デイリー杯2歳ステークス予想|過去の傾向とデータ分析

G2
デイリー杯2歳ステークス【GⅡ】
2021/11/13(土)
阪神競馬場・芝1600m

過去8年分のデイリー杯2歳Sのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎重賞特化の無料予想サイト

LINEで友だち追加⇒無料買い目が届く!



youtubeでも掲載実績のある無料LINE予想。
春もオークスで77,400円の払戻しなど信頼度抜群!夏~秋競馬で的中率を上げたいなら見逃せません。
無料買い目的中実績


16鞍公開13鞍的中
収支計+232,090円(回収率383%)


オークス3連複193.6倍×400円=77,440円
阪神牝馬S3連複88,3倍×400円=35,320円
金鯱賞3連複35,4倍×900円=31,850円

重賞中心に無料買い目を公開しているので初心者にもお勧めです。LINE以外でもメルアド、Yahoo!IDなどのSNSアカウントでも登録できるので自分に合った方法で無料買い目を受け取って下さい。

リンク先のページ内今すぐお友達追加からLINEに友だち追加後、届いたメッセージの【無料アカウント作成】をタップで完了です!

デイリー杯2歳S 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 セリフォス
2番人気 デュガ
3番人気 スタニングローズ
4番人気 ウナギノボリ
5番人気 ドグマ

参考:netkeiba.com

登録8頭と今年も小頭数になり、予想オッズ1番人気は新潟2歳Sを快勝したセリフォス。2番人気には新潟2歳S・サウジアラビアRCと好走しているスタニングローズ、2番人気には前走未勝利戦を0.7秒差で楽勝したデュガが推されています。

以下サウジアラビアRC4着のウナギノボリ、アスター賞を逃げ切ったプルパレイ、新馬戦を快勝したソネットフレーズなど小頭数ながらもオープンクラスで好走している馬が多く集まりました。

デイリー杯2歳S コース&血統分析

阪神芝1600m【2歳1勝クラス以上】参考データ

阪神芝1600mの特徴

阪神芝1600mは外回りコースを使用。コーナーが内回りに比べてゆったりしているため直線で横一線になりやすく、直線の長さが474mと長く坂もあるため差しや追い込みが決まりやすいコースです。

速い上がりを使える馬が強いためディープインパクトなどのサンデーサイレンス系種牡馬が得意としています。

重賞ナビ

阪神競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝…

デイリー杯2歳S 父系統別データ

  • ディープインパクト系【7-2-6-35】
  • サンデーサイレンス系【3-2-2-41】
  • サドラーズウェルズ系【2-0-0-6】
  • キングカメハメハ系【1-3-3-24】
  • ハーツクライ系【1-1-2-6】

ディープインパクト産駒は昨年レッドベルオーブが1.32.4のレコードで優勝。朝日杯FSや阪神JFでも好走馬が多く人気馬は堅実です。他にはダイワメジャー、フランケル、ハーツクライ、キズナあたりが好調。

デイリー杯2歳S 母父系統別データ

  • ミスタープロスペクター系【4-1-2-26】
  • ダンジグ系(欧)【2-0-0-10】
  • サンデーサイレンス系【1-4-1-43】
  • ヘイロー系【1-2-2-3】
  • グレイソヴリン系【1-2-1-6】

ミスプロ系は昨年優勝のレッドベルオーブや朝日杯優勝のグレナディアガーズなど近年勝利数を伸ばしています。ノーザンダンサー系は欧州型の方が勝ち切っており米国型は2~3着までが多いのが特徴。

また母父ヘイロー系の複勝率が高く、昨年阪神JFで6番人気3着のユーバーレーベン、2018年千両賞を11番人気で勝ったマイネルフラップなど人気薄でも狙えます。少し時計がかかる芝を得意としているのがポイント。

