JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

チャンピオンズカップ2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
2018年12月2日(日)
チャンピオンズカップ(GⅠ)
中京競馬場・ダート1800m

阪神6年分と中京4年分を合わせた過去10年分のデータ分析と予想です。

チャンピオンズカップ 予想オッズと有力馬

ルヴァンスレーヴ 2.6倍

マイルCS南部杯では王者ゴールドドリームを破り史上初めて3歳での優勝を果たしました。ジャパンダートダービーで破ったオメガパフュームを物差しにしても、能力は古馬を含めたトップクラスです。

ゴールドドリーム 3.5倍

昨年の低迷期を脱して以来は安定しておりチャンピオンズCからGⅠ5連続連対。前走はルヴァンスレーヴに完敗でしたが今回は斤量差は1kg。得意な中央のダートで巻き返しを狙います。

ケイティブレイブ 4.4倍

京都で行われたJBCクラシックでは4角抜群の手応えから中央重賞初勝利。心身共に充実期を迎えておりチャンピオンズCは昨年4着と好走していますが、やはり南部杯組の2頭が強敵。

  • 父:アドマイヤマックス
  • 前走:JBCクラシック 3番人気1着
オメガパフューム 7.4倍

世代ではルヴァンスレーヴの2番手扱いですが3歳でシリウスS優勝、JBCクラシック2着と古馬にも劣らない能力を持っています。和田騎手が負傷で乗り替わりとなるのが残念。


無料買い目が絶好調!マイルCS、エリ女連続的中!



マイルCS:インディチャンプ軸で的中!
→3連複3,200×400=12,800円獲得◎(228%回収)
エリザベス女王杯:ラヴズオンリーユー軸で的中!
→3連複4,060×400=16,240円獲得◎(290%回収)

マイルCSはダノンキングリー、エリザベス女王杯はクロノジェネシスを軸にして外した方も多いと思います。ここの軸馬はガチで参考になるので、無料買い目を見て自分の予想と比較してみるのがお勧めです。

【Gプレミオ】この秋の重賞でも小点数で高配当連発!


グロリアのお勧めコンテンツはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】

今週は「ジャパンC(G1)」週。グロリアは毎週土日2鞍ずつの計4鞍無料配信です!

グロリアの無料買い目をチェック!
↑無料買い目はメール登録で確認できます。エントリーはお早目に!

チャンピオンズカップのコース分析

中京ダート1800mの特徴


直線坂の途中からのスタートで残り1000mまでは上り、そこから3~4コーナーにかけて一気に下りラストの直線の坂へ。高低差が大きいのでスタミナのある馬が有利なコースです。

中京ダート1800m 種牡馬データ


コース適性としてはマンハッタンカフェが優秀ですがクラスが上がるとゴールドアリュール、キングカメハメハ、ネオユニヴァース辺りが安定しています。

また昨年はゴールドドリーム、コパノリッキーが好走しましたが、2016年までのゴールドアリュール産駒はこの2頭が人気を背負って飛んでいたこともありこのレースでは(0-0-0-8)という成績でした。

母父ではミスプロ系、特にマキャヴェリアンの成績が良く今年はインカンテーションが母父マキャヴェリアンです。8歳馬でさすがに厳しいと思いますが大穴なら。

チャンピオンズカップの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-2-330.0%70.0%
2番人気1-0-1-810.0%20.0%
3番人気1-2-1-610.0%40.0%
4番人気1-0-0-910.0%10.0%
5番人気0-2-1-70.0%30.0%
6番人気2-1-0-720.0%30.0%
7-9番人気1-3-2-243.3%20.0%
10-番人気1-0-3-631.5%6.0%

中京での開催になってからは2015年のサンビスタなど荒れることが多く、1~2番人気の成績は(1-2-0-5)。

東海S勝ちのあったコパノリッキーやアスカノロマン、同コースでの勝利経験のあったサウンドトゥルーやナムラビクターなど、コース実績がある馬は人気薄でも注意。

中京で勝ったことがあるのはゴールドドリーム、アスカノロマン、インカンテーションと今年は少なめ。他には2015年のチャンピオンズC2着のノンコノユメくらいまでが中京実績と言える範囲です。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-1-2-40.0%42.9%
2枠1-2-0-512.5%37.5%
3枠0-0-1-70.0%12.5%
4枠1-0-0-712.5%12.5%
5枠2-0-0-625.0%25.0%
6枠0-0-1-70.0%12.5%
7枠0-1-0-70.0%12.5%
8枠0-0-0-70.0%0.0%

中京開催の4年では1~2枠の成績が良く内枠有利です。6枠以降は人気より着順を落としやすく、3着以内に入った2頭は当日3番人気以内でした。

昨年は1番人気のテイエムジンソクが7枠13番から2着に粘りましたが、7枠は過去にコパノリッキー、ホッコータルマエ、ゴールドドリーム、サウンドトゥルーが人気を背負って大敗しており実績があっても過信は禁物。

