JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

菊花賞2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

2018年10月21日(日)
菊花賞(GⅠ)
京都競馬場・芝3000m

皐月賞馬エポカドーロが神戸新聞杯で4着に敗れ、混戦模様となった三冠最終戦の菊花賞。
過去10年のデータを分析していきます。

大混戦の菊花賞も指数で的中!


今週の無料提供レースは「菊花賞」です。
登録後、運営者北条氏のブログでレース当日に指数を公開します。

的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6Rまでは無料で指数公開
有料プランは月額1980円で全レース公開!

まずは無料指数を見に行く!

菊花賞 予想オッズと有力馬

馬名騎手オッズ
エポカドーロ戸崎3.3
ブラストワンピース池添3.7
エタリオウデムーロ4.5
ジェネラーレウーノ田辺7.4
メイショウテッコン松山9.5
グロンディオーズモレイラ12.2
エポカドーロ

父:オルフェーヴル
神戸新聞杯は出遅れから自分の競馬ができず4着に敗れましたが、皐月賞・ダービー共に掲示板に乗ったのはこの馬だけと実績はNo.1。またダービーはディープ産駒も走る馬場なので距離はこなせましたが、母ダイワパッションという血統は不安です。

ブラストワンピース

父:ハービンジャー
前走は古馬相手の新潟記念を完勝。春から高い評価を得ていましたが、トライアルを使わないローテーションと関東馬という不利なデータを覆せるか。

エタリオウ

父:ステイゴールド
ダービーでは完全な伏兵でしたが神戸新聞杯でも2着に入り、いつの間にか人気の一角に。長距離に強い友道厩舎と血統面での信頼度は高そうです。

ジェネラーレウーノ

父:スクリーンヒーロー
皐月賞3着でダービー大敗、セントライト記念優勝という戦績はキタサンブラックと非常に似ています。関東馬で初の関西遠征になりますが前で粘れるタイプなのは魅力。

9月29日 中山1R 2歳未勝利

【インフィニティ】三連単・軸1頭マルチ
10 → 01、04、14
点数:18点 推奨:1,000円
投資合計:18,000円 → 2,165,800円

⇒この3頭を選べる秘密は?


スプリンターズSも三連複65,370円的中!
的中率の高い無料情報「贈」をまずは試してみて下さい♪

⇒今すぐサイトを見に行く!

菊花賞のコース分析

京都芝3000mの特徴


最初のコーナーまでの距離が短いため内枠で脚を溜めた馬が有利ですが、近年はスタミナに加え直線の瞬発力も求められます。

京都芝3000m 種牡馬データ


ディープ産駒で優勝したのは2016年1番人気のサトノダイヤモンドのみ。実質的に今年の3歳世代がラストクロップとなるステイゴールド産駒はエタリオウ、アフリカンゴールドなど5頭が登録しています。

母父ではサンデー系、ロベルト系、ノーザンダンサー系が中心でミスプロ系はやや不振です。

菊花賞の傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気6-1-1-260.0%80.0%
2番人気0-2-0-80.0%20.0%
3番人気1-0-2-710.0%30.0%
4番人気0-1-0-90.0%10.0%
5番人気1-2-0-710.0%30.0%
6番人気0-0-2-80.0%20.0%
7-9番人気2-2-3-236.7%23.3%
10-番人気0-2-2-860.0%4.4%

1番人気馬の複勝率は80%と高い反面2番人気以下は混戦。昨年は不良馬場の影響もあり10番人気以下から2頭馬券に絡みましたが、良馬場なら2桁人気馬は苦戦しています。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠3-1-1-1515.0%25.0%
2枠3-3-0-1415.0%30.0%
3枠1-0-1-185.0%10.0%
4枠0-0-0-200.0%0.0%
5枠0-1-2-170.0%15.0%
6枠0-2-2-160.0%20.0%
7枠3-2-3-2210.0%26.7%
8枠0-1-1-280.0%6.7%

長距離戦のためロスなく走れる内枠が有利ですが、6~7枠も好走しています。

特に福永騎手は6枠から3回馬券に絡んでいる他、6~8枠から馬券に絡んでいるのは関西騎手か外国人騎手。唯一の例外は2008年1番人気で1着のオウケンブルースリ(内田騎手)。

関東騎手は1~2枠が(2-2-1-9)で複勝率35.7%、3枠以降は(1-0-1-33)で複勝率5.7%と大きな差があります。エポカドーロ、ジェネラーレウーノは枠順が鍵になりそうです。

馬番

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号5-5-5-755.6%16.7%
奇数番号5-5-5-755.6%16.7%

馬番では1~4番、10~14番の2つのグループに好走馬が固まっており、1番と14番が(2-1-1-6)複勝率40%でトップの成績です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-1-130.0%7.1%
先行6-4-4-2316.2%37.8%
差し3-4-5-663.8%15.4%
追込0-2-0-470.0%4.1%
マクリ1-0-0-150.0%50.0%

直線は約400mありますが後ろからは届きづらく、4角10番手以内が(10-7-10-79)となっています。10番手以下からの追い込みは近年では2016年2着のレインボーラインのみ。

