JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

富士ステークス2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

2018年10月20日(土)
富士ステークス(GⅢ)
東京競馬場・芝1600m

マイルCSを目指すペルシアンナイトやエアスピネルらが出走予定。
過去10年分のデータ分析と予想です。

富士ステークス 予想オッズと有力馬

馬名騎手オッズ
エアスピネル福永2.6
ペルシアンナイトデムーロ2.8
ワントゥワンモレイラ5.9
ロジクライルメール6.2
ジャンダルム武豊8.3
レッドアヴァンセ北村友10.5
エアスピネル

父:キングカメハメハ
マイラーズC3着後は半年休養し、昨年も勝ったこのレースで始動。5歳世代の中ではトップクラスの能力ですが、安田記念では6着まで4歳馬が占めるなど下の世代が強く、過度な期待は危険かもしれません。

ペルシアンナイト

父:ハービンジャー
安田記念は直線で前が壁になるなど実力を発揮しきれずに6着。昨年は不良馬場の影響もあり東京苦手という訳ではありませんが、休み明けの成績が奮わないことと59kgの斤量などマイナス面が多いです。

ワントゥワン

父:ディープインパクト
切れ味鋭いディープ産駒で関屋記念、京成杯AHでは続けて2着と牡馬に混じっても劣らない末脚が魅力。脚質が完全に追い込みなので、阪神牝馬Sのようなスローになるとあっさり負ける可能性も。

ロジクライ

父:ハーツクライ
久々の重賞挑戦となったマイラーズCこそ7着に敗れましたが、夏場の中京記念、京成杯AHで好走しGⅢなら十分戦える能力があります。ルメール騎手を確保できたことで今回は賞金を加算したい所。

「柴崎節」が炸裂するハイヴォルテージは見逃せない!
馬体診断を得意とする柴崎幸夫氏が監修する「ハイヴォルテージ
マイルCSの馬体診断の見解が待ち遠しい!
見解が出るまで、過去の実績を見たり色々と検証してみませんか?

過去の高配当実績を並べてみました。

☆10月28日(日) 東京10R 3連単2,126,200円獲得!
☆10月28日(日) 新潟09R 3連単2,895,900円獲得!
☆10月27日(土) 東京09R 3連単1,835,400円獲得!
☆10月21日(日) 京都11R 3連単1,005,900円獲得!
☆10月20日(土) 新潟11R 3連単4,391,600円獲得!
☆10月20日(土) 新潟10R 3連単1,390,600円獲得!
☆10月14日(日) 新潟08R 3連単1,974,900円獲得!
☆10月13日(土) 京都11R 3連単1,385,200円獲得!

なんと!マイルCSのステップレースでもある「富士S」も的中させてます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■2018年10月20日(土)
東京11R「富士S」3連単 96,500円獲得!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毎週2回の更新でユーザーを楽しませてくれている「柴ブロ

★毎週火曜日
先週の重賞結果から次週の重賞注目馬について「柴崎節」が炸裂!
★毎週金曜日
登録確定後に週中に入った極上の情報と柴崎氏注目馬を公開!

柴ブロは必ずチェックして下さい!

今週の無料情報は「11月18日(日)京都11R マイルCS」です。
⇒今すぐサイトを見に行く

富士ステークスのコース分析

東京芝1600mの特徴


スタート後直線が続くため枠順による有利不利は小さいコース。マルターズアポジーウインガニオンがいることでペースはそれなりに流れそうです。

東京芝1600m 種牡馬データ


ディープインパクト産駒が(3-3-1-7)と強いコースで、ワントゥワンレッドアヴァンセガリバルディの3頭がディープ産駒。特にレッドアヴァンセはクラレントやレッドアリオンの下で、東京マイルが非常に得意な血統です。

また母父ではサンデーサイレンスが(4-1-2-16)でこちらはペルシアンナイト、エアスピネル、ヤングマンパワー、ジャンダルムが該当。それ以外では母父ノーザンダンサー系>ミスプロ系といった感じです。

富士ステークスの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-1-0-630.0%40.0%
2番人気2-0-1-720.0%30.0%
3番人気1-1-1-710.0%30.0%
4番人気2-2-0-620.0%40.0%
5番人気1-1-2-610.0%40.0%
6番人気1-1-0-810.0%20.0%
7-9番人気0-1-1-280.0%6.7%
10-番人気0-3-5-630.0%11.3%

1着馬は6番人気以内から出ていますが、昨年のクルーガーのように10番人気以下の馬が2~3着に来ることが多く、人気馬を抑えつつ三連系の馬券で高配当も期待できるレースです。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-1-0-160.0%5.9%
2枠2-1-1-1510.5%21.1%
3枠2-0-2-1510.5%21.1%
4枠1-3-0-155.3%21.1%
5枠2-1-1-1510.0%21.1%
6枠0-1-2-170.0%15.0%
7枠1-1-4-174.3%26.1%
8枠2-2-0-218.0%16.0%

1枠の成績が悪い以外は差はなく、2枠以降なら枠順はあまり気にしなくても良さそうです。人気に対しては5枠と7枠がやや好走しやすい傾向。

馬番(偶数・奇数)

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号3-4-5-663.8%15.4%
奇数番号7-6-5-658.4%21.7%

馬番では3番が(3-1-0-6)でトップの成績。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-0-100.0%0.0%
先行4-3-6-299.5%31.0%
差し5-5-1-537.8%17.2%
追込1-2-3-392.2%13.3%

