JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

京王杯2歳ステークス2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
2018年11月3日(土)
京王杯2歳ステークス(GⅡ)
東京競馬場・芝1400m

函館2歳Sを制したアスターペガサスや小倉2歳Sを制したファンタジストなどが出走予定。過去10年分のデータ分析と予想です。

京王杯2歳ステークス 予想オッズと有力馬

ファンタジスト(武豊)

予想オッズ:2.4倍
父:ロードカナロア
前走:小倉2歳S/3番人気1着

アウィルアウェイ(デムーロ)

予想オッズ:2.8倍
父:ジャスタウェイ
前走:ダリア賞/1番人気1着

アスターペガサス(小崎)

予想オッズ:3.2倍
父:Giant’s Causeway
前走:函館2歳S/2番人気1着

シングルアップ(松山)

予想オッズ:8.3倍
父:キンシャサノキセキ
前走:小倉2歳S/1番人気6着



平均配当高めの過去三年愛知杯。3連単12万、12万、34万など高配当レース。
ここに照準を絞ってるのが馬券師軍団JHA。
先週も点数少なめが売りのこの軍団はほぼ8~9点で平場から的中。
日経新春杯3連単9点52,650円&フェアリーS3連単8点383,180円
シンザン記念3連単9点&中山金杯3連単12点から続いて今年も絶好調。



26日(土)は配当重視の愛知杯。会員さん儲かるはず。これが無料提供レース。
27日(日)はシルクロードか根岸ステークスどちらか週末お楽しみ。

J・H・A馬券師集団の有料級週末重賞厳選買い目は無料で見れます。
愛知杯の買い目を無料で見る!
確認メールきたらクリックしてログイン!

京王杯2歳ステークスのコース分析

東京芝1400mの特徴


スタート後間もなく上り坂になりそのままコーナーに入ります。そのため前半スローで流れることが多く直線のキレが重要になるコースです。

東京芝1400m 種牡馬データ


サンデー系が得意としているコースですが人気になりやすいため回収値は低めです。京王杯2歳Sはキンシャサノキセキが(1-3-0-4)、ダイワメジャー産駒が(1-1-2-5)とこの2頭が好相性。シングルアップ、メイショウオニテがキンシャサノキセキ産駒です。

京王杯2歳ステークスの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-2-2-510.0%50.0%
2番人気1-1-1-710.0%30.0%
3番人気2-0-1-720.0%30.0%
4番人気0-2-3-50.0%50.0%
5番人気3-1-0-630.0%40.0%
6番人気0-2-0-80.0%20.0%
7-9番人気1-2-2-253.3%16.7%
10-番人気2-0-1-424.4%6.7%

2014年には11番人気のセカンドテーブルが勝つなど波乱もありましたが、過去5年に絞るとセカンドテーブル以外の3着以内14頭は全て6番人気以内と近年は人気馬優勢です。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-2-1-815.4%38.5%
2枠1-2-1-116.7%26.7%
3枠1-1-1-145.9%17.6%
4枠1-1-3-135.6%27.8%
5枠1-1-0-175.3%10.5%
6枠1-2-1-165.0%20.0%
7枠0-1-2-180.0%14.3%
8枠3-0-1-1813.6%18.2%

1枠の成績が良く、内寄りの1~3枠が人気より好走しやすく回収値が高めですが今年は小頭数になるので枠はそこまで重視しなくても良さそうです。

馬番

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号5-3-5-577.1%18.6%
奇数番号5-7-5-586.8%22.7%

馬番では1番(1-2-1-6)、3番(1-3-0-6)、6番(1-2-1-6)あたりの複勝率が高めです。5番、10番、11番は過去10年で1度も3着以内がありません。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-0-2-620.0%40.0%
先行3-6-7-237.7%41.0%
差し4-3-1-506.9%13.8%
追込1-1-0-362.6%5.3%

近年は先行有利で差し馬は5番人気以内が目安。大穴狙いなら逃げ馬です。

前走4角位置

・4番手以内(7-6-9-51)
・5番手以下(3-4-1-63)

前走速い上がりを使った馬が人気になりやすい傾向がありますが、重視すべきは4コーナーの位置取り。前走4角5番手以下から馬券に絡んだ馬は、2014年のセカンドテーブル以外全て当日5番人気以内でした。

アウィルアウェイ、アスターペガサス、メイショウオニテ、ラバストーンの4頭が前走4角5番手以下でした。

京王杯2歳ステークスの傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦2-1-0-1312.5%18.8%
2戦5-4-3-3011.9%28.6%
3戦1-3-4-332.4%19.5%
4戦1-2-2-253.3%16.7%
5戦1-0-0-712.5%12.5%
6戦~0-0-1-70.0%12.5%

キャリア2戦が中心。キャリア1戦と5戦以上で3着以内に入った5頭は全て当日5番人気以内でした。

生月別データ

生月着度数勝率複勝率
1月1-2-1-610.0%40.0%
2月5-1-2-1422.7%36.4%
3月2-3-2-404.3%14.9%
4月2-2-4-374.4%17.8%
5月0-2-1-170.0%15.0%

