東京芝2500mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

東京競馬場 芝2500m

過去10年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・枠順・馬体重などのデータを分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

東京競馬場 芝2500m

コース概要

直線:525.9m

東京芝2500mは目黒記念とアルゼンチン共和国杯でのみ使用されるコースです。直線坂の手前からスタートし、直線の坂を2回上ることになるのが大きな特徴。

坂を登り切った位置がスタートの東京芝2400mとは100mの違いですが求められる能力は異なり、瞬発力以上にスタミナが問われるコースです。

東京芝2500mで行われるレース

  • 目黒記念
  • アルゼンチン共和国杯

東京芝2500m 傾向データ

東京芝2500m 人気データ

勝率では1番人気より3番人気の方が高く6~8番人気の中穴もよく馬券圏内に入りますが、これは行なわれる2レースがどちらもハンデ戦ということも影響していると思われます。

ただし10番人気以下の大穴はあまり期待できず、単勝オッズ30倍以上だと(0-2-3-141)となっています。

東京芝2500m 脚質データ

速い上がりを使える馬が強く、差し馬が好成績。広いコースのため同じ芝2500mの有馬記念に比べて時計は速く、特にダービー同日の目黒記念は高速馬場。2019年は2.28.2という日本レコードが記録されました。

回収値は逃げ馬が高いものの、逃げ馬が残ったのは2010年目黒記念のイケドラゴンなど古めのデータ。近年は差し傾向がより強まっています。

東京芝2500m 馬体重データ

馬体重別では460~479kgだけ極端に成績が悪いのが特徴。馬券に絡んだ5頭は全て当日4番人気以内でした。それ以外はあまり成績の差はありません。

このコースで行われるレースはハンデ戦のみですが、ハンデは軽い馬より重い馬の方が良く55kg以上を背負った馬の成績が安定しています。

東京芝2500m コースデータ

東京芝2500m 枠順・馬番データ

枠順

レース数が少ないためデータの信頼性は高くありませんが、平均人気より着順の方が良いのは1枠、3枠、6枠。特に6枠は連対率なども高く回収値も優秀です。

人気別で見ると5番人気以内はどの枠でも差はありませんが、6番人気以下は1~2枠、4~6枠からの好走馬が多く、6番人気以下+8枠は(0-0-0-43)。

馬番

勝率は偶数枠が7.9%、奇数枠が4.5%と偶数枠が高く、複勝率は奇数枠の方が高いのが特徴。近年は高速馬場になりやすいこともあってか、真ん中から内に入った馬がやや優勢です。

東京芝2500m 血統データ

東京芝2500m 種牡馬データ

東京芝2400mとはガラッと変わりハーツクライ産駒が勝利数トップ。スワーヴリチャードやシュヴァルグラン、フェイムゲームと東京巧者を輩出しています。

100mの違いですがディープインパクト産駒は大きく成績を落としています。ただ近年はアルゼンチン共和国杯で7番人気2着のソールインパクト、目黒記念で13番人気3着のハッピーモーメントなど穴馬の好走もあり。

種牡馬系統別

  • グレイソヴリン系【2-2-0-19】連対率17.4%
  • ロベルト系【4-1-2-27】連対率14.7%
  • サンデーサイレンス系【12-15-13-158】連対率13.6%

相性の悪い種牡馬

  • ネオユニヴァース【0-1-1-10】連対率8.3%
  • シンボリクリスエス【1-0-0-9】連対率0.0%

東京芝2500m 母父データ

母父サンデーサイレンスはムイトオブリガードやクリプトグラムなど重賞でも好調ですが、系統別ではトニービン、ハイエストオナーなど母父グレイソヴリン系が好相性

母父ミスプロ系はシュヴァルグラン、ゴールドアクター、スワーヴリチャードと後のGⅠ馬を輩出しており、母父ミスプロ系で目黒記念orアルゼンチン共和国杯を勝った馬はその後のGⅠで狙ってみても面白そうです。

母父系統別

  • グレイソヴリン系【3-2-4-20】連対率17.2%
  • サンデーサイレンス系【4-3-2-48】連対率12.3%
  • ミスタープロスペクター系【3-1-4-30】連対率10.5%

相性の悪い母父

  • アフリート【0-0-0-6】連対率0.0%
  • ブライアンズタイム【0-0-2-10】連対率0.0%
  • ラストタイクーン【0-1-0-9】連対率10.0%

東京芝2500m 騎手・調教師データ

東京芝2500m 騎手データ

蛯名騎手、横山典騎手のベテラン2人が好成績。福永騎手もアルゼンチン共和国杯で7番人気ソールインパクトの2着など人気以上の好走が目立ちます。

相性の悪い騎手

  • 武豊【0-0-0-8】連対率0.0%
  • 松岡正海【0-0-0-13】連対率0.0%
  • 田辺裕信【0-1-0-12】連対率7.7%

東京芝2500m 調教師データ

友道調教師は東京芝2400mも2500mも得意なコースでシュヴァルグラン、ムスカテールを管理しています。藤原調教師もクリプトグラム、ルックトゥワイス、パフォーマプロミスと3勝、やはり関西馬が強いコースです。

相性の悪い調教師

  • 鹿戸雄一【0-0-0-8】連対率0.0%
  • 手塚貴久【0-0-1-4】連対率0.0%
  • 矢作芳人【0-1-1-9】連対率9.1%

東京芝2500m 傾向まとめ

コース傾向

2400mとは傾向が異なりスタミナが要求される
単勝オッズ30倍以上は割引き
差し馬が中心、逃げ馬は苦戦
460~479kgは人気馬なら
近年は真ん中から内寄りの枠が優勢

血統

ハーツクライ産駒が好成績
ディープインパクト産駒は勝ち切れない
母父グレイソヴリン系の相性が良い
母父ミスプロ系で勝った馬はGⅠでも期待

騎手・調教師

横山典、福永騎手が好成績
藤原、友道調教師など関西馬が強い

 

東京競馬場 コースデータ

芝1400m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2300m 芝2400m 芝2500m 芝3400m ダ1300m ダ1400m ダ1600m ダ2100m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。