エルムステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

エルムステークス【GⅢ】
2021/8/8(日)
函館競馬場・ダート1700m

過去8年分のエルムSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

エルムS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 アメリカンシード
2番人気 ソリストサンダー
3番人気 スワーヴアラミス
4番人気 ウェスタールンド
5番人気 ダンツキャッスル

参考:netkeiba.com

予想オッズ1番人気は平安Sで2着に入ったアメリカンシード。2番手にはかしわ記念2着のソリストサンダー、3番手にはマリーンSを勝ったスワーヴアラミスが続きます。

4番手以下にも昨年の東京大賞典3着のウェスタールンド、大沼Sを勝ちマリーンSでも3着に入ったダンツキャッスル、他にも1年以上の休み明けとなるヴェンジェンス、舞台は異なりますが昨年のエルムS優勝馬タイムフライヤーと多彩なメンバーが揃いました。

エルムS コース&血統分析

函館ダート1700m【3勝クラス以上】参考データ

函館ダ1700mの特徴

スタートから2コーナー辺りまでの約600mは下り坂になっているためテンが速くなるのが特徴。そこから上り坂になるため4ハロン目あたりからペースが落ち、最後まで1ハロン12秒台中盤のラップが続きます。

重賞ナビ

函館競馬場・ダート1700mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、函…

エルムS 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【7-6-5-54】
  • ミスタープロスペクター系【3-2-2-26】
  • ハーツクライ系【2-1-0-3】
  • ヘイロー系【2-0-1-3】
  • キングカメハメハ系【1-1-4-18】
  • ロベルト系【1-1-2-13】

近年はハーツクライ産駒のタイムフライヤー、スワーヴアラミスがマリーンSを勝つなどハーツクライ産駒が好調。ゴールドアリュール、クロフネ、ロージズインメイあたりも成績が良く、やや相性が悪いのはナスルーラ系全般。

またミスプロ系・フォーティナイナー系は良馬場だと(0-1-2-21)、稍重以上で(3-2-1-13)と馬場次第。

エルムS 母父系統別データ

  • ミスタープロスペクター系【3-5-2-34】
  • サドラーズウェルズ系【3-0-1-4】
  • サンデーサイレンス系【2-4-5-38】
  • フォーティナイナー系【2-2-0-4】
  • グレイソヴリン系【2-1-0-7】

母父ミスプロ系・フォーティナイナー系は良馬場だと(5-5-2-23)、稍重以上だと(0-2-0-15)という成績。逆に稍重以上で成績を大きく伸ばしているのがサドラーズウェルズ系などの欧州型ノーザンダンサー系。

エルムS 傾向データ①

函館ダート1700m【3勝クラス以上】参考データ

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-0-1-165.6%11.1%
2枠2-0-3-1311.1%27.8%
3枠1-3-5-173.8%34.6%
4枠0-1-3-270.0%12.9%
5枠3-5-1-258.8%26.5%
6枠3-4-1-288.3%22.2%
7枠1-2-3-302.8%16.7%
8枠7-3-1-2519.4%30.6%

1枠、7枠は人気馬が少なかった影響もあり成績が低めに出ていますが、4枠は人気馬が多いのに好走馬が少なく当日3番人気以内に絞っても(0-0-1-8)。

馬番では外寄りの10~12番から勝ち馬が出ることが多いのが特徴です。

馬番データ

  • 偶数馬番【12-7-9-86】
  • 奇数馬番【6-11-9-95】

馬番では10番(5-0-0-13)、11番(3-2-0-13)、12番(2-2-1-11)、3番(1-2-4-11)、2番(2-0-3-13)。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ5-5-2-1022.7%54.5%
先行8-7-9-2915.1%45.3%
差し3-6-5-833.1%14.4%
追込0-0-1-580.0%1.7%
マクリ2-0-1-150.0%75.0%

小回りのコーナー4つになるため逃げ・先行馬が有利。3角3番手以内が(15-9-7-35)、4番手以下が(3-9-11-146)とバックストレートで先頭集団につけないと勝ち切るのは難しいコースです。

前走4角位置

  • 1番手【6-1-2-14】
  • 2~3番手【3-6-5-32】
  • 4番手以下【9-11-11-135】

アメリカンシード、オレンジペコ、レピアーウィットが前走4角1番手でした。

前走上がり3F

  • 1~3位【7-8-7-38】
  • 4~5位【3-1-2-32】
  • 6位以下【8-5-9-97】

ウェスタールンド、ダンツキャッスル、ヴェンジェンスが前走上がり3位以内。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-20.0%0.0%
440-4590-2-1-100.0%23.1%
460-4791-3-4-332.4%19.5%
480-4998-9-5-5710.1%27.8%
500-5194-3-5-536.2%18.5%
520-5-1-3-2614.3%25.7%

