札幌芝1800mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

札幌競馬場 芝1800m

過去10年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

札幌競馬場 芝1800m

コース概要

直線:266.1m

スタンド前からのスタートで1コーナーまでの距離は200m弱と短く、先行争いは激しくなりますがコーナーに入るとペースは落ち着きます。コーナー4つの短い直線のため内枠からスムーズに位置を取れる先行馬が有利ですが、直線が短い割にコーナーの角度は緩く、小回り適性はそれほど求められません。

また洋芝で行われるため時計がかかり、欧州血統やパワーのある馬が活躍する傾向がありますが、水はけが良いコースで函館より雨の影響を受けづらいのも特徴です。

札幌芝1800mで行われるレース

  • クイーンS
  • 札幌2歳S
  • コスモス賞

札幌芝1800m 傾向データ

札幌芝1800m 人気データ

1番人気は勝率40%、複勝率は70%と成績が良く人気通りに決まりやすいコースです。このコースで行われるクイーンS、札幌2歳Sでも1番人気馬の信頼度は高め。

札幌芝1800m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

他の札幌芝コース同様に逃げ・先行馬が有利です。逃げ・先行馬は単複共に回収値が100超えで、スタートの良い馬を選ぶのがセオリー。ただし牝馬の逃げ馬は成績がイマイチです。

札幌芝1800m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

馬格と成績の関連性はあまりありませんが、他のコースで活躍することの多い480~519kgの回収値がやや低めで比較的軽い馬の回収値が高めに出ています。これは夏のみの開催で2歳馬が多いこともありそうです。

ちなみにこのコースで行われる2つの重賞の出走条件である「2歳馬」もしくは「牝馬」に絞ると460~479kgの馬が非常に良い成績を残しています。

札幌芝1800m コースデータ(良馬場)

札幌芝1800m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

フルゲート14頭のため1枠1番と2枠2番は常に固定で2枠の成績が良いのが特徴。スタート後すぐ1コーナーに入るため外枠になるほどロスが大きく、7~8枠に入った馬は人気より着順を落としがちです。

馬番

馬番では2番と4番の複勝率が35%前後と抜けており6番より内に入った馬はプラス。性別で見ると牡馬は1~4番と12番の成績が良く、牝馬は2番、4番と8~10番の成績が良いのが特徴

札幌芝1800m コースデータ(重馬場)

札幌芝1800m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

道悪になると内枠の勝率や回収値が下がり複勝率では4~5枠が35%前後、勝率では7枠がトップになります。牝馬はサンプル数が少ないためあまりアテになりませんが、牡馬の5枠は複勝率48%と抜群の成績。

馬番

馬番で見ても内の1~3枠は成績が不安定。5~7番は人気より好走することが多く、外の11番は連対率50%という成績を残しています。

札幌芝1800m 血統データ

札幌芝1800m 種牡馬データ

系統別ではダンジグ系やキングマンボ系の成績が良くサンデー系はそれほど強調できませんが、ディープインパクト産駒だけは勝率24%、複勝率50%弱と断トツの成績で性別関係なく相性が良いコースです。

洋芝ということもありハービンジャー産駒も成績が良く、近年はルーラーシップ産駒が勝ち切れないものの複勝率は45%前後。

また2歳戦ではディープインパクト、キングカメハメハ、ハービンジャー、アドマイヤムーンが良く走っています。

種牡馬系統別

  • グレイソヴリン系【8-8-5-48】連対率23.2%
  • ダンジグ系【16-14-14-90】連対率22.4%
  • キングマンボ系【27-22-22-150】連対率22.2%

相性の悪い種牡馬

  • グラスワンダー【0-0-1-20】連対率0.0%
  • ワークフォース【1-1-2-18】連対率9.1%
  • クロフネ【3-1-2-33】連対率10.3%

ハービンジャー産駒は牡馬は(10-7-7-35)複勝率40%ですが、牝馬は(4-0-2-22)複勝率21%とあまり成績は良くありません。

札幌芝1800m 母父データ

クロフネ、フレンチデピュティと母父デピュティミニスター系が得意なコースです。エルコンドルパサー、ラムタラも複勝率40%台と好調で、近年はキングカメハメハやディープインパクトが成績を伸ばしており今後上位に入ってきそうです。

母父系統別

  • デピュティミニスター系【18-11-9-64】連対率28.4%
  • ストームキャット系【5-6-1-41】連対率20.8%
  • サンデーサイレンス系【53-44-49-357】連対率19.3%

相性の悪い母父

  • エリシオ【0-0-1-18】連対率0.0%
  • コマンダーインチーフ【1-0-2-15】連対率5.6%
  • マンハッタンカフェ【1-1-0-20】連対率9.1%

札幌芝1800m 騎手・調教師データ

札幌芝1800m 騎手データ

ルメール騎手の成績が非常に良く1番人気馬に騎乗した時は(14-10-6-9)で勝率36%、複勝率77%と堅実な成績。元々人気馬が強いコースということもあり横山典騎手、岩田騎手、武豊騎手も3番人気以内での複勝率は70%台です。

逆に人気馬に騎乗した時の信頼度がイマイチなのは池添騎手、丸山騎手、藤岡康騎手で3番人気以内での複勝率は50%以下。

相性の悪い騎手

  • 津村明秀【1-0-2-23】連対率3.8%
  • 加藤祥太【0-1-0-16】連対率5.9%
  • 藤岡康太【3-3-7-41】連対率11.1%

札幌芝1800m 調教師データ

藤沢調教師はソウルスターリングやコディーノ、サトノアレスなど期待馬をこの条件でデビューさせることが多く2歳戦になるとより成績がアップします。堀調教師も2歳馬を使うことが多いのが特徴。

他には梅田調教師や池江調教師、藤原調教師も成績が良く、須貝調教師は出走数は多いものの2着が多いのが特徴。

相性の悪い調教師

  • 中野栄治【0-0-0-22】連対率0.0%
  • 森秀行【0-0-0-15】連対率0.0%
  • 藤原辰雄【0-1-1-16】連対率5.6%

札幌芝1800m 傾向まとめ

コース傾向

1番人気は堅実、人気通りに決まりやすい
逃げ・先行馬が有利
2歳馬、牝馬は460~479kgの成績が良い
良馬場では2枠の成績が良く馬番1~6番が好成績
道悪では4~5枠の成績が良く、牡馬の5枠が狙い目

血統

ディープインパクト産駒が抜群の成績
ハービンジャー産駒は牡馬の成績が良く、ルーラーシップ産駒は2~3着が多い
母父デピュティミニスター系が好成績
母父エルコンドルパサー、ラムタラも相性が良い
近年は母父キングカメハメハやディープインパクトも好調

騎手・調教師

ルメール、横山典、岩田康、武豊騎手は人気馬で堅実
池添、丸山、藤岡康騎手は信頼度が低め
藤沢、堀調教師は特に2歳馬の成績が良い
梅田、池江、藤原調教師も安定、須貝調教師は2着が多い

 

札幌競馬場 コースデータ

芝1200m 芝1500m 芝1800m 芝2000m 芝2600m ダ1000m ダ1700m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。