福島牝馬ステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

福島牝馬ステークス【GⅢ】
2021/4/24(土)
新潟競馬場・芝1800m

過去8年分の福島牝馬Sのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

※今年は2月の地震の影響で福島ではなく新潟開催になるため、参考データとしてご覧頂ければ幸いです。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

福島牝馬S 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 シゲルピンクダイヤ
2番人気 ドナアトラエンテ
3番人気 ミスニューヨーク
4番人気 パラスアテナ
5番人気 ロザムール

参考:netkeiba.com

予想オッズでは1勝馬ながら桜花賞や秋華賞で好走した実績を持つシゲルピンクダイヤ、前走は不良馬場に泣きましたがデビュー以来一貫して1800mを使われているドナアトラエンテ、重賞挑戦後に自己条件を勝ち上がってきたミスニューヨークあたりが人気を集めています。

他では昨年秋華賞4着のパラスアテナ、中山牝馬Sで2着に粘ったロザムール、昨年のシンザン記念の勝ち馬サンクテュエール、ローズSで2着に入ったムジカあたりが続きます。

福島牝馬S コース&血統分析

新潟芝1800mの特徴

新潟芝1800m 過去8年(2勝クラス以上)を集計

新潟芝1800mは外回りコースを使用。東京競馬場に似たワンターンで直線部分が長いコースです。前半のペースはやや速めになることが多く、コーナーの上りで一旦落ち着き後半また加速するパターンがよく見られます。

重賞は行われませんが8月の牝馬限定の三面川特別ではレッドアヴァンセやカワキタエンカ、マリアライトやレインダンスが出走した事もあり、牝馬の出世レースとなっています。

重賞ナビ

新潟競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、新潟芝…

福島牝馬S 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【21-21-20-169】
  • キングマンボ系【2-4-4-20】
  • ロベルト系【2-2-0-18】
  • ダンジグ系【2-1-1-11】
  • グレイソヴリン系【2-0-0-9】

ディープインパクトやステイゴールド、オルフェーヴルなどサンデー系が強いコース。他にもキングカメハメハやハーツクライなどの成績が良く、コース形態からも素直にリーディング上位種牡馬優勢と見て良いかと思います。

福島牝馬S 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-4-3-59】
  • デピュティミニスター系【4-2-1-19】
  • サドラーズウェルズ系【3-2-4-12】
  • ロベルト系【3-2-3-21】
  • キングマンボ系【3-2-2-14】

系統別ではサドラーズウェルズ系、キングマンボ系の複勝率が高めです。ミスプロ系は(0-1-5-39)、グレイソヴリン系も(0-2-1-21)と勝ち切れません。

個別では母父クロフネの成績が抜群で、昨年の糸魚川特別を快勝したレイパパレ、重馬場の佐渡Sを14番人気で2着に入ったフィニフティなど今回抽出した条件では(3-2-1-4)。今年はパッシングスルーが母父クロフネです。

福島牝馬S 傾向データ①

新潟芝1800m 過去8年(2勝クラス以上)を集計

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-2-0-305.9%11.8%
2枠2-5-4-265.4%29.7%
3枠1-6-6-302.3%30.2%
4枠2-1-2-414.3%10.9%
5枠4-2-4-417.8%19.6%
6枠7-3-3-4113.0%24.1%
7枠7-5-6-4111.9%30.5%
8枠4-5-5-486.5%22.6%

勝率では外寄りの枠が目立ちますが、内でも2~3枠は複勝率30%前後。1枠と4枠の複勝率が低めですが、馬番で見ると1番、4~5番の成績が悪いのが特徴です。

馬番データ

  • 偶数馬番【14-12-18-143】
  • 奇数馬番【15-17-12-155】

馬番では3番が(2-6-5-16)複勝率44.8%とやや抜けた成績、他には6番(3-2-4-20)、9番(2-4-3-19)、14番(2-2-1-9)も複勝率30%台です。また牝馬のみに絞ると2番も(1-4-2-8)複勝率46.7%。

6番人気以下

  • 偶数馬番【1-5-7-106】
  • 奇数馬番【0-2-4-116】

当日6番人気以下で見ると偶数馬番の成績が良く、また当日6番人気以下+11番以降は(0-1-1-68)

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-3-2-26.9%24.1%
先行13-11-6-7412.5%28.8%
差し12-10-16-1137.9%25.2%
追込2-5-6-892.0%12.7%

直線はJRA最長の658mですが直線最後方からの追い込みは届きづらく、4角では中団にはつけておきたいコース。

前走上がり3F(牝馬)

  • 1~3位【11-6-8-45】
  • 4~5位【0-0-5-29】
  • 6位以下【5-10-3-83】

今回対象にしたレースでは前走上がり3位以内だった牝馬は安定しています。前走上がり6位以下で好走した馬は阪神外回りや東京など直線の長いコースを使ってきた馬が目立ちます。

イズジョーノキセキ、セイウンヴィーナス、パラスアテナ、ミスニューヨーク、ムジカが前走上がり3位以内。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4394-1-6-378.3%22.9%
440-4597-6-4-718.0%19.3%
460-4799-9-5-788.9%22.8%
480-4996-9-10-656.7%27.8%
500-5192-2-4-295.4%21.6%
520-1-2-1-184.5%18.2%

