JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

京王杯2歳S2019予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
2019年11月2日(土)
京王杯2歳ステークス(GⅡ)
東京競馬場・芝1400m

過去10年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

タワーオブロンドン、モンドキャンノ、シャドウアプローチなど朝日杯FSが阪神に移った2014年以降も前哨戦としての位置づけは健在。またレーヌミノルやラブリーデイなど、連対した馬から後のGⅠ馬が出ることも多い重賞です。

京王杯2歳Sの傾向
  • 父サンデー系は2~3着が多い
  • 前走4角7番手以下だった馬は割引き
  • 前走オープン・500万組は2番人気・2着以内

それでは2019年京王杯2歳Sのデータ分析を行なっていきます。

京王杯2歳S 登録馬

人気が予想されるのは小倉2歳S1着のマイネルグリット、函館2歳Sで1~2着のビアンフェとタイセイビジョン。それ以外ではサフラン賞2着のマジックキャッスル、中山マイルの未勝利戦を好タイムで勝ったグレイトホーンあたりの人気が予想されます。


無料買い目が絶好調!マイルCS、エリ女連続的中!



マイルCS:インディチャンプ軸で的中!
→3連複3,200×400=12,800円獲得◎(228%回収)
エリザベス女王杯:ラヴズオンリーユー軸で的中!
→3連複4,060×400=16,240円獲得◎(290%回収)

マイルCSはダノンキングリー、エリザベス女王杯はクロノジェネシスを軸にして外した方も多いと思います。ここの軸馬はガチで参考になるので、無料買い目を見て自分の予想と比較してみるのがお勧めです。

【Gプレミオ】この秋の重賞でも小点数で高配当連発!


グロリアのお勧めコンテンツはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】

今週は「ジャパンC(G1)」週。グロリアは毎週土日2鞍ずつの計4鞍無料配信です!

グロリアの無料買い目をチェック!
↑無料買い目はメール登録で確認できます。エントリーはお早目に!

京王杯2歳Sのコース分析

東京芝1400mの特徴


東京芝1400mはスタート後間もなく上り坂になりそのままコーナーに入ります。そのため前半スローで流れることが多く、直線のキレが重要になるコースです。直線が長いため差し馬有利に見えますが、道中息が入りやすく逃げ馬が粘り波乱を演出することもあります。

東京芝1400m 種牡馬データ


サンデー系は2~3着が多く、優勝したのはダイワメジャー産駒のボールライトニングとキンシャサノキセキ産駒のモンドキャンノ。ダイワメジャー、キンシャサノキセキはレース相性も○。

サンデー系以外はキングマンボ系、ミスプロ系、ストームキャット系などが好走しています。

京王杯2歳S 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-8-5-46】
  • ストームキャット系【2-0-1-7】
  • ミスタープロスペクター系【1-1-1-9】
  • キングマンボ系【1-1-0-4】

東京芝1400m 母父データ


母父サンデーサイレンスはやや古めですが2014年11番人気のセカンドテーブル、2013年5番人気のカラダレジェンド、2010年7番人気のグランプリボスで優勝しており回収値は抜群。ただ今年は登録がありません。

近年はデピュティミニスター系、ナスルーラ系が好走しています。有力馬ではビアンフェが母父ナスルーラ系のサクラバクシンオー。

京王杯2歳S 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-1-0-13】
  • サドラーズウェルズ系【2-0-0-2】
  • デピュティミニスター系【1-1-1-4】
  • ネヴァーベンド系【1-0-1-2】

京王杯2歳Sの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-2-2-510.0%50.0%
2番人気2-1-1-620.0%40.0%
3番人気2-0-0-820.0%20.0%
4-6番人気3-5-4-1810.0%40.0%
7-9番人気1-2-2-243.4%17.2%
10-番人気1-0-1-472.0%4.1%

以前はそれなりに荒れていたレースですが近年は人気馬優勢。7番人気以下で3着以内に入ったのはは2014年のセカンドテーブルが最後です。

また関東馬は7番人気以下で(0-0-1-51)で3着に入ったのは2010年のテイエムオオタカ。7番人気以下の穴狙いなら関西馬です。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠3-2-1-723.1%46.2%
2枠0-2-1-110.0%21.4%
3枠1-1-1-136.3%18.8%
4枠1-0-2-145.9%17.6%
5枠1-2-0-155.6%16.7%
6枠1-2-2-145.3%26.3%
7枠0-1-2-170.0%15.0%
8枠3-0-1-1714.3%19.0%