デイリー杯2歳S 傾向データ①

阪神芝1600m【2歳1勝クラス以上】参考データ

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠4-3-2-1616.0%36.0%
2枠2-0-5-207.4%25.9%
3枠3-1-2-2111.1%22.2%
4枠1-6-3-183.6%35.7%
5枠0-4-2-230.0%20.7%
6枠1-1-2-253.4%13.8%
7枠2-0-0-335.7%5.7%
8枠3-1-0-328.3%11.1%

昨年のデイリー杯は小頭数になりましたが馬番1~3番での決着。GⅠでも1桁馬番の成績が良く、特に良馬場なら内優勢です。

馬番データ

  • 偶数馬番【8-5-9-94】
  • 奇数馬番【8-11-7-94】

馬番では1番が(2-3-2-9)、4番が(1-1-6-8)、7番が(1-4-0-11)。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ3-1-1-1118.8%31.3%
先行6-3-4-499.7%21.0%
差し5-6-8-695.7%21.6%
追込2-6-3-592.9%15.7%

外回りで直線の長いコースなので上がりを使えることが前提になりますが、逃げて結果を残しているのは阪神JFのレシステンシアなど牝馬が多く牡馬は先行・差しが半々くらいの成績です。

前走4角位置

  • 3番手以内【12-5-6-84】
  • 4番手以下【4-11-10-103】

今回対象にしたレースでは前走4角3番手以内の勝率が高く、特に牝馬は前走で逃げ・先行していた馬が好成績。ソネットフレーズが前走4角3番手以内の牝馬です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4190-0-0-160.0%0.0%
420-4390-3-1-250.0%13.8%
440-4592-1-4-453.8%13.5%
460-4797-7-7-628.4%25.3%
480-4994-4-2-2910.3%25.6%
500-5192-1-2-914.3%35.7%
520-1-0-0-233.3%33.3%

2歳戦では馬格に連れ成績が上がり軸にするなら460kg以上は欲しい所です。特に人気馬は馬格がある方が良く当日5番人気以内は460kg未満が(0-2-4-14)、460kg以上が(11-10-8-31)。

デイリー杯2歳S 傾向データ②

デイリー杯2歳S 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-2-225.0%75.0%
2番人気3-2-0-242.9%71.4%
3番人気1-0-1-612.5%25.0%
4-6番人気2-2-4-168.3%33.3%
7-9番人気0-2-1-200.0%13.0%
10番人気-0-0-0-110.0%0.0%

当日2番人気に推された馬は堅実です。京都開催時は人気馬同士で決まることは少なかったものの阪神で開催された昨年は1~2番人気での決着となりました。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦0-1-0-50.0%16.7%
栗東8-7-8-5110.8%31.1%
地方0-0-0-10.0%0.0%

関東馬の出走は殆どありません。

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦3-2-1-1415.0%30.0%
2戦4-2-2-1616.7%33.3%
3戦1-4-1-145.0%30.0%
4戦-0-0-4-130.0%23.5%

キャリア3戦以内ならそれほど差はありません。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-7-6-31】
  • 乗り替わり【3-1-2-26】

複勝率では継続騎乗組が優勢ですが、2019年のレッドベルジュール、2017年のジャンダルム、2016年のジューヌエコールと近年は乗り替わりでの優勝が増えています。

生産者データ

  • ノーザンF【4-1-1-16】
  • 社台F【1-0-2-3】

ノーザンF生産馬は当日3番人気以内だと(4-1-1-6)、4番人気以下は(0-0-0-10)と人気馬優勢です。スタニングローズ、ソネットフレーズがノーザンF生産馬。

デイリー杯2歳S 前走データ

デイリー杯2歳S 過去8年のデータ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
重賞1-1-2-88.3%33.3%
オープン2-1-3-1310.5%31.6%
1勝0-0-0-80.0%0.0%
未勝利2-4-2-139.5%38.1%
新馬3-2-1-1415.0%30.0%

