JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

天皇賞・秋2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

2018年10月28日(日)
天皇賞・秋(GⅠ)
東京競馬場・芝2000m

昨年の皐月賞馬、ダービー馬、菊花賞馬が初めて3頭揃った今年の天皇賞・秋。
過去10年分のデータ分析と予想です。

天皇賞・秋 予想オッズと有力馬

馬名騎手オッズ
スワーヴリチャードデムーロ2.4
レイデオロルメール3.5
マカヒキ武豊5.8
サングレーザーモレイラ6.3
アルアイン北村友10.3
ミッキーロケット和田14.2
スワーヴリチャード

父:ハーツクライ
東京は5戦して複勝率100%。父ハーツクライという血統から不安視されていた大阪杯も豪快な競馬で押し切り、安田記念でもタイレコード決着の中で0.1秒差の3着。休み明けも走るタイプで最も死角の無い馬です。

レイデオロ

父:キングカメハメハ
前走オールカマーで1年振りの勝利。3歳時はダービー優勝、ジャパンCではキタサンブラックを抑えての2着と東京適性ではスワーヴリチャードに劣りません。不安点は近年不振な前走オールカマーというローテーション。

マカヒキ

父:ディープインパクト
札幌記念では出遅れから外を回し、距離のロスがありましたが僅差の2着。しばらく勝利から遠ざかっていますが昨年の天皇賞・秋、ジャパンCでも掲示板を確保しておりダービー馬の意地を見せたい所。

サングレーザー

父:ディープインパクト
2000mの距離は守備範囲ですが、マイラーズCの脚が強烈すぎたために安田記念の内容はやや疑問が残るもので東京適性に疑問も。父ディープはスピルバーグしか優勝しておらず頭まではどうかという印象。

エルムSで3連単42万9000円を見事的中!

先週のエルムS(G3)週も炸裂!的中実績をご紹介します!驚愕です…

3連単4-13-6 143,000×300=429,000円獲得!
10番人気ハイランドピーク2着入線大的中◎!
この穴配当を24点で的中も凄すぎます!そしてまたもやGプレミオ…



◎夏の重賞は絶好調!毎週点数を絞って高額配当Get!
エルムS/24点で3連単42万9000円的中!
レパードS/32点で3連単55万8080円的中!
小倉記念/16点で3連単18万6600円的中!
クイーンS/15点で3連単19万7900円的中!
アイビスSD/10点で3連単27万1000円的中!
函館2歳S/12点で3連単44万1420円的中!
七夕賞/16点で3連単68万9160円的中!
函館記念/9点で3連単52万1400円的中!
CBC賞/10点で3連単13万400円的中!
ラジオNIKKEI賞/30点で3連単56万8560円的中!

そんな新星予想さんのおすすめはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】


今週は「札幌記念(G2)」を無料予想!毎週の無料予想も絶対に見た方が良いです! もちろん毎週のように重賞的中のGプレミオも注目です!!

札幌記念(G2)の無料予想を受け取る(無料)
(無料買い目は前日夜22時頃に配信)
↑無料メール登録で前日夜に重賞の買い目が確認できます。返信メール内のURLクリックで登録完了!

天皇賞・秋のコース分析

東京芝2000mの特徴


ポケットスタートで外枠不利なコースですが、今年は登録時点で14頭とフルゲート割れが確定。例年ほど外枠を軽視する必要はなさそうです。

東京芝2000m 種牡馬データ


秋天ではディープ産駒が(1-4-1-26)でスピルバーグの1勝のみ。父系ではどの馬にもチャンスはありそうですが母系ではミスプロ系、ヘイロー、ロベルト系が不振でノーザンダンサー系、ナスルーラ系の方が相性が良いレースです。

天皇賞・秋の傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気5-2-2-150.0%90.0%
2番人気0-4-2-40.0%60.0%
3番人気0-0-2-80.0%20.0%
4番人気0-1-0-90.0%10.0%
5番人気4-0-0-640.0%40.0%
6番人気0-0-3-70.0%30.0%
7-9番人気1-2-0-273.3%10.0%
10-番人気0-1-1-820.0%2.4%

1番人気の複勝率は90%と軸に最適。スワーヴリチャードには心強いデータです。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-3-1-145.3%26.3%
2枠2-1-0-1710.0%15.0%
3枠0-0-2-180.0%10.0%
4枠3-3-3-1115.0%45.0%
5枠1-1-0-175.3%10.5%
6枠2-0-1-1710.0%15.0%
7枠1-2-1-233.7%14.8%
8枠0-0-2-270.0%6.9%

1枠と4枠の成績が良く、3枠と8枠からは2着以内がありません。

馬番(偶数・奇数)

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号7-5-8-658.2%23.5%
奇数番号3-5-2-793.4%11.2%

馬番では7番が(2-3-1-4)複勝率60%と抜群の成績で、2番(1-2-1-6)、8番(2-0-2-6)、12番(2-1-1-6)が続きます。全体的には偶数番号が有利。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-1-0-90.0%10.0%
先行3-5-2-287.9%17.5%
差し7-6-4-668.8%17.5%
追込0-1-4-400.0%11.1%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%

