JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

秋華賞2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

2018年10月14日(日)
秋華賞(GⅠ)
京都競馬場・芝2000m

二冠馬アーモンドアイが平成最後の三冠を達成するか、ラッキーライラックが最後の一冠を手に入れるか。一騎討ちムードが高まる牝馬クラシック最終戦・秋華賞を過去10年のデータから分析していきます。

秋華賞 予想オッズと有力馬

馬名騎手オッズ
アーモンドアイルメール1.4
ラッキーライラック北村友4.1
カンタービレ武豊7.4
サラキア池添10.6
プリモシーン北村宏15.4
ミッキーチャーム川田18.7
アーモンドアイ

父:ロードカナロア
桜花賞では直線最後方から鞭を入れずに上がり33.2秒の末脚でレコード勝ち。オークスは好位から弾むように抜け出し距離不安説を嘲笑うかのような完勝。調教も抜群の模様ですが、不安点を探すとすればジャパンC狙いで秋華賞を通過点とするローテと直線の短い京都内回り。

ラッキーライラック

父:オルフェーヴル
例年ならクラシックを1つは獲れているはずですが、相手が悪すぎました。スタートの良さや好位で立ち回れる競馬の上手さがありますが、球節の腫れでローズSを回避。石橋騎手が負傷で北村友騎手に乗り替わるなど今回は試練が重なります。

カンタービレ

父:ディープインパクト
ディープ産駒筆頭でフラワーC、ローズSの重賞2勝。鞍上は4000勝を達成した武豊騎手ですがオークスの大敗、3勝が全て1800mで根幹距離で勝っていないあたりがクラシック候補としてはややイレギュラーな感もあります。

サラキア

父:ディープインパクト
春からキャリア1戦でチューリップ賞で4着に入るなど素質の片鱗を見せていましたが、夏場に力をつけローズSで2着に入り優先出走権を獲得。モレイラ騎手が騎乗停止のため、前走に引き続き池添騎手が騎乗します。

プリモシーン

父:ディープインパクト
関屋記念では51kgの軽ハンデも活かし、3歳牝馬ながら1.31.6の好タイムで優勝。終いのキレは良いものを持っていますが、マイルCSに向けての京都を試す意味合いも強いのではないかと思います。京都は合うかもしれませんがメイチではなさそう。



ー重賞2019ー
クイーンカップ/3連複10点9,100円
京都記念/3連単6点153,540円
根岸ステークス/3連単8点113,580円
愛知杯/3連複10点45,050円
日経新春杯/3連単9点52,650円
フェアリーS/3連単8点383,180円
シンザン記念/3連単9点677,400円
中山金杯/3連単12点865,480円
毎週6~15点内で重賞を的中させてくるのでちょっと見逃せませんね!


真ん中の緑色の無料情報を毎週末チェックしてみてください。
馬券師合同プランという2人の英知を詰め込んだ馬券も気になるところです。

中山記念買い目公開(無料)
メール送ると確認メールくるのでクリックしてログインしてみてください。

秋華賞のコース分析

京都芝2000mの特徴


1800mと2200mは外回りコースを使用しますが、京都芝2000mは内回りコースを使用するため直線も328mと短めです。ただ秋華賞では圧倒的に差し馬が強いのが特徴です。・

京都芝2000m 種牡馬データ


コース全体ではディープインパクト、ハービンジャー、ルーラーシップの勝率が高めですが秋華賞ではディープインパクト産駒が4勝を挙げています。

ロードカナロア産駒は京都はあまり得意ではありませんが、アーモンドアイはシンザン記念を楽勝しているので問題なさそうです。

オルフェーヴル産駒も京都での勝率が低いのが気になりますが、これは初年度産駒の当たりはずれが大きいためか。

秋華賞の傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-1-2-430.0%60.0%
2番人気2-2-1-520.0%50.0%
3番人気4-1-0-540.0%50.0%
4番人気0-2-1-70.0%30.0%
5番人気0-1-1-80.0%20.0%
6番人気0-1-1-80.0%20.0%
7-9番人気0-2-2-260.0%13.3%
10-番人気1-0-2-861.1%3.4%

2008年は11番人気のブラックエンブレムが勝ち大荒れになりましたが、近年は8番人気以内で決まることが殆どで、優勝馬も1~3番人気までからしか出ていません。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-4-1-150.0%25.0%
2枠2-2-3-1310.0%35.0%
3枠2-0-1-1710.0%15.0%
4枠1-1-0-185.0%10.0%
5枠0-2-0-180.0%10.0%
6枠0-1-2-170.0%15.0%
7枠3-0-3-2310.3%20.7%
8枠2-0-0-286.7%6.7%

内枠に人気馬が入りやすいこともありますが、複勝率では内の1~2枠が優勢です。過去5年に絞ると2~4枠の成績が良く、2年連続で2枠、4枠、7枠で決まっています。

馬番

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号7-3-6-747.8%17.8%
奇数番号3-7-4-753.4%15.7%

馬番では1番が(0-4-0-6)、4番が(2-1-2-5)とこの2つが目立ちます。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-1-1-90.0%18.2%
先行1-1-3-283.0%15.2%
差し9-5-6-6211.0%24.4%
追込0-3-0-490.0%5.8%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%

極端に差し馬の成績が良いのが特徴です。先行して勝ったのは2011年のアヴェンチュラでこの年は稍重馬場でした。

前走4角位置

・2番手以内(1-0-1-37)
・3番手以下(9-10-9-111)

