札幌芝2000mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

札幌競馬場 芝2000m

過去10年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

札幌競馬場 芝2000m

コース概要

直線:266.1m

ポケットからのスタートでコースを1周。1800mとの違いはスタート後の直線部分のみで、コーナーまでの距離が長い分前半からゆったりしたペースになりやすいのが特徴です。ただし直線が短い割にコーナーの角度は緩く、小回り適性はそれほど求められません。

また洋芝で行われるため時計がかかり、欧州血統やパワーのある馬が活躍する傾向がありますが、水はけが良いコースで函館より雨の影響を受けづらいのも特徴です。

札幌芝2000mで行われるレース

  • 札幌記念
  • 日高特別
  • HTB賞

札幌芝2000m 傾向データ

札幌芝2000m 人気データ

芝1800mほどではありませんが人気馬は安定しており、どちらかと言えば牝馬の方が人気通りに決まりやすいコースです。

牡馬は1番人気の成績は勝率30%、複勝率63%ですが2番人気は勝率9%、複勝率46%と2~3着が多いのが特徴。3番人気になると勝率20%、複勝率42%なので牡馬の2番人気馬は2~3着狙いがお勧め。

札幌芝2000m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

芝1800mに比べ逃げ馬は1着か4着以下とやや極端な成績で、先行馬が安定しています。後方策は不利ですが2014年札幌記念のハープスターとゴールドシップのようなマクリも時々見られます。

札幌芝2000m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

馬体重による成績の差はあまり無く、軽量馬でも問題ありません。ただしこのコース唯一の重賞である札幌記念では460~479kgの馬が3勝、480~499kgの馬が4勝を挙げており500kgを超える大型馬は2着が多いのが特徴。

札幌芝2000m コースデータ(良馬場)

札幌芝2000m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

全体的には内枠有利で1~3枠は若干ですが人気より好走することが多いのが特徴。ただ7枠まではそこまで差は無く気にする程ではありません。ただし8枠だけは連対率が他の枠の約半分まで下がります

馬番

馬番では内の1~2番、真ん中の7~9番あたりが好成績。8枠に該当する15番の成績が極端に悪く見えますが、全馬番の中で断トツで人気馬が少なかった影響もあります。

札幌芝2000m コースデータ(重馬場)

札幌芝2000m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

道悪になると好走馬は内外に固まり、真ん中の4~5枠の成績が大きく落ちるのが特徴です。性別で見ると牡馬は4~6枠、牝馬は4枠の連対率が10%以下。

馬番

馬番では内の2~3番が成績・回収値共に優秀な数値。フルゲート割れすることも多いため8番は通常なら4枠になることが多いのですが、このコースでは6枠になることが多め。

札幌芝2000m 血統データ

札幌芝2000m 種牡馬データ

芝1800mと同じくディープインパクト産駒の成績が非常に良いコースですが、芝1800mで成績の良かったキングカメハメハやハービンジャーの成績がイマイチ。

シンボリクリスエスやロージズインメイ、エイシンフラッシュが得意としており、近年はロードカナロアやモンテロッソなども好調。

種牡馬系統別

  • キングマンボ系【17-24-16-159】連対率19.0%
  • ロベルト系【12-13-10-122】連対率15.9%
  • リファール系【5-2-3-35】連対率15.6%

相性の悪い種牡馬

  • アイルハヴアナザー【0-0-0-17】連対率0.0%
  • ディープブリランテ【0-0-0-15】連対率0.0%
  • クロフネ【1-0-2-20】連対率4.3%

他にはダイワメジャー、ヴィクトワールピサ、キングヘイロー、アドマイヤムーン、マツリダゴッホも成績が悪く、1800mで勝っている馬が2000mで飛ぶことも多いので注意。

札幌芝2000m 母父データ

成績が目立つのはサドラーズウェルズ系やニジンスキー系など欧州型ノーザンダンサー系を母父に持つ馬。

サンデー系やロベルト系はあまり強調できず、表以外ではメジロマックイーンやシングスピール、ラムタラ、ステイゴールドなど現役時代に2400m以上で実績がある母父が好成績。

母父系統別

  • ノーザンテースト系【9-4-2-41】連対率23.2%
  • ニジンスキー系【7-8-8-42】連対率23.1%
  • サドラーズウェルズ系【9-12-4-90】連対率18.3%

相性の悪い母父

  • エルコンドルパサー【1-0-4-29】連対率2.9%
  • フジキセキ【0-1-4-18】連対率4.3%
  • アグネスタキオン【2-1-4-37】連対率6.8%

他にはクロフネ、ダンスインザダーク、ジェイドロバリーあたりも連対率は10%前後。

札幌芝2000m 騎手・調教師データ

札幌芝2000m 騎手データ

このコースも1番人気のルメール騎手は勝率40%、複勝率70%と安定しています。殆どが人気馬ですが札幌記念で5番人気のネオリアリズムに騎乗、逃げてモーリスを完封するなどコースを熟知しています。

福永騎手もルメール騎手ほどでは無いにしてもこのコースは得意としていますが、それ以外ではあまり目立つ騎手はいません。近年はデムーロ騎手、戸崎騎手、藤岡佑騎手あたりが成績を伸ばしています。

相性の悪い騎手

  • 城戸義政【0-0-1-29】連対率0.0%
  • 横山和生【0-0-1-46】連対率0.0%
  • 松田大作【0-0-2-33】連対率0.0%

他では藤岡康騎手、丹内騎手、丸田騎手も連対率10%以下。

札幌芝2000m 調教師データ

角居調教師、堀調教師、友道調教師などリーディング上位のトレーナーが並びます。また北出調教師は牝馬で(3-3-2-2)で複勝率80%という成績。近年は出走自体ないものの1番人気で臨んだのは1回のみと中穴での好走が目立ちます。

相性の悪い調教師

  • 中野栄治【0-0-1-21】連対率0.0%
  • 矢作芳人【0-2-6-37】連対率4.4%
  • 藤岡健一【2-0-3-25】連対率6.7%

意外なのが矢作調教師で過去10年で1勝も挙げていません。狙うなら人気薄の紐狙いか。

札幌芝2000m 傾向まとめ

コース傾向

牝馬の人気馬は安定、牡馬の2番人気は2~3着狙い
先行馬が安定、逃げ馬は1着か4着以下
馬格の影響は小さい
良馬場では8枠の成績が極端に悪い
道悪では内外離れた枠の成績が良く、4~5枠は不振

血統

ディープインパクト産駒は堅実<
シンボリクリスエス、ロージズインメイ、エイシンフラッシュ産駒も好調
母父ニジンスキー系など欧州型ノーザンダンサー系が好相性
母父メジロマックイーン、シングスピールなど2400m以上の実績がある血統に注意

騎手・調教師

ルメール、福永騎手は安定
近年はデムーロ、戸崎、藤岡佑騎手も好調
堀、友道調教師が好成績
矢作調教師は2~3着が多い

 

札幌競馬場 コースデータ

芝1200m 芝1500m 芝1800m 芝2000m 芝2600m ダ1000m ダ1700m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。