やや差し馬が多く馬券に絡んでいますが率では先行と差しが半々。ただ今年は小頭数の逃げ馬不在でスローペースになりそうなメンツ。

昨年の超不良馬場は例外ですが、2014~2016年は1000m通過が60.5~60.7で流れておりスローペースでの実績には注意したい所です。ペースを見抜き対応できるという点ではそれぞれGⅠでも実績のあるレイデオロのルメール騎手、スワーヴリチャードのデムーロ騎手。

天皇賞・秋の傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-2-2-110.0%26.7%
4歳3-5-3-327.0%25.6%
5歳6-3-4-3113.6%29.5%
6歳0-0-1-290.0%3.3%
7歳0-0-0-300.0%0.0%
8歳上1-0-0-118.3%8.3%

今年の芝1800~2200mの古馬重賞での成績は4歳が14勝、5歳が4勝と中距離では完全に4歳馬がリード。5歳馬の3頭は全てGⅠ馬ですが、勢いではやはり4歳馬か。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-5-3-523.2%16.1%
栗東8-5-7-917.2%18.0%
地方0-0-0-10.0%0.0%

関東馬は7番人気以内しか馬券になっていませんが、今年はレイデオロ、サクラアンプルール、アクションスターの3頭なのでレイデオロだけ残し後の2頭は軽視で良さそうです。

また騎手では外人騎手か関西騎手への乗り替わりが回収値が高く、継続騎乗は単回値27、複回値39と人気馬のみ買いという傾向です。

継続騎乗

・1番人気(2-2-1-1)
・2~5番人気(2-3-2-20)
・6番人気以下(0-1-4-65)

スワーヴリチャードには好データですが、キセキ、ミッキーロケットは3着までか。

馬主は個人名義?

・サンデーレーシング(1-4-1-8)
・キャロットファーム(0-1-1-10)

日本を代表する2大馬主が他のレースに比べて1着が少なく、過去10年では山本英俊、平井克彦、谷水雄三、近藤英子、島川隆哉、吉田和美、大和屋暁と個人名義が7人。残りの2馬主は金子真人HDと大野商事でした。

ただ生産者はノーザンFか社台Fが強く、今回これに近いのはディアドラ、ミッキーロケット、ヴィブロスの3頭。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4390-0-0-40.0%0.0%
440-4591-0-1-117.7%15.4%
460-4792-3-2-266.1%21.2%
480-4994-4-3-566.0%16.4%
500-5192-3-2-295.6%19.4%
520~1-0-2-184.8%14.3%

520kg超えの馬は人気より着順を落としがちです。アルアインがギリギリの所でしょうか。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増2-5-5-682.5%15.0%
増減無2-2-4-158.7%34.8%
今回減6-3-1-608.6%14.3%

天皇賞・秋の前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-5-3-226.3%31.3%
GⅡ8-5-7-1046.5%16.1%
GⅢ0-0-0-100.0%0.0%
オープン0-0-0-30.0%0.0%

前走はGⅠかGⅡのみ。毎日王冠か宝塚記念からのローテーションが有力です。

主な前走

・毎日王冠(5-3-4-48)
・宝塚記念(2-4-2-13)
・札幌記念(2-0-1-14)
・京都大賞典(1-0-0-14)
・安田記念(0-1-0-2)
・オールカマー(0-0-0-27)

前走オールカマー

前走オールカマー組が全滅ですが、そもそもオールカマーに有力馬が集まりにくく27頭中当日4番人気以内に推されたのが3頭、そのうち2回がシンゲンという微妙なデータ。

アルアインダンビュライトは東京実績には欠けますが、レイデオロは東京GⅠ実績もあるので割引く必要は無さそうです。

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気6-5-4-2017.1%42.9%
2番人気1-1-2-145.6%22.2%
3番人気0-2-0-210.0%8.7%
4番人気1-0-2-175.0%15.0%
5番人気1-0-0-156.3%6.3%
6-9番人気1-2-2-392.3%11.4%
10-番人気0-0-0-150.0%0.0%

前走1番人気が強く、該当するのはスワーヴリチャード、ディアドラ、マカヒキ、レイデオロの4頭です。

前走宝塚記念

・3番人気以内(2-3-1-5)
・4番人気以下(0-1-1-8)

宝塚記念組はどちらかと言えば前走の着順より人気が重要で、今年はヴィブロスが前走宝塚記念で3番人気でした。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着3-4-4-297.5%27.5%
2着4-0-2-1816.7%25.0%
3着1-1-1-175.0%15.0%
4着0-0-0-130.0%0.0%
5着0-2-2-50.0%44.4%
6-9着2-2-1-404.4%11.1%
10-着0-1-0-220.0%4.3%

前走2着以内が7勝を挙げていますが、前走GⅠは着順不問です。前走GⅡの場合は2着以内の成績が良く、前走GⅡで3着以下だったアクションスター、キセキ、サクラアンプルール、ステファノス、ダンビュライトは割引きです。

前走毎日王冠

上がり3F2位以内が(3-3-0-12)と好調ですが今年は該当馬無し。

前走札幌記念

上がり3F3位以内が(2-0-1-6)で4位以下は(0-0-0-8)。データの母数は少なめですがマカヒキが前走上がり2位でした。

天皇賞・秋 データ推奨馬



※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.