前走上がり3F

・1位(6-3-1-27)
・2位(2-4-3-20)
・3位以下(2-3-4-102)

前走で上がり3Fが2位以内だった馬が優勢です。神戸新聞杯組はエタリオウ、セントライト記念組はグレイルオウケンムーンが該当します。

菊花賞の傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
~5戦0-0-0-60.0%0.0%
6戦4-2-0-1321.1%31.6%
7戦2-1-4-217.1%25.0%
8戦1-4-4-322.4%22.0%
9戦2-2-0-335.4%10.8%
10戦~1-1-2-452.0%8.2%

キャリア6~8戦が馬券になる確率は高めです。ブラストワンピースフィエールマンあたりはキャリア5戦以下ですが、過去の該当馬は人気薄が多かったのでそこまで気にする必要はなさそうです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦0-0-1-440.0%2.2%
栗東10-10-9-1067.4%21.5%

過去10年で関東馬で馬券になったのは2014年7番人気のゴールドアクターただ1頭。ブラストワンピース、ジェネラーレウーノなど7頭が関東馬です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4390-0-2-50.0%28.6%
440-4591-1-0-175.3%10.5%
460-4791-1-3-452.0%10.0%
480-4996-6-2-539.0%17.9%
500-5191-2-3-213.7%22.2%
520~1-0-0-910.0%10.0%

480~499kgから優勝馬が多く生まれており、ある程度馬格のある馬が優勢です。ただしステイゴールド産駒はオルフェーヴルやドリームジャーニー、レインボーラインなど軽めでも問題ありません。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増6-7-3-846.0%16.0%
増減無1-0-3-223.8%15.4%
今回減3-3-4-445.6%18.5%

菊花賞の前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-0-10.0%0.0%
GⅡ9-10-6-977.4%20.5%
GⅢ0-0-0-40.0%0.0%
オープン0-0-0-20.0%0.0%
1600万0-0-0-70.0%0.0%
1000万1-0-4-362.4%12.2%
500万0-0-0-20.0%0.0%

神戸新聞杯組が断然有利。所属データでも触れましたが関西馬が断然有利なレースで、セントライト記念から馬券になった5頭も全て関西馬です。

前走1000万下であれば2200m以上のレースから。条件戦組ではアフリカンゴールド、ユーキャンスマイルの2頭が穴候補か。また前走新潟は昨年のポポカテペトルが日本海S(1600万下)1着から菊花賞3着に入っています。

主な前走

・神戸新聞杯(8-6-5-51)
・セントライト記念(1-3-1-45)
・野分特別(1-0-0-2)
・札幌記念(0-1-0-1)
・兵庫特別(0-0-2-6)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-1-2-2612.1%21.2%
2番人気2-3-2-207.4%25.9%
3番人気1-0-2-184.8%14.3%
4番人気0-2-0-210.0%8.7%
5番人気1-0-2-136.3%18.8%
6-9番人気2-2-2-384.5%9.1%
10-番人気0-2-0-140.0%12.5%

前走神戸新聞杯

・1~2番人気(6-4-1-6)
・3番人気以下(2-2-4-45)

神戸新聞杯で2番人気以内だった馬の複勝率は64.7%。今年はエポカドーロが該当します。

前走セントライト記念

・1~2番人気(0-0-0-16)
・3番人気以下(1-3-1-29)

反対にセントライト記念組は2番人気以内だった馬が一度も馬券に絡んでいませんが、今年は不在。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着6-1-5-4310.9%21.8%
2着1-4-1-174.3%26.1%
3着3-3-1-1315.0%35.0%
4着0-0-1-130.0%7.1%
5着0-0-1-110.0%8.3%
6-9着0-1-1-330.0%5.7%
10-着0-1-0-200.0%4.8%

重賞・条件戦問わず前走3着以内が菊花賞馬の条件です。条件戦組は2着以下も馬券になっていないので消し。前走神戸新聞杯4着のエポカドーロには厳しいデータで、勝てば2003年のザッツザプレンティ以来となります。

過去10年では前走4着以下から5頭が馬券になっていますが、そのうち4頭は神戸新聞杯組。残りの1頭は昨年のクリンチャーでセントライト記念9着でした。

前走神戸新聞杯

・負け0.5秒差以内(4-4-2-9)
・負け0.6秒差以上(0-1-2-40)

0.5秒差以内はエタリオウ、メイショウテッコン、エポカドーロの3頭です。今年は神戸新聞杯の優勝馬ワグネリアンがいないため、神戸新聞杯組ならエタリオウかメイショウテッコンが優勝候補でしょうか。

無料買い目企画「俺の無料」

下位人気馬をうまく組み込む
点数少なめな3連系の特注情報が満載!

無料メルマガ購読はこちら

菊花賞 データ推奨馬

※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

有料予想を管理人が自腹で検証!

有料サイトの検証を行なっているので
色んな有料予想を無料で見れちゃいます

無料メルマガ購読はこちら

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
▼応援よろしくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
   

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.