勝ち切っているのは480kg以上が殆どで、特に良馬場では馬格がある馬が優勢。稍重以上になると複勝率の差はそれほどなくなります。

有力馬ではアメリカンシード、オメガレインボーあたりが前走時480kg未満でした。

エルムS 傾向データ②

エルムS 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-1-3-312.5%62.5%
2番人気3-1-0-437.5%50.0%
3番人気2-1-0-525.0%37.5%
4-6番人気1-4-2-174.2%29.2%
7-9番人気1-0-2-214.2%12.5%
10番人気-0-1-1-330.0%5.7%

当日5番人気以内が(7-7-5-21)と固めに決まることが多いレースで、単勝オッズでは15倍以内が目安。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-1-3-298.3%19.4%
栗東5-7-5-477.8%26.6%
地方0-0-0-70.0%0.0%

関西馬の複勝率が高く、当日3番人気以内は関東馬が(2-0-1-5)、関西馬が(4-3-2-7)。予想オッズ上位のアメリカンシード、ソリストサンダー、スワーヴアラミスはいずれも関西馬です。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳3-1-2-920.0%40.0%
5歳4-2-2-1616.7%33.3%
6歳1-2-3-282.9%17.6%
7歳-0-3-1-300.0%11.8%

勝ち切っているのは4~5歳馬ですが、6歳以上でも2~3着は十分狙えます。

ただし当日6番人気以下は5歳以下が(1-1-2-14)、6歳以上が(0-0-1-48)と6歳以上を狙うなら人気サイド。唯一3着に入ったのは2015年のエーシンモアオバーで前年秋~冬に地方重賞を2勝、また2年前のエルムSで2着の実績がありました。

予想オッズからはケイティブレイブ、タイムフライヤー、テーオーエナジー、ライジングドラゴン、レピアーウィット、ロードゴラッソ、ヴェンジェンスが6歳以上+6番人気以下。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-6-3-38】
  • 乗り替わり【2-2-5-45】

人気馬は継続騎乗組の成績が良く、6番人気以下は継続騎乗が(0-0-1-29)に対して乗り替わりが(1-1-2-33)と乗り替わり組が優勢。

また過去8年では岩田騎手が(3-1-0-2)、藤岡佑騎手が(0-2-1-0)。今年は札幌開催ですが札幌のコースデータからはルメール騎手、岩田騎手、秋山騎手あたりが好成績。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-55.00-0-0-60.0%0.0%
56.06-3-3-578.7%17.4%
57.01-3-3-174.2%29.2%
58.01-2-2-312.5%62.5%

別定戦ですが斤量を背負った馬の複勝率が高く、当日5番人気以内+58kgは(1-2-1-0)。今年はケイティブレイブ、ロードブレスが58kgですが、いずれも予想オッズでは6番人気以下です。

前走との斤量差

  • +斤量【2-3-3-18】
  • 増減無【2-4-4-30】
  • -斤量【4-1-1-35】

エルムS 前走データ

エルムS 過去8年のデータ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-1-10.0%50.0%
GⅡ0-0-0-40.0%0.0%
GⅢ1-5-2-213.4%27.6%
リステッド0-1-0-10.0%50.0%
オープン4-1-2-349.8%17.1%
3勝2-0-0-528.6%28.6%
地方1-1-3-164.8%23.8%

2017年以降はマリーンS連対組が4年連続で2着以内に入っています。今年はスワーヴアラミス、オメガレインボーが該当。

また今年は平安Sが中京、プロキオンSは小倉で行われましたがJRA重賞組は当日5番人気以内で(1-5-2-7)と安定しています。こちらはアメリカンシード、ウェスタールンドが該当。

主な前走

  • マリーンS【4-1-0-24】
  • 安達太良S【2-0-0-2】
  • 平安S【1-2-1-3】
  • 東京大賞典【1-0-0-0】
  • プロキオンS【0-2-0-5】
  • マーキュリーC【0-1-2-4】
  • アンタレスS【0-1-1-6】

前走距離

  • 1400m【0-2-0-8】
  • 1600m【0-0-0-8】
  • 1700m【6-2-2-34】
  • 1800m【0-1-2-14】
  • 1900m【1-2-2-3】
  • 2000m【1-1-2-10】
  • 2100m【0-0-0-3】