逃げ馬は過去10年で馬券に絡んでおらず、先行と差しが半々くらいの成績。

長い東京の直線ですが、前走上がり3Fが1位だった馬が(1-0-2-16)複勝率15.8%に対して、上がり3F6位以下だった馬が(7-5-5-60)複勝率22.1%と成績が良いのも特徴。

ペルシアンナイトは前走上がりは6位、エアスピネルは3位。頭数の多い京成杯AH組ではワントゥワンが上がり1位、ストーミーシーが3位、ロジクライヤングパンパワーなど他の馬は6位以下でした。

富士ステークスの傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳3-1-3-347.3%17.1%
4歳4-3-3-1218.2%45.5%
5歳3-3-3-317.5%22.5%
6歳0-3-0-330.0%8.3%
7歳0-0-0-140.0%0.0%
8歳上0-0-1-150.0%6.3%

4歳馬の成績が良く3~5歳の若い馬が中心です。また5歳以上になると関東馬が(2-4-1-34)に対して関西馬が(1-2-3-50)とやや関東馬が優勢ですが、関東馬は全て9番人気以内なのに対して関西馬で馬券になった6頭中5頭が11番人気以下でした。大穴なら5歳以上の関西馬がお勧めです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-7-5-595.3%14.7%
栗東6-3-5-707.1%16.7%
地方0-0-0-20.0%0.0%

上で5歳馬は関東馬が良いと書きましたが、4歳馬は関西馬が強く(3-1-2-4)という成績。ペルシアンナイトは59kgの斤量が不安点ですがこのデータからは非常に有力です。

また騎手では戸崎騎手が(2-1-0-2)で唯一の2勝、ルメール騎手は(0-3-0-0)で3年連続2着です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4391-0-0-150.0%50.0%
440-4590-1-0-130.0%7.1%
460-4795-1-2-3511.6%18.6%
480-4991-5-5-431.9%20.4%
500-5192-0-2-276.5%12.9%
520~1-3-1-125.9%29.4%

近年は460~479kgの馬がよく勝っています。500~519kgの複勝率は低めですが人気サイドが少ないためで馬体重による差はあまり無さそうです。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増2-7-4-572.9%18.6%
増減無0-0-2-210.0%8.7%
今回減8-3-4-5211.9%22.4%

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
54.03-1-2-2011.5%23.1%
55.00-1-1-90.0%18.2%
56.02-4-4-752.4%11.8%
57.05-1-2-2216.7%26.7%
58.00-3-1-30.0%57.1%
59.00-0-0-10.0%0.0%

最も多い56kgでの1着は2011年のエイシンアポロンまで遡ります。古馬なら斤量が重い方が好走していますが、59kgを背負ったのは2010年3番人気14着のショウワモダンのみ。

今回57kgはエアスピネル、クルーガー、ヒーズインラブの3頭です。

富士ステークスの前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-3-0-217.7%19.2%
GⅡ3-0-3-1117.6%35.3%
GⅢ3-7-2-534.6%18.5%
オープン2-0-4-335.1%15.4%
1600万0-0-1-80.0%11.1%

前走クラスやレースは幅広く、夏競馬を使ってきた馬もいれば休み明けの馬でも好走可。前走距離は1600m組が(6-7-4-84)と多く、前走1400m以下は連対無し。

主な前走

・ポートアイランドS(2-0-1-23)
・京成杯AH(1-3-1-24)
・安田記念(1-3-0-8)
・ダービー卿CT(1-1-0-2)
・毎日王冠(1-0-0-5)
・関屋記念(1-0-0-9)
・ラジオNIKKEI賞(0-1-1-3)
・エプソムC(0-1-0-4)
・NHKマイルC(0-0-0-6)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-3-0-204.2%16.7%
2番人気2-1-4-813.3%46.7%
3番人気1-0-2-145.9%17.6%
4番人気1-1-1-89.1%27.3%
5番人気2-0-0-1313.3%13.3%
6-9番人気2-3-1-354.9%14.6%
10-番人気1-2-2-322.7%13.5%

前走2番人気馬が何故か好調で、特に2012年以降に絞ると(2-1-4-2)と好走続き。オカルトに近いデータですが今年はペルシアンナイトロジクライが該当するため無視できないデータです。それ以外は基本的には人気不問。

前走京成杯AH

・2番人気以内(1-1-1-4)
・3番人気以下(0-2-0-20)

京成杯AH組は2番人気以内の成績が良く、ロジクライが該当します。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着3-1-2-2111.1%22.2%
2着1-2-1-145.6%22.2%
3着0-0-1-130.0%7.1%
4着2-0-1-1312.5%18.8%
5着1-1-0-711.1%22.2%
6-9着1-3-3-332.5%17.5%
10-着2-3-2-305.4%18.9%

前走着順は幅広く、大敗から巻き返しているケースも多いです。

富士ステークス データ推奨馬

※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


エリ女3連単12点で仕留める馬券師Gマイスターを筆頭に!!
---------------------------------------------
池野新   ≪IQ 145の合理主義者≫
金子秀二  ≪獣医師免許を有する馬体派≫
押山龍勇斗 ≪理解不能の博才≫
佐久間佑介 ≪佐久間式ラップギア理論≫
柳井ハリス ≪本場イギリスからの刺客≫
諸積優衣  ≪148cmの努力家≫
成田博臣  ≪『土古のオミ