JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

JBCレディスクラシック2018予想|京都ダート1800mの傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

2018年11月4日(日)
JBCレディスクラシック(GⅠ)
京都競馬場・ダート1800m

地方競馬は普段記事にしていませんが、今年は京都競馬場で開催されるということでコースデータを中心に分析してみます。参考程度に見てやって頂ければ幸いです。

JBCレディスクラシック 予想オッズと有力馬

ラビットラン(デムーロ)

予想オッズ:2.5倍
父:Tapit
前走:ブリーダーズGC/3番人気1着

プリンシアコメータ(武豊)

予想オッズ:3.7倍
父:スパイキュール
前走:レディスプレリュード/2番人気1着

クイーンマンボ(岩田)

予想オッズ:4.3倍
父:マンハッタンカフェ
前走:レディスプレリュード/1番人気7着

フォンターナリーリ(Cデムーロ)

予想オッズ:8.6倍
父:クロフネ
前走:ブリーダーズGC/2番人気4着

アンジュデジール(横山典)

予想オッズ:10.9倍
父:ディープインパクト
前走:レディスプレリュード/3番人気4着



平均配当高めの過去三年愛知杯。3連単12万、12万、34万など高配当レース。
ここに照準を絞ってるのが馬券師軍団JHA。
先週も点数少なめが売りのこの軍団はほぼ8~9点で平場から的中。
日経新春杯3連単9点52,650円&フェアリーS3連単8点383,180円
シンザン記念3連単9点&中山金杯3連単12点から続いて今年も絶好調。



26日(土)は配当重視の愛知杯。会員さん儲かるはず。これが無料提供レース。
27日(日)はシルクロードか根岸ステークスどちらか週末お楽しみ。

J・H・A馬券師集団の有料級週末重賞厳選買い目は無料で見れます。
愛知杯の買い目を無料で見る!
確認メールきたらクリックしてログイン!

JBCレディスクラシックのコース分析

京都ダート1800mの特徴


スタンド前からスタートしコーナーまでの距離は約290m。内枠の先行馬が有利なコースです。直線に坂がなく3コーナーからの下りで加速できるため、速い時計が出易く若い馬が好走しやすいのが特徴です。

上の関連記事では全クラス合計のデータを分析していますが、今回はGⅠということで

2013年1月1日以降
1600万下以上
別定戦、定量戦(ハンデ戦は除く)

というルールで集計してみました。

みやこSや観月橋Sなど対象になったのは34レース。あくまで「JBCレディスクラシックの参考になりそうな、京都ダート1800mのデータ」なのでご注意ください。

京都ダート1800m 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気6-12-5-1117.6%67.6%
2番人気9-4-4-1726.5%50.0%
3番人気5-6-4-1914.7%44.1%
4番人気7-1-6-1921.2%42.4%
5番人気1-3-5-252.9%26.5%
6番人気1-3-2-282.9%17.6%
7-9番人気2-4-4-922.0%9.8%
10-番人気3-1-4-1412.0%5.4%

1番人気の複勝率は67.6%と信頼できますが勝率は低め。2~4番人気馬がほぼ横並びですが5番人気以下になると勝率は大きく落ちます。今回はオッズも割れそうですが軸や馬単・三連単の頭は4番人気以内が無難。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠6-2-2-3712.8%21.3%
2枠7-4-1-3714.3%24.5%
3枠5-5-6-369.6%30.8%
4枠2-6-4-433.6%21.8%
5枠1-5-9-411.8%26.8%
6枠5-3-3-508.2%18.0%
7枠4-4-4-556.0%17.9%
8枠4-5-5-536.0%20.9%

JBCクラシックが行われるダート1900mより最初のコーナーまでの距離が100m短いコースのため、全体的に内寄りの枠が有利。回収値を含めると2~3枠が優秀です。

馬番(偶数・奇数)

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号19-21-18-1658.5%26.0%
奇数番号15-13-16-1876.5%19.0%

馬番では2番が(7-4-1-22)複勝率35.3%で、2~4番は回収値も高めです。外寄りでは9~11番の成績が良く、10番の成績が(2-6-4-21)複勝率36.4%となっています。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ6-2-1-2716.7%25.0%
先行17-21-12-7114.0%41.3%
差し8-5-13-1205.5%17.8%
追込2-5-8-1291.4%10.4%
マクリ1-1-0-514.3%28.6%

逃げ・先行馬が有利なコースです。特に1~3枠の先行馬は回収値が非常に高く人気薄でも注意が必要。直線は329mと長くはないため差し・追い込み馬は2~3着が多めです。

京都ダート1800m 傾向データ②

馬齢データ

※3歳限定の鳳雛S、昇竜Sは除く

馬齢着度数勝率複勝率
3歳2-4-0-1310.5%31.6%
4歳12-9-8-7311.8%28.4%
5歳12-12-13-939.2%28.5%
6歳2-3-5-762.3%11.6%
7歳0-0-2-360.0%5.3%
8歳上0-0-0-140.0%0.0%

