フェブラリーステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

フェブラリーステークス【GⅠ】
2021/2/21(日)
東京競馬場・ダ1600m

過去8年分のフェブラリーSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

2週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

フェブラリーS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 カフェファラオ
2番人気 レッドルゼル
3番人気 オーヴェルニュ
4番人気 サンライズノヴァ
5番人気 アルクトス

参考:netkeiba.com

予想オッズでは4歳馬カフェファラオが1番人気。チャンピオンズCは6着でしたが昨年のユニコーンSでは5馬身差の圧勝と東京コース替わりで支持を集めています。

2番手には根岸Sで初重賞制覇のレッドルゼル、3番手には同じく東海Sで初重賞制覇のオーヴェルニュと5歳馬2頭が推されています。

以下昨年の3着馬で東京巧者のサンライズノヴァ、昨年のマイルCS南部杯をレコードで制したアルクトス、昨年のかしわ記念を制したワイドファラオなどが続きます。

フェブラリーS コース&血統分析

東京ダート1600mの特徴

東京ダート1600mはJRA唯一のダートマイルコースですが、スタート後約150mは芝コースで長く芝を走れる外枠が有利なコースです。

スタート後400mは下り坂になっているため前半のペースが速くなりがちで、クラスが上がるほど差しや追い込みが届くようになります。

重賞ナビ

東京競馬場・ダート1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東…

フェブラリーS 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-4-1-35】
  • フォーティナイナー系【1-1-0-3】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-1-11】
  • ボールドルーラー系【0-2-2-12】
  • キングマンボ系【0-1-2-9】

サンデー系で馬券に絡んでいるのははほぼゴールドアリュールで(3-3-1-10)。ミスプロ系はノンコノユメやインティなど近年成績を伸ばしています。ボールドルーラー系はインカンテーションやベストウォーリアなど高齢馬が良く走るのが特徴。

フェブラリーS 母父系統別データ

  • ミスタープロスペクター系【3-2-4-24】
  • デピュティミニスター系【1-2-0-7】
  • サンデーサイレンス系【1-1-2-25】
  • ストームキャット系【1-0-1-1】
  • レッドゴッド系【0-2-0-2】

母系は様々ですが近年はレイズアネイティヴ(ほぼミスプロ)のクロス持ちの成績が良く、ユラノトやノンコノユメなど人気以上の好走が目立ちます。他にはデピュティミニスター、ヌレイエフ、ボールドルーラー系を持つ馬にも注意。

フェブラリーS 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-0-0-146.7%6.7%
2枠2-0-2-1113.3%26.7%
3枠0-2-1-130.0%18.8%
4枠1-1-0-146.3%12.5%
5枠0-1-4-110.0%31.3%
6枠2-0-1-1312.5%18.8%
7枠2-2-0-1212.5%25.0%
8枠0-2-0-140.0%12.5%

芝スタートのため外枠有利なコースですが、近年はそれほど外枠の成績が目立たず内枠でも問題ありません。馬番では6番(1-1-1-5)、14番(1-2-0-5)、10番(0-0-3-5)の複勝率が若干高め。

馬番データ(当日5番人気以内)

  • 偶数馬番【6-2-2-13】
  • 奇数馬番【1-4-2-10】

奇数馬番で優勝したのは4歳時のゴールドドリーム。

馬番データ(当日6番人気以下)

  • 偶数馬番【0-1-4-35】
  • 奇数馬番【1-1-0-44】

奇数馬番で優勝したのは2014年のコパノリッキー。全体的に偶数馬番の成績が良いレースですが、ゴールドアリュール産駒は馬番で割り引く必要は無さそうです。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-0-712.5%12.5%
先行3-2-0-2510.0%16.7%
差し3-5-5-376.0%26.0%
追込1-1-3-332.6%13.2%

逃げて勝ったのは2019年のインティ。近年は2~3着には4角6~10番手くらいの差し馬がよく来ています。

前走4角位置(当日6番人気以下)

  • 4番手以内【1-1-4-31】
  • 5番手以下【0-1-0-46】

当日6番人気以下で馬券に絡んでいるのはほぼ前走4角4番手以内

唯一前走4角5番手以下から好走したのはデータの中では最も古い2013年のエスポワールシチー(東京大賞典4角6番手)。エスポワールシチー自身はフェブラリーS優勝をはじめマイルGⅠ実績豊富だったので、余程実績がある馬でなければ消しで良いかと思われます。

