JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

東京芝2300mデータ|血統・騎手・枠順・馬体重など8つの特徴を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


東京芝2300m・過去10年のデータ分析です。

人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や東京芝2300mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

東京競馬場 芝2300m

直線:525.9m


東京芝2300mは3歳未勝利戦と500万の新緑賞のみで使われているコースです。直線坂を上り平坦になったゴール前からスタートしコースを1周します。下級条件でしか使われないため、道中スローからの直線勝負が基本です。


快進撃が止まらない!注目の予想サイトGLORIA



直近ではセントライト記念のサトノルークス(8人気)、ローズSのビーチサンバ(6人気)、京成杯AHのジャンダルム(10人気)を的中!他にもハヤヤッコ、カデナ、ハイランドピーク、ロードヴァンドールなど穴馬のチョイスは見事です。

9/15は無料買い目2鞍がそれぞれ150%・1000%回収!今週はオールカマーを含む計4鞍を無料配信!毎週の無料予想も絶対に見た方が良いです!もちろん毎週のように重賞的中のGプレミオも注目です!!

GLORIAのおすすめはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】



オールカマー+3鞍の無料予想を受け取る(無料)
(無料買い目は前日夜22時頃に配信)
↑無料メール登録で前日夜に重賞の買い目が確認できます。返信メール内のURLクリックで登録完了!

東京芝2300mの傾向データ

東京芝2300m 人気データ


1番人気の複勝率は71.4%と信頼度は高く、馬券になっているのはほぼ7番人気以内まで。8番人気以下になるとほとんど馬券に絡んでいません。

東京芝2300m 脚質データ


スローペースで流れることが多いため好位につけた馬が好成績を挙げています。また上がり最速馬の複勝率は80%以上でやや人気が低い馬が馬券内に入るのもこのパターンで、ハーツクライやステイゴールドなど長距離血統が好走しています。

東京芝2300m 枠順・馬番データ

枠順


条件が条件だけに小頭数になることも多く枠番では測りきれない部分もありますが、2~4枠が1勝しか挙げておらず1着馬はどちらかと言えば外寄りの枠から出ています。特に6枠が全ての成績でトップとなっています。

馬番


馬番では1番の成績が良く、1~6番は複勝率20%台となっています。9~12番も同じく複勝率20%台ですがその間の7~8番はやや成績を落としており、多頭数になった場合の15番以降は割引きです。

東京芝2300m 馬体重データ


480kg以上になると勝率が大きくアップします。人気馬が固いコースなので馬単や3連単狙いになることも多そうですが、頭は馬格のある馬を選ぶのが良さそうです。

東京芝2300mの血統データ

東京芝2300m 種牡馬データ


ステイゴールド産駒は1着が無く2~3着ばかりとやや特殊な成績になっていますが、やはり長距離適性のあるハーツクライやステイゴールド、ハービンジャーが相性が良さそうです。

ディープインパクト産駒は2018年の新緑賞でグレートウォリアーが初めてこのコースで勝利を挙げ、2018年に入ってから成績を伸ばし(1-3-1-10)で複勝率を30%台に乗せました。

相性の悪い種牡馬

  • ネオユニヴァース【0-0-0-6】連対率0.0%
  • マンハッタンカフェ【0-0-1-6】連対率0.0%

東京芝2300m 母父データ


母父サンデーサイレンス、トニービン、シンボリクリスエスは出走していたらとりあえず抑えは必要です。また牝馬はこのコースに出走することはあまりなく殆どが未勝利戦ですが、母父サンデーサイレンスは牝馬の成績が良いので注意。

相性の悪い母父

  • ブライアンズタイム【0-1-0-11】連対率8.3%
  • スペシャルウィーク【0-0-1-5】連対率0.0%
  • フジキセキ【0-0-1-5】連対率0.0%

御三家の中では母父ブライアンズタイムの成績が奮いません。

東京芝2300mの騎手・調教師データ

東京芝2300m 騎手データ


戸崎騎手、内田博騎手、三浦騎手が比較的安定しています。表以外では田中勝騎手が(0-2-4-4)で複勝率60%でよく人気薄を2~3着に持ってきます。

関東の長距離戦と言えば蛯名騎手を買いたくなりますが(0-2-1-7)で1着がなく、平均人気に対して着順も落としているのであまり得意ではなさそうです。

東京芝2300m 調教師データ


出走回数が少ないので得意不得意というには足りないデータですが、矢作調教師はカポーティスター、カフジプリンスが新緑賞を勝っているなど、関西所属ながらこのレースを狙って出走しています。

他のコースでは苦戦していることが多い小笠調教師もこのコースでは複勝率50%。特に牝馬で好成績を挙げています。

東京芝2300mの平均タイム

平均タイム(3歳)

クラス平均タイム前3F後3F
未勝利2.23.137.435.6
500万2.22.337.435.2

東京芝2300mで行われるレース

  • 新緑賞
  • 未勝利

東京芝2300mまとめ



・1番人気
・先行馬
・1枠1番
・馬体重480kg以上
・母父サンデーサイレンス、トニービン
・8番人気以下

東京競馬場 芝コース

芝1400m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2300m 芝2400m 芝2500m 芝3400m

東京競馬場 ダートコース

ダ1300m ダ1400m ダ1600m ダ2100m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。