JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

アルテミスステークス2018予想|過去6年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

2018年10月27日(土)
アルテミスステークス(GⅢ)
東京競馬場・芝1600m

ソウルスターリングの半妹シェーングランツやミスエルテの半妹ミディオーサなどが揃った今年のアルテミスS。2012年に新設された重賞のため、過去6年分のデータ分析と予想になります。

アルテミスステークス 予想オッズと有力馬

馬名騎手オッズ
グレイシア田辺2.5
シェーングランツ武豊3.3
ミディオーサモレイラ4.2
ウインゼノビア松岡6.6
エールヴォア浜中7.2
トスアップ藤岡佑9.5
グレイシア

父:ダイワメジャー
新潟の新馬戦は逃げて6馬身差の圧勝、アスター賞では出遅れて最後方から大外一気の差し切り勝ち。まだ粗削りな部分はありますがアスター賞はメジャーエンブレムやノームコアを輩出した出世レースでもあり、ここでも期待。

シェーングランツ

父:ディープインパクト
ソウルスターリングの半妹で父はディープインパクト。新馬戦は5着に敗れましたが未勝利戦では2着に5馬身差をつける楽勝。タイム指数的にも優秀な内容で血統的に東京コースに変わるのもプラス。

ミディオーサ

父:ディープインパクト
ミスエルテの半妹でこちらも父ディープインパクト。東京の新馬戦、新潟の未勝利戦と共に最速の上がりをマークしており、堀厩舎に預けられていることからも将来を期待される1頭です。

ウインゼノビア

父:スクリーンヒーロー
東京マイルで新馬2着→未勝利1着と勝ち上がり、札幌のクローバー賞では好スタートから主導権を握り直線突き放す完勝。立ち回りも上手く現時点での完成度はかなり高そうです。

「柴崎節」が炸裂するハイヴォルテージは見逃せない!
馬体診断を得意とする柴崎幸夫氏が監修する「ハイヴォルテージ
マイルCSの馬体診断の見解が待ち遠しい!
見解が出るまで、過去の実績を見たり色々と検証してみませんか?

過去の高配当実績を並べてみました。

☆10月28日(日) 東京10R 3連単2,126,200円獲得!
☆10月28日(日) 新潟09R 3連単2,895,900円獲得!
☆10月27日(土) 東京09R 3連単1,835,400円獲得!
☆10月21日(日) 京都11R 3連単1,005,900円獲得!
☆10月20日(土) 新潟11R 3連単4,391,600円獲得!
☆10月20日(土) 新潟10R 3連単1,390,600円獲得!
☆10月14日(日) 新潟08R 3連単1,974,900円獲得!
☆10月13日(土) 京都11R 3連単1,385,200円獲得!

なんと!マイルCSのステップレースでもある「富士S」も的中させてます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■2018年10月20日(土)
東京11R「富士S」3連単 96,500円獲得!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毎週2回の更新でユーザーを楽しませてくれている「柴ブロ

★毎週火曜日
先週の重賞結果から次週の重賞注目馬について「柴崎節」が炸裂!
★毎週金曜日
登録確定後に週中に入った極上の情報と柴崎氏注目馬を公開!

柴ブロは必ずチェックして下さい!

今週の無料情報は「11月18日(日)京都11R マイルCS」です。
⇒今すぐサイトを見に行く

アルテミスステークスのコース分析

東京芝1600mの特徴


スタート後直線が続くため枠順による有利不利は小さいコース。好走馬のその後を見るとマイルから中距離で活躍している馬が多いのが特徴です。

東京芝1600m 種牡馬データ


アルテミスSではディープ産駒が(0-2-1-7)と1着がありませんが、ハーツクライ産駒が(2-0-0-6)、ダイワメジャー産駒が(1-1-0-2)となっておりサンデー系が圧倒的に強いレースです。

