JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

朝日杯フューチュリティステークス2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
2018年12月16日(日)
朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)
阪神競馬場・芝1600m

過去10年分のデータ分析と予想です。2013年以前は中山で行われているためコース関連のデータは阪神開催のものを使用しています。

朝日杯FS 予想オッズと有力馬

グランアレグリア 1.8倍

東京マイルの新馬戦でダノンファンタジーに2馬身差、サウジアラビアRCでは2着に3馬身半差の楽勝。初の阪神への輸送が課題ですがディープ産駒という血統面からは問題なし。

アドマイヤマーズ 3.4倍

新馬、オープン、重賞と3連勝。スピードの持続力もあり並んだら交わさせない勝負根性も武器です。過去3戦が全て9頭以下の小頭数で行われており、頭数増に対応できるか。

ファンタジスト 5.8倍

こちらも3連勝で小倉2歳S・京王杯2歳Sと重賞連勝。武豊騎手は朝日杯初制覇がかかります。現状はスプリントに適性がありそうで、初のマイルが課題になります。

ケイデンスコール 6.6倍

新馬戦はアドマイヤマーズにハナ差2着に敗れましたがその後連勝で新潟2歳Sを制覇。デビュー3戦とも上がり最速をマークしており、有力馬に先行タイプが多いため展開次第では一発も。

無料情報で京王杯SC、ヴィクトリアマイル的中!
実際レース前日に配信された買い目がコチラ↓

03クロコスミア11番人気をしっかり入れての10点→354.9%!!
-----------------------------------
NHKマイルC/3連単16点/123万2040円
新潟大賞典/3連複11点/54,810円
天皇賞春/3連単10点/441,990円
青葉賞/3連単12点/214,900円
スイートピーS/3連単12点/63,080円
フローラS/3連単12点/458,720円
マイラーズC/3連複6点/12,600円
福島中央テレビ杯/3連単9点/495,240円
-----------------------------------
今週末の無料配信は【日本ダービー/東京優駿】
無料メルマガ登録で毎週無料G1買い目が見れます。今週もダブル的中信じていきましょう!

ダービー無料買い目[CLICK]
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

朝日杯FSのコース分析

阪神芝1600mの特徴


阪神芝1600mは外回りコースを使用。コーナーが内回りに比べてゆったりしているため直線で横一線になりやすく、直線の長さが474mと長く坂もあるため差しや追い込みが決まりやすいコースです。

 

阪神芝1600m 種牡馬データ


阪神コースに替わって4年中3年でディープインパクト産駒が優勝しています。コースデータでもディープインパクトが抜けており、今年のディープ産駒はグランアレグリアのみとなっています。

朝日杯FSの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-2-1-340.0%70.0%
2番人気2-1-2-520.0%50.0%
3番人気0-1-2-70.0%30.0%
4番人気1-2-0-710.0%30.0%
5番人気1-1-2-610.0%40.0%
6番人気1-1-0-810.0%20.0%
7-9番人気1-1-1-273.3%10.0%
10-番人気0-1-2-710.0%4.1%

1番人気を中心に基本的には人気馬優勢です。阪神開催になってからはアルマワイオリ、シャドウアプローチ、ボンセルヴィーソと10番人気以下が絡むこともあります。

枠順データ(過去4年)

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-0-0-625.0%25.0%
2枠0-0-2-60.0%25.0%
3枠0-1-0-70.0%12.5%
4枠0-0-0-80.0%0.0%
5枠0-2-0-60.0%25.0%
6枠0-1-0-70.0%12.5%
7枠0-0-2-80.0%20.0%
8枠2-0-0-820.0%20.0%

内外どちらからも好走馬が出ており枠順の有利不利はありません。

馬番

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号1-3-2-282.9%17.6%
奇数番号3-1-2-288.8%17.6%

脚質データ(過去4年)

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-1-30.0%25.0%
先行1-0-0-156.3%6.3%
差し2-3-3-216.9%27.6%
追込1-1-0-175.3%10.5%

直線は474mあり差し・追い込み馬が活躍しています。前走上がり1位が(2-3-1-13)でサトノアレスやモンドキャンノなどは人気薄でしたがこのパターンから好走しています。

グランアレグリア、アドマイヤマーズ、ファンタジストは前走上がり2位でデータの隙を狙うとしたらここか。

朝日杯FSの傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦1-0-0-420.0%20.0%
2戦4-2-1-2114.3%25.0%
3戦3-4-3-386.3%20.8%
4戦1-3-4-382.2%17.4%
5戦1-1-1-175.0%15.0%
6戦~0-0-1-160.0%5.9%

キャリアは2~3戦が中心ですが、阪神開催に替わってからはキャリア4戦が(1-1-4-14)でボンセルヴィーソ、シャドウアプローチ、アルマワイオリと10番人気以下で好走した3頭はキャリア4戦でした。

