-6-12)で複勝率50%弱、ヨハネスブルグが(4-5-5-21)で複勝率40%、リーチザクラウンやブラックタイドも複勝率は30%台です。

他のコースでは成績の良いキングマンボ系が苦手としており、キングカメハメハやロードカナロアはまずまず健闘していますが、ルーラーシップは不振。

種牡馬系統別

  • ダンジグ系【8-10-5-97】連対率15.0%
  • サンデーサイレンス系【125-112-125-1258】連対率14.6%
  • プリンスリーギフト系【9-7-5-98】連対率13.4%

相性の悪い種牡馬

  • ローエングリン【0-0-3-20】連対率0.0%
  • マツリダゴッホ【2-0-9-50】連対率3.3%
  • キングヘイロー【0-5-5-66】連対率6.6%

マツリダゴッホやキングヘイローは馬券次第では抑えられます。

新潟芝1400m 母父データ

トニービンやラーイ、アドマイヤコジーンなど母父ナスルーラ系の回収値が高いのが特徴。

クロフネやカーリアン、シングスピールといったノーザンダンサー系も成績は良く、得意不得意がはっきり分かれるコースです。

出走数の少ない母父は1頭が何度も好走するパターンが多く、新馬戦でアーモンドアイを破ったニシノウララが同コースで1年振りに勝ったようにリピーターに注意したいコースです。

母父系統別

  • カーリアン系【7-4-6-50】連対率16.4%
  • エンドスウィープ系【6-3-4-42】連対率16.4%
  • ボールドルーラー系【11-4-6-72】連対率16.1%

相性の悪い母父

  • マンハッタンカフェ【1-0-1-32】連対率2.9%
  • エルコンドルパサー【1-2-0-40】連対率7.0%
  • スペシャルウィーク【1-4-7-47】連対率8.5%

新潟芝1400m 騎手・調教師データ

新潟芝1400m 騎手データ

新潟で騎乗することは多くありませんが、福永騎手は勝率も高く3番人気以内だと勝率40%、複勝率65%と人気馬に騎乗した時は信頼できます。

デムーロ騎手も同レベルの成績を残していますが平均2.1番人気に対して平均5.2着と過剰人気になりやすいため危険。

近年は戸崎騎手の成績が非常に良く、2016年以降だと複勝率60%台。他では津村騎手や石橋騎手あたりが近年安定しています。

相性の悪い騎手

  • 宮崎北斗【0-0-2-60】連対率0.0%
  • 江田照男【0-1-3-92】連対率1.0%
  • 武士沢友治【0-1-1-74】連対率1.3%

また藤田騎手は2019年には新潟リーディングを獲得しましたが、新潟芝1400mでは(0-1-3-30)とまだ1着がありません。

新潟芝1400m 調教師データ

堀調教師は近年は出走数は多くありませんが、勝率35%と非常に優秀な成績。近年成績を伸ばしているのは斎藤調教師、鹿戸調教師、牧調教師あたり。

また関西馬が強いコースで関西馬の単回値は100超え。矢作調教師や藤原調教師、安田調教師など関西のトップトレーナーが出走させてきた時は勝ちにきています。

相性の悪い調教師

  • 蛯名利弘【0-0-1-20】連対率0.0%
  • 松永康利【0-0-1-28】連対率0.0%
  • 根本康広【0-1-1-34】連対率2.8%

新潟芝1400m 傾向まとめ

コース傾向

1番人気はまずまず、牡馬は4~5番人気より6~7番人気の成績が良い
逃げ馬は1着か4着以下が多く、差しも届く
500kg以上の大型馬が不振
良馬場では枠の有利不利は無い
道悪だと牡馬は1~4枠の成績が良く5~8枠は割引き、牝馬は2枠○

血統

ダイワメジャー、ディープインパクト産駒は安定
近年はノヴェリスト、ヨハネスブルグ産駒も好調
母父ナスルーラ系の回収値が高く、ノーザンダンサー系も好調
リピーターが多いため、好走馬の母系には注意

騎手・調教師

福永騎手の信頼度が高く、デムーロ騎手は人気馬で飛ぶことも多い
戸崎、津村、石橋騎手が近年好調
関西馬が強いコース、関西リーディング上位厩舎は信頼度高め
関東では堀、斎藤、鹿戸、牧調教師が好成績

 

新潟競馬場 コースデータ

芝1000m 芝1200m 芝1400m 芝1600m 芝1800m 芝2000m内 芝2000m外 芝2200m 芝2400m ダ1200m ダ1800m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。