また母父ではノーザンダンサー系が強く人気薄で勝ったデンコウアンジュやココロノアイも母父ノーザンダンサー系、またノーザンダンサーのクロスを持っていました。

父ダイワメジャー、母父ホワイトマズルでノーザンダンサーのクロスを持っているグレイシアは血統面からは文句無し。他にはエールヴォア、ブラックダンサーが父サンデー系×母父ノーザンダンサー系という配合です。

アルテミスステークスの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-0-233.3%66.7%
2番人気2-1-0-333.3%50.0%
3番人気0-0-0-60.0%0.0%
4番人気0-1-1-40.0%33.3%
5番人気0-0-2-40.0%33.3%
6番人気0-1-1-40.0%33.3%
7-9番人気1-0-1-165.6%11.1%
10-番人気1-1-1-442.1%6.4%

1~2番人気はまずまず信頼できますが、12番人気のデンコウアンジュや9番人気のココロノアイが優勝したように荒れる要素もアリ。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-0-0-910.0%10.0%
2枠0-2-2-80.0%33.3%
3枠1-0-1-108.3%16.7%
4枠0-2-0-90.0%18.2%
5枠0-0-1-110.0%8.3%
6枠0-1-1-100.0%16.7%
7枠1-0-1-146.3%12.5%
8枠3-1-0-1218.8%25.0%

8枠の勝率と2枠の複勝率が目立ちます。前走頭数では13~17頭立てのレースだった馬の1着が無く、重賞を使ってきたアズマヘリテージ、アフランシールがこれに該当します。

前走頭数

・18頭(3-1-1-12)
・13~17頭(0-2-3-40)
・12頭(3-3-2-31)

馬番

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号3-4-3-396.1%20.4%
奇数番号3-2-3-445.8%15.4%

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-2-0-40.0%33.3%
先行2-0-4-1310.5%31.6%
差し3-3-2-426.0%16.0%
追込1-1-0-243.8%7.7%

長い直線の東京コースなので脚質での有利不利は小さいです。過去6年の優勝馬の共通点は前走で上がり3Fが3位以内+前走4角4番手以下の2点です。

有力馬ではグレイシア、ミディオーサ、ミリオンドリームズが両方とも該当します。ウインゼノビア、シェーングランツ、ビーチサンバ、トスアップ、エールヴォアは前走4角3番手以内でした。

前走上がり3F

・1位(4-2-1-24)
・2~3位(2-3-3-26)
・4位以下(0-1-2-31)

前走4角位置

・1~3番手(0-3-3-26)
・4番手以下(6-3-3-57)

アルテミスステークスの傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦1-1-1-253.6%10.7%
2戦4-3-3-2810.5%26.3%
3戦1-1-0-185.0%10.0%
4戦0-0-1-80.0%11.1%
5戦0-1-1-20.0%50.0%
6戦~0-0-0-20.0%0.0%

キャリア2戦が優勢です。キャリア1戦で3着以内に入った3頭は当日5番人気以内でした。トスアップ、ビーチサンバ、ミリオンドリームズの3頭は当日のオッズが重要です。

生月

生月着度数勝率複勝率
1月1-0-2-512.5%37.5%
2月1-1-0-194.8%9.5%
3月1-1-1-243.7%11.1%
4月3-4-2-239.4%28.1%
5月0-0-1-110.0%8.3%

1月生まれ、4月生まれの複勝率が高めです。有力馬ではグレイシアシェーングランツが1月生まれでミディオーサ、ビーチサンバが4月生まれです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-4-2-573.1%12.3%
栗東4-2-4-2411.8%29.4%
地方0-0-0-20.0%0.0%

馬券内に占める割合では半々に近いですが、出走数に対しては関西馬が優勢です。

騎手

・乗り替わり(4-4-2-41)
・継続騎乗(2-2-4-42)

騎手は乗り替わりの方が良く継続騎乗は当日6番人気以内が(2-2-3-15)、7番人気以下が(0-0-1-27)となっており人気薄+継続騎乗はマイナス評価。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4392-1-3-256.5%19.4%
440-4592-2-1-276.3%15.6%
460-4791-0-2-145.9%17.6%
480-4991-3-0-145.6%22.2%
500-5190-0-0-30.0%0.0%

