富士ステークス予想|過去の傾向とデータ分析

富士ステークス【GⅡ】
2020/10/24(土) 東京競馬場・芝1600m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

トリプティクが優勝した1987年はオープン特別でしたが1998年にGⅢ、そして今年からはGⅡに格上げとなりました。1着馬にはマイルCSの優先出走権が与えられますが、昨年はアドマイヤマーズとノームコアがこのレースをステップに香港マイルに出走しています。

それでは2020年富士Sのデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
根岸ステークス
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

富士S 登録馬

登録13頭とGⅡ昇格年としてはやや寂しくなりましたが3歳有力馬が多数登録。NHKマイルCを制したラウダシオン、米子S、京成杯AHと古馬相手に好走続きのスマイルカナ、関屋記念で久々の重賞制覇となったサトノアーサーあたりが人気に推されています。

他には札幌記念で2着に入ったペルシアンナイト、NHKマイルC4着のタイセイビジョン、エピファネイア産駒のシーズンズギフトなどが続きます。

富士S コース分析

東京芝1600mの特徴

東京芝1600mはスタート後直線が続くため、枠順による有利不利は小さいコースです。他の競馬場ならペースが落ち着く3ハロン目辺りから下り坂になってコーナーに入るため、息が入らない流れになりがちです。

結果的に距離以上のスタミナを要求されるため逃げ馬には苦しく、中距離を得意とする馬が好走しやすい傾向があります。GⅠでもロゴタイプやメジャーエンブレムのような逃げ切りも見られます。

富士S 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-6-5-51】
  • ダンジグ系【2-0-0-8】
  • キングマンボ系【1-1-1-8】
  • リファール系【0-1-1-2】
  • サドラーズウェルズ系【0-0-1-5】

ディープインパクト産駒は(3-4-3-8)、5番人気以内だと(3-3-3-1)とほぼ鉄板。唯一敗れたのは2014年のダノンシャークですが、次走でマイルCSを制しています。

またキングマンボ系は(1-1-1-8)で昨年はレイエンダが2着に入っていますが、馬券内3回は全て道悪時。逆にサンデー系は稍重以上だと(0-1-1-15)と良馬場時に好成績。昨年のアドマイヤマーズも1番人気9着に敗れており、当日の馬場状態は重要になります。

富士S 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-0-1-25】
  • ミスタープロスペクター系【2-0-1-9】
  • デピュティミニスター系【2-0-0-2】
  • リファール系【1-0-3-3】
  • グレイソヴリン系【0-2-0-4】

母父リファール系は全てエリモピクシーの仔で昨年のレッドオルガ、一昨年のレッドアヴァンセがこの血統。昨年はノームコア、一昨年はワントゥワンと近年は母父ノーザンダンサー系の牝馬の好走が目立ちます。

サトノアーサー、ワーケア、ヴァンドギャルドが母父ノーザンダンサー系。

コースデータ

重賞ナビ

東京競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

富士S 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-0-525.0%37.5%
2番人気3-0-1-437.5%50.0%
3番人気1-3-1-312.5%62.5%
4-6番人気2-2-3-178.3%29.2%
7-9番人気0-1-0-230.0%4.2%
10-番人気0-1-3-510.0%7.3%

過去8年では5番人気以内が(8-6-5-21)、6番人気以下が(0-2-3-82)と人気馬優勢。単勝オッズでは15倍以内くらいが目安になります。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-1-120.0%7.7%
2枠1-0-1-136.7%13.3%
3枠1-0-1-136.7%13.3%
4枠2-2-0-1113.3%26.7%
5枠1-2-0-126.7%20.0%
6枠0-2-2-120.0%25.0%
7枠0-1-3-150.0%21.1%
8枠3-1-0-1515.8%21.1%

1枠の複勝率が低く見えますが、人気薄が入ることが多かったので特別不利という訳ではありません。ただし関西馬+1~3枠は(0-0-1-16)とやや不振です。関西馬は真ん中から外寄りが狙い目。

馬番データ(5番人気以内)

  • 偶数枠【5-2-4-9】
  • 奇数枠【3-4-1-12】

馬番でも特に偏りはなく、どこからでも好走馬は生まれています。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-0-80.0%0.0%
先行4-1-3-2213.3%26.7%
差し3-4-3-415.9%19.6%
追込1-3-2-322.6%15.8%

前傾ラップになることも少なく、ワンターンで直線の長いコースなので脚質はあまり意識する必要はありません。

前走4角位置(前走左回り)

