JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

府中牝馬ステークス2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

2018年10月13日(土)
府中牝馬ステークス(GⅡ)
東京競馬場・芝1800m

ディアドラやジュールポレール、リスグラシューなど豪華メンバーが揃った今年の府中牝馬S。過去10年のデータから分析していきます。

大混戦の菊花賞も指数で的中!


今週の無料提供レースは「菊花賞」です。
登録後、運営者北条氏のブログでレース当日に指数を公開します。

的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6Rまでは無料で指数公開
有料プランは月額1980円で全レース公開!

まずは無料指数を見に行く!

府中牝馬ステークス 予想オッズと有力馬

馬名騎手オッズ
ディアドラルメール2.5
リスグラシューデムーロ3.0
ジュールポレール5.4
ミスパンテール横山典8.2
アドマイヤリード田辺9.1
ソウルスターリング北村宏10.5
ディアドラ

父:ハービンジャー
クイーンSでは直線大外から1頭だけ違う脚で突き抜け3馬身差の圧勝。東京はオークスの1戦しか経験がありませんが、コース形態の似ているドバイターフでも3着に好走していることから問題なさそうです。

リスグラシュー

父:ハーツクライ
ヴィクトリアマイルは最大のチャンスでしたがハナ差の2着。今回は別定で54kgとなるためライバルに比べ斤量面では有利です。鞍上がデムーロ騎手に変わり、新たな一面を引き出せるか。

ジュールポレール

父:ディープインパクト
ヴィクトリアマイルでは8番人気の伏兵扱いでしたが、リスグラシューやアエロリットを破りGⅠ初制覇。最近は1600mメインで使われていますが血統的には1800mは問題無し。

ミスパンテール

父:ダイワメジャー
ヴィクトリアマイルは5着に敗れましたが、調整の難しい牝馬・また異なるコースで重賞3連勝は立派。昨年のローズSも10着に敗れており、父ダイワメジャーからも1800mをこなせるかが不安点です。

9月29日 中山1R 2歳未勝利

【インフィニティ】三連単・軸1頭マルチ
10 → 01、04、14
点数:18点 推奨:1,000円
投資合計:18,000円 → 2,165,800円

⇒この3頭を選べる秘密は?


スプリンターズSも三連複65,370円的中!
的中率の高い無料情報「贈」をまずは試してみて下さい♪

⇒今すぐサイトを見に行く!

府中牝馬ステークスのコース分析

東京芝1800mの特徴


東京芝1800mはコーナー付近にあるポケットからスタート。スタート後すぐに2コーナーに斜めに進路を取るため内枠が有利なコース形態となっています。

東京芝1800m 種牡馬データ


ディープインパクト産駒は(0-4-2-5)で複勝率は優秀ですが1着がありません。カワキタエンカ、ジュールポレールの2頭がディープ産駒です。

府中牝馬ステークスの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-4-2-40.0%60.0%
2番人気0-1-3-60.0%40.0%
3番人気1-1-2-610.0%40.0%
4番人気4-1-0-540.0%50.0%
5番人気2-2-1-520.0%50.0%
6番人気0-0-0-100.0%0.0%
7-9番人気1-0-1-283.3%6.7%
10-番人気2-1-1-623.0%6.1%

複勝率は5番人気以内まで横ばいですが、4~5番人気が6勝を挙げている反面1~2番人気が1勝も挙げていないのが特徴。

2015年のノボリディアーナなど穴馬の激走も見られますが、7番人気以下で馬券に絡んだ6頭全てがサンデーサイレンスの血を持っていました。

今年はソウルスターリング以外がサンデーサイレンスの血を持っていますが、過去10年で4勝を挙げている母父サンデーサイレンスはフロンテアクイーンのみ。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-3-1-120.0%25.0%
2枠1-1-0-146.3%12.5%
3枠0-1-2-140.0%17.6%
4枠1-2-0-175.0%15.0%
5枠0-1-3-160.0%20.0%
6枠0-0-1-190.0%5.0%
7枠5-0-1-1622.7%27.3%
8枠3-2-2-1812.0%28.0%

内枠有利なコースですが、府中牝馬Sでは7~8枠の成績が良いのが特徴です。また揉まれやすいのがマイナスなのか、2枠に入った馬は人気より着順を落としがちです。

馬番(偶数・奇数)

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号3-4-4-644.0%14.7%
奇数番号7-6-6-628.6%23.5%

馬番では11番(2-0-1-7)や13番(3-1-0-6)の成績が良く全体的に奇数番号が優勢です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-0-0-918.2%18.2%
先行2-5-3-236.1%30.3%
差し3-2-3-614.3%11.6%
追込3-3-4-337.0%23.3%

脚質での有利不利は少ないレースでどこからでも好走可能ですが、昨年や一昨年も1000m通過が60秒以上というスローペースになり、近年は前残りが多くなっています。昨年はクロコスミアが逃げ切りましたが今年はカワキタエンカがペースを作りそうです。

