札幌ダート1700mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

札幌競馬場 ダート1700m

過去10年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

札幌競馬場 ダート1700m

コース概要

直線:264.3m

スタンド前からのスタートでコースを1周。ダート1000mは逃げ馬が断然有利ですが1700mでは総合力が求められます。ただしコーナー4つに高低差がなく直線も短いため、やはり先行馬が有利なコースです。芝同様に直線が短い割にコーナーの角度は緩く、小回り適性はそれほど求められません。

札幌ダート1700mで行われるレース

  • エルムS
  • 釧路湿原特別
  • 大雪H

札幌ダート1700m 傾向データ

札幌ダート1700m 人気データ

上位人気の成績は平均的な数値で、回収値も上位人気から下位人気まで大きなブレはありません。紛れが起こりやすいのは2歳戦で、8~11番人気の好走が目立ちます。

札幌ダート1700m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

逃げ・先行馬が有利で差し馬は2~3着が多く差し損ねることが多いコースです。4角位置が前になるほど回収値も高くなり、道中後方からの馬はマクリ気味に動ける脚が必要です。

札幌ダート1700m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

馬体重では480~499kgの馬が全体的に好成績。牡馬は460kg以上の勝率が高めですが牝馬は500kg以上になると勝率が大きく落ちます。

札幌ダート1700m コースデータ(良馬場)

札幌ダート1700m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

良馬場では1枠、8枠と内外離れた枠の複勝率がやや低めに出ており3~5枠の成績が若干高めです。ただ大きなブレはないためあまり枠は意識しなくても良さそうです。

馬番

馬番では3番、5番、7番と内寄りの奇数枠の勝率・単回値が高め。最内1番は全ての成績が低めに出ていますが、それ以外は枠順と同じく大きな偏りはありません。

札幌ダート1700m コースデータ(重馬場)

札幌ダート1700m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

稍重以上になると外の7~8枠の成績が落ち真ん中から内寄りが優勢。良馬場では成績の悪かった1枠の成績が全体的に上がっています。

馬番

1番や9番など奇数枠の成績が良く、偶数枠の勝率6.1%に対して奇数枠は9.2%と約1.5倍の差があります。特に牝馬は偶数枠の勝率2.6%に対して奇数枠は勝率6.7%。偶数枠の牝馬は2着までが多いのが特徴です。

札幌ダート1700m 血統データ

札幌ダート1700m 種牡馬データ

ゴールドアリュールやカネヒキリなどサンデー系のダート種牡馬が好成績。キングカメハメハやゼンノロブロイ、ハーツクライなど芝でも実績のある種牡馬が上位に並びます。

ダート1000mとは上位が大きく入れ替わる中、アグネスデジタルだけは両方で上位の成績。また表には入っていませんがシニスターミニスターやパイロなどボールドルーラー系が近年好調

種牡馬系統別

  • ボールドルーラー系【25-18-13-119】連対率24.6%
  • ニアークティック系【7-7-4-55】連対率19.2%
  • サンデーサイレンス系【183-195-167-1497】連対率18.5%

相性の悪い種牡馬

  • メイショウサムソン【0-0-0-32】連対率0.0%
  • ルーラーシップ【1-0-2-29】連対率3.1%
  • ヴァーミリアン【1-3-5-40】連対率8.2%

他ではアイルハヴアナザーは距離的にこなせそうですが(2-2-5-29)で連対率10.5%とやや苦手としています。

札幌ダート1700m 母父データ

母父キングカメハメハが近年絶好調。複勝率40%台に加え単回値300超えと人気薄での好走が非常に多く、血統表だけで買い目に入れたいレベルの成績です。その父キングマンボもコース相性は抜群です。

それ以外ではジャイアンツコーズウェイ、ダンシングブレーヴ、ジャングルポケットあたりが複勝率40%台。

母父系統別

  • キングマンボ系【17-27-15-141】連対率22.0%
  • レッドゴッド系【15-8-11-81】連対率20.0%
  • ミスタープロスペクター系【77-75-66-581】連対率19.0%

相性の悪い母父

  • エルコンドルパサー【1-2-2-50】連対率5.5%
  • ホワイトマズル【0-2-2-28】連対率6.3%
  • フォーティナイナー【3-2-5-46】連対率8.9%

札幌ダート1700m 騎手・調教師データ

札幌ダート1700m 騎手データ

人気馬での信頼度が高いのはルメール騎手、岩田騎手、横山典騎手。秋山騎手は牝馬での成績が良いのが特徴です。他に人気以上の好走が目立つのは勝浦騎手や丸山騎手あたり。

相性の悪い騎手

  • 荻野琢真【2-4-7-70】連対率7.2%
  • 松田大作【5-3-8-93】連対率7.3%
  • 丸田恭介【7-5-6-122】連対率8.3%

武豊騎手は(2-5-5-21)で複勝率は36%ですが勝率が低く、人気馬で飛ぶことも多いので注意。

札幌ダート1700m 調教師データ

須貝調教師は勝率30%台、複勝率50%台とこのコースを非常に得意としています。堀調教師や国枝調教師、友道調教師が複勝率40%台とリーディング上位厩舎が強いコースです。

相性の悪い調教師

  • 中野栄治【1-1-0-41】連対率4.7%
  • 奥平雅士【1-1-4-29】連対率5.7%
  • 小桧山悟【2-0-4-27】連対率6.1%

札幌ダート1700m 傾向まとめ

コース傾向

人気馬の信頼度は平均的、波乱狙いなら2歳戦
逃げ、先行馬が優勢
牡馬は460kg以上の勝率が高く、牝馬は500kg以上の勝率が低い
良馬場では1枠1番がやや不振
稍重以上では7~8枠の成績が悪く、偶数馬番の牝馬は2着までが多い

血統

ゴールドアリュール、カネヒキリ、アグネスデジタル産駒が好成績
シニスターミニスターやパイロなどボールドルーラー系も近年好調
母父キングカメハメハ、キングマンボが相性抜群
母父ジャイアンツコーズウェイ、ダンシングブレーヴ、ジャングルポケットも好調

騎手・調教師

ルメール、岩田康、横山典騎手は人気馬の信頼度が高め
秋山騎手は牝馬の成績が良く、勝浦騎手や丸山騎手も好相性
須貝、堀、国枝、友道調教師が好成績

 

札幌競馬場 コースデータ

芝1200m 芝1500m 芝1800m 芝2000m 芝2600m ダ1000m ダ1700m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。