ファルコンステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

ファルコンステークス【GⅢ】
2021/3/20(土)
中京競馬場・芝1400m

過去8年分のファルコンSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

ファルコンS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 グレナディアガーズ
2番人気 モントライゼ
3番人気 アスコルターレ
4番人気 ロードマックス
5番人気 インフィナイト

参考:netkeiba.com

朝日杯FSをレコードで快勝したグレナディアガーズ、京王杯2歳S勝ちのモントライゼの2頭に人気が集中しており、離れた3番手にはもみじS、マーガレットS勝ちの実績を持つアスコルターレが続きます。

以下京王杯2歳S2着のロードマックス、新潟2歳S優勝のショックアクション、シンザン記念2着のルークズネスト、サウジアラビアRC2着のインフィナイトと重賞実績馬が揃いました。

ファルコンS コース&血統分析

中京芝1400mの特徴

中京芝1400mは向こう正面の直線入り口からスタート。スタート後400mは緩やかな上り坂ですが、1200mと同様下り坂を走る距離が長いのが特徴です。最後の直線は高低差2.0mの急坂があり、坂を上ったラスト200m強はほぼ平坦となっています。

重賞ナビ

中京競馬場・芝1400mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中京芝…

ファルコンS 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-4-3-34】
  • ストームキャット系【1-3-0-11】
  • キングマンボ系【1-1-1-12】
  • ダンジグ系【1-0-1-3】
  • デピュティミニスター系【1-0-0-3】

複勝率ではノーザンダンサー系が高く2019年のハッピーアワー、2018年のミスターメロディ、アサクサゲンキなど中穴の好走も多く回収値が高めです。

また昨年はオルフェーヴル産駒のシャインガーネットが制しましたが、オルフェーヴル産駒はこのコースでは(10-1-2-9)で勝率45%。今年は不在ですが、このレース以外でも中京芝1400mのオルフェーヴル産駒は要注意。

ファルコンS 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-2-2-28】
  • ミスタープロスペクター系【2-1-0-20】
  • グレイソヴリン系【1-0-2-3】
  • デピュティミニスター系【1-0-0-8】
  • リファール系【0-1-0-1】

昨年は母父ミスプロ系が1~2着でしたが、ミスプロ系が馬券に絡んだのは道悪時のみで良馬場だと(0-0-0-16)。逆に母父ノーザンダンサー系は良馬場時の成績が良く、サンデー系は馬場状態不問。

ファルコンS 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-0-2-1113.3%26.7%
2枠0-1-1-140.0%12.5%
3枠2-1-2-1112.5%31.3%
4枠0-2-2-120.0%25.0%
5枠2-2-1-1112.5%31.3%
6枠0-0-0-160.0%0.0%
7枠1-2-0-184.8%14.3%
8枠1-0-0-204.8%4.8%

6~8枠・または馬番11番以降は割引き。馬番11番以降で好走したのは4頭いましたがいずれも当日4番人気以内でした。当日5番人気以下は1桁馬番狙い。

馬番データ

  • 偶数馬番【3-4-5-56】
  • 奇数馬番【5-4-3-57】

馬番データ(5番人気以下)

  • 1~9番【2-2-7-47】
  • 10~18番【0-0-0-45】

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-0-80.0%0.0%
先行2-4-4-206.7%33.3%
差し4-3-3-496.8%16.9%
追込2-1-1-365.0%10.0%

後方からでも届きますが、人気馬だと追い込み馬よりは先行馬の方が信頼度は高め。

前走4角位置(前走1400~1600m)

  • 4番手以内【5-3-3-35】
  • 5番手以下【3-4-4-40】

前走上がり3F(前走1400~1600m)

  • 1~3位【5-3-3-25】
  • 4~5位【0-1-0-12】
  • 6位以下【3-3-3-36】

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-160.0%0.0%
440-4592-1-1-276.5%12.9%
460-4793-5-3-386.1%22.4%
480-4992-2-3-285.7%20.0%
500-1-0-1-416.7%33.3%

小柄な馬で好走しているのは人気サイドで、当日6番人気以下+460kg未満は(1-0-0-35)。優勝したのは2015年14番人気のタガノアザガル。

前走との馬体重差

  • +体重【1-4-4-28】
  • 増減無【1-0-1-17】
  • -体重【6-4-3-67】

関東馬は当日マイナス体重、関西馬は当日プラス体重の馬の複勝率が高め。

ファルコンS 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-1-0-612.5%25.0%
2番人気2-1-1-425.0%50.0%
3番人気2-3-0-325.0%62.5%
4-6番人気2-1-4-178.3%29.2%
7-9番人気0-1-2-210.0%12.5%
10番人気-1-1-1-621.5%4.6%

1番人気は不振で2~3番人気の方が信頼できます。近年は大穴も少なく単勝オッズ15倍以内くらいが目安になります。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-1-2-428.2%14.3%
栗東4-7-6-704.6%19.5%
地方0-0-0-10.0%0.0%

当日5番人気以内+関東馬は(3-1-0-11)複勝率26.7%、関西馬は(3-5-4-13)複勝率48.0%と人気サイドなら関西馬優勢。

今年の関東馬はトーセンウォーリア、ニシノアジャスト、ホーキーポーキーの3頭で、いずれも予想オッズでは中穴以下です。

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦0-0-0-10.0%0.0%
2戦0-1-0-40.0%20.0%
3戦2-0-0-918.2%18.2%
4戦2-1-1-208.3%16.7%
5戦1-3-2-223.6%21.4%
6戦2-1-2-198.3%20.8%
7戦-1-2-3-382.3%13.6%