6番人気以下が予想される中ではソリストサンダー、エアアルマス、ヘリオス、サクセスエナジー、ワークアンドラブが前走4角4番手以内です。

前走上がり3F

  • 1~2位【4-3-3-16】
  • 3~5位【2-1-1-22】
  • 6位以下【2-0-2-34】

根岸Sで上がり6位以下だった馬は(0-0-0-22)。また前走上がり2位+当日5番人気以内が(3-2-1-1)。特に東海SやチャンピオンズCと距離短縮ローテで前走上がり2位の馬が好成績。

レッドルゼルは前走根岸Sですが上がり2位でした。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
440-4591-1-0-711.1%22.2%
460-4790-0-0-150.0%0.0%
480-4991-1-1-204.3%13.0%
500-5191-3-4-302.6%21.1%
520-5-3-3-3012.2%26.8%

500kg超の大型馬が強く、当日6番人気以下+500kg未満は(0-0-0-33)

また当日6番人気以下は当日±0kg以下で(0-0-2-47)、前走時±0kg以下で(0-2-0-40)と今回、前回で馬体を増やしている馬が優勢です。

前走との馬体重差

  • +体重【2-4-6-38】
  • 増減無【2-1-1-24】
  • -体重【4-3-1-39】

前走時の馬体重差

  • +体重【6-4-6-48】
  • 増減無【0-2-0-11】
  • -体重【2-2-2-42】

フェブラリーS 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-2-137.5%87.5%
2番人気2-2-0-425.0%50.0%
3番人気1-0-2-512.5%37.5%
4-6番人気1-2-1-204.2%16.7%
7-9番人気0-1-3-200.0%16.7%
10番人気-1-1-0-521.9%3.7%

1番人気馬は堅実で唯一4着以下に敗れたのは初ダートだった2013年のカレンブラックヒル。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-1-0-165.6%11.1%
栗東7-7-8-806.9%21.6%
地方0-0-0-60.0%0.0%

関東馬は人気に推されることは多くありませんが、馬券に絡んだのはノンコノユメのみ。アルクトス、カフェファラオ、サザンヴィグラス、デュードヴァン、ハイランドピークが関東馬です。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳3-1-0-1913.0%17.4%
5歳3-3-4-1810.7%35.7%
6歳2-1-2-198.3%20.8%
7歳-0-3-2-460.0%9.8%

5歳馬の成績が安定しており当日5番人気以内だと(3-3-2-5)、また前走1着の5歳馬は(3-2-2-3)。レッドルゼル、オーヴェルニュが前走1着の5歳馬です。

7歳以上で馬券に絡んだ5頭中4頭は過去にフェブラリーSで3着以内の実績がありました。例外は昨年のケイティブレイブ。

キャリアデータ

  • 10戦以下【4-1-0-7】
  • 11~15戦【1-1-1-18】
  • 16~20戦【3-2-3-16】
  • 21戦以上【0-4-4-61】

過去8年の優勝馬は全てキャリア20戦以内。有力馬ではサンライズノヴァ、ソリストサンダーがキャリア21戦以上です。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-6-4-60】
  • 乗り替わり【3-2-4-42】

継続騎乗・乗り替わりでの差はほぼありません。前走でルメール騎手が騎乗していた馬が(2-2-2-2)、戸崎騎手が騎乗していた馬が(2-1-1-5)。

生産者データ

  • ノーザンF【1-2-0-12】
  • 社台F【2-1-2-13】
  • ヤナガワ牧場【2-0-1-4】

前走との斤量差

  • +斤量【4-2-3-46】
  • 増減無【1-5-4-37】
  • -斤量【3-1-1-19】

根岸S組は前走57kg以下で(1-0-2-32)、58kg以上で(2-1-0-9)と斤量を背負っていた馬の方が成績が良いのが特徴です。

フェブラリーS 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-2-2-87.7%38.5%
GⅡ3-1-1-1316.7%27.8%
GⅢ3-1-3-445.9%13.7%
リステッド0-0-0-10.0%0.0%
オープン1-0-0-614.3%14.3%
3勝0-0-0-10.0%0.0%
地方0-4-2-280.0%17.6%

チャンピオンズCか前哨戦の根岸S、東海Sからのローテが中心で地方GⅠ組は2~3着止まり。

主な前走

  • 根岸S【3-1-2-41】
  • 東海S【3-1-1-13】
  • チャンピオンズC【1-2-1-5】
  • 東京大賞典【0-2-1-10】
  • 川崎記念【0-2-1-11】

