JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

ステイヤーズステークス2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
2018年12月1日(土)
ステイヤーズステークス(GⅡ)
中山競馬場・芝3600m

アルバートが3連覇を狙うステイヤーズS。過去10年分のデータ分析と予想です。

ステイヤーズステークス 予想オッズと有力馬

アルバート 1.8倍

このレース3連覇中で4連覇を狙います。コース実績は文句無しですが天皇賞・春8着、アルゼンチン共和国杯10着と昨年より着順を落としていることと、ムーア騎手ではなくモレイラ騎手になることが若干気がかりです。

  • 父:アドマイヤドン
  • 前走:アルゼンチン共和国杯 7番人気10着
アドマイヤエイカン 4.8倍

前走京都2400mの古都Sで優勝。ハーツクライ産駒という血統と前走勝ちの勢いからある程度人気を集めそうですが、前走の勝ちタイムやそれほど強調できるものではないのが不安点。

リッジマン 5.8倍

年明けの万葉S、ダイヤモンドSで続けて2着に好走し丹頂Sで優勝するなど長距離適性は問題無し。今年は斤量面で恵まれたレースが多かったため、56kgになる今回はやや厳しいか。

ヴォージュ 7.7倍

今年は目黒記念で0.4秒差の7着、アルゼンチン共和国杯も0.5秒差の7着と重賞でもそこそこ通用しており、夏の札幌日経OPではアドマイヤエイカンに3馬身半差で圧勝しています。



ー重賞2019ー
クイーンカップ/3連複10点9,100円
京都記念/3連単6点153,540円
根岸ステークス/3連単8点113,580円
愛知杯/3連複10点45,050円
日経新春杯/3連単9点52,650円
フェアリーS/3連単8点383,180円
シンザン記念/3連単9点677,400円
中山金杯/3連単12点865,480円
毎週6~15点内で重賞を的中させてくるのでちょっと見逃せませんね!


真ん中の緑色の無料情報を毎週末チェックしてみてください。
馬券師合同プランという2人の英知を詰め込んだ馬券も気になるところです。

中山記念買い目公開(無料)
メール送ると確認メールくるのでクリックしてログインしてみてください。

ステイヤーズステークスのコース分析

中山芝3600mの特徴


ステイヤーズS専用のコースになり、平地競走ではJRA最長です。各馬未知の距離となるため道中はスローで流れることが多く、残り1000m前後からのロングスパート戦になります。

中山芝3600m 種牡馬データ


ディープインパクトは複勝率は高いのですが勝ちきれず、他にはネオユニヴァースやステイゴールドは複数の産駒で馬券内アリ。

母父はアルバートの母父ダンスインザダークの他にサッカーボーイ、エリシオなど長距離適性の高い種牡馬の成績が良く、母父サンデーサイレンスは(0-0-0-10)となっています。

ステイヤーズステークスの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気5-1-1-350.0%70.0%
2番人気0-2-3-50.0%50.0%
3番人気1-1-2-610.0%40.0%
4番人気1-3-1-510.0%50.0%
5番人気1-0-0-910.0%10.0%
6番人気1-1-0-810.0%20.0%
7-9番人気1-1-1-273.3%10.0%
10-番人気0-1-2-510.0%5.6%

紛れの少ない長距離戦のため人気馬が強いレースです。過去4年に絞ると1~4番人気馬が(4-3-4-5)とほぼ人気馬で決まっています。

7番人気以下では北村宏騎手がトウカイトリックで2回、ゴールデンメインで1回の計3回馬券に絡んでいます。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-0-2-1014.3%28.6%
2枠1-2-1-135.9%23.5%
3枠2-0-0-1412.5%12.5%
4枠1-1-2-155.3%21.1%
5枠2-3-1-1310.5%31.6%
6枠0-1-1-170.0%10.5%
7枠0-2-3-150.0%25.0%
8枠2-1-0-1710.0%15.0%

長距離で枠順による影響はそれほどありませんが、コーナーを8回回るため早めにインの位置を取れるかが重要です。

馬番(偶数・奇数)

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号4-3-4-595.7%15.7%
奇数番号6-7-6-558.1%25.7%

馬番では1~9番が9勝、10番以降は1勝と1着馬は1桁馬番からが多く、10番以降は(1-4-2-48)と割引き。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-2-0-120.0%14.3%
先行6-5-0-1920.0%36.7%
差し4-3-6-397.7%25.0%
追込0-0-3-440.0%6.4%
マクリ0-0-1-00.0%100.0%

残り1000mあたりからペースが上がりついていけない馬は後方に下がっていくため、脚質と言えるほどの位置取りではありません。

前走上がり3F

・3位以内(4-5-3-14)
・4位以下(6-5-7-100)

アドマイヤエイカン、アルバート、リッジマンの3頭が前走上がり3F3位以内です。

前走4角位置

・4番手以内(1-2-2-27)
・5番手以下(9-8-8-87)

前走で中団からキッチリ脚を伸ばしていた馬が好走しています。アルバートは前走4角11番手で好走データに該当しますが、上で挙げたアドマイヤエイカンリッジマンは前走4角2番手でした。