今年はマイネルサーパスがキャリア4戦で、前走福島1800を2歳レコードで勝っており面白い1頭。

生月別データ

生月着度数勝率複勝率
1月1-3-0-107.1%28.6%
2月2-4-4-226.3%31.3%
3月3-1-3-426.1%14.3%
4月3-0-3-386.8%13.6%
5月1-2-0-214.2%12.5%

阪神開催では1~2月の早生まれの成績が良く、今年はアスターペガサス、グランアレグリア、ケイデンスコール、ディープダイバーの4頭が1~2月生まれです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦5-6-4-369.8%29.4%
栗東5-4-6-974.5%13.4%
地方0-0-0-10.0%0.0%

こちらは中山・阪神開催時であまり変わらず馬券圏内としては半々ですが率としては関東馬が高め。

関東馬は9番人気以下での3着以内が無く、10番人気以下の大穴なら関西馬。

生産者データ

・ノーザンF(4-4-1-20)
・社台F(2-1-2-7)

毎度のデータですがノーザンF、社台Fの成績が良く今年はアドマイヤマーズ、グランアレグリア、ケイデンスコールの3頭が該当します。

馬体重データ(過去4年)

馬体重着度数勝率複勝率
~4390-0-0-40.0%0.0%
440-4590-0-0-130.0%0.0%
460-4791-3-1-184.3%21.7%
480-4992-1-2-1311.1%27.8%
500-5191-0-1-514.3%28.6%
520~0-0-0-30.0%0.0%

コースデータ通りで460kgを境に好走率が大きく変わります。有力馬は大体460kg以上ありますがエメラルファイト、ディープダイバー、ドゴールあたりが前走馬体重で軽めです。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増3-3-2-317.7%20.5%
増減無0-1-1-60.0%25.0%
今回減1-0-1-194.8%9.5%

当日馬体重がマイナスになっているとやや割引き。

朝日杯FSの前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅡ1-6-4-451.8%19.6%
GⅢ3-3-1-2011.1%25.9%
オープン0-0-1-230.0%4.2%
500万5-1-4-3211.9%23.8%
未勝利0-0-0-70.0%0.0%
新馬戦1-0-0-420.0%20.0%

中山・阪神開催共に前走GⅡ組は2~3着率が多い反面勝率が低く、1着候補はGⅢか500万組。

前走場所は東京コースが圧倒的に多く京都組はデイリー杯以外はかなり苦戦しています。また前走距離では1600mが中心で距離延長組は2~3着まで。

東京マイル組はグランアレグリアドゴールの2頭(タニノミッションは阪神JF)で、グランアレグリアはローテーション的にもかなり鉄板です。

主な前走

・ベゴニア賞(3-0-0-4)
・京王杯2歳S(1-4-3-29)
・東京スポーツ杯2歳S(1-2-1-13)
・サウジアラビアRC(1-1-0-2)
・新潟2歳S(1-0-0-0)
・デイリー杯2歳S(0-2-1-16)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気6-3-5-2615.0%35.0%
2番人気2-2-1-208.0%20.0%
3番人気0-4-0-180.0%18.2%
4番人気1-0-1-136.7%13.3%
5番人気0-1-2-180.0%14.3%
6-9番人気1-0-1-283.3%6.7%
10-番人気0-0-0-110.0%0.0%

前走1番人気の成績が良く、前走重賞組は3番人気以内、500万組は2番人気以内の好走率が高め。

前走1番人気はアドマイヤマーズ、グランアレグリア、ケイデンスコールの3頭で全て重賞組なのでデータ的にはかなり有力。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着10-5-7-6012.2%26.8%
2着0-3-2-220.0%18.5%
3着0-0-1-70.0%12.5%
4着0-1-0-80.0%11.1%
5着0-0-0-70.0%0.0%
6-9着0-1-0-220.0%4.3%
10-着0-0-0-80.0%0.0%

過去10年の優勝馬は全て前走1着馬で5着以下は消し。アスターペガサス、イッツクール、クリノガウディー、コパノマーティンの4頭が前走5着以下です。

前走重賞のタイム差(1着)

・0.0秒(1-0-0-2)
・0.1~0.2秒(2-2-1-8)
・0.3秒以上(1-2-2-1)

前走重賞1着は0.3秒差以上をつけていると好走率が高く、4着以下に敗れたのは2010年のサダムパテック。阪神開催では4頭が該当し全て3着以内です。

グランアレグリアが前走0.6秒差でアドマイヤマーズが0.1秒差、ケイデンスコールがタイム差無しです。

前走重賞のタイム差(2着以下)

・0.0秒(0-0-2-5)
・0.1~0.5秒(0-4-1-23)
・0.6秒以上(0-1-0-28)

2着以下では0.6秒差以上の差をつけられていると苦戦しています。アスターペガサス、クリノガウディーは0.5秒差以内ですがドゴールは前走2着ですがグランアレグリアに0.6秒差をつけられておりさすがに勝負付けは済んでいます。

朝日杯FS データ推奨馬


的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6R+指定重賞は無料公開
指数6位以内or指数値30以下の馬に注目
⇒無料指数はコチラから

※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.