JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

ジャパンカップ2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
2018年11月25日(日)
ジャパンカップ(GⅠ)
東京競馬場・芝2400m

3冠馬アーモンドアイがスワーヴリチャード、サトノダイヤモンドなど古馬に挑戦。過去10年分のデータ分析と予想です。

ジャパンカップ 予想オッズと有力馬


※マカヒキは月曜に回避決定

アーモンドアイ 1.8倍

秋華賞は直線一気に突き抜け三冠達成。ジャパンCが最大目標で秋華賞は余裕残しだったため前回以上のデキが期待できます。今年絶好調のルメール騎手が最も強いとコメントしており、古馬相手でも問題なさそうです。

スワーヴリチャード 3.9倍

天皇賞・秋ではスタートで後手を踏み、後方のまま全くレースに参加できず10着大敗。東京芝2400m、叩き2戦目ということからも今回がベストですが、デムーロ騎手がこの秋やや不調なのが不安点。

サトノダイヤモンド 5.8倍

前走京都大賞典で久々の勝利を挙げましたが、アルバートが3着に入るなど面子的にはやや物足りず。ただ2年連続で優勝馬を生んでいるローテで、秋天に比べて消耗度が少なさそうなのはプラスです。

シュヴァルグラン 8.7倍

昨年はキタサンブラック、レイデオロを破り優勝。ローテーションも昨年と同じですが、京都大賞典ではアルバートやレッドジェノヴァにも敗れる0.6秒差の4着。東京変わりはプラスですが年齢的にはマイナス。


秋G1シーズンはここのサイト! 京都大賞典も3連単117万馬券的中!



京都大賞典は11番人気ドレッドノータス◎117万馬券的中!!
回収率は10000%です!点数の少なさがものすごい!シリウスSも44万馬券→回収率4,000%

直近の無料予想も的中の嵐!
9/22阪神12R 12-16 5000円→18600円
9/21大阪スポーツ杯 4-8 5000円→16400円
9/28阪神8R 1-5-6 5000円→28000円

GLORIAのおすすめはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】


菊花賞+3鞍の無料予想を受け取る(無料)
(無料買い目は前日夜22時頃に配信)
↑無料メール登録で前日夜に重賞の買い目が確認できます。返信メール内のURLクリックで登録完了!

ジャパンカップのコース分析

東京芝2400mの特徴


直線の坂を上りきった地点からスタートし、前半1000mは平坦~下り坂となっています。スピード、スタミナ、底力など総合力が問われるコースでレースレベルが上がるほど人気馬が好走しやすい特徴があります。

東京芝2400m 種牡馬データ


ジャパンCではディープ産駒が(3-2-1-13)ですが3勝は全て牝馬。キングカメハメハは実績がありますがそれ以外はサンデー、ロベルト系がほぼ独占しており父ノーザンダンサー系は不振。

ジャングルポケット産駒はトーセンジョーダンやジャガーメイルなど大穴での2~3着があり、ノーブルマーズは東京実績もあるので要注意。

アーモンドアイは血統面では距離不安説がありますが、オークスを2分23秒台で走ったのはこの馬とジェンティルドンナしかいないため問題なさそうです。

ジャパンカップの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-3-2-230.0%80.0%
2番人気1-2-2-510.0%50.0%
3番人気1-1-0-810.0%20.0%
4番人気3-0-0-730.0%30.0%
5番人気1-1-0-810.0%20.0%
6番人気0-1-3-60.0%40.0%
7-9番人気1-2-1-263.3%13.3%
10-番人気0-0-2-800.0%2.4%

1番人気馬の複勝率は80%と高くアーモンドアイには好データ。8番人気以下から馬券に絡んだ4頭中3頭はGⅠ馬で、例外は2008年のスクリーンヒーロー。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠3-2-3-1215.0%40.0%
2枠1-0-2-175.0%15.0%
3枠2-1-2-1510.0%25.0%
4枠1-0-0-195.0%5.0%
5枠0-3-0-170.0%15.0%
6枠0-1-0-180.0%5.3%
7枠1-0-2-224.0%12.0%
8枠2-3-1-227.1%21.4%

1枠の成績が良く、特に1枠+5番人気以内が(3-2-1-2)複勝率75%と非常に優秀です。

馬番(偶数・奇数)

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号4-6-4-694.8%16.9%
奇数番号6-4-6-736.7%18.0%

馬番では1番が(2-1-2-5)で4年連続で3着以内。優勝馬は1~7番から7頭、15~16番から3頭となっており今年はフルゲート割れなので7番より内に入った馬が狙い目です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-1-810.0%20.0%
先行3-1-3-288.6%20.0%
差し6-6-4-637.6%20.3%
追込0-2-2-420.0%8.7%
マクリ0-1-0-10.0%50.0%

