東京芝1400mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

東京芝1400m・過去10年のコースデータ分析です。
人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や東京芝1400mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

◎無料買い目で春のGⅠ8戦6勝!

春のGⅠは8戦中6戦で的中!
桜花賞:3連複14点125.9倍→50,360円
皐月賞:3連複14点91.5倍→36,600円
天皇賞・春:3連複10点135.0倍→67,500円
ヴィクトリアM:3連複13点29.6倍→11,840円
日本ダービー:3連複9点24.8倍→14,880円
安田記念:3連複5点8.4倍→6,720円

実際に配信された無料買い目がコチラです。


いろいろ見てますが 4月からG1連勝してる無料情報は他に見当たりません。
ここの前日夜公開の3連複無料買い目は絶対チェックするべきです。

今週はCBC賞の無料買い目を公開!
推奨は1点4~500円ですが、100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの予想サイトです。
≪毎週土日4レースを無料公開≫

東京競馬場 芝1400m

コース概要

直線:525.9m

東京芝1400mはスタート直後から上り坂になりそのままコーナーに入ります。そのため短距離戦でありながら前半のペースはそれほど速くはならず、直線でのキレが求められるコースです。

直線が長いため差し馬有利に見えますが、道中息が入りやすいため逃げ・先行馬が粘り波乱を演出することもあります。

東京芝1400mで行われるレース

  • 京王杯SC
  • 京王杯2歳S
  • オーロC

東京芝1400m 傾向データ

東京芝1400m 人気データ

近年は1番人気馬の成績は上がってきていますが、1番人気馬の複勝率58%は全競馬場の1400mコースの中では低い数値。東京芝コースの中でも1番人気の信頼度が低いコースです。ただ極端な人気薄はあまり期待できず上位人気馬が優勢です。

オープンクラスでも1番人気より2~5番人気の方が回収値が良く、このコースで行われる京王杯SCと京王杯2歳Sでも1番人気馬の複勝率は40%、2番人気は複勝率55%という成績です。

東京芝1400m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

直線が長いため速い上がりを使える差し馬が勝利数ではトップ。回収値でも上がり5位以内の馬が単・複共に100を超えており、脚質よりも末脚の確実さが求められます。

ただ差し馬が人気になることで後ろで牽制し合い、楽に逃げた馬がそのまま逃げ切ることもあります。特に開幕間もない頃は内を通った逃げ・先行馬が止まらないレースも多く見られます。

東京芝1400m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

500~519kgの馬格がある馬が全体的に成績が良く、馬体重が軽くなるほど徐々に成績が下がります。

馬体重が大きく影響するのは2歳牡馬で、480kg以上になると勝率や連対率が大きくアップ。東京での新馬戦や未勝利戦では馬格で選ぶのもアリです。

東京芝1400m コースデータ(良馬場)

東京芝1400m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

1枠が勝率・連対率・複勝率全ての数値でトップで回収値も高め。1~3枠の内寄りの枠に入った馬が好走しやすく、外枠になるに連れて徐々に数値が下がっていきます。

馬番

馬番でも3枠以内に当たることが多い1~6番が複勝率20%台、2桁馬番に入った馬は徐々に成績が落ち、14番以降は連対率も10%前後。ただし外枠でも13番は勝率9.5%、連対率15.8%と内枠と同等以上の成績を残しています。

東京芝1400m コースデータ(重馬場)

東京芝1400m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

道悪になると内枠有利の傾向が顕著になり、1~4枠までが複勝率20%台になります。特に1~2枠は人気より好走することが多く、1枠は連対率も20%と抜群の成績

馬番

馬番では3~4番の成績が内枠の中では低く見えますが、これは平均人気が低い影響もあります。実質的には良馬場と同様に馬番で1~6番に入った馬はプラス。

外寄りでは11~12番の成績は悪くなくありません。また大外18番の回収値が高く見えますが、2011年の新馬戦で16番人気で優勝したラミアプリマベーラが1頭で引き上げており近年は人気サイド優勢。

東京芝1400m 血統データ

東京芝1400m 種牡馬データ

ダイワメジャー、ディープインパクトなどサンデーサイレンス系が得意としているコースですが、人気になりやすいため回収値は低めです。

人気薄ではマツリダゴッホ産駒が複勝率24.3%、単回値217と高く、スクリーンヒーローやトーセンホマレボシ、ベーカバドあたりも人気薄で突っ込んでくることがあります。

2歳戦ではダイワメジャー、ロードカナロア、キンシャサノキセキがよく走っており、京王杯2歳Sでのキンシャサノキセキは5番人気カシアス、6番人気アドマイヤモラールが2着に入るなど人気薄でも好走しています。

種牡馬系統別

  • キングマンボ系【47-51-41-408】連対率17.9%
  • サンデーサイレンス系【271-275-255-2830】連対率15.0%
  • ヘイロー系【19-26-16-268】連対率13.7%

相性の悪い種牡馬

  • ヨハネスブルグ【4-2-6-85】連対率6.2%
  • タニノギムレット【6-5-10-118】連対率7.9%
  • ショウナンカンプ【3-3-6-57】連対率0.0%

