富士ステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

富士ステークス【GⅡ】
2021/10/23(土)
東京競馬場・芝1600m

過去8年分の富士Sのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

富士S 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ソングライン
2番人気 ダノンザキッド
3番人気 ロータスランド
4番人気 ラウダシオン
5番人気 ザダル

参考:netkeiba.com

予想オッズではNHKマイルC2着、関屋記念3着のソングラインが1番人気。2番人気には皐月賞以来となるダノンザキッド、3番人気には関屋記念を制したロータスランドが推されています。

4番手以下は昨年のNHKマイルC優勝馬ラウダシオン、今年のエプソムCを制したザダル、マイラーズC2着のアルジャンナ、初のマイルに挑戦するワグネリアンなどが続きます。

富士S コース&血統分析

東京芝1600mの特徴

東京芝1600mはスタート後直線が続くため、枠順による有利不利は小さいコースです。他の競馬場ならペースが落ち着く3ハロン目辺りから下り坂になってコーナーに入るため、息が入らない流れになりがちです。

結果的に距離以上のスタミナを要求されるため逃げ馬には苦しく、中距離を得意とする馬が好走しやすい傾向があります。GⅠでもロゴタイプやメジャーエンブレムのような逃げ切りも見られます。

重賞ナビ

東京競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

富士S 父系統別データ

  • ディープインパクト系【4-4-4-11】
  • ダンジグ系(欧)【2-0-0-8】
  • キングカメハメハ系【1-1-1-7】
  • ハーツクライ系【1-0-0-3】
  • サンデーサイレンス系【0-2-1-26】
  • リファール系【0-1-1-2】

ディープインパクト産駒は(4-3-4-10)、5番人気以内だと(4-2-3-3)と堅実。

またキングカメハメハ系は(1-1-1-7)ですが馬券内3回は全て道悪時。逆にサンデー系は良馬場に強く、稍重以上だと(0-1-1-15)。2019年のアドマイヤマーズも1番人気9着に敗れており、当日の馬場状態は重要になります。

富士S 母父系統別データ

  • ミスタープロスペクター系【2-1-2-10】
  • サンデーサイレンス系【2-0-1-26】
  • デピュティミニスター系【2-0-0-2】
  • ニジンスキー系【1-0-0-8】
  • サドラーズウェルズ系【1-0-0-0】

母系は様々ですが、牝馬は近年母父ノーザンダンサー系の好走が目立ちます。人気薄の好走はミスプロ系や欧州ノーザンダンサー系に多く、当日4番人気以下+母父サンデー系は(0-0-0-23)。

富士S 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-1-110.0%8.3%
2枠1-0-1-127.1%14.3%
3枠1-0-1-127.1%14.3%
4枠2-2-0-1014.3%28.6%
5枠2-1-0-1213.3%20.0%
6枠0-2-1-130.0%18.8%
7枠0-1-4-130.0%27.8%
8枠2-2-0-1411.1%22.2%

内の1~3枠の複勝率が低めですが、人気薄が入ることが多かったので特別不利という訳ではありません。ただし関西馬+1~3枠は(0-0-1-15)と不振です。関西馬は真ん中から外寄りが狙い目。

馬番データ

  • 偶数馬番【4-2-5-48】
  • 奇数馬番【4-6-3-49】

馬番でも特に偏りはなく、どこからでも好走馬は生まれています。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-0-80.0%0.0%
先行4-2-3-2013.8%31.0%
差し3-3-2-406.3%16.7%
追込1-3-3-292.8%19.4%

昨年はハイペースになりましたがどちらかと言えば前半のペースは落ち着きやすいレースです。ワンターンで直線の長いコースなので脚質はそれほど意識する必要はありません。

前走4角位置(前走左回り)

  • 5番手以内【0-4-1-17】
  • 6番手以下【4-2-2-27】

前走が右回りだった馬は位置取り不問ですが、左回りだった馬は4角5番手以内だと2着までが多いのが特徴です。サトノウィザード、ソングライン、ハッピーアワー、マイラプソディ、ラウダシオンが前走左回りで4角6番手以下。

前走上がり3F

  • 1~3位【3-3-3-29】
  • 4~5位【0-2-2-12】
  • 6位以下【5-3-3-52】

前走上がり6位以下は当日5番人気以内だと(5-2-1-8)と勝率が高く、6位以下だと(0-1-2-44)。有力馬ではダノンザキッド、ロータスランド、ラウダシオン、ザダル、アルジャンナが前走上がり6位以下。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-0-0-150.0%50.0%
440-4590-1-2-80.0%27.3%
460-4795-0-1-2217.9%21.4%
480-4990-4-3-300.0%18.9%
500-5191-1-1-224.0%12.0%
520-1-2-1-145.6%22.2%

