福島記念予想|過去の傾向とデータ分析

G3
無断転載禁止
福島記念【GⅢ】
2022/11/13(日)
福島競馬場・芝2000m

過去8年分の福島記念のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

福島記念 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 オニャンコポン
2番人気 アラタ
3番人気 ベレヌス
4番人気 ユニコーンライオン
5番人気 カテドラル

参考:netkeiba.com

予想オッズでは今年の京成杯優勝馬で皐月賞でも0.6秒差の6着に健闘しているオニャンコポンが1番人気。2番人気は札幌記念で12番人気ながら4着に入ったアラタ、3番人気は中京記念を逃げ切ったベレヌスが推されています。

以下昨年の宝塚記念の2着馬ユニコーンライオン、中京記念2着・小倉記念4着のカテドラル、府中牝馬S4着のサトノセシル、オクトーバーSを勝ったゴールドスミスなどが続きます。

福島記念 コース&血統分析

福島芝2000mの特徴

福島芝2000mはスタンド前の直線ポケットからスタート。スタート直後が下り坂のためコーナーまでのペースは速くなりやすいのが特徴です。

開催後半になると内側の馬場の痛みが顕著になり、内は全く伸びず外差しが決まりやすくなります。福島の芝コースは開催前半か後半かで傾向がガラッと変わるので注意。

重賞ナビ

福島競馬場・芝2000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、福島芝…

福島記念 父系統別データ

  • ステイゴールド系【4-2-0-16】
  • キングカメハメハ系【2-2-1-6】
  • ロベルト系【1-1-1-6】
  • ストームキャット系【1-0-0-3】
  • ディープインパクト系【0-1-2-15】

サンデー系で勝ち切っているのはステイゴールド系のみで、その他のサンデー系は(0-3-4-41)。昨年はロードカナロア産駒のパンサラッサが逃げ切りましたが、キングカメハメハ系は成績・回収値共に優秀です。

福島記念 母父系統別データ

  • サドラーズウェルズ系【2-0-1-6】
  • サンデーサイレンス系【1-3-2-28】
  • グレイソヴリン系【1-1-1-6】
  • ボールドルーラー系【1-1-0-6】
  • ロベルト系【1-1-0-7】

サドラーズウェルズ系を除いた母父ノーザンダンサー系は(0-0-0-29)。近年はグレイソヴリン系やミスプロ系が好調です。

血統表ではノーザンテースト、キングカメハメハの他にトニービンなどのグレイソヴリン系、ミルリーフなどのネヴァーベンド系を持つ馬はプラス評価。

福島記念 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠3-0-2-1118.8%31.3%
2枠3-0-1-1218.8%25.0%
3枠0-1-1-140.0%12.5%
4枠1-1-1-136.3%18.8%
5枠1-3-1-106.7%33.3%
6枠0-1-1-140.0%12.5%
7枠0-2-1-130.0%18.8%
8枠0-0-0-160.0%0.0%

近年は開催4日目(2週目)になることが多いため真ん中から内寄りの好走が目立ちます。馬番11番以降は(0-3-2-43)と2~3着までで、好走した5頭全てが単勝オッズ10倍以内の人気馬でした。

馬番データ

  • 偶数馬番【3-3-4-54】
  • 奇数馬番【5-5-4-49】

1番が(2-0-2-4)、3番が(3-0-0-5)、外寄りでは9番が(0-3-0-4)、13番が(0-2-1-5)。

当日4番人気以下

  • 1~4枠【3-0-2-46】
  • 5~8枠【0-3-1-48】

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-0-1-622.2%33.3%
先行5-4-2-2115.6%34.4%
差し1-4-4-362.2%20.0%
追込0-0-1-400.0%2.4%

直線は292mと短く先行馬有利。スタート後の直線で位置を取った馬が強く、1コーナーで3番手以内だった馬が(5-1-2-19)と高勝率。

前走4角位置

  • 4番手以内【3-3-5-40】
  • 5番手以下【5-5-3-62】

当日3番人気以内だと前走4角4番手以内が(1-3-4-8)、5番手以下が(4-2-1-1)。有力馬ではオニャンコポン、アラタ、カテドラルが前走4角5番手以下。

前走上がり3F

  • 1位【0-1-4-6】
  • 2~3位【1-0-1-13】
  • 4~5位【1-3-1-17】
  • 6位以下【6-4-2-66】

前走上がり1位はゴールドスミスのみ。前走上がり6位以下だった馬が1~2枠に入ると(5-0-2-16)。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-10.0%0.0%
440-4591-1-3-125.9%29.4%
460-4793-3-3-327.3%22.0%
480-4992-1-2-404.4%11.1%
500-5191-3-0-145.6%22.2%
520-1-0-0-420.0%20.0%