また前走4角7番手以内が(10-6-6-61)で1着馬はここから出ています。

リスグラシュー、ミスパンテール、ジュールポレール、アドマイヤリードあたりは前走4角8番手以下となっており、過去のデータからは2~3着という感じです。

府中牝馬ステークスの傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-0-2-00.0%100.0%
4歳6-3-4-4310.7%23.2%
5歳4-6-2-575.8%17.4%
6歳0-1-2-170.0%15.0%
7歳0-0-0-80.0%0.0%
8歳上0-0-0-10.0%0.0%

4~5歳が中心で6歳以上は苦戦していますが、今年の登録馬は全て4~5歳となっています。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-3-3-593.0%11.9%
栗東8-7-7-679.0%24.7%

関西馬が強いレースです。特に関西馬×5番人気以内で複勝率は59.4%と信頼度が高く、関東馬×5番人気以内では複勝率27.8%とイマイチ。

今年の関東馬はソウルスターリング、フロンテアクイーンの2頭です。

5番人気以内

・関東馬(1-2-2-13)
・関西馬(6-7-6-13)

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4391-2-3-106.3%37.5%
440-4594-0-1-2413.8%17.2%
460-4794-6-6-595.3%21.3%
480-4991-0-0-195.0%5.0%
500-5190-2-0-80.0%20.0%
520~0-0-0-60.0%0.0%

480kg以上で馬券に絡んだのは2012年のイタリアンレッドが最後です。近年はやや軽めの馬が良く昨年の上位3頭も430kg前後の馬体でした。

前走馬体重で480kg以上はキョウワゼノビア、ソウルスターリング、ディアドラ、ミスパンテールの4頭。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増5-6-5-666.1%19.5%
増減無1-0-2-165.3%15.8%
今回減4-3-3-447.4%18.5%

府中牝馬ステークスの前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-0-1-175.3%10.5%
GⅡ1-1-1-89.1%27.3%
GⅢ4-6-5-645.1%19.0%
オープン2-2-1-914.3%35.7%
1600万2-0-1-247.4%11.1%
1000万0-0-1-30.0%25.0%

前走クラスは幅広く、前走距離では1600、1800、2000mで成績はほぼ変わりません。また近年は前走右回りを使っていた馬が優勢です。

主な前走

・クイーンS(2-2-1-23)
・新潟記念(1-1-0-9)
・米子S(1-1-0-0)
・ヴィクトリアマイル(1-0-1-9)
・札幌記念(1-0-1-4)
・関屋記念(0-2-2-1)
・マーメイドS(0-1-2-13)

リスグラシューは前走安田記念ですが、安田記念組はアパパネやマイネイサベルなどの人気馬も敗れています。

年明け以降の戦績

JRA公式からのデータですが、過去10年の3着以内30頭中29頭は年明け以降にJRAの重賞かオープン特別で5着以内に入っていました。このデータからはキョウワゼノビアクロコスミアが消しとなります。

同年のヴィクトリアマイルでの成績

・8着以内(3-4-5-12)
・9着以下(4-3-2-70)

こちらもJRA公式からのデータですが、ヴィクトリアマイル8着以内はジュールポレール、リスグラシュー、ミスパンテール、ソウルスターリング、アドマイヤリードの5頭となっています。

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-4-5-138.3%45.8%
2番人気1-1-1-145.9%17.6%
3番人気1-1-2-116.7%26.7%
4番人気4-1-0-1026.7%33.3%
5番人気0-1-0-90.0%10.0%
6-9番人気2-0-2-374.9%9.8%
10-番人気0-1-0-320.0%3.0%

前走オープンクラスは4番人気以内が好走しやすく、前走条件戦の場合は3番人気以内が目安です。

好走データに該当するのはアドマイヤリード、ソウルスターリング、ディアドラ、フロンテアクイーン、ミスパンテール、メイズオブオナーの6頭。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着3-2-4-239.4%28.1%
2着2-1-0-1114.3%21.4%
3着1-4-1-87.1%42.9%
4着1-2-1-97.7%30.8%
5着1-0-1-711.1%22.2%
6-9着0-1-2-320.0%8.6%
10-着2-0-1-365.1%7.7%

前走着順は5着以内が目安です。また前走負けていた場合は0.2秒差以内で(2-7-0-21)と連対率が高いのが特徴ですが今年は該当馬無し。

前走5着以内だったのはキョウワゼノビア、ジュールポレール、ソウルスターリング、ディアドラ、フロンテアクイーン、ミスパンテール、メイズオブオナーの7頭です。

無料買い目企画「俺の無料」

下位人気馬をうまく組み込む
点数少なめな3連系の特注情報が満載!

無料メルマガ購読はこちら

府中牝馬ステークス データ推奨馬

※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

▼重賞の最終予想はコチラ

毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

有料予想を管理人が自腹で検証!

有料サイトの検証を行なっているので
色んな有料予想を無料で見れちゃいます

無料メルマガ購読はこちら

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
▼応援よろしくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
   

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.