JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

JBCスプリント2018予想|京都ダート1200mの傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

2018年11月4日(日)
JBCスプリント(GⅠ)
京都競馬場・ダート1200m

地方競馬は普段記事にしていませんが、今年は京都競馬場で開催されるということでコースデータを中心に分析してみます。参考程度に見てやって頂ければ幸いです。

JBCスプリント 予想オッズと有力馬

マテラスカイ(武豊)

予想オッズ:2.3倍
父:Speightstown
前走:東京盃/1番人気4着

キタサンミカヅキ(森)

予想オッズ:4.4倍
父:キングヘイロー
前走:東京盃/2番人気1着

レッツゴードンキ(岩田)

予想オッズ:5.2倍
父:キングカメハメハ
前走:スプリンターズS/4番人気5着

グレイスフルリープ(ルメール)

予想オッズ:7.1倍
父:ゴールドアリュール
前走:東京盃/4番人気3着

モーニン(Cデムーロ)

予想オッズ:9.7倍
父:ヘニーヒューズ
前走:コリアスプリント/1番人気1着

北九州記念、札幌記念3連単ダブル的中!

先週の北九州記念(G3)週も炸裂!的中実績をご紹介します!驚愕です…

北九州記念3連単16-5-11 117,900×500=589,500円獲得!
1着ダイメイプリンセス9人気大的中◎!
この穴配当を20点で的中も凄すぎます!そしてまたもやGプレミオ…さすがとしかいいようなし!



◎夏の重賞は絶好調!毎週点数を絞って高額配当Get!
エルムS/24点で3連単42万9000円的中!
レパードS/32点で3連単55万8080円的中!
小倉記念/16点で3連単18万6600円的中!
クイーンS/15点で3連単19万7900円的中!
アイビスSD/10点で3連単27万1000円的中!
函館2歳S/12点で3連単44万1420円的中!
七夕賞/16点で3連単68万9160円的中!
函館記念/9点で3連単52万1400円的中!
CBC賞/10点で3連単13万400円的中!
ラジオNIKKEI賞/30点で3連単56万8560円的中!

そんな新星予想さんのおすすめはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】


今週は「キーンランドC(G3)」を無料予想!毎週の無料予想も絶対に見た方が良いです! もちろん毎週のように重賞的中のGプレミオも注目です!!

キーンランドC(G3)の無料予想を受け取る(無料)
(無料買い目は前日夜22時頃に配信)
↑無料メール登録で前日夜に重賞の買い目が確認できます。返信メール内のURLクリックで登録完了!

JBCクラシックのコース分析

京都ダート1200mの特徴


向こう正面の入り口あたりからのスタートになり、200m程走ったあたりから上り坂になります。3コーナーの下り坂でスピードに乗りやすく、直線も平坦なので逃げ・先行馬が有利なコースです。どちらかと言えば内枠より外枠の方が好走しやすい傾向があります。

上の関連記事では全クラス合計のデータを分析していますが、今回はGⅠということで

2013年1月1日以降
1600万下以上
別定戦、定量戦(ハンデ戦は除く)

というルールで集計してみました。

天王山SやオータムリーフSなど対象になったのは31レース。あくまで「JBCスプリントの参考になりそうな、京都ダート1200mのデータ」なのでご注意ください。

京都ダート1200m 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気11-8-3-935.5%71.0%
2番人気3-6-1-2010.0%33.3%
3番人気6-3-3-1919.4%38.7%
4番人気2-3-3-236.5%25.8%
5番人気1-1-3-263.2%16.1%
6番人気1-2-6-223.2%29.0%
7-9番人気4-5-8-764.3%18.3%
10-番人気3-3-4-1641.7%5.7%

1600万以上に絞っても1番人気の成績は勝率35.5%、複勝率71.0%と優秀です。複勝率では7番人気までと8番人気以下では大きく差がありますが、スプリント戦だけに時々大穴が激走することもあります。

10番人気以下の大穴ならフレンチデピュティなど米国型のノーザンダンサー系がお勧めです。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-1-3-440.0%8.3%
2枠4-5-4-397.7%25.0%
3枠4-1-7-427.4%22.2%
4枠4-2-3-477.1%16.1%
5枠4-6-1-476.9%19.0%
6枠3-4-6-475.0%21.7%
7枠6-7-5-449.7%29.0%
8枠6-5-2-499.7%21.0%

芝スタートという訳ではありませんが、最内の1枠が呪いかと思うくらい酷い成績です。成績では7枠が全体的に優秀ですが、人気より好走しやすいのは4~6枠となっています。

馬番(偶数・奇数)

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号13-13-11-1845.9%16.7%
奇数番号18-18-20-1757.8%24.2%

やや奇数番号が優勢。全体的に外寄りの成績が良く9~12番あたりの複勝率が高めです。内寄りでは3番がこれに近い数値。1枠1番は(0-0-3-28)と2着以内が無く、他には6番も(0-1-1-29)と不調。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ4-1-2-2412.9%22.6%
先行12-13-11-6811.5%34.6%
差し12-10-8-1476.8%16.9%
追込3-7-10-1202.1%14.3%

