フローラステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

フローラステークス【GⅡ】
2021/4/25(日)
東京競馬場・芝2000m

過去8年分のフローラSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

フローラS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ユーバーレーベン
2番人気 オヌール
3番人気 ウインアグライア
4番人気 クールキャット
5番人気 パープルレディー

参考:netkeiba.com

予想オッズでは阪神JFなど重賞で3度の3着以内があるユーバーレーベン、デゼルの全妹で2戦2勝のオヌールの2頭が人気を分け合う形。

離れた3番手には牡馬相手の若駒Sを勝ったウインアグライア、フラワーC5着のクールキャット、2400mのゆりかもめ賞を勝ったパープルレディーなどが続きます。

フローラS コース&血統分析

東京芝2000mの特徴

東京芝2000mは1コーナー奥のポケットからスタート。2コーナーに進入するまでの距離が短いため外枠が不利なコース形態となっています。特に多頭数の場合外枠に入った逃げ・先行馬は苦戦傾向。

開幕直後は芝丈が長くイメージ以上にタフさやスタミナが要求されますが、近年は1分59秒前後の速い時計での決着が続いています。

重賞ナビ

東京競馬場・芝2000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

フローラS 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-5-5-64】
  • キングマンボ系【1-1-2-14】
  • ダンジグ系【1-1-1-5】
  • ロベルト系【1-1-0-10】

ディープインパクトやハービンジャー、ヴィクトワールピサあたりが好成績。ハーツクライは(0-2-0-19)と相性が悪く2着に入ったのはシャドウディーヴァ、ディアマイダーリンの2頭。どちらも当日2番人気以内でした。

フローラS 母父系統別データ

  • キングマンボ系【2-2-0-8】
  • ミスタープロスペクター系【2-0-1-17】
  • サンデーサイレンス系【1-1-2-24】
  • ロベルト系【1-1-0-6】
  • カーリアン系【1-0-0-1】

キングマンボ系は父系・母系どちらに入ってもレース相性○。近年は2分を切る決着が増えましたが、母父ミスプロ系やネイティヴダンサー系の勝率が高いのが特徴です。

母父ノーザンダンサー系は2~3着が多め。また母父ナスルーラ系は過去8年では(0-0-0-14)。

フローラS 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-1-1-1212.5%25.0%
2枠3-0-0-1318.8%18.8%
3枠1-2-2-116.3%31.3%
4枠0-2-0-140.0%12.5%
5枠0-1-1-140.0%12.5%
6枠1-1-0-146.3%12.5%
7枠0-0-1-200.0%4.8%
8枠1-1-3-184.3%21.7%

優勝馬は内枠から出ることが多く、4年連続で1~2枠の馬が優勝しています

また父キングマンボ系は昨年5番人気3着のフアナ、2018年13番人気2着のパイオニアバイオと8枠に好走馬が集中していますが、キングマンボ系を含む母父ミスプロ系は1~4枠に好走馬が多いのが特徴。

馬番データ(当日6番人気以下)

  • 偶数馬番【0-0-2-42】
  • 奇数馬番【1-3-2-50】

人気サイドは枠順、馬番での差はそれほどありませんが、人気薄は奇数馬番がやや優勢。

ノーザンF生産馬

  • 偶数馬番【4-1-4-15】
  • 奇数馬番【0-2-1-21】

奇数馬番に入ったノーザンF生産馬は昨年のスカイグルーヴの他にもホウオウパフューム、ビッシュ、マジックタイムと1番人気馬がよく飛んでいます。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-1-70.0%12.5%
先行1-4-2-213.6%25.0%
差し5-4-5-497.9%22.2%
追込2-0-0-394.9%4.9%

近年は人気の差し馬がキッチリ差し切るパターンが多く、上がり順位が着順に直結しやすい傾向です。2018年のパイオニアバイオや2017年のヤマカツグレースなど人気薄の先行馬の粘り込みも見られます。

前走4角位置(前走中山)

