札幌芝2600mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

札幌競馬場 芝2600m

過去10年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

札幌競馬場 芝2600m

コース概要

直線:266.1m

向こう正面の中間からのスタートで、150m程走るとすぐにコーナーになりますが長丁場のためペースはゆったり流れることが多いのが特徴。高低差もほぼなく直線まではスタミナ消費を抑えることが重要になり、ポジションを取りやすい内枠がやや有利です。コーナーの角度は比較的緩く、それほど小回り適性は問われません。

また洋芝で行われるため時計がかかり、欧州血統やパワーのある馬が活躍する傾向がありますが、水はけが良いコースで函館より雨の影響を受けづらいのも特徴です。

札幌芝2600mで行われるレース

  • 札幌日経オープン
  • 丹頂S
  • 札幌日刊スポーツ杯

札幌芝2600m 傾向データ

札幌芝2600m 人気データ

1番人気は勝率40%と高勝率ですが連対率・複勝率は高くなく狙うなら1着固定で点数を絞った方が良さそうです。

2番人気以下を見ると4番人気馬の成績が非常に悪く2~3番人気と5番人気の成績が横並び。回収値的には5~7番人気が高めです。

札幌芝2600m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

逃げ・先行馬が有利ですが10頭前後の小頭数になることも多く、脚質よりも折り合いが重要になります。力のある馬なら前半は折り合いに集中し後半一気にマクる場合もあります。

札幌芝2600m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

小柄な馬から馬格がある馬まで成績の差はそれほどありませんが、大型馬は人気より着順を落とすことが多く人気以上に好走することが多いのは440~479kg。

札幌芝2600m コースデータ(良馬場)

札幌芝2600m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

長距離戦に加え小頭数になることも多いため、枠順の影響は小さいコースです。牝馬の出走は多くありませんが、牝馬は1~2枠と7~8枠の成績が良いのが特徴。

馬番

2番、6番、8番、12番と偶数枠の勝率がやや高め。フルゲートでも14頭立てになり10頭前後のレースになることが多い条件です。

札幌芝2600m コースデータ(重馬場)

札幌芝2600m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

レース数が少ないため参考程度の成績ですが、道悪になると真ん中から外寄りの成績が良く5~7枠は人気以上の好走が目立ちます。

馬番

馬番で見ると回収値が高いのは3~4番、9~12番ですがこちらも参考程度に。

札幌芝2600m 血統データ

札幌芝2600m 種牡馬データ

長距離戦が苦手なディープインパクト産駒ですが、このコースとは相性がよく人気薄の馬でもよく馬券になっています。

ステイゴールドやハーツクライといった長距離常連の種牡馬は安定しており、1頭の産駒の成績で上位に入る種牡馬が多い中ナカヤマフェスタは異なる産駒で3回馬券に絡んでいます。

種牡馬系統別

  • サドラーズウェルズ系【4-2-5-19】連対率20.0%
  • サンデーサイレンス系【36-41-33-321】連対率17.9%
  • ミスタープロスペクター系【2-3-4-21】連対率16.7%

相性の悪い種牡馬

  • メイショウサムソン【0-0-2-8】連対率0.0%
  • ジャングルポケット【1-1-5-24】連対率6.5%
  • キングカメハメハ【1-3-4-32】連対率10.0%

札幌芝2600m 母父データ

母父サンデーサイレンスやダンスインザダークは出走数は多いものの勝率は3%前後。カーリアンやホワイトマズルなど欧州系の血統が強く、モンズーンやガリレオも好調。

母父シンボリクリスエスはタイセイトレイルやカフジプリンスなど重賞クラスの産駒を輩出しており、内国産種牡馬ではアグネスタキオンも相性が良いコースです。

母父系統別

  • カーリアン系【4-2-0-5】連対率54.5%
  • ネヴァーベンド系【4-0-0-5】連対率44.4%
  • リファール系【5-2-0-22】連対率24.1%

相性の悪い母父

  • エリシオ【0-0-0-10】連対率0.0%
  • アフリート【0-0-0-16】連対率0.0%
  • ダンスインザダーク【1-1-3-26】連対率6.5%

札幌芝2600m 騎手・調教師データ

札幌芝2600m 騎手データ

ルメール騎手は1年目の2015年は人気馬を飛ばしまくっていましたが、2年目からはコースの特性をマスターしたのか2016~2019年は(8-5-1-6)で連対率65%。

藤岡康騎手は1800~2000mでは成績はイマイチでしたが2600mでは成績が良く、他に福永騎手や吉田隼騎手、松岡騎手あたりが好調。

相性の悪い騎手

  • 丸田恭介【1-0-1-22】連対率4.2%
  • 丹内祐次【1-1-3-29】連対率5.9%
  • 勝浦正樹【0-3-2-39】連対率6.8%

札幌芝2600m 調教師データ

リピーターが多いコースのため成績が1頭に左右されやすいですが、藤沢調教師や松田調教師、藤原調教師あたりは複数の管理馬でキッチリ成績を残しておりこの条件に合う馬の特性を理解していると言えそうです。

2016年以降は堀調教師の成績が非常に良く丹頂Sのポンデザール阿寒湖特別のヒシゲッコウなど人気馬で堅実。

相性の悪い調教師

  • 浅見秀一【0-0-0-8】連対率0.0%
  • 小島茂之【1-0-2-17】連対率5.0%
  • 友道康夫【1-0-1-11】連対率7.7%

札幌芝2600m 傾向まとめ

コース傾向

1番人気は高勝率。ただし2~3着は少なく狙うなら1着固定
4番人気が不振、2~3、5番人気は横並びの成績
440~479kgは人気以上の好走が多い
小頭数になることも多く枠順の影響は小さい
偶数馬番の勝率がやや高め

血統

ディープインパクト産駒は人気薄でも買える
ステイゴールド、ハーツクライ産駒は安定
近年はナカヤマフェスタ産駒が好調
母父カーリアン、ホワイトマズル、モンズーンが好成績
母父シンボリクリスエス、アグネスタキオンも好相性

騎手・調教師

ルメール騎手が安定
藤岡康、福永、吉田隼、松岡騎手も好調
藤沢、藤原、堀調教師が好成績

 

札幌競馬場 コースデータ

芝1200m 芝1500m 芝1800m 芝2000m 芝2600m ダ1000m ダ1700m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。