ステイヤーズステークスの傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳2-2-0-620.0%40.0%
4歳1-2-4-174.2%29.2%
5歳3-1-1-298.8%14.7%
6歳2-2-1-305.7%14.3%
7歳0-1-1-140.0%12.5%
8歳上1-2-3-184.2%25.0%

3~4歳の複勝率が高めですが近年は3歳馬の挑戦は少なく、今年は3~4歳の登録はありません。

過去にはトウカイトリックが10歳で優勝、11歳で3着に入っており、これに比べるとアルバートの7歳も若く見える不思議。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦5-2-4-696.3%13.8%
栗東5-8-6-457.8%29.7%

関東馬は8番人気以下が(0-0-0-42)で人気馬が中心、人気薄の激走は関西馬の方が多いのが特徴です。

騎手では横山典騎手とムーア騎手が3勝、それ以外で複数回馬券になっているのは北村宏騎手(1-1-1-3)、三浦騎手(1-0-1-6)、吉田豊騎手(0-1-1-5)と関東の騎手が優勢。

また乗り替わりが(7-8-3-80)と連対率が高く、関東騎手か外人騎手への乗り替わりが狙い目です。有力馬ではモレイラ騎手に乗り替わるアルバート、ビュイック騎手に乗り替わるモンドインテロ、蛯名騎手に乗り替わるリッジマンあたりが鞍上強化か。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4390-0-0-30.0%0.0%
440-4592-1-2-169.5%23.8%
460-4795-6-1-2812.5%30.0%
480-4991-3-5-312.5%22.5%
500-5192-0-0-218.7%8.7%
520-5390-0-1-100.0%9.1%
540~0-0-1-50.0%16.7%

460~479kgが5勝を挙げていますが、アルバートやデスペラードなどリピーターが多いため特に有利な馬体重という訳ではありません。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増6-2-4-608.3%16.7%
増減無2-2-2-169.1%27.3%
今回減2-6-4-384.0%24.0%

ステイヤーズステークスの前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-1-1-98.3%25.0%
GⅡ8-3-6-5511.1%23.6%
GⅢ0-0-0-80.0%0.0%
オープン0-3-1-160.0%20.0%
1600万1-3-2-203.8%23.1%

過去10年の優勝馬は全て前走2400m以上となっており、前走2200m以下は(0-4-3-35)と2~3着まで。

また前走が東京・京都以外だった馬は(0-0-0-23)と一度も3着以内がありません。ダイヤモンドS2着で前走丹頂Sを勝ったリッジマンはそこそこ人気になりそうですが、データからは強調はできません。

主な前走

・アルゼンチン共和国杯(7-1-6-41)
・京都大賞典(1-2-0-4)
・比叡S(1-1-1-9)
・菊花賞(1-1-0-4)
・アンドロメダS(0-2-1-5)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気0-0-2-30.0%40.0%
2番人気1-2-0-414.3%42.9%
3番人気1-1-0-711.1%22.2%
4番人気1-1-2-511.1%44.4%
5番人気1-2-0-611.1%33.3%
6-9番人気4-2-3-2312.5%28.1%
10-番人気2-2-3-662.7%9.6%

前走オープンクラスは人気不問、1600万下は4番人気以内が目安でアドマイヤエイカンのみ該当。

前走1600万下

・4番人気以内(1-3-2-5)
・5番人気以下(0-0-0-15)

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着1-0-1-810.0%20.0%
2着2-3-2-615.4%53.8%
3着1-2-0-512.5%37.5%
4着1-2-1-120.0%80.0%
5着0-1-1-20.0%50.0%
6-9着3-1-3-259.4%21.9%
10-着2-1-2-672.8%6.9%

前走5着以内の好走率が高めです。前走重賞組は着差をつけられていても巻き返しは可能ですが前走1600万下、オープン特別の場合は1.0秒差以上負けていると3着以内がありません。

前走タイム差(負けている場合)

・0.0~0.2秒差(2-1-1-7)
・0.3~0.5秒差(1-5-2-8)
・0.6~0.9秒差(2-4-3-19)
・1.0秒差以上(4-0-3-72)

アルター、カレンラストショー、コウキチョウサン、マサハヤダイヤ、ネイチャーレットが前走オープン特別以下で1秒差以上のタイム差で敗れています。

中山記念週は突如人気沸騰中のあのサイトで!かなり使えます「TAZUNA」
人気沸騰中のTAZUNA
人気の理由が一発でわかる的中の数々をご覧ください。

■直近の重賞的中実績
クイーンカップ(4点1,200円→58,200円)
京都記念☆  (6点1,000円→170,600円)
東京新聞杯  (6点1,000円→181,900円)
きさらぎ賞  (24点200円→ 283,920円)




この的中全てに言えること。
”少ない点数でドンピシャ的中!!”

フロックでも何でもない!!
今週は中山記念週。ここのサイトの本当の凄さを味わってください!
土・日重賞含めた4鞍無料提供!平場の1鞍ワイド馬券も2,3点勝負でプラスです。
この予想が無料なら登録して損はありません!

中山記念週の買い目を無料で見る!

ステイヤーズステークス データ推奨馬



※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.