新馬・未勝利上がりの馬でも好走しています。重賞組は勝ち切れず連対した2頭はシュウジ、ホウライアキコとどちらも前走は小倉2歳S。

主な前走

  • 小倉2歳S【1-1-0-2】
  • ききょうS【1-1-0-1】
  • 中京2歳S【1-0-0-4】
  • 野路菊S【0-1-0-2】
  • 新潟2歳S【0-0-2-2】

前走距離

  • 1200m【1-1-1-8】
  • 1400m【1-2-2-17】
  • 1600m【4-4-3-15】
  • 1800m【2-1-2-10】
  • 2000m【0-0-0-4】

前走場所

  • 東京【0-0-0-10】
  • 京都【1-4-2-16】
  • 阪神【4-1-2-11】
  • 中京【2-1-0-5】
  • 札幌【0-0-2-2】
  • 函館【0-0-0-4】
  • 福島【0-1-0-0】
  • 新潟【0-0-2-5】
  • 小倉【1-1-0-2】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気5-5-3-1319.2%50.0%
2番人気3-1-2-1018.8%37.5%
3番人気0-1-1-50.0%28.6%
4番人気0-1-0-40.0%20.0%
5番人気0-0-1-50.0%16.7%
6-9番人気0-0-1-150.0%6.3%
10番人気-0-0-0-30.0%0.0%

前走での人気が高いほど好走率も上がります。前走が1勝クラス以下だった馬は2番人気以内の成績が良く、前走3番人気以下で好走しているのは前走がオープンクラスだった馬が大半です。

前走1勝クラス以下

  • 2番人気以内【5-5-3-17】
  • 3番人気以下【0-1-0-17】

今年はソネットフレーズ、デュガ、プルパレイと1勝クラス以下だった3頭はいずれも前走2番人気以内です。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着8-8-5-3514.3%37.5%
2着以下0-0-3-200.0%13.0%

前走クラス問わず連対しているのは前走1着馬のみ。新潟2歳Sで好走したペールエールやピークトラムも3着止まりでした。

また前走1着馬は前走でのタイム差は不問ですが、前走1800m組はタイム差無しだと(2-1-0-0)、0.1秒差以上だと(0-0-1-6)と接戦を制している馬が強いのが特徴。今年は該当馬はいません。

デイリー杯2歳S データまとめ

買いデータ

ディープインパクト産駒、母父ヘイロー系
1~4枠(1桁馬番)
前走4角3番手以内
当日2番人気以内
前走2番人気以内

消しデータ

馬番10番以降
馬体重460kg未満
キャリア4戦以上(3着まで)
当日4番人気以下のノーザンF生産馬
前走1勝クラス以下で3番人気以下

デイリー杯2歳S 予想

1週前の登録時点での予想です
◎セリフォス
○ソネットフレーズ
▲プルパレイ
△スタニングローズ

セリフォスは前走新潟2歳Sで1着。京都開催時は重賞組がやや不振でしたが、前走1着馬が今年は4頭なのでその中ではやはり最上位評価。コース成績の良いダイワメジャー産駒やアルテミスS2着のベルクレスタを中京で下していることなど、阪神替わりは問題ないと思われます。

ソネットフレーズは今年唯一のキャリア1戦馬ですが新馬戦は断然の1番人気に応え快勝。エピファネイア×キングカメハメハはデアリングタクトと似た配合です。前走先行している牝馬や当日3番人気以内に推されたらノーザンF生産馬であることが強調点になります。

プルパレイは新潟の未勝利戦を好タイムで勝ち上がり、アスター賞は前半超スローながらラスト3Fは11.4-11.2-11.1と加速ラップで逃げ切り勝ち。サンデー系×ミスプロ系という血統からはコースも合いそうです。

スタニングローズは阪神芝1600mの未勝利戦を勝った経験がある点はプラスですがキャリア4戦、前走重賞とは言え敗れている点からデータ的には3着止まり。

テキストのコピーはできません。