馬体重による差はそれほど無さそうですが、9番人気で勝ったココロノアイと12番人気で勝ったデンコウアンジュはどちらも440~459kgの範囲でした。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増2-2-2-315.4%16.2%
増減無1-1-1-107.7%23.1%
今回減3-3-3-425.9%17.6%

アルテミスステークスの前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅡ1-0-0-150.0%50.0%
GⅢ0-1-1-100.0%16.7%
オープン1-1-1-126.7%20.0%
500万0-2-1-220.0%12.0%
未勝利3-1-2-1117.6%35.3%
新馬戦1-1-1-253.6%10.7%

未勝利戦組が勝率・複勝率共に良く1着馬は全て前走1600m以上から出ています。前走1800mが(2-1-1-12)、前走1600mが(4-3-3-40)とこの2つの距離が中心。

主な前走

・未勝利(3-1-2-11)
・新馬(1-1-1-25)
・札幌2歳S(0-1-1-3)
・りんどう賞(0-1-0-3)
・アスター賞(0-1-0-3)
・サフラン賞(0-0-1-13)
・クローバー賞(0-0-1-1)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-3-4-233.2%25.8%
2番人気3-0-0-925.0%25.0%
3番人気0-1-0-120.0%7.7%
4番人気0-0-0-80.0%0.0%
5番人気1-1-1-710.0%30.0%
6-9番人気1-1-1-145.9%17.6%
10-番人気0-0-0-100.0%0.0%

前走2番人気以内の複勝率が高めです。特に新馬戦・未勝利戦からの好走馬はほぼ前走2番人気以内から。500万クラスは5番人気以内が目安でオープンクラスは人気不問。

前走新馬戦

・2番人気以内(1-1-1-15)
・3番人気以下(0-0-0-10)

前走未勝利戦

・2番人気以内(2-1-2-6)
・3番人気以下(1-0-0-5)

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着5-3-4-439.1%21.8%
2着0-0-1-90.0%10.0%
3着0-2-1-70.0%30.0%
4着1-0-0-516.7%16.7%
5着0-1-0-30.0%25.0%
6-9着0-0-0-110.0%0.0%
10-着0-0-0-50.0%0.0%

新馬組、未勝利組が多いため基本的には前走1着馬が中心です。前走3着以下から馬券に絡んだ5頭中4頭が前走オープンクラス。例外は昨年13番人気で2着のサヤカチャンで前走りんどう賞5着でした。

アルテミスステークス データ推奨馬

※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


エリ女3連単12点で仕留める馬券師Gマイスターを筆頭に!!
---------------------------------------------
池野新   ≪IQ 145の合理主義者≫
金子秀二  ≪獣医師免許を有する馬体派≫
押山龍勇斗 ≪理解不能の博才≫
佐久間佑介 ≪佐久間式ラップギア理論≫
柳井ハリス ≪本場イギリスからの刺客≫
諸積優衣  ≪148cmの努力家≫
成田博臣  ≪『土古のオミ』と呼ばれた男≫
三浦久寛  ≪元官僚、大手町の予想家≫
---------------------------------------------
総勢20名弱から好きな馬券師選んで毎週1人1回情報もらえます。
こんな企画初めて見ました!無料お試し依頼!!


気にいらなければ別の馬券師に翌週浮気OKなんです。
一度実績を見てみてください⇒⇒馬券師全員の少点数的中実績を見る

マイルCSに馬券師全員が準備開始してます。
まずは無料でいろんな馬券師を戯れてみてください。↓のバナーをCLICK(無料)



10月20日 京都9R 壬生特別

【爆勝ち】三連単・軸1頭マルチ
02 → 08、09、10
点数:18点 推奨:1,000円
投資合計:18,000円 → 2,922,600円

⇒ガチで帯封狙いなら迷わずココ


的中率の高い無料情報【贈】をまずは試してみて下さい♪

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.