ヴァンドギャルド、ノームコアなど近年は470kg前後の優勝馬が多いのが特徴。

人気馬はそれほど馬格は気になりませんが、当日4番人気以下は500kg未満が(2-3-4-52)、500kg以上が(0-1-2-33)と馬格がある馬は苦戦しています。

前走との馬体重差

  • +体重【2-6-5-41】
  • 増減無【1-0-1-16】
  • -体重【5-2-2-39】

富士S 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-0-525.0%37.5%
2番人気3-0-1-437.5%50.0%
3番人気1-3-1-312.5%62.5%
4-6番人気2-2-4-168.3%33.3%
7-9番人気0-1-0-230.0%4.2%
10番人気-0-1-2-460.0%6.1%

過去8年では5番人気以内が(8-6-5-21)、6番人気以下が(0-2-3-76)と人気馬優勢。単勝オッズでは10倍以内が(8-6-4-17)となります。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-5-3-376.3%22.9%
栗東5-3-5-567.2%18.8%
地方0-0-0-40.0%0.0%

当日4番人気以下だと関東馬が(1-4-1-32)、関西馬が(1-0-5-49)。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳2-1-1-276.5%12.9%
4歳4-3-2-1021.1%47.4%
5歳2-3-5-226.3%31.3%
6歳0-1-0-280.0%3.4%
7歳-0-0-0-100.0%0.0%

4歳馬の成績が非常に良く4歳+当日5番人気以内だと(4-2-2-3)。予想オッズからはロータスランド、ラウダシオンが該当します。

6歳以上は大きく割引きで、唯一6歳で2着に入ったのは2017年のイスラボニータ。同年のマイラーズC勝ち、安田記念1番人気など6歳ですが実力は尚一線級でした。

キャリアデータ

  • 10戦以下【3-2-2-25】
  • 11~15戦【4-1-2-16】
  • 16~20戦【0-3-3-15】
  • 21戦以上【1-2-1-41】

また優勝馬はキャリア15戦以下が多く、唯一キャリア16戦以上で優勝したのは2013年1番人気のダノンシャーク。

騎手データ

  • 継続騎乗【3-4-4-44】
  • 乗り替わり【5-4-4-53】

ルメール騎手は過去6年で(2-3-0-1)。昨年は8番人気のワーケアに騎乗し8着でしたが、それ以外の5年は全て4番人気以内で連対しています。

また乗り替わりはノーザンFか社台F生産馬が(5-3-2-26)、他生産馬は(0-1-2-27)と大きな差があります。

生産者データ

  • ノーザンF【4-3-3-29】
  • 社台F【2-1-1-15】
  • 社台白老F【0-3-0-0】

ノーザンF生産馬+当日3番人気以内は(4-2-0-3)で4歳馬だと(2-2-0-0)。有力馬ではソングライン、ダノンザキッドがノーザンF生産の3歳馬、アルジャンナが4歳馬です。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
52.00-0-0-20.0%0.0%
54.02-1-3-178.7%26.1%
55.00-0-0-40.0%0.0%
56.03-3-1-574.7%10.9%
57.03-1-3-1315.0%35.0%
58.0-0-3-1-40.0%50.0%

58kg以上を背負うと勝ち切れませんが、2018年のペルシアンナイトや2017年のイスラボニータなど人気があっても3~4番人気だったので内容としては上々。基本的には斤量を背負った馬が好走しやすいレースです。

前走との斤量差

  • +斤量【2-1-2-21】
  • 増減無【1-6-2-35】
  • -斤量【5-1-4-41】

当日6番人気以下+斤量減は(0-0-0-34)、同斤量が(0-2-2-26)、斤量増が(0-0-1-16)。

富士S 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ3-3-2-1513.0%34.8%
GⅡ2-0-2-915.4%30.8%
GⅢ3-5-2-455.5%18.2%
リステッド0-0-0-30.0%0.0%
オープン0-0-1-170.0%5.6%
3勝0-0-1-40.0%20.0%

春GⅠからの休み明けや夏競馬を使ってきた馬などローテは様々ですが近年は重賞組が中心。前走オープン特別以下から馬券に絡んだのは2014年のレッドアリオンが最後です。

また東京・中山・新潟と東開催組の成績が良く、前走が西開催だと(0-0-3-30)と3着まで。有力馬ではラウダシオン、ワグネリアンが前走西開催でした。

主な前走

  • 京成杯AH【2-2-1-21】
  • 安田記念【1-2-0-3】
  • ヴィクトリアマイル【1-0-2-0】
  • 札幌記念【1-0-0-3】
  • 関屋記念【1-0-0-6】