ステイゴールド産駒を中心にサンデー系はやや小柄な方が成績が良く、サンデー系+480kg未満は(3-3-4-26)、480kg以上は(1-2-0-31)。非サンデー系は480kg以上が狙い目です。

また関東馬は馬格に連れて成績が上がり500kg以上の回収値が優秀。逆に関西馬は小柄な馬ほど成績・回収値が高いのが特徴です。

前走との馬体重差

  • +体重【4-4-3-36】
  • 増減無【0-2-3-27】
  • -体重【4-2-2-40】

福島記念 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-3-3-112.5%87.5%
2番人気4-0-1-350.0%62.5%
3番人気0-2-1-50.0%37.5%
4-6番人気2-2-2-188.3%25.0%
7-9番人気1-0-0-234.2%4.2%
10番人気-0-1-1-530.0%3.6%

ハンデ戦の福島と荒れそうな印象はありますが近年は人気馬が安定しています。単勝オッズ15倍以上は(0-1-1-72)と不振で、単勝オッズ4.9倍以内は(2-4-3-1)と堅実です。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-4-3-595.7%15.7%
栗東4-4-5-447.0%22.8%

当日3番人気以内だと関東馬が(2-2-3-8)、関西馬が(3-3-2-1)と関西馬の成績が抜群です。有力馬ではベレヌス、ユニコーンライオン、カテドラルが関西馬。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳2-1-1-718.2%36.4%
4歳3-3-1-1017.6%41.2%
5歳2-1-1-315.7%11.4%
6歳1-2-3-273.0%18.2%
7歳-0-1-2-280.0%9.7%

3~4歳馬の複勝率が優秀ですが、当日5番人気以内なら3~7歳まで複勝率は変わりません。

キャリアデータ

  • 10戦以下【1-1-1-5】
  • 11~15戦【1-2-1-10】
  • 16~20戦【5-1-2-13】
  • 21~30戦【1-3-3-40】
  • 31戦以上【0-1-1-35】

キャリア16~20戦の成績が良く昨年5番人気1着のパンサラッサ、2016年7番人気1着のマルターズアポジーなど中穴でも狙えます。アラタ、シンハリングが該当します。

騎手データ

  • 継続騎乗【2-5-7-39】
  • 乗り替わり【6-3-1-64】

3場開催のため乗り替わりが多いレースですが、その中で継続騎乗となる馬は複勝率が高め。

生産者データ

  • ノーザンF【1-3-3-27】
  • 社台F【1-1-3-12】

社台F生産馬+当日3番人気以内は(1-0-3-2)と堅実です。対してノーザンF生産馬は2017年10番人気3着のヒストリカル、2014年13番人気2着のフラアンジェリコなど大穴が来ることも。

アラタ、エフェクトオン、オニャンコポン、シャムロックヒルが社台F生産馬、シンハリング、ベレヌスがノーザンF生産馬。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-52.00-0-1-120.0%7.7%
53.00-0-0-90.0%0.0%
54.03-1-0-1416.7%22.2%
55.0-55.53-4-1-2210.0%26.7%
56.0-56.52-1-2-315.6%13.9%
57.0-57.50-2-3-130.0%27.8%
58.0-0-0-1-20.0%33.3%

優勝馬は54~56kgに固まっており、56.5kg以上は2~3着まで。また前走から斤量減になる馬の勝率が高く、当日5番人気以内+斤量減だと(5-4-3-10)、同斤量か斤量増だと(1-1-4-12)。

前走との斤量差

  • +斤量【0-2-4-12】
  • 増減無【2-1-1-36】
  • -斤量【6-5-3-55】

福島記念 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-1-20.0%33.3%
GⅡ3-5-3-248.6%31.4%
GⅢ2-0-1-325.7%8.6%
リステッド1-1-1-126.7%20.0%
オープン1-2-2-273.1%15.6%
3勝1-0-0-614.3%14.3%

近年はGⅡ組かオープン特別(リステッド含む)組の成績が良く、GⅢ組は2016年以降は馬券に絡んでいません。またローカル組は苦戦しており、東京や中山など中央場を使ってきた馬が中心。

主な前走

  • オクトーバーS【2-1-1-13】
  • 富士S【2-0-0-2】
  • オールカマー【1-1-2-8】
  • 毎日王冠【1-0-1-5】
  • 札幌記念【0-2-0-3】