前走場所

  • 東京【0-0-0-7】
  • 京都【1-2-1-6】
  • 阪神【0-1-2-8】
  • 中京【0-2-0-5】
  • 函館【4-2-2-32】
  • 福島【2-0-0-3】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-2-815.4%38.5%
2番人気4-0-1-1322.2%27.8%
3番人気0-4-0-60.0%40.0%
4番人気1-1-1-512.5%37.5%
5番人気1-0-1-127.1%14.3%
6-9番人気0-1-3-230.0%14.8%
10番人気-0-1-0-140.0%6.7%

前走4番人気以内だった馬の複勝率が高く、前走オープン特別以下は2番人気以内がほぼ必須。前走3番人気以下で好走しているのは重賞組です。

前走オープン特別以下

  • 2番人気以内【6-1-2-10】
  • 3番人気以下【0-1-0-29】

前走オープン特別以下で2番人気以内だった馬は堅実です。唯一3番人気以下で好走したのは2019年のハイランドピーク。前走大沼Sで3番人気6着でしたが、前年のエルムS優勝馬でした。

オメガレインボー、スワーヴアラミス、テーオーエナジー、ライジングドラゴン、ロードゴラッソが前走オープン特別以下で3番人気以下。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-3-3-1313.6%40.9%
2着2-1-1-816.7%33.3%
3着1-0-0-712.5%12.5%
4着0-1-2-80.0%27.3%
5着0-1-0-70.0%12.5%
6-9着1-2-1-204.2%16.7%
10着-1-0-1-194.8%9.5%

前走で連対している馬が強く、下位からの巻き返しは重賞組が中心です。オープン特別組は3着以内がほぼ必須。

前走オープン特別

  • 3着以内【4-1-2-10】
  • 4着以下【0-1-0-24】

こちらも4着以下から巻き返したのはハイランドピーク。コース実績馬は多少データから外れていても抑えは必要です。またハイランドピークを除き前走0.3秒以上敗れていると(0-0-0-28)なので、前走2~3着でも離されている場合は割引き。

前走オープン特別で3着以下または0.3秒差以上敗れているのはタイムフライヤー、サンダーブリッツ、ロードゴラッソ、テーオーエナジーの4頭。

エルムS データまとめ

買いデータ

父ハーツクライ、母父サドラーズウェルズ系
父ミスプロ系+稍重以上、母父ミスプロ系+良馬場
逃げ・先行馬
5番人気以内または単勝15倍以内
当日5番人気以内+58kg

消しデータ

父ミスプロ系+良馬場、母父ミスプロ系+稍重以上
4枠
480kg未満(特に良馬場)
当日6番人気以下+6歳以上
当日6番人気以下+継続騎乗
前走オープン特別以下で3番人気+4着以下

エルムS 予想

1週前の登録時点での予想です
◎スワーヴアラミス
○ダンツキャッスル
▲ソリストサンダー
△ウェスタールンド
△アメリカンシード
△ヴェンジェンス

スワーヴアラミスは前走マリーンSでは57.5kgを背負い優勝。2走前もダンツキャッスルとは3kgの斤量差があったので2着は上出来。血統的にもコース適性は高そうで、前で競馬が出来るのも○。前走時480kgだったので馬体は増えて欲しい所、また母父サドラー系なので良馬場よりは稍重以上の方が買いやすいです。

ダンツキャッスルはここ2戦スワーヴアラミスと接戦を演じていますが、ルーラーシップ産駒はアディラートなどこのコースは相性が良く、母父スペシャルウィークもこのコースでの回収値は抜群。古馬重賞は初出走になるため戦績は若干地味に見えますが、大きな割引き要素も無くここでも期待。

ソリストサンダーも同じく母父スペシャルウィークで同コース勝ちの実績、また1700mでの好走歴もあります。この1年はフェブラリーSで8着に敗れた以外は安定しており、コーナーで押し上げていけるのも魅力的です。

ウェスタールンドは前走は長期休養明け・プラス18kgで7着に敗れましたが、上がりは2位を記録。年齢的に上積みはありませんが、馬体を絞り展開が向けばチャンスはあります。

アメリカンシードは前走大外枠から揉まれずに逃げることが出来たのが大きく、自身含め枠順の並び次第。馬格にもやや欠けるのは不安要素。最後に1年以上の休養明けになりますが、実績的には申し分ないヴェンジェンス

テキストのコピーはできません。