前走距離

  • 1400m【0-0-1-5】
  • 1600m【5-6-5-59】
  • 1800m【0-1-1-9】
  • 2000m【2-1-0-12】
  • 2200m【1-0-1-2】
  • 2400m【0-0-0-5】

前走1800m以上だった馬は当日5番人気以内だと(3-2-2-4)、6番人気以下で(0-0-0-28)。有力馬ではアルジャンナ、ザダル、ダノンザキッドが距離短縮です。

前走場所

  • 東京【2-4-2-20】
  • 中山【3-2-2-20】
  • 京都【0-0-1-4】
  • 阪神【0-0-2-20】
  • 中京【0-0-0-5】
  • 札幌【1-0-0-3】
  • 新潟【2-2-1-16】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-3-0-150.0%16.7%
2番人気3-0-3-821.4%42.9%
3番人気1-1-2-107.1%28.6%
4番人気0-1-1-90.0%18.2%
5番人気3-0-0-537.5%37.5%
6-9番人気1-2-2-233.6%17.9%
10番人気-0-1-0-260.0%3.7%

前走5番人気以内の複勝率が高く、前走6番人気以下で好走したのは昨年のヴァンドギャルド、ラウダシオンなどGⅠ組が多めです。

前走GⅢ

  • 3番人気以内【3-3-2-17】
  • 4番人気以下【0-2-0-28】

アルジャンナ、ザダル、ソングライン、バスラットレオンが前走GⅢで3番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着2-1-1-1311.8%23.5%
2着1-2-0-117.1%21.4%
3着1-0-2-98.3%25.0%
4着1-0-2-710.0%30.0%
5着1-1-0-514.3%28.6%
6-9着0-2-0-280.0%6.7%
10着-2-2-3-246.5%22.6%

当日5番人気以内に推されていれば前走着順は不問。当日6番人気以下は前走5着以内より6着以下だった馬の方が馬券に絡んでいます。

前走GⅢ

  • 4着以内【3-2-2-18】
  • 5着以下【0-3-0-27】

ソングライン、ロータスランドが前走GⅢで4着以内。

当日6番人気以下

  • 5着以内【0-0-1-32】
  • 6着以下【0-2-2-44】

前走5着以内で3着に入ったのは昨年のケイアイノーテック。NHKマイルC優勝の実績がありました。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.5秒差以内【4-5-5-42】
  • 0.6秒差以上【2-2-2-41】

前走0.6秒差以上敗れていて巻き返した馬はダノンプラチナ、リアルインパクトなどマイル重賞または東京重賞勝ちの実績がある馬が優勢。

富士S データまとめ

買いデータ

当日5番人気以内のディープインパクト産駒
当日5番人気以内+前走上がり6位以下
ノーザンF生産馬で当日3番人気以内の4歳馬
前走GⅢで3番人気+3着以内
当日5番人気以内+距離短縮

消しデータ

当日4番人気以下の母父サンデー系
当日6番人気以下+斤量減
6歳以上
ノーザンF生産馬以外の乗り替わり
当日6番人気以下+前走1800m以上

富士S 予想

1週前の登録時点での予想です
◎ロータスランド
○ソングライン
▲アルジャンナ
△ダノンザキッド
△ワグネリアン
△ラウダシオン

ロータスランドは前走関屋記念を快勝。前走4番人気と4角2番手とは優勝候補としては割引きですが、今年の有力馬は前走マイル組が少なく相対的に上位評価。馬格も470kg弱と近年の優勝馬に近いのは好印象。また初めての東京という点はやや気になります。

ソングラインはNHKマイルC2着とコース実績もあり、ノーザンF生産馬であることや今年の3歳世代の勢いを考えると1番人気は妥当。ただ関屋記念で差し届かず3着だったようにキズナ産駒は左回りの重賞では勝ち切れず、今回も頭よりは2~3着候補の筆頭という印象。

アルジャンナはレース相性抜群のルメール騎手の継続騎乗を想定。予想オッズ通り5番人気以内ならディープインパクト産駒であることが大きな強調要素になります。前走1800mで大敗という点では頭では買いづらいものの、複勝圏内としては期待できる1頭。

上位3頭が頭狙いとして不安要素がある中、ダノンザキッドはマイル以下に強い安田厩舎やシャドウディーヴァと同じ母父ダンシリという血統からは一発も期待できます。

ワグネリアンは6歳で初マイルは割引きですがマイルで新味が出る可能性も。ラウダシオンはコース実績豊富ですが共に前走が西開催という点では相手まで。

テキストのコピーはできません。