馬格の影響は小さく、牝馬のみで見ても特に偏りはありません。

福島牝馬S 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-3-1-312.5%62.5%
2番人気0-1-1-60.0%25.0%
3番人気3-1-0-437.5%50.0%
4-6番人気2-1-1-208.3%16.7%
7-9番人気1-1-0-224.2%8.3%
10番人気-1-1-5-382.2%15.6%

福島開催では人気馬同士で決まることは少なく、昨年も③-⑬-⑮番人気での決着。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-4-4-524.8%17.5%
栗東5-4-4-419.3%24.1%

当日5番人気以内は関東馬優勢、6番人気以下は関西馬優勢です。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳1-4-1-412.1%12.8%
5歳4-4-5-309.3%30.2%
6歳2-0-2-1510.5%21.1%
7歳-1-0-0-712.5%12.5%

4歳馬は前走1着で(1-3-1-8)、前走2着以下だと(0-1-0-33)。また好走しているのも人気馬が多く、回収値が高いのは5歳以上。

騎手データ

  • 継続騎乗【4-6-2-30】
  • 乗り替わり【4-2-6-63】

複勝率では継続騎乗組ですが回収値は乗り替わり組の方が高く、特に気にしなくても良さそうです。コースデータからはデムーロ騎手、ルメール騎手、福永騎手、戸崎騎手、北村友騎手あたりが好成績。

福島牝馬S 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-0-00.0%0.0%
GⅡ0-0-1-50.0%16.7%
GⅢ8-5-3-5111.9%23.9%
リステッド0-0-0-10.0%0.0%
オープン0-0-1-120.0%7.7%
3勝0-2-3-110.0%31.3%
2勝0-1-0-90.0%10.0%

中山牝馬Sが出走数、好走数共に圧倒的。前走オープン特別以下は2~3着までですが、昨年のリープフラウミルヒなど大穴の激走が多いのが特徴。

主な前走

  • 中山牝馬S【7-5-1-43】
  • 愛知杯【1-0-1-4】
  • 初音S【0-1-1-1】
  • 美浦S【0-1-0-0】
  • 阪神牝馬S【0-0-1-5】

前走距離

  • 1400m【0-0-0-3】
  • 1600m【0-0-3-22】
  • 1800m【7-7-2-55】
  • 2000m【1-1-2-8】
  • 2200m【0-0-0-4】

前走場所

  • 東京【0-1-1-4】
  • 中山【7-6-2-63】
  • 京都【0-0-1-2】
  • 阪神【0-1-3-13】
  • 中京【1-0-0-3】
  • 小倉【0-0-1-4】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-0-0-516.7%16.7%
2番人気0-2-0-60.0%25.0%
3番人気1-0-0-516.7%16.7%
4番人気0-2-0-70.0%22.2%
5番人気0-1-1-110.0%15.4%
6-9番人気1-3-4-223.3%26.7%
10番人気-4-0-3-379.1%15.9%

中山牝馬S組だけではなく、オープン特別や3勝クラス組も含め前走下位人気だった馬が良く走っています。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-4-1-125.6%33.3%
2着1-1-0-320.0%40.0%
3着1-1-1-89.1%27.3%
4着1-0-0-910.0%10.0%
5着0-1-0-50.0%16.7%
6-9着2-1-2-266.5%16.1%
10着-1-0-4-302.9%14.3%

中山牝馬Sで連対している馬は(2-3-0-1)と堅実。また中山牝馬Sで0.6秒以上敗れていると過去8年では3着以内がありません。

前走タイム差(中山牝馬S・2着以下)

  • 0.2秒差以内【4-2-1-7】
  • 0.3~0.5秒差【1-1-0-13】
  • 0.6秒差以上【0-0-0-23】

今年の中山牝馬S組ではロザムールのみが前走0.2秒差以内。

福島牝馬S データまとめ

買いデータ

ディープインパクト産駒
母父クロフネ、サドラーズウェルズ系、キングマンボ系
2~3枠、7枠
前走上がり3位以内
前走中山牝馬Sで連対または0.2秒差以内

消しデータ

母父ミスプロ系(3着まで)
当日6番人気以下+奇数馬番または馬番11番以降
前走2着以下の4歳馬
前走中山牝馬Sで0.6秒差以上負け

福島牝馬S 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ドナアトラエンテ
○ロザムール
▲ミスニューヨーク
△ムジカ
△シゲルピンクダイヤ
△パッシングスルー

ドナアトラエンテは過去10戦は全て芝1800mで、昨年は東京芝1800mで1.44.8の好タイムで勝利。ディープ産駒ということもありコース適性はありそうですが、高速馬場適性が高い分現在の荒れた新潟の芝が不安要素。

ロザムールは前走不良馬場の中山牝馬Sで2着、2走前の中山金杯でも4着と前で粘れるのが魅力。1週前の新潟芝は前で競馬をした馬が残るパターンが多く、この馬の先行力を活かせる可能性は十分です。

ミスニューヨークは父キングマンボ系で道悪実績豊富とロザムールに似た部分もあり、前走スピカSでは上がり最速で1着。秋華賞でも4角15番手から5着に食い込んでおり、今回も期待できます。

他ではエピファネイア産駒のムジカはタフな馬場でも苦にしないタイプ。シゲルピンクダイヤは想定1番人気に推されるほどではないと思いますが、コース相性の良い母父サドラーズウェルズ系。同じくコース成績抜群のクロフネを母父に持つパッシングスルー

テキストのコピーはできません。