1~2月生まれの複勝率が高めですが、近年は4月生まれが成績を伸ばしており3月生まれがやや不振です。有力馬では1月生まれがシングルアップ、2月生まれがアウィルアウェイアスターペガサス、4月生まれがファンタジスト

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-5-3-734.7%14.1%
栗東6-5-7-4010.3%31.0%
地方0-0-0-20.0%0.0%

関西馬が優勢です。関東馬は2008年に14番人気で勝ったゲットフルマークスなどもいますが、基本的には人気馬中心です。今年の有力馬は関西馬ばかりで関東馬の筆頭はカルリーノ

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4390-0-0-120.0%0.0%
440-4592-2-1-305.7%14.3%
460-4792-5-5-275.1%30.8%
480-4992-1-3-285.9%17.6%
500-5193-2-1-1514.3%28.6%
520~1-0-0-325.0%25.0%

500kg台の大型馬の勝率が高く、複勝率では460~479kgが高め。480~499kg台の馬が不振で2013年のモーリス、2015年のシャドウアプローチなど1番人気馬も敗れています。

前走馬体重で500kg超えはシングルアップのみ、やや不振の480~499kgにはアスターペガサス、カルリーノが該当します。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増3-4-4-485.1%18.6%
増減無2-1-3-236.9%20.7%
今回減5-5-3-448.8%22.8%

京王杯2歳ステークスの前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅡ2-0-1-525.0%37.5%
GⅢ2-3-2-1210.5%36.8%
オープン3-3-2-337.3%19.5%
500万1-1-3-292.9%14.7%
未勝利0-2-2-210.0%16.0%
新馬戦2-1-0-1213.3%20.0%

前走重賞組の複勝率が高く、未勝利組と500万組はやや割引き。前走距離は1200mが(3-5-2-31)、1400mが(5-3-4-50)、1600mが(2-1-3-26)で連対率は前走距離が短い方が高めに出ています。

また前走場所では東開催が(2-4-4-77)複勝率11.5%に対して西開催が(6-3-6-27)複勝率35.7%。また北海道開催が(2-3-0-8)複勝率38.5%。特に福島、新潟、中山を使ってきた馬は不振です。前走新潟のアウィルアウェイはデータ的には割引き。

主な前走

・函館2歳S(1-2-0-4)
・小倉2歳S(1-1-2-3)
・すずらん賞(1-1-0-1)
・ききょうS(1-0-1-5)

前走新馬、未勝利組の前走頭数

・17~18頭(2-0-0-7)
・13~16頭(0-3-2-17)
・12頭以下(0-0-0-9)

新馬、未勝利組は前走での着差や上がりの速さはあまり結び付きません。特徴が出るのが前走頭数で1着になった2頭はどちらも前走17頭以上のレースでした。ココフィーユ、メイショウオニテの2頭は前走12頭立て以下の未勝利戦なので割引き。プライムは前走15頭立てでしたが未勝利馬なのでさすがに厳しいか。

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-7-3-299.3%32.6%
2番人気2-2-3-188.0%28.0%
3番人気1-0-2-165.3%15.8%
4番人気1-0-0-156.3%6.3%
5番人気1-1-0-612.5%25.0%
6-9番人気1-0-2-214.2%12.5%
10-番人気0-0-0-100.0%0.0%

前走2番人気以内が(6-9-6-47)と3着以内に2頭は入る計算。前走3番人気のファンタジストカルリーノよりはアスターペガサス、シングルアップ、アウィルアウェイの方がプラス評価です。

前走新馬・未勝利・500万下

・2番人気以内(3-3-4-27)
・3番人気以下(0-1-1-35)

前走500万下以下は2番人気以内が目安です。

前走オープン特別

・2番人気以内(2-3-2-14)
・3番人気以下(1-0-0-19)

前走3番人気以下から1着になったのはデータの中では最も古い2008年のゲットフルマークス。オープン特別組も2番人気以内を拾う形で良さそうです。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着4-9-6-605.1%24.1%
2着3-0-0-1121.4%21.4%
3着0-0-2-130.0%13.3%
4着0-0-0-80.0%0.0%
5着0-1-1-40.0%33.3%
6-9着3-0-0-1318.8%18.8%
10-着0-0-1-60.0%14.3%

新馬戦、未勝利組は当然1着が必須。500万下は2着以内が目安です。前走1番人気を裏切って6着に沈んだシングルアップですが、データ的には巻き返しは可能です。

AJCC3連単的中!注目の新サイト


AJCC(16点200円)で3連単的中!494,200円
1着シャケトラ7人気,2着フィエールマン1人気,3着メートルダール5人気
これを16点で的中させる新サイト””TAZUNA””今後要チェックかもです。



根岸ステークスの買い目を無料で見る!

京王杯2歳ステークス データ推奨馬



※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.