  • 5番手以内【2-5-4-43】
  • 6番手以下【6-3-4-59】

前走4角5番手以内で優勝したのはロジクライ、エアスピネルでどちらも前走右回り。前走左回り+4角5番手以内だった馬は(0-3-1-16)。

タイセイビジョン、ラウダシオンが前走左回りで4角5番手以内です。

前走上がり3F

  • 1位【0-1-1-11】
  • 2~3位【3-3-1-20】
  • 4~5位【0-1-2-13】
  • 6位以下【5-3-4-55】

当日5番人気以内なら前走上がり順位は不問、6番人気以下だと前走上がり5位以内が(0-1-0-32)、6位以下が(0-1-3-46)。

前走上がり5位以内はケイアイノーテック、サトノアーサー、タイセイビジョン、ブラックバゴ、ペルシアンナイト、ラウダシオンの6頭。

富士S 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳3-1-1-2510.0%16.7%
4歳3-3-2-1115.8%42.1%
5歳2-3-5-255.7%28.6%
6歳-0-1-0-420.0%2.3%

4歳馬の成績が非常に良く4歳+当日5番人気以内だと(3-2-2-3)。今年はヴァンドギャルドのみが4歳馬。

6歳以上は大きく割引きで、唯一6歳で2着に入ったのは2017年のイスラボニータ。同年のマイラーズC勝ち、安田記念1番人気など6歳ですが実力は尚一線級でした。サトノアーサー、ペルシアンナイトはイスラボニータに比べるとやや足りないか。

キャリアデータ

  • 15戦以下【7-3-4-38】
  • 16戦以上【1-5-4-65】

また4~5歳でも優勝しているのはキャリアが浅い馬。唯一キャリア16戦以上で優勝したのは2013年のダノンシャーク。

キャリア16戦以上はケイアイノーテック、サトノアーサー、ブラックバゴ、ペルシアンナイト、モズダディー、レインボーフラッグの6頭。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-6-3-405.8%23.1%
栗東5-2-5-606.9%16.7%
地方0-0-0-30.0%0.0%

当日4番人気以下だと関東馬が(1-4-1-35)、関西馬が(1-0-5-53)。関西馬で優勝したのは2012年のクラレント。3着5回中3回がエリモピクシーの仔なので、関西馬+4番人気以下は軽視で良さそうです。

騎手データ

  • 継続騎乗【3-3-4-48】
  • 乗り替わり【5-5-4-55】

ルメール騎手は2015年から(2-3-0-0)で5年連続連対。また継続騎乗は奇数枠、乗り替わりは偶数枠の成績が良いのが特徴です。netkeibaの想定ではシーズンズギフト、レイエンダ、ワーケアがルメール騎手になっています。

生産者データ

  • ノーザンF【4-3-3-26】
  • 社台F【1-2-1-16】

ノーザンF生産馬+当日3番人気以内は(4-2-0-3)。また4~5歳馬の成績が良く3歳馬は不振です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-0-0-0100.0%100.0%
440-4590-1-2-90.0%25.0%
460-4795-0-0-2616.1%16.1%
480-4990-4-4-300.0%21.1%
500-5191-0-1-253.7%7.4%
520-1-3-1-135.6%27.8%

500~519kgの複勝率が低く、460~479kgは1着か4着以下、480~499kgは2~3着が多いと馬体重別に特徴があります。前走時460~479kgはケイアイノーテック、タイセイビジョン、レインボーフラッグ、ヴァンドギャルド

前走との馬体重差

  • +体重【2-6-5-43】
  • 増減無【1-0-0-16】
  • -体重【5-2-3-43】

前走との斤量差

  • +斤量【2-2-2-23】
  • 増減無【2-6-2-37】
  • -斤量【4-0-4-43】

当日6番人気以下は前走と同斤量だと(0-2-2-29)、斤量の増減ありだと(0-0-1-53)と同斤量組の方が買えます。

今回斤量の増減があるのはシーズンズギフト、タイセイビジョン、ブラックバゴ、ラウダシオン、レイエンダ、ワーケア、ヴァンドギャルドの7頭。

富士S 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-2-2-159.5%28.6%
GⅡ2-0-2-1014.3%28.6%
GⅢ3-6-1-465.4%17.9%
オープン1-0-2-233.8%11.5%
3勝0-0-1-50.0%16.7%

春GⅠからの休み明けや夏競馬を使ってきた馬などローテは様々ですが近年は前走重賞組が中心。前走オープン特別以下から馬券に絡んだのは2014年のレッドアリオンが最後です。

主な前走

  • 京成杯AH【2-2-1-22】
  • ヴィクトリアマイル【1-0-2-0】
  • 関屋記念【1-0-0-5】
  • 安田記念【0-2-0-4】

前走距離

  • 1400m【0-0-1-5】
  • 1600m【5-5-5-65】
  • 1800m【0-2-1-12】
  • 2000m【2-1-0-9】
  • 2200m【1-0-1-2】
  • 2400m【0-0-0-5】

前走場所

  • 東京【1-3-2-23】
  • 中山【3-2-2-22】
  • 京都【0-0-1-5】
  • 阪神【1-0-2-23】
  • 中京【0-0-0-6】
  • 札幌【1-0-0-2】
  • 福島【0-1-0-2】
  • 新潟【2-2-1-15】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-3-0-150.0%16.7%
2番人気3-1-4-720.0%53.3%
3番人気1-1-1-107.7%23.1%
4番人気0-1-1-100.0%16.7%
5番人気3-0-0-827.3%27.3%
6-9番人気1-1-2-243.6%14.3%
10-番人気0-1-0-280.0%0.0%