1枠の複勝率が50%近く断トツの数字ですが人気馬が入りやすかったこともあります。それでも1~3枠は人気以上の着順になりやすく内枠優勢です。

馬番データ

  • 偶数枠【4-2-6-55】
  • 奇数枠【6-8-4-53】

馬番では1番(2-2-1-5)、3番(1-3-0-6)、6番(1-1-2-6)あたりが好成績。

6番人気以下

  • 偶数枠【1-0-2-43】
  • 奇数枠【1-4-2-35】

6番人気以下は偶数枠より奇数枠の方が複勝率が高め。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-2-710.0%30.0%
先行4-5-7-2110.8%43.2%
差し4-3-1-477.3%14.5%
追込1-2-0-332.8%8.3%

昨年は800m通過が51.2秒という超スロー。スローからの上がり勝負になりやすく先行馬の複勝率が高いのが特徴。差し・追い込みは人気馬が多く、穴を空けるのも前に行った馬です。

前走4角位置

  • 2番手以内【4-3-4-32】
  • 3~6番手【4-6-6-45】
  • 7番手以下【2-1-0-31】

前走4角7番手以下は不振。一昨年のタワーオブロンドンや2014年のセカンドテーブルは前走オープンクラスのレースでした。

アポロニケ、カイトレッド、カップッチョ、グランチェイサー、タイセイビジョン、ヒルノマリブが前走4角7番手以下。

前走上がり3F

  • 1位【3-3-0-31】
  • 2~3位【4-5-5-32】
  • 4~5位【2-2-2-14】
  • 6位以下【1-0-3-29】

前走上がり1位よりも2~3位だった馬の複勝率が高くグレイトホーン、マイネルグリット、マジックキャッスル、モズアーントモーが該当。

京王杯2歳Sの傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦2-1-0-1312.5%18.8%
2戦5-4-3-2812.5%30.0%
3戦1-3-5-332.4%21.4%
4戦1-2-2-204.0%20.0%
5戦-1-0-0-146.7%6.7%

キャリア2戦の成績が良く、近年は特にキャリア2~3戦に好走馬が固まっています。

生月別データ

  • 1月【1-2-1-7】
  • 2月【4-2-2-16】
  • 3月【2-3-2-39】
  • 4月【3-2-3-31】
  • 5月【0-1-2-14】

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-4-4-693.8%13.8%
栗東7-6-6-3812.3%33.3%
地方0-0-0-10.0%0.0%

関西馬が優勢ですが6番人気以内で見れば差はありません。人気データでも触れましたが関東馬+7番人気以下はほぼ馬券絡みがありません。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-9-6-54】
  • 乗り替わり【5-1-4-54】

人気馬は継続騎乗優勢ですが、下位人気馬は乗り替わりでもそれほど成績の差はありません。

生産者データ

  • ノーザンF【2-6-0-7】
  • 社台F【0-0-3-9】

ノーザンF生産馬は複勝率は優秀ですが2着が多いのが特徴。タイセイビジョン、ペコリーノロマーノの2頭がノーザンF生産馬です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-110.0%0.0%
440-4592-1-1-305.9%11.8%
460-4793-6-4-238.3%36.1%
480-4991-1-4-253.2%19.4%
500-4-2-1-1915.4%26.9%

459kg以下で優勝した2頭はアドマイヤムーン産駒のレオアクティブ、トワイニング産駒のセカンドテーブル。父サンデー系は460kgだと信頼できますが、459kg以下は割引きです。

父サンデー系の有力馬で前走460kg未満はグランチェイサー、マジックキャッスル

前走との馬体重差

  • +体重【4-5-5-46】
  • 増減無【2-0-3-22】
  • -体重【4-5-2-40】

京王杯2歳Sの前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
重賞5-2-4-2115.6%34.4%
オープン2-4-2-305.3%21.1%
500万1-1-2-253.4%13.8%
未勝利0-2-2-210.0%16.0%
新馬2-1-0-1213.3%20.0%

小倉2歳S、函館2歳Sなど1200mを使ってきた馬の成績が良く、近年は前走が西開催だった馬が好調。また直近3年間の3着以内9頭中6頭が前走1200mで、前走マイルから優勝したのは2010年のグランプリボスまで遡ります。

前走函館2歳Sのビアンフェ、タイセイビジョンや小倉2歳Sのマイネルグリットはプラス評価。

また前走新馬戦で優勝した2頭は新馬戦が17頭立て以上でした。ペコリーノロマーノは前走18頭立てだったのでデータ的には頭でも狙えます。

主な前走

  • 小倉2歳S【2-1-2-4】
  • 函館2歳S【1-1-1-5】
  • ききょうS【1-0-1-5】
  • サフラン賞【0-1-0-7】
  • カンナS【0-1-0-9】