前走でも中団から競馬をしていた馬が強く、前走4角2番手以内のカンタービレ、ゴージャスランチ、ミッキーチャーム、ランドネあたりにはやや厳しいデータです。

秋華賞の傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
~4戦0-1-1-70.0%22.2%
5戦2-1-0-1411.8%17.6%
6戦2-1-1-1212.5%25.0%
7戦1-3-2-263.1%18.8%
8戦4-2-3-1616.0%36.0%
9戦0-1-3-310.0%0.0%
10戦1-1-0-432.2%4.4%

有力馬は大体5~7戦に収まりますが、穴ならキャリア8戦で回収値は単・複共に200前後と非常に優秀。ゴージャスランチ、スカーレットカラーの2頭が該当します。

毛色

毛色着度数勝率複勝率
鹿毛8-1-2-6111.1%15.3%
黒鹿毛1-2-4-402.1%14.9%
栗毛0-4-2-190.0%24.0%
芦毛0-1-2-120.0%20.0%
その他1-2-0-175.0%15.0%

オカルトデータ。アーモンドアイの不安要素を探そうとしたんですが逆に後押しデータに。アーモンドアイ、カンタービレ、サラキアが鹿毛でラッキーライラックは栗毛です。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-2-3-672.7%9.5%
栗東8-8-7-827.6%21.9%

関西馬が優勢で関東馬は1番人気だと(1-1-1-2)複勝率60%。1着だったのは三冠馬アパパネです。

生産者

・ノーザンファーム(7-3-2-35)
・社台ファーム(1-3-4-36)
・社台コーポレーション白老F(1-1-1-7)

ノーザンF、社台Fの合計で(9-7-7-70)と運動会状態。上位人気馬ではカンタービレ、ミッキーチャーム、オールフォーラヴがノーザンF、社台F以外の生産です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4392-1-2-315.6%13.9%
440-4592-6-3-513.2%17.7%
460-4791-2-4-432.0%14.0%
480-4995-0-0-1623.8%23.8%
500-5190-1-1-70.0%22.2%
520~0-0-0-10.0%0.0%

480~499kgが5勝を挙げており、3番人気以内に絞ると(5-0-0-1)。ラッキーライラックにとっては好データですが、4番人気以下が消しになるのでプリモシーンには微妙なデータです。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増4-5-2-744.7%12.9%
増減無2-2-2-246.7%20.0%
今回減4-3-6-506.3%20.6%

秋華賞の前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-0-100.0%0.0%
GⅡ6-8-6-617.4%24.7%
GⅢ3-1-2-1912.0%24.0%
オープン1-0-0-332.9%2.9%
1600万0-0-1-10.0%50.0%
1000万0-1-0-180.0%5.3%
500万0-0-1-50.0%16.7%

前走ローズS、紫苑Sが中心です。オークスからのぶっつけは3着以内がありませんが、この10頭は唯一サンテミリンが3番人気で人気サイドでしたがそれ以外は人気薄でした。

ただ秋華賞では10週以上の間隔を空けた馬が(0-0-0-20)という成績。過去にはテイエムオーシャンやカワカミプリンセスがオークス以来のぶっつけで勝っていますが、近年は不振なローテーションです。

主な前走

・ローズS(6-8-5-61)
・紫苑S(2-1-0-9)※重賞昇格後
・クイーンS(1-0-1-6)
・オークス(0-0-0-10)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気7-1-4-2220.6%35.3%
2番人気0-3-2-170.0%22.7%
3番人気1-1-0-165.6%11.1%
4番人気2-1-0-208.7%13.0%
5番人気0-2-0-110.0%15.4%
6-9番人気0-2-1-390.0%7.1%
10-番人気0-0-3-230.0%11.5%

前走下位人気からでも好走可能なのはローズS組。ローズS組は幅広く抑えて、別路線組は前走人気に推されていた馬のみ抑えるのが良さそうです。

前走ローズS以外

・1番人気(3-1-3-18)
・2~3番人気(1-1-1-19)
・4番人気以下(0-0-1-51)

前走ローズS以外で1番人気だったのはアーモンドアイ、オスカールビー、プリモシーン、ミッキーチャームの4頭です。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着3-4-3-386.3%20.8%
2着4-2-2-1319.0%38.1%
3着0-2-2-140.0%22.2%
4着2-0-0-1016.7%16.7%
5着0-2-0-80.0%20.0%
6-9着0-0-1-350.0%2.8%
10-着1-0-2-303.0%9.1%

前走ローズS組は4着以下でも(3-1-2-44)と巻き返している馬はいますが、別路線組は3着以内が目安。

前走ローズS以外

・1着(2-1-2-34)
・2~3着(2-0-2-21)
・4着以下(0-1-1-39)

中山記念週は突如人気沸騰中のあのサイトで!かなり使えます「TAZUNA」
人気沸騰中のTAZUNA
人気の理由が一発でわかる的中の数々をご覧ください。

■直近の重賞的中実績
クイーンカップ(4点1,200円→58,200円)
京都記念☆  (6点1,000円→170,600円)
東京新聞杯  (6点1,000円→181,900円)
きさらぎ賞  (24点200円→ 283,920円)




この的中全てに言えること。
”少ない点数でドンピシャ的中!!”

フロックでも何でもない!!
今週は中山記念週。ここのサイトの本当の凄さを味わってください!
土・日重賞含めた4鞍無料提供!平場の1鞍ワイド馬券も2,3点勝負でプラスです。
この予想が無料なら登録して損はありません!

中山記念週の買い目を無料で見る!

秋華賞 データ推奨馬



※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

▼重賞の最終予想はコチラ

毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.