3~5歳まではほぼ変わらず、6歳になると大きく成績を落としています。有力馬はほぼ4~5歳に固まっているので年齢は特に気にしなくても良さそうです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-7-4-455.1%23.7%
栗東31-27-30-3067.9%22.3%
地方0-0-0-10.0%0.0%

関東馬の出走は多くありませんが率ではほぼ変わりません。京都ダートではフォンターナリーリが(3-1-2-0)と複勝率100%で5月の東大路S(1600万)も完勝しています。それ以外ではアイアンテーラーアンデスクイーンが共に(2-1-0-4)でこのコースでは1600万勝ちの実績あり。

クイーンマンボは京都ダートは1回しか経験がありませんが、その1回が5月の平安Sで牡馬に混じっての2着なので京都適性はありそうです。プリンシアコメータもこの平安Sが唯一の京都経験ですが11着と大敗しているため、中央実績で言えばやはりクイーンマンボが優勢。

また今回の対象22レースでは浜中騎手が(3-3-4-6)複勝率62.5%で断トツの成績。武豊騎手(1-2-0-5)、ルメール騎手(2-1-0-6)、デムーロ騎手(2-0-0-3)は成績ではそれほど差はありません。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4391-1-0-320.0%40.0%
440-4592-1-1-218.0%16.0%
460-4795-6-4-478.1%24.2%
480-49916-12-11-11910.1%24.7%
500-5196-8-11-746.1%25.3%
520-5393-5-6-643.8%17.9%
540~1-1-1-243.7%11.1%

牡馬含めてのデータになりますがそれほど馬格による差はありません。今回は極端な軽量馬も重量馬はいないため、馬体重は気にしなくて良さそうです。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増20-15-12-1798.8%20.8%
増減無3-8-10-643.5%24.7%
今回減11-11-12-1097.7%23.8%

京都ダート1800m 傾向データ③

種牡馬データ


全クラス合計ではキングカメハメハが全体的に優秀な成績ですが今年は父キングカメハメハは不在。またディープインパクト産駒はダートではレパードSのボレアスしか重賞勝ちが無く、オープンクラスの勝利もその1勝のみとなっています。アンジュデジール、カワキタエンカがディープ産駒ですが、牝馬限定戦なら一発あるか。

今回集計した34レース

・クロフネ(4-4-1-13)
・アグネスデジタル(4-3-0-14)
・キングカメハメハ(3-2-8-34)
・ゴールドアリュール(3-1-0-29)
・ロージズインメイ(2-0-1-9)
・ネオユニヴァース(1-2-2-12)
・シニスターミニスター(1-2-2-6)

クロフネ産駒の成績が非常に良いのが特徴。今年の登録馬ではフォンターナリーリのみ父クロフネです。

また人気が予想されるラビットランの父タピットはダートでは1400~1700mの成績が良く、ラビットランも3歳5月の京都ダート1800mでは1番人気で6着に敗れています。また競馬場別でも東京・阪神は得意としていますが京都では2~3着が多いのも特徴です。

系統別

クロフネを除くとサンデー・ロベルト系とノーザンダンサー系は同じくらいの成績です。ミスプロ系はアグネスデジタルとキングカメハメハを除くとやや低調。

母父データ


特に目立っているのが母父ラーイやエーピーインディなどのナスルーラ系ですが今年の登録馬では該当無し。

今回集計した34レース

・サンデーサイレンス(5-4-6-35)
・タバスコキャット(2-1-0-8)
・フォーティナイナー(2-1-0-6)
・ブライアンズタイム(2-0-1-10)
・クロフネ(2-0-0-3)
・ジョリーズヘイロー(1-1-0-5)
・エリシオ(1-1-0-7)
・デピュティミニスター(1-0-3-1)

母父サンデーサイレンスは出走数は多いですがそこそこ堅実。ヤマニンアンプリメが該当しますが主に1200~1400mで使われている馬なので1800mへの距離延長は厳しいか。

系統別

系統別で成績には大きな差はありませんが、回収値ではサンデー系・ロベルト系が高めです。クイーンマンボが母父シンボリクリスエスでロベルト系。父はロージズインメイですが、鳳雛Sを10番人気で勝ったローズプリンスダムも母父シンボリクリスエスでした。

AJCC3連単的中!注目の新サイト


AJCC(16点200円)で3連単的中!494,200円
1着シャケトラ7人気,2着フィエールマン1人気,3着メートルダール5人気
これを16点で的中させる新サイト””TAZUNA””今後要チェックかもです。



根岸ステークスの買い目を無料で見る!

JBCレディスクラシック データ推奨馬



※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.