逃げ馬が馬券に絡んだのは昨年、一昨年のキタサンブラックで全体的には差し馬が優勢です。

前走4角4番手以内

・2番人気以内(2-1-2-2)
・3番人気以下(0-0-0-21)

前走先行していた馬は当日2番人気以内なら買い、3番人気以下なら消しです。有力馬ではキセキ、サトノダイヤモンド、シュヴァルグランあたりが前走4角4番手以内でした。

ただし圧倒的な人気になりそうなアーモンドアイが中団でマークが厳しくなりそうなので、一発あるとしたら緑風Sを2分22秒9で逃げ切ったウインテンダネスなど前で競馬ができるタイプか。

ジャパンカップの傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳2-3-2-217.1%25.0%
4歳5-3-2-4010.0%20.0%
5歳3-4-4-366.4%23.4%
6歳0-0-0-240.0%0.0%
7歳0-0-2-120.0%14.3%
8歳上0-0-0-90.0%0.0%

6歳で優勝したのは2003年のタップダンスシチー、その前は1989年のホーリックスまで遡ります。6歳以上は割引きで買うとしても3着まで。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-1-2-332.7%10.8%
栗東9-9-8-669.8%28.3%
地方0-0-0-20.0%0.0%
海外0-0-0-410.0%0.0%

関西馬が圧倒的に強く、関東馬や海外所属馬は割引き。関東馬の1番人気は過去10年ではありませんが、昨年のレイデオロは2番人気で2着に入りました。

海外馬はカプリサンダリングブルーの2頭。実績はカプリですがガリレオ産駒らしく重い芝の方が合っていそうです。

生産者データ

・ノーザンファーム(6-5-4-29)

ノーザンファーム生産馬が本気で獲りにくるレースです。日本馬でノーザンF以外の生産なのはウインテンダネス、ガンコ、キセキ、ノーブルマーズ、ハッピーグリン、サウンズオブアース

騎手データ

・関東(0-1-1-45)
・関西(7-6-6-45)
・海外(3-3-3-51)

騎手は関西騎手の継続騎乗か、海外騎手への乗り替わりが狙い目です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4390-1-0-80.0%11.1%
440-4591-1-0-155.9%11.8%
460-4795-2-1-1720.0%32.0%
480-4993-4-5-554.5%17.9%
500-5190-2-3-330.0%13.2%
520-5391-0-0-137.1%7.1%
540~0-0-1-10.0%50.0%

520kg以上で馬券に絡んだのは2回ともキタサンブラック。460~499kgに好走馬が多くサトノダイヤモンド、スワーヴリチャードはデータ的には2~3着か。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増4-4-3-437.4%20.4%
増減無1-2-2-213.8%19.2%
今回減5-2-4-3311.4%25.0%

ジャパンカップの前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ7-6-8-618.5%25.6%
GⅡ3-2-1-279.1%18.2%
GⅢ以下0-0-0-80.0%0.0%
海外0-2-1-460.0%6.1%

前走は天皇賞・秋からのローテーションが多く、馬券にもよく絡んでいます。近年注目は京都大賞典でキタサンブラックやシュヴァルグランがここから優勝しています。

主な前走

・天皇賞・秋(5-5-7-48)
・京都大賞典(2-1-0-12)
・アルゼンチン共和国杯(1-0-1-11)
・秋華賞(1-0-1-2)
・菊花賞(1-0-0-7)
・凱旋門賞(0-2-1-9)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気7-2-3-1625.0%42.9%
2番人気0-0-3-90.0%25.0%
3番人気1-4-0-87.7%38.5%
4番人気1-0-0-910.0%10.0%
5番人気1-0-1-711.1%11.1%
6-9番人気0-2-1-210.0%12.5%
10-番人気0-0-1-260.0%3.7%

前走1番人気が7勝を挙げており、天皇賞・秋で1番人気だった馬が(3-1-3-2)となっています。前走天皇賞・秋で6番人気以下だった場合は(0-2-2-33)と1着がありません。

毎日王冠、天皇賞・秋で3着に好走したキセキは今回人気しそうですが、データ的には2~3着か。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着3-3-6-267.9%31.6%
2着2-1-0-257.1%10.7%
3着2-1-1-620.0%40.0%
4着2-2-0-1113.3%26.7%
5着0-1-0-130.0%0.0%
6-9着1-1-2-342.6%10.5%
10-着0-1-1-270.0%6.9%

2014年のエピファネイアが前走天皇賞・秋6着から優勝していますが、前走7着以下からの優勝はなし。アーモンドアイ対抗1番手のスワーヴリチャードは前走10着でしたが、直線半ばで前との差があったため、最後まで一杯には追われていません。

ジャパンカップ データ推奨馬



※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© 重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。