キャリア5戦以下の馬は基本的には人気馬のみ。キャリア5戦以下+当日7番人気以下は(0-0-0-36)と3着以内が無いので穴馬を狙うならキャリア豊富な馬。

騎手データ

  • 継続騎乗【2-5-1-47】
  • 乗り替わり【6-3-7-66】

全体的に乗り替わり組の成績が良く、特に関西馬+乗り替わりが狙い目です。有力馬ではアスコルターレ、ロードマックス、インフィナイトが乗り替わり想定。

ファルコンS 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-3-2-120.0%29.4%
GⅡ0-0-0-10.0%0.0%
GⅢ4-1-2-1122.2%38.9%
オープン2-1-0-384.9%7.3%
1勝2-3-3-424.0%16.0%
未勝利0-0-0-60.0%0.0%
新馬0-0-0-10.0%0.0%

前走1400m以上だった馬が中心で、朝日杯FSや時期変更前のアーリントンCなど阪神マイル組かシンザン記念組が好相性。2015~2019年は5年連続で前走重賞組が3着以内に2頭入っていました。

主な前走

  • クロッカスS【2-1-0-20】
  • シンザン記念【2-0-0-2】
  • アーリントンC【1-0-2-7】
  • フェアリーS【1-0-0-1】
  • 朝日杯FS【0-3-1-12】

前走距離

  • 1200m【0-0-1-34】
  • 1400m【4-4-2-40】
  • 1600m【4-3-5-37】

前走場所

  • 東京【4-3-1-29】
  • 中山【1-1-1-21】
  • 京都【2-0-0-9】
  • 阪神【1-4-5-35】
  • 中京【0-0-0-5】
  • 小倉【0-0-0-12】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-1-1410.5%26.3%
2番人気1-0-0-109.1%9.1%
3番人気3-1-2-1415.0%30.0%
4番人気0-1-0-180.0%5.3%
5番人気0-0-0-90.0%0.0%
6-9番人気2-3-3-305.3%21.1%
10番人気-0-1-2-170.0%15.0%

関東馬や1勝クラス組は前走人気馬優勢で、前走下位人気で好走しているのは重賞組または関西馬が多めです。

関東馬

  • 3番人気以内【3-0-2-13】
  • 4番人気以下【1-1-0-29】

前走4番人気以下で連対した2頭は2017年のコウソクストレート、2016年のブレイブスマッシュでどちらも当日3番人気でした。

前走1勝クラス

  • 1番人気【2-2-1-7】
  • 2~4番人気【0-1-2-17】
  • 5番人気以下【0-0-0-18】

今年の1勝クラス組はいずれも前走2番人気以下なので、頭では狙いづらいです。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-3-2-416.1%16.3%
2着1-0-0-811.1%11.1%
3着0-1-0-90.0%10.0%
4着1-1-0-810.0%20.0%
5着1-1-1-126.7%20.0%
6-9着1-0-3-155.3%21.1%
10着-1-2-2-185.9%23.5%

前走1400mはオープン特別以下だった馬が多いため1着馬の成績が良く、前走で着差をつけて勝っているほど好走率が上がります。前走1600mは重賞組が多いため着順やタイム差は不問。

前走1400m

  • 1着【3-3-1-12】
  • 2着以下【1-1-1-26】

前走タイム差(1着)

  • 0.3秒差以上【2-2-0-5】
  • 0.1~0.2秒差【1-1-1-21】
  • タイム差無し【0-0-1-15】

ファルコンS データまとめ

買いデータ

オルフェーヴル産駒
良馬場の母父ノーザンダンサー系、道悪の母父ミスプロ系
馬番1~9番
当日5番人気以内+関西馬

消しデータ

馬番10番以降+当日5番人気以下
当日6番人気以下+460kg未満
キャリア5戦以下+当日7番人気以下
前走1200m
関東馬で前走・今回共に4番人気以下

ファルコンS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎モントライゼ
○ルークズネスト
▲グレナディアガーズ
★ファルヴォーレ
△ロードマックス
△インフィナイト

1週前時点では雨予報となっているため、母父ミスプロ系がプラス評価。モントライゼは京王杯2歳S勝ちの実績があり、血統的にもコース・距離実績のあるダイワメジャー産駒。中京は初めてですがグレナディアガーズに比べ馬格があり適性はありそうです。

ルークズネストはマイルですが中京は2回経験があり、前走重賞で6~9番人気というのも好走馬が多い範囲。母父ディープインパクトなので馬場状態は関係なく狙えます。

グレナディアガーズは朝日杯のレコード勝ちは当然評価しますが、フランケル産駒は東京や阪神と広いコース向きで中京や中山では勝率を極端に落とす傾向があります。中京・新潟と左回りでは敗れておりこのコース替わりは割引き。

他では2走前の1勝クラスの時計が優秀だったファルヴォーレ、このコースに強いディープ産駒のロードマックス、道悪での開催となれば持ち味が生きそうなインフィナイト。後は完全に内枠優勢なレースなので枠順次第。

テキストのコピーはできません。