前走人気だった馬優勢ですが、近年は特にその傾向が強く直近5年間では前走5番人気以内が(5-5-3-28)、6番人気以下が(0-0-2-34)。前走6番人気以下で3着に入ったのはレッドアヴァンセ、クルーガーの2頭でどちらも当日7枠でした。前走6番人気以下はブラックバゴ、ペルシアンナイト、モズダディー、ラウダシオン、レインボーフラッグ、ヴァンドギャルド

また前走2番人気の成績が抜群ですが、前走右回りが(3-1-4-2)、左回りは(0-0-0-5)。レイエンダが前走右回りで2番人気。

前走GⅢ

  • 3番人気以内【3-4-1-14】
  • 4番人気以下【0-2-0-32】

ケイアイノーテック、シーズンズギフト、スマイルカナ、レイエンダ、ワーケアが前走GⅢで3番人気以内。

前走1800m以上

  • 5番人気以内【3-3-2-8】
  • 6番人気以下【0-0-0-23】

今回距離短縮になる馬は前走5番人気以内が好成績。シーズンズギフト、レイエンダ、ワーケアが該当します。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着2-1-1-1411.1%22.2%
2着1-2-0-107.7%23.1%
3着1-0-2-107.7%23.1%
4着1-0-1-99.1%18.2%
5着1-1-0-711.1%22.2%
6-9着1-2-1-293.0%12.1%
10-着1-2-3-243.3%20.0%

当日5番人気以内は前走着順不問、6番人気以下だと前走5着以内が全滅しており6着以下が狙い目です。

前走GⅢ

  • 3着以内【3-3-1-15】
  • 4着以下【0-3-0-31】

サトノアーサー、シーズンズギフト、スマイルカナが前走GⅢで3着以内。

前走1800m以上

  • 5着以内【2-2-2-10】
  • 6着以下【1-1-0-21】

シーズンズギフト、ペルシアンナイトが前走1800m以上で5着以内。

当日6番人気以下

  • 5着以内【0-0-0-37】
  • 6着以下【0-2-3-45】

前走タイム差(2着以下)

  • 0.5秒差以内【5-5-4-44】
  • 0.6秒差以上【1-2-3-44】

前走で0.6秒以上敗れている馬は割引き。優勝したのは3歳時のダノンプラチナで前走皐月賞。2着に入った2頭はレイエンダ、リアルインパクトでどちらも東京重賞勝ちの実績持ちでした。

モズダディー、レイエンダ、ワーケア、ヴァンドギャルドが前走で0.6秒以上敗れています。

富士S データまとめ

  • ディープ産駒+当日5番人気以内は堅実
  • 良馬場ならサンデー系、道悪ならキングマンボ系○
  • 近年は5番人気以内が安定
  • 関西馬+内枠は不振
  • 6番人気以下+前走上がり5位以内は割引き
  • 4歳馬+当日5番人気以内は安定
  • キャリア15戦以下の優勝が多い
  • 4番人気以下+関東馬は連狙い、関西馬は3着狙い
  • ルメール騎手が好成績
  • ノーザンF生産馬+当日3番人気以内は安定
  • 6番人気以下は前走と同斤量が狙い目
  • 近年は重賞組が中心
  • GⅢ組は前走3番人気以内+3着以内○
  • 距離短縮組は前走5番人気以内+5着以内○
  • 6番人気以下は前走5着以内×、6着以下○
  • 前走0.6秒以上敗れている馬は割引き

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

富士S 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎スマイルカナ
○サトノアーサー
▲ケイアイノーテック
△タイセイビジョン
△ヴァンドギャルド
△レイエンダ

スマイルカナは相性の良い京成杯AHからのローテで3番人気2着と内容も合格。ディープ産駒なので当日5番人気以内に推されたら軸として信頼できます。人気は割れそうですが関東馬なので人気順を気にせず買えます。

サトノアーサーはディープ産駒なので当日5番人気以内なら買い。6歳でキャリア20戦、馬格などデータ的には2~3着狙いですが、ノーザンF生産馬の中では人気上位が予想される点では頭も狙えます。

ケイアイノーテックはNHKマイルC以来1着こそありませんが、安田記念5着など近走は掲示板前後には入っています。予想オッズでは下位人気なので軸にはしづらいですが、展開などがハマれば。

タイセイビジョンはラウダシオンとそれほど評価は変わりませんが、今回2kgの斤量差がある点で有利。また当日道悪なら安田記念以外では道悪時(3-0-0-0)のヴァンドギャルド、父キングマンボ系のレイエンダはプラス評価です。

テキストのコピーはできません。