新潟芝2000m(内回り)の傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

新潟競馬場 芝2000m(内)

過去10年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

新潟競馬場 芝2000m(内)

コース概要

直線:358.7m

新潟芝2000m(内回り)は主に新馬戦と未勝利戦で使われるコースです。オウケンムーンやダンツプリウスなどの重賞勝ち馬もこのコースで初勝利を挙げています。

内回りの直線入り口からスタートしコースを1周しますが、3~4コーナーで緩やかな下り坂になる以外はほぼ起伏がなく平坦。下級条件のためスローの上がり勝負になりやすく、先行馬が有利なコースです。

新潟芝2000m(内)で行われるレース

  • 新馬
  • 未勝利

新潟芝2000m(内) 傾向データ

新潟芝2000m(内) 人気データ

新馬戦・未勝利戦で使われるコースなので基本的には人気馬優勢。中穴以下の特徴としてはノーザンF・社台F生産馬が勝ち切れない点。10番人気以下の大穴は狙えません。

6番人気以下+社台F生産馬は(1-1-4-68)、ノーザンF生産馬は(0-4-6-52)という成績。

新潟芝2000m(内) 脚質データ

逃げ・先行馬が安定していますが、直線は358mとそれなりの長さがあるため差しでもキレのある馬は届きます。上がり3Fの速さが着順に直結しやすく、未勝利戦の場合は前走上がり3位以内だった馬の複勝率が高めです。

新潟芝2000m(内) 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

全体的には馬格があるに越したことは無いと言えますが、牡馬は460~479kgの成績が良く、480~499kgは不振。牝馬は480~499kgの成績が良く440~459kgは不振と性別で特徴が異なります。

新潟芝2000m(内) コースデータ(良馬場)

新潟芝2000m(内) 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

真ん中から外寄りの5~7枠の成績が良く、1~2枠と8枠はやや成績を落としています。特に牝馬の1~2枠は勝率1%台と不振。牝馬で頭狙いなら真ん中より外がお勧めです。

馬番

馬番では9~12番あたりは複勝率も20%台で人気を考慮しても好走しやすくなっています。牝馬の14番は(5-5-4-20)で複勝率41.2%。人気馬が多かったこともありますがそれでも断トツの成績です。

新潟芝2000m(内) コースデータ(重馬場)

新潟芝2000m(内) 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

道悪では内枠の連対率が上がり、全体的には内外でイーブンな状態になります。レース数が少ないため1頭による数値のブレはありますが、8枠は複勝率を大きく落としています。

馬番

偶数枠の勝率がやや高く、1~4番や10~11番が好成績。

新潟芝2000m(内) 血統データ

新潟芝2000m(内) 種牡馬データ

マンハッタンカフェは2020年時点ではかなり産駒数が減っており、近年成績を伸ばしているのはディープインパクト、ヴィクトワールピサ、ルーラーシップの3頭。

特にヴィクトワールピサとルーラーシップは複勝率50%台と非常に優秀で、このコースで見かけたら必ず抑えておきたい種牡馬です。

種牡馬系統別

  • グレイソヴリン系【8-7-5-51】連対率21.1%
  • キングマンボ系【11-12-9-102】連対率17.2%
  • サンデーサイレンス系【50-45-51-601】連対率12.7%

相性の悪い種牡馬

  • オルフェーヴル【0-0-1-13】連対率0.0%
  • ブラックタイド【1-0-3-23】連対率3.7%
  • ネオユニヴァース【1-1-3-29】連対率5.9%

ヴィクトワールピサの父ネオユニヴァースはこのコースを非常に苦手としており、オルフェーヴル産駒も相性が悪そうです。

新潟芝2000m(内) 母父データ

マンハッタンカフェは母父に入っても成績が良く、このコースでは注目したい血統です。他にもメジロマックイーンやダンスインザダーク、エルコンドルパサーあたりが好成績。

母父系統別

  • グレイソヴリン系【8-8-5-70】連対率17.6%
  • キングマンボ系【3-5-3-35】連対率17.4%
  • ヘロド系【5-0-3-22】連対率16.7%

相性の悪い母父

  • フォーティナイナー【0-0-0-17】連対率0.0%
  • タイキシャトル【0-0-1-12】連対率0.0%
  • スペシャルウィーク【0-0-2-21】連対率0.0%

母父スペシャルウィークは人気馬でも信頼できず、フジキセキも成績はイマイチです。

新潟芝2000m(内) 騎手・調教師データ

新潟芝2000m(内) 騎手データ

デムーロ騎手、蛯名騎手は人気馬が多いものの成績は優秀。近年は津村騎手や石橋騎手、菱田騎手の成績が良く、若手では武藤騎手や石川騎手も好成績。

相性の悪い騎手

  • 西田雄一郎【0-0-1-39】連対率0.0%
  • 丸山元気【1-0-4-25】連対率3.3%
  • 藤田菜七子【0-1-0-19】連対率5.0%

北村宏騎手は(3-1-10-29)で3着が多いのが特徴。人気馬で飛ぶこともあれば人気薄で3着に入ることもあり、なかなか扱いが難しいコースです。

新潟芝2000m(内) 調教師データ

関東馬は(68-83-79-1095)で勝率5.1%、複勝率17.4%。関西馬は(36-21-25-192)で勝率13.1%、複勝率29.9%と関西馬の成績が抜群。

人気に限らず関西馬の信頼度は高く、複勝率80%弱の岡田調教師をはじめ安田調教師や荒川調教師が好成績。

相性の悪い調教師

  • 杉浦宏昭【0-0-0-15】連対率0.0%
  • 武市康男【0-0-0-17】連対率0.0%
  • 古賀慎明【0-0-1-20】連対率0.0%

新潟芝2000m(内) 傾向まとめ

コース傾向

人気馬が安定、大穴は狙えない
逃げ・先行馬優勢
牡馬は460~479kg○、牝馬は480~499kg○
良馬場では5~7枠の成績が良く、牝馬の1~2枠は不振
道悪では8枠の成績が悪く、1~7枠はあまり差がない

血統

ヴィクトワールピサ、ルーラーシップ産駒の成績が非常に良い
ディープインパクト、キングカメハメハ産駒も安定
母父マンハッタンカフェ、メジロマックイーン、エルコンドルパサーが好成績

騎手・調教師

デムーロ騎手が好成績
近年は津村、石橋、菱田、武藤、石川騎手も好調
関西馬の成績が良い
岡田、安田、荒川調教師が好成績

 

新潟競馬場 コースデータ

芝1000m 芝1200m 芝1400m 芝1600m 芝1800m 芝2000m内 芝2000m外 芝2200m 芝2400m ダ1200m ダ1800m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。