前走距離

  • 1200m【0-0-0-4】
  • 1400m【3-1-2-48】
  • 1600m【0-0-1-3】
  • 1800m【5-3-3-24】
  • 2000m【0-2-1-11】
  • 2100m【0-2-1-11】

前走場所

  • 東京【3-1-3-44】
  • 中山【1-0-0-3】
  • 京都【0-0-0-9】
  • 阪神【0-0-1-2】
  • 中京【4-3-2-15】
  • 地方【0-4-2-28】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-2-1613.0%30.4%
2番人気1-1-0-185.0%10.0%
3番人気2-3-3-149.1%36.4%
4番人気1-1-2-126.3%25.0%
5番人気0-0-0-70.0%0.0%
6-9番人気1-1-1-204.3%13.0%
10番人気-0-0-0-130.0%0.0%

前走4番人気以内が目安、前走5番人気以下で馬券に絡んだのはノンコノユメ、ゴールドドリーム、ベストウォーリアでいずれも当日4番人気以内でした。

前走根岸S

  • 3番人気以内【2-1-2-12】
  • 4番人気以下【1-0-0-28】

レッドルゼルが前走根岸Sで1番人気です。

前走1番人気

  • 1着【3-1-1-8】
  • 2着以下【0-1-1-8】

インティが前走1番人気で12着に敗れています。

当日6番人気以下

  • 前走4番人気以内【1-2-4-39】
  • 前走5番人気以下【0-0-0-38】

当日6番人気以下+前走4番人気以内に該当しそうなのはソリストサンダー、タガノビューティーの2頭。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着6-2-3-1820.7%37.9%
2着0-3-2-130.0%27.8%
3着0-1-0-140.0%6.7%
4着0-0-0-90.0%0.0%
5着0-1-1-130.0%13.3%
6-9着1-1-1-204.3%13.0%
10着-1-0-1-146.3%12.5%

前走2着以内の複勝率が高く、前哨戦の根岸S・東海S1着馬は堅実です。

前走根岸S

  • 1着【3-0-1-2】
  • 2着【0-1-1-4】
  • 3着以下【0-0-0-34】

レッドルゼルが前走根岸Sで1着。

前走東海S

  • 1着【3-0-1-2】
  • 2着以下【0-1-0-11】

オーヴェルニュが前走東海Sで1着。

フェブラリーS データまとめ

買いデータ

ゴールドアリュール産駒
レイズアネイティヴ(ミスプロ)のクロス持ち
偶数馬番
1番人気馬、前走1着馬
当日5番人気以内、または前走1着の5歳馬

消しデータ

当日6番人気以下+前走4角5番手以下
根岸Sで上がり6位以下
当日6番人気以下+500kg未満
当日6番人気以下+今回、前走で±0kg以下
前走根岸Sで4番人気+3着以下
当日6番人気以下+前走5番人気以下

フェブラリーS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎カフェファラオ
○サンライズノヴァ
▲アルクトス
△インティ
△レッドルゼル
△オーヴェルニュ

カフェファラオは関東馬がデータ的には割引きですが、馬格もありミスプロのクロスにボールドルーラー系持ちと血統は問題ありません。ユニコーンSの勝ちタイムは歴代1位で勝ち馬がリンクしやすいレースでもあり、当日1番人気なら。

サンライズノヴァは今年唯一のゴールドアリュール産駒で昨年の武蔵野Sなどコース実績は抜群。ローテのみを見ると過去の臨戦過程よりはデータ的に良く、7歳馬なので頭は厳しいですが2~3着候補としては有力です。

アルクトスは関東馬に加え前走着順では拾えませんが、根岸Sで58kg以上を背負った馬は優勝したモズアスコット、ノンコノユメの他にもグレープブランデー(11番人気4着)、セイクリムズン(16番人気4着)と人気以上の好走が多く、コース適性○。

インティは近走は戦績にムラがありますがチャンピオンズCの内容を見ても地力は上位。血統的にも今年はコース実績馬やGⅠ馬が少ないこともあり、リピーターの抑えは必要。馬格があるので6番人気以下でも狙えます。

レッドルゼルは5歳馬で根岸Sの内容は2番人気+上がり2位の1着と完璧ですがロードカナロア産駒だけに中2週が大きく割引き。プロキオンS、端午Sと大敗しているのはレース間隔が1カ月未満のレースです。

オーヴェルニュもレッドルゼルと同じく前走1着の5歳馬に該当するのはプラス要素で冬場の成績も良い馬ですが、血統的に西開催・また重馬場を得意とするタイプなので良馬場なら割引き。馬格に欠けるのもマイナスです。

テキストのコピーはできません。