前走距離

  • 1200m【3-4-3-33】
  • 1400m【5-4-3-46】
  • 1600m【2-1-3-21】
  • 1800m【0-1-1-5】

前走場所

  • 東京【2-2-3-39】
  • 中山【0-1-1-15】
  • 京都【3-1-1-16】
  • 阪神【1-1-2-5】
  • 函館【1-1-1-5】
  • 新潟【0-2-0-14】
  • 小倉【2-1-2-5】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-8-2-289.5%33.3%
2番人気2-1-3-188.3%25.0%
3番人気2-0-3-1311.1%27.8%
4-5番人気1-1-0-185.0%10.0%
6-9番人気1-0-2-204.3%13.0%
10-番人気0-0-0-110.0%0.0%

前走オープン特別以下は2番人気以内だった馬の成績が良く、重賞は3番人気以内の成績が良いものの4番人気以下からの優勝も見られます。

前走オープン特別・500万

  • 2番人気以内【3-4-4-18】
  • 3番人気以下【0-1-0-37】

前走オープン特別・500万で2番人気以内だったのはヒルノマリブ、マジックキャッスルの2頭。

前走重賞

  • 3番人気以内【3-2-3-7】
  • 4番人気以下【2-0-1-14】

前走重賞で3番人気以内はタイセイビジョン、マイネルグリットの2頭。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着5-9-6-586.4%25.6%
2着3-0-0-1023.1%23.1%
3着0-0-2-110.0%15.4%
4-5着0-1-1-117.7%15.4%
6-9着2-0-0-1214.3%14.3%
10-着0-0-1-60.0%14.3%

前走3着以下からの巻き返しは殆どが重賞。前走オープン特別以下はほぼ1着必須です。

前走500万

  • 2着以内【1-1-2-6】
  • 3着以下【0-0-0-19】

前走500万で3着以下だったのはカイトレッド

前走オープン特別

  • 1着【2-3-1-13】
  • 2着以下【0-1-1-17】

前走オープン特別で2着以下だったのはアポロニケ、ヒルノマリブの2頭。

前走タイム差(新馬or未勝利・1着)

  • 0.3秒差以上【1-1-1-11】
  • 0.1~0.2秒差【1-2-1-15】
  • タイム差無し【0-0-0-7】

前走新馬戦・未勝利戦でタイム差無しの1着だったのはセイラブミー

京王杯2歳S 注目馬



ビアンフェ

父サンデー系は2~3着が多いレースですが、ダイワメジャーやキンシャサノキセキ産駒といった短距離系の種牡馬は優勝例もあります。この馬もキズナ産駒で父系にストームキャット、母父にサクラバクシンオーを持ちこのレースで活躍できる血統的な下地はあります。近年はスプリントを使ってきた馬の成績が良く、馬格があり先行タイプなのも好材料です。

 

マイネルグリット

前走だけを見ると函館2歳Sよりも小倉2歳Sの方が好走馬が多く、馬体も複勝率の高い480kg弱という点はプラス。前走上がり2~3位だった馬の複勝率が高いデータもあり、3着以内と考えるとビアンフェを上回ります。ただ血統的に父スクリーンヒーロー×母父ロージズインメイなので瞬発力勝負では分が悪く、良馬場なら勝ち切るまでいけるかは微妙。

 

タイセイビジョン

ほぼ予想人気順通りになってしまいますが、函館2歳Sでは断トツの上がりで2着。前走4角後方だった馬の成績が悪い点でビアンフェ、マイネルグリットには劣りますが、前走重賞で3番人気以内や過去10年で5勝のキャリア2戦という点・母父サンデー系という血統からは1着でも充分狙えます。

 

その他

ペコリーノロマーノは父ロードカナロア×母父ディープインパクトという配合は昨年のファンタジストと同じ。馬格に欠けるのがネックですが、今年はノーザンF生産馬がこの馬とタイセイビジョンの2頭のみなので中穴なら抑えても面白そうですが、関東馬+7番人気以下が振るわないレースなので当日人気次第。

それ以外では人気薄でも狙える関西馬のモズアーントモー。馬格もありいかにも短距離馬というタイプで、前走京都だった馬の相性も悪くないレースです。ダイメイプリンセスやラブカンプーの森田厩舎という点でも一発の魅力があります。

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© 重賞ナビ , 2019 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。