札幌芝1200mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

札幌芝1200m・過去10年のデータ分析です。

人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や札幌芝1200mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

札幌競馬場 芝1200m

直線:266.1m


向こう正面のポケットからスタート。3コーナーまでの直線は約410mですが最後の直線は270m弱と長く、高低差も殆どないので先行馬が有利なコースです。また洋芝で行われるため時計がかかり、欧州血統やパワーのある馬が活躍する傾向があります。


今年の重賞は無料買い目絶好調のこのサイトで!

エリザベス女王杯:ラヴズオンリーユー軸で的中!
→3連複4,060×400=16,240円獲得◎(290%回収)
マイルCS:インディチャンプ軸で的中!
→3連複3,200×400=12,800円獲得◎(228%回収)
阪神JF:クラヴァシュドール軸で的中!
→3連複8,560×500=42,800円獲得◎(856%回収)

【Gプレミオ】この秋の重賞は小点数で高配当連発!


グロリアのお勧めコンテンツはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】

今週は「日経新春杯」の厳選買い目を無料公開!

グロリアは毎週土日2鞍ずつの計4鞍無料配信です!
無料買い目を見る
↑無料買い目はメール登録で確認できます。エントリーはお早目に!

札幌芝1200mの傾向データ

札幌芝1200m 人気データ


上位人気から下位人気まで成績や回収値に大きなブレはなく、人気通りに決まりやすいコースとなっています。中穴を狙うなら牡馬ですが、10番人気以下の大穴を狙うなら牝馬がお勧め。

札幌芝1200m 脚質データ

※特別レースを集計

直線の長さは266mと短く逃げ・先行馬が非常に強いコースです。ただし洋芝でパワーを要するためスピードだけでは押し切れず、クラスが上がるほど差し馬も届くようになります。

このコースで唯一行われる重賞のキーンランドCでは先行馬と差し馬が半々くらいの割合で馬券になっています。

札幌芝1200m 枠順・馬番データ

枠順


2~3枠の成績が若干高めで最内の1枠はやや不振。外枠でも不利と言えるほどの成績の差はなく全体的にはイーブンなコース。ただ小頭数になることも多く、多頭数になるとやはり真ん中から内寄りの枠に入った馬が有利です。

馬番


馬番で見ると1~8番までが複勝率20%以上、9~14番が20%未満と内枠有利な傾向が見て取れますが大外の15~16番はまた成績が上がります。

札幌芝1200m 馬体重データ

※特別レースを集計

洋芝の短距離戦ということもあり馬格に恵まれた馬の方が強いコースで、460kg未満と460kg以上で成績が大きく変わります。特に牡馬で460kg未満の馬体だとかなり厳しく、軽量馬で馬券になっているのはほぼ牝馬です。

札幌芝1200mの血統データ

札幌芝1200m 種牡馬データ


サンデー系ではディープインパクトとダイワメジャー産駒が健闘していますが、他の競馬場と比べてサンデー系のシェアは低く、ミスプロ系がよく走るコースです。アドマイヤムーンやストーミングホームあたりは見かけたら注意。

相性の悪い種牡馬

  • マツリダゴッホ【0-0-1-37】連対率0.0%
  • アドマイヤマックス【1-0-1-34】連対率2.8%
  • ネオユニヴァース【0-4-1-44】連対率8.2%

マツリダゴッホ産駒はこのコースで全く走っておらず、ネオユニヴァースやステイゴールド、マンハッタンカフェあたりも連対率は低めです。

札幌芝1200m 母父データ


出走数ではサンデー系や内国産種牡馬を母父に持つ馬が多いですが、ダンシングブレーヴやトニービン、ラムタラなど欧州系の血統と相性が良く、特にノーザンダンサー系の成績が良いのが特徴です。

相性の悪い母父

  • ジェイドロバリー【1-1-3-42】連対率4.3%
  • サクラユタカオー【1-1-3-31】連対率5.6%
  • ストームキャット【0-1-3-25】連対率3.4%

母父ストームキャットはこのコースとは相性が悪いので注意。

札幌芝1200mの騎手・調教師データ

札幌芝1200m 騎手データ


福永騎手や三浦騎手、横山典騎手がこのコースを得意としており、穴狙いなら秋山騎手や黛騎手もお勧め。

また2018年も短期免許で来日予定ですがモレイラ騎手は(5-2-2-8)で複勝率52.9%。17鞍全てが3番人気以内でしたが、2番人気以内が(5-2-2-2)に対し3番人気時が(0-0-0-6)と、騎手人気で馬の能力が足りないこともあります。

相性の悪い騎手

  • 井上敏樹【1-0-2-43】連対率2.2%
  • 横山和生【0-1-0-37】連対率2.6%
  • 松田大作【2-1-6-58】連対率4.5%

札幌芝1200m 調教師データ


昆調教師、須貝調教師、安田調教師は出走数もそれなりに多く成績・回収値も安定しているため買いやすいです。藤沢調教師は近年成績を伸ばしておりエポワスは12番人気でキーンランドCを制覇。

相性の悪い調教師

  • 松永幹夫【0-0-2-20】連対率0.0%
  • 清水英克【0-1-0-30】連対率3.2%
  • 大竹正博【0-4-1-27】連対率12.5%

札幌芝1200mの平均タイム

平均タイム(2歳)

クラス 平均タイム 前3F 後3F
新馬 1.11.0 35.3 35.7
未勝利 1.10.8 35.0 35.8
500万 1.10.7 34.8 35.9
オープン 1.10.5 34.5 36.0

平均タイム(3歳)

クラス 平均タイム 前3F 後3F
未勝利 1.10.0 34.4 35.6

平均タイム(古馬)

クラス 平均タイム 前3F 後3F
500万 1.09.5 34.1 35.4
1000万 1.09.3 34.1 35.2
1600万 1.08.4 33.4 35.0
オープン 1.08.3 33.8 34.6

札幌芝1200mで行われるレース

  • キーンランドC
  • UHB賞
  • すずらん賞
  • 札幌スポニチ賞

札幌芝1200mまとめ

・逃げ、先行馬
・2~3枠/1~8番
・馬体重460kg以上
・父ディープインパクト、ダイワメジャー、アドマイヤムーン
・母父ダンシングブレーヴ、ラムタラ
・福永祐一、三浦皇成、モレイラ
・昆貢、須貝尚介、安田隆行、藤沢和雄
・9~14番
・馬体重460kg未満
・父マツリダゴッホ、アドマイヤマックス、ネオユニヴァース
・母父ストームキャット、ジェイドロバリー
・井上敏樹、横山和生
・松永幹夫、清水英克、大竹正博

札幌競馬場 芝コース

芝1200m 芝1500m 芝1800m 芝2000m 芝2600m

札幌競馬場 ダートコース

ダ1000m ダ1700m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場
テキストのコピーはできません。