前走距離

  • 1600m【3-0-0-5】
  • 1800m【1-1-1-29】
  • 2000m【2-3-5-47】
  • 2200m【1-2-2-9】
  • 2400m【1-1-0-5】
  • 2600m【0-1-0-4】

前走場所

  • 東京【5-1-3-32】
  • 中山【2-2-2-13】
  • 京都【1-1-1-12】
  • 阪神【0-1-0-2】
  • 中京【0-0-1-1】
  • 札幌【0-3-0-15】
  • 函館【0-0-0-3】
  • 福島【0-0-0-5】
  • 新潟【0-0-0-7】
  • 小倉【0-0-0-13】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-0-0-233.3%33.3%
2番人気0-1-2-60.0%33.3%
3番人気0-0-1-30.0%25.0%
4番人気0-1-0-70.0%12.5%
5番人気2-0-1-622.2%33.3%
6-9番人気4-5-2-368.5%23.4%
10番人気-1-1-2-432.1%8.5%

前走で下位人気だった馬の好走が多く、前走人気はあまりアテになりません。

前走1800m以下

  • 5番人気以内【0-0-0-10】
  • 6~9番人気【4-1-0-15】
  • 10番人気以下【0-0-1-11】

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着2-0-2-1113.3%26.7%
2着0-1-1-50.0%28.6%
3着0-3-1-10.0%80.0%
4着1-0-1-108.3%16.7%
5着1-0-0-811.1%11.1%
6-9着2-2-1-276.3%15.6%
10着-2-2-2-404.3%13.0%

重賞組は着順不問ですが、前走で1秒以上負けていると複勝率は大きく下がります。オープン特別組は4着以内が目安になります。

前走オープン特別

  • 4着以内【2-2-3-9】
  • 5着以下【0-1-0-30】

エフェクトオン、コスモカレンドゥラ、ゴールドスミスが前走オープン特別で4着以内。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.9秒差以内【6-7-5-42】
  • 1.0秒差以上【0-1-1-49】

前走1秒差以上から巻き返した2頭は2018年マイスタイル、2016年ダイワドレッサーでいずれも当日3番人気以内。アドマイヤアルバ、オニャンコポン、カテドラル、シンハリング、ユニコーンライオン、ロザムールが前走1秒以上負けています。

福島記念 データまとめ

買いデータ

父ステイゴールド系、キングカメハメハ系
ノーザンテースト、キングカメハメハ、グレイソヴリン系、ネヴァーベンド系持ち
当日3番人気以内+前走4角5番手以下
単勝オッズ4.9倍以内
前走オープン特別で4着以内

消しデータ

ステイゴールド系以外の父サンデー系(2~3着まで)
サドラーズウェルズ系以外の母父ノーザンダンサー系
馬番11番以降+単勝オッズ10倍以上
単勝オッズ15倍以上
前走オープン特別で5着以下
前走1.0秒以上負け

福島記念 予想

1週前の登録時点での予想です
◎アラタ
○オニャンコポン
▲サトノセシル
△ゴールドスミス
△ベレヌス
△ヴァンケドミンゴ

アラタはレース相性の良い社台F生産馬でキャリア16戦。血統的にもキングカメハメハ産駒でミルリーフ、トニービン持ちと過去の好走馬に近い部分が多く、予想オッズでも上位と大きな割引き要素はありません。やや気になる点は非サンデー系はある程度馬格がある馬の好走が多い点。

オニャンコポンもアラタと同じく関東馬でやや小柄な点は割引きですが、近年人気馬が堅実なレースで中山のセントライト記念からのローテは悪くありません。ただしエイシンフラッシュ産駒の牡馬はあまり福島は得意ではなく、1番人気馬が勝ち切れない点や継続騎乗など頭よりは2~3着に該当するデータが多め。

サトノセシルはフランケル産駒に母父ミスプロ系、ネヴァーベンド系持ちと血統面は良く、前走東京からの距離延長組も好走率が高いのが特徴。府中牝馬Sも内を通った馬が1~3着を占める中、外から僅差の4着に入るなど地力は上位。

ゴールドスミスは好走馬が多いオクトーバーSからのローテで福島記念に強いステイゴールド産駒と8歳馬ですが魅力はありますが母父ダンジグ系は割引き。予想オッズでは7~8番手ですが単勝オッズ15倍以上になると好走率が落ちるのでオッズ次第。

他でベレヌスは近年振るわないGⅢ組ですが、有力馬の中では前で競馬が出来るのでペース次第では頭も。最後に前走内容は割引きですがコース実績はあり紐候補でヴァンケドミンゴ

テキストのコピーはできません。