他ではハービンジャーやバゴ、ネオユニヴァースも連対率は10%前後で回収値も低めです。

東京芝1400m 母父データ

系統別ではストームキャット系、フェアリーキング系の成績が良く、出走数が少ない所ではエンドスウィープ系も好調。

また母父フレンチデピュティは未勝利~1勝クラスの回収値が抜群に良く、春菜賞で単勝230倍で優勝したライズスクリューなど、寒い季節の東京(2月や10~11月)によく穴をあけています。

重賞ではサンデー系やストームキャット系、ミスプロ系、ネヴァーベンド系あたりが好調。ダンジグ系とリファール系は2着ばかりなのも特徴です。

母父系統別

  • フェアリーキング系【16-9-7-100】連対率18.9%
  • ストームキャット系【19-20-10-165】連対率18.2%
  • デピュティミニスター系【31-31-25-311】連対率15.6%

相性の悪い母父

  • コマンダーインチーフ【3-2-6-97】連対率4.6%
  • ネオユニヴァース【1-2-3-47】連対率5.7%
  • メジロライアン【1-3-2-40】連対率8.7%

トニービン、ブライアンズタイム、フジキセキあたりも連対率は10%を切っています。

東京芝1400m 騎手・調教師データ

東京芝1400m 騎手データ

大体がノーザンF生産の人気馬ですが、ルメール騎手の成績が抜けています。8割方は2番人気以内ですが、ルメール騎手+1番人気の成績は(24-9-5-18)で勝率42.9%、複勝率67.9%という成績。元々1番人気の信頼度が低いコースでしたが、ここ1~2年で押し上げているのはルメール騎手です。

ルメール騎手以外にも福永騎手や川田騎手など、関西所属騎手の成績が良いコースです。関東では戸崎騎手の成績が安定していますが回収値はやや低め。近年は田辺騎手や三浦騎手が成績を伸ばしています。

相性の悪い騎手

  • 藤田菜七子【0-1-2-39】連対率2.4%
  • 武士沢友治【2-8-2-234】連対率4.1%
  • 江田照男【4-6-14-241】連対率3.8%

それ以外では池添騎手も過去10年では(1-0-0-36)と苦手としているコースで、京王杯2歳Sでも1番人気だったオルフェーヴル、テイエムイナズマで大敗しています。

東京芝1400m 調教師データ

藤沢調教師が非常に得意としているコースで、タワーオブロンドンやムーンクエイクなどで重賞も勝っています。

また関西ですが矢作調教師もこの条件に使ってくることが多く、ダイワマッジョーレやリライアブルエースなどを管理しています。須貝調教師もロワアブソリューやリナーテを管理しており、この2人は特別レースの勝利数では藤沢調教師に匹敵します。

相性の悪い調教師

  • 小桧山悟【0-1-0-81】連対率1.2%
  • 的場均【1-4-3-85】連対率5.4%
  • 武藤善則【3-2-5-69】連対率6.3%
◎重賞の無料買い目ならこのサイト

▼6/13~14の的中実績
灘S:3連単543,0800円(12点)
八王子特別:3連単1,054,050円(16点)
ジューンS:3連単2,534,320円(12点)
三浦特別:3連単1,954,080円(8点)
駒ヶ岳特別:3連単350,940円(8点)

雨の影響もあり波乱が目立った先週(6/13~14)。
3連単63万馬券のジューンSをはじめ帯封、高配当連発!

このキャンペーン情報の他に無料予想が毎週土日4鞍配信されます。

◆昨年に引き続き無料買い目でダービー的中!

10番人気ヴェルトライゼンデを買い目に入れる見事な予想。
負けない買い方がこのサイトの魅力です。

▼直近の無料買い目
安田記念:3連複4,200円
日本ダービー:3連複12,400円
ヴィクトリアマイル:3連複14,800円
青葉賞:3連複10,950円
フローラS:3連複62,300円
日経賞:3連複39,900円
などを的中させています。

毎週2レース無料買い目を公開中!
ここの無料予想はチェックする価値があります◎

無料メール登録のみでOKです。

東京芝1400m 傾向まとめ

コース傾向

  • 1番人気の信頼度は低め(ルメール騎手を除く)
  • 速い上がりを使える差し馬が強い
  • 馬格がある馬がやや優勢
  • 内枠有利、馬番1~6番はプラス
  • 道悪でも馬番1~6番はプラス

血統

  • ダイワメジャー、ディープインパクト産駒は安定
  • 人気薄のマツリダゴッホ、スクリーンヒーロー、トーセンホマレボシ、ベーカバド
  • 2歳戦はロードカナロア、キンシャサノキセキ
  • 母父ストームキャット系、フェアリーキング系

騎手・調教師

  • ノーザンF+人気のルメール騎手は堅実
  • 関東では戸崎、田辺、三浦騎手
  • 藤沢調教師の成績が抜群
  • 特別レースでは矢作、須貝調教師も好成績

 

東京競馬場 芝コース

芝1400m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2300m 芝2400m 芝2500m 芝3400m

東京競馬場 ダートコース

ダ1300m ダ1400m ダ1600m ダ2100m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。