  • 4番手以内【4-2-2-25】
  • 5番手以下【0-3-1-27】

出走馬の大半が前走中山か阪神ですが、前走中山組は4角5番手以下からの優勝はありません。また5番手以下から好走した4頭中3頭は当日2番人気以内。

有力馬ではユーバーレーベン、クールキャットがいずれも4角5番手以下。

前走上がり3F

  • 1~2位【6-4-3-41】
  • 3~5位【2-1-1-39】
  • 6位以下【0-3-4-36】

当日5番人気以内+前走上がり2位以内は(6-3-2-8)。上がり3位以下だと(1-2-2-16)になるので人気馬は前走上がり順位に注意。

有力馬ではユーバーレーベン、オヌール、ウインアグライア、クールキャット、パープルレディー、スノークォーツと予想オッズ上位はいずれも前走上がり2位以内。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4191-0-1-99.1%18.2%
420-4391-1-1-243.7%11.1%
440-4593-2-4-406.1%18.4%
460-4793-4-2-288.1%24.3%
480-4990-0-0-150.0%0.0%
500-5190-1-0-00.0%100.0%

480~499kgは2019年のセラピア、2017年のホウオウパヒュームなど1番人気が飛んでいます。また関東馬+440kg未満は(0-1-0-21)と小柄な関東馬は割引き。

前走との馬体重差

  • +体重【2-3-2-33】
  • 増減無【1-1-0-13】
  • -体重【5-4-6-70】

前走時の馬体重差(関東馬)

  • +体重【0-2-1-42】
  • 増減無【0-1-1-7】
  • -体重【3-2-3-16】

前走時プラス体重だった関東馬は不振。好走した3頭中2頭は当日2番人気以内でした。逆に前走時マイナス体重だった関東馬は複勝率は優秀です。

有力馬ではウインアグライア、メイサウザンアワーあたりが前走プラス体重の関東馬。

フローラS 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-0-525.0%37.5%
2番人気1-4-1-212.5%75.0%
3番人気2-0-1-525.0%37.5%
4-6番人気2-1-2-198.3%20.8%
7-9番人気0-0-2-220.0%8.3%
10番人気-1-2-2-631.5%7.4%

人気馬同士で決まることもあれば上位人気が揃って飛ぶこともあります。10番人気以下の大穴が来ることも多く、単勝15倍を超えるとあまりオッズはアテになりません。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-5-5-673.8%16.3%
栗東5-3-3-498.3%18.3%

複勝率では関東・関西で差はありません。関西馬は前走オープンクラスだと(0-0-0-23)、1勝クラス以下だと(5-3-3-26)。ルースが前走オープンクラスの関西馬です。

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦0-0-0-60.0%0.0%
2戦1-0-1-204.5%9.1%
3戦4-3-3-2411.8%29.4%
4戦2-0-1-1710.0%15.0%
5戦0-3-1-180.0%18.2%
6戦-1-2-2-312.8%13.9%

キャリア2戦で好走した2頭はノーザンF生産馬。当日3番人気以内+キャリア3~5戦だと(4-5-2-5)複勝率68.8%

騎手データ

  • 継続騎乗【5-3-2-47】
  • 乗り替わり【3-5-6-69】

騎手別では戸崎騎手が(1-1-2-1)。唯一3着を外したレースは2014年のマローブルーですが、それでも9番人気4着とこのレースでは非常に信頼できます。今年はスノークォーツに騎乗予定です。

生産者データ

  • ノーザンF【4-3-5-36】
  • 社台F【1-2-1-12】

ノーザンF生産馬は出走数は多いものの2018年のパイオニアバイオや2016年のアウェイクなど大穴でも好走することがあります。3年連続でノーザンF生産馬が3着以内に2頭以上入っています。

今年はジェニーアムレット、スノーハレーション、メイサウザンアワーがノーザンF生産馬。

フローラS 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-0-30.0%0.0%
GⅡ0-0-0-20.0%0.0%
GⅢ0-4-4-300.0%21.1%
オープン1-0-0-910.0%10.0%
1勝6-3-2-4710.3%19.0%
未勝利1-1-2-223.8%15.4%
新馬0-0-0-30.0%0.0%

重賞組は前走フラワーCが大半ですが2~3着までが多く、前走1800~2000mの1勝クラスを使ってきた馬の勝率が高いのが特徴です。

主な前走

  • 君子蘭賞【1-2-1-6】
  • ミモザ賞【1-1-0-15】
  • アネモネS【1-0-0-0】
  • 福寿草特別【1-0-0-0】
  • ゆきやなぎ賞【1-0-0-0】
  • フラワーC【0-3-3-11】
  • クイーンC【0-1-1-8】