馬番(偶数・奇数)

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号3-2-3-239.7%25.8%
奇数番号1-2-1-273.2%12.9%

昨年は1~3着まで奇数番号が占めましたが、2014~2016年は偶数番号に入った馬が好走しています。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-1-30.0%25.0%
先行1-2-2-97.1%35.7%
差し1-1-0-214.3%8.7%
追込2-1-1-179.5%19.0%

直線は410mありますがコース自体は先行馬有利な傾向。前走4角5番手以内が(3-3-3-25)と前走で好位につけていた馬が狙い目です。

有力馬ではオメガパフューム、クインズサターン、ゴールドドリーム、サンライズノヴァ、ノンコノユメが前走4角6番手以下でした。

チャンピオンズカップの傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-2-2-180.0%18.2%
4歳3-1-1-298.8%14.7%
5歳4-3-2-3110.0%22.5%
6歳3-3-3-239.4%28.1%
7歳0-1-2-150.0%16.7%
8歳上0-0-0-110.0%0.0%

年齢別では中京・阪神開催で大きな差はなく5~6歳馬の複勝率が高めです。

3歳馬の優勝はジャパンCダート時代の2006年アロンダイトまで遡りますが、近年では2015年のノンコノユメが2着に入っています。

ノンコノユメは当時ユニコーンS、ジャパンダートダービー、武蔵野Sと連勝しており似た戦績のルヴァンスレーヴも割引く必要はなさそうです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-1-1-224.0%12.0%
栗東9-9-9-987.2%21.6%
地方0-0-0-10.0%0.0%
海外0-0-0-60.0%0.0%

所属・騎手共に関西が圧倒。騎手は継続騎乗か外人騎手への乗り替わりの成績が良いのが特徴です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4590-1-0-40.0%20.0%
460-4792-0-1-525.0%37.5%
480-4990-1-0-110.0%8.3%
500-5191-1-1-98.3%25.0%
520-5391-1-1-175.0%15.0%
540~0-0-1-40.0%20.0%

阪神開催時は馬格のある馬が優勢でしたが、中京開催の4年では比較的軽い馬も活躍しています。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増3-3-1-347.3%17.1%
増減無1-1-1-611.1%33.3%
今回減0-0-2-90.0%18.2%

チャンピオンズカップの前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-0-30.0%0.0%
GⅡ0-0-0-00.0%0.0%
GⅢ4-5-4-605.5%17.8%
オープン0-1-1-50.0%28.6%
地方6-4-5-509.2%23.1%

阪神・中京開催でそれほど変わらず、中央GⅢ組か地方重賞組が殆どです。

今年はJBCが京都で行われたためみやこSが休止になりましたが、中京開催時に前走みやこSから馬券に絡んだ3頭は全て4角2番手以内でした。JBC組も4角で好位につけていた馬に要注意。

主な前走

・JBCクラシック(3-4-4-31)
・みやこS(2-3-3-30)
・武蔵野S(2-2-0-25)
・マイルCS南部杯(2-0-0-4)
・JBCレディスクラシック(1-0-0-2)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-0-4-276.1%18.2%
2番人気5-5-2-1518.5%44.4%
3番人気1-0-1-175.3%10.5%
4番人気1-2-1-145.6%22.2%
5番人気1-1-1-126.7%20.0%
6-9番人気0-2-1-230.0%11.5%
10-番人気0-0-0-110.0%0.0%

前走2番人気馬の成績が非常に良く、オメガパフュームルヴァンスレーヴの3歳馬2頭が該当します。

中京開催の4年では前走6番人気以下が(0-0-0-17)でアンジュデジール、センチュリオン、クインズサターンあたりが該当します。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着3-6-4-267.7%33.3%
2着3-1-3-1712.5%29.2%
3着1-2-2-194.2%20.8%
4着1-1-0-136.7%13.3%
5着1-0-0-146.7%6.7%
6-9着1-0-0-195.0%5.0%
10-着0-0-1-180.0%5.3%

阪神・中京開催共通して前走2着以内の複勝率が高めです。インカンテーションウェスタールンドあたりは母父ミスプロ系と血統的には魅力ですが前走内容からすると微妙か。

前走JBCクラシック

・3着以内(2-4-4-15)
・4着以下(1-0-0-16)

今年は京都で行われましたが、JBCは毎年開催地が変わるので3着以内重視という傾向はそのまま使えます。ケイティブレイブ、オメガパフューム、サンライズソアと抑えでノンコノユメまで。

チャンピオンズカップ データ推奨馬



※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© 重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。