逃げ切るのは難しく先行馬が安定していますが、なぜか牝馬の逃げ馬は成績が良く(2-1-2-7)複勝率41.7%。対して牡馬の逃げ馬は(2-0-0-17)で複勝率10.5%。マテラスカイにとってはやや気になるデータです。

牝馬はナックビーナスレッツゴードンキの2頭、逃げるとしたらナックビーナスですが昨年の東京盃でも大敗しているのでさすがに厳しいか。レッツゴードンキは今年のフェブラリーS5着、昨年のJBCレディスクラシック2着と勝ちこそありませんがダート実績○。

京都ダート1200m 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳5-0-0-1229.4%29.4%
4歳10-10-8-5811.6%32.6%
5歳11-13-11-1167.3%23.2%
6歳3-4-7-1042.5%11.9%
7歳2-4-2-424.0%16.0%
8歳上0-0-3-270.0%10.0%

若い馬が中心で3~5歳が優勢です。キタサンミカヅキは地方移籍後は安定していますが、その前は中央のオープンクラスで頭打ちの成績。8歳という年齢を考えても上積みがあるとは考えづらいです。

グレイスフルリープも地方では重賞クラスですが中央では10着前後を繰り返していました。ルメール騎手騎乗となれば混戦模様なだけに馬券的には面白そうです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦6-5-7-865.8%17.3%
栗東25-26-24-2737.2%21.6%

関西馬の方がやや優勢ですが、回収値では関東馬の方が上。セイウンコウセイ、ナックビーナス、ノボバカラの3頭が関東馬ですが芝馬2頭に迷走中1頭と買い要素に乏しそうなメンツです。

関西馬ではコウエイエンブレムが京都ダートで(3-8-1-2)複勝率86%と断トツですが今年は精彩を欠いているのが気がかり。他にはスマートアヴァロンが(4-2-3-2)で複勝率82%とこの2頭が京都実績では抜けています。

また今回の対象31レースでは岩田騎手が(5-5-0-6)で複勝率62.5%。和田騎手が(3-3-3-12)、浜中騎手が(2-2-3-9)で複勝率40%台となっています。武豊騎手は(0-4-1-9)で1着無し。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4390-0-0-30.0%0.0%
440-4591-3-3-342.4%17.1%
460-4796-8-2-736.7%18.0%
480-4995-6-12-934.3%19.8%
500-51910-10-9-1067.4%21.5%
520-5396-4-4-3113.3%31.1%
540~3-0-1-1913.0%17.4%

馬体重は重ければ重い方が成績が良く、520kg台は複勝率30%台と大きく上がります。前走馬体重ではキタサンミカヅキ、グレイスフルリープ、コウエイエンブレム、サクセスエナジー、ナックビーナス、マテラスカイ、モーニンの8頭が該当します。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増17-13-13-1757.8%19.7%
増減無5-7-6-497.5%26.9%
今回減9-11-12-1355.4%19.2%

京都ダート1200m 傾向データ③

種牡馬データ


全クラス合計のデータではクロフネやゴールドアリュール、キングカメハメハあたりの成績が良くサウスヴィグラスは勝率・連対率がやや低めです。

今回集計した31レース

・シニスターミニスター(3-2-1-3)
・フォーティナイナーズサン(2-0-1-1)
・ヨハネスブルグ(2-0-1-2)
・マイネルラヴ(2-0-0-6)
・サウスヴィグラス(1-6-1-40)
・キンシャサノキセキ(1-1-2-6)

シニスターミニスター産駒が抜群の成績を残しています。10/20の室町Sはハンデ戦のため集計外ですが、このレースではそれぞれ重いハンデを背負った58kgのキングズガードが4着、57.5kgのコウエイエンブレムが9着でした。中1週は微妙ですが一発の可能性を秘めている2頭です。

またスマートアヴァロンの父サウスヴィグラスの2着数が目立ちます。現在は除外候補になっていますが今年の室町S、天王山Sで3着に入るなどオープンクラスでは安定しているだけに魅力的な存在です。

系統別

出走数や勝利数が多いのはミスプロ系ですが、複勝率や回収値ではノーザンダンサー系の方が高めです。

母父データ


数で言えばサンデー系やブライアンズタイムですが、率ではミスプロ系が優勢です。サンデー系ではラブバレットの母父バブルガムフェローが複勝率34.2%と高く、また父もフレンチデピュティの仔ノボジャックと血統だけ見れば魅力的です。

今回集計した31レース

・エイシンサンディ(2-0-1-2)
・シンボリクリスエス(2-0-1-3)
・アフリート(2-0-0-6)
・チーフベアハート(2-0-0-3)
・Silver Deputy(2-0-0-4)
・サンデーサイレンス(1-3-0-19)
・フジキセキ(1-2-2-13)

系統別

系統ではナスルーラ系が3着はあるものの1~2着が少ないのが気になります。それ以外の系統は大きな差はありません。

マテラスカイは母父ラーイ、キタサンミカヅキは母父サクラバクシンオーと共にナスルーラ系。マテラスカイはハンデ戦ですが今年2月の橿原Sを5馬身差で逃げ切っているためコース適性は問題なさそうです。

キタサンミカヅキは京都ダートでは(0-0-1-3)と相性は決してよくありません。

JBCスプリント データ推奨馬



※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.