前走距離

  • 1600m【1-1-1-36】
  • 1800m【3-5-6-44】
  • 2000m【3-2-1-30】
  • 2200m【0-0-0-2】
  • 2400m【1-0-0-3】

前走マイルで好走した3頭は昨年のホウオウピースフル、2017年のフローレスマジック、2016年のチェッキーノでいずれも当日3番人気以内のノーザンF生産馬。

前走場所

  • 東京【0-1-2-19】
  • 中山【4-5-3-52】
  • 京都【1-0-0-6】
  • 阪神【3-2-3-40】
  • 中京【0-0-0-3】
  • 小倉【0-0-0-4】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-2-2-145.3%26.3%
2番人気4-2-1-2114.3%25.0%
3番人気1-3-0-194.3%17.4%
4番人気2-1-1-1311.8%23.5%
5番人気0-0-1-80.0%11.1%
6-9番人気0-0-2-240.0%7.7%
10番人気-0-0-1-170.0%5.6%

前走4番人気以内だった馬が中心で、前走5番人気以下は過去8年では連対無し。

前走重賞

  • 3番人気以内【0-4-1-8】
  • 4番人気以下【0-0-3-27】

ユーバーレーベンが前走重賞で3番人気以内。

前走未勝利戦

  • 1番人気【1-1-1-5】
  • 2番人気以下【0-0-1-17】

今年の未勝利組はいずれも前走2番人気以下です。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着7-3-2-3714.3%24.5%
2着0-2-1-180.0%14.3%
3着0-1-2-80.0%27.3%
4着1-1-0-136.7%13.3%
5着0-0-1-110.0%8.3%
6-9着0-1-2-170.0%15.0%
10着-0-0-0-120.0%0.0%

前走1着馬の勝率が高く、前走4着から優勝したのは2014年のサングレアル。この馬はキャリア2戦での優勝馬でもありデータ的にはかなり例外的な存在でした。

また前走下位着順からの巻き返しは関東馬に多く、関西馬は前走連対がほぼ必須。

関西馬

  • 2着以内【4-3-3-18】
  • 3着以下【1-0-0-31】

アンフィニドール、オヌールが前走2着以内、ルースは前走3着以下です。

前走タイム差(1勝クラス以下・1着)

  • 0.1秒差以上【5-3-2-23】
  • タイム差無し【1-0-0-13】

アンフィニドール、オヌール、ジェニーアムレット、スノークォーツ、ララサンスフルが前走1勝クラス以下で0.1秒差以上の差をつけて1着。

フローラS データまとめ

買いデータ

父or母父キングマンボ系
1~4枠+母父ミスプロ系
当日5番人気以内+前走上がり2位以内
当日3番人気以内+キャリア3~5戦

消しデータ

当日3番人気以下のハーツクライ産駒
奇数馬番に入ったノーザンF生産馬
前走中山で4角5番手以下
440kg未満、または前走時プラス体重の関東馬
前走オープンクラス、または前走3着以下の関西馬

フローラS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ユーバーレーベン
○オヌール
▲メイサウザンアワー
△ウインアグライア
△ジェニーアムレット
△アンフィニドール

ユーバーレーベンは前走フラワーC、4角8番手などはデータ的に2~3着止まりですが、当日3番人気以内+キャリア5戦、前走時マイナス体重の関東馬など複勝率の高いデータに該当します。

オヌールは関西馬で前走1800mの1勝クラスを0.1秒差で1着、上がり2位と前走内容は問題無し。母父ナスルーラ系は成績がイマイチですが、デゼルの全妹という血統からもこの時期での活躍に期待できます。

メイサウザンアワーは前走マイルでプラス体重と割引きデータは多いもののノーザンF生産馬で母父キングマンボ系と枠次第では一発も期待できます。ただノヴェリストの牝馬は2000mから成績が落ちがちなのが不安要素。

他では牡馬相手の若駒Sを勝ったウインアグライア、前走東京芝2400mの未勝利戦を4馬身差で解消したジェニーアムレット、キャリア1戦馬ですが前走内容が優秀だったアンフィニドール。後は枠順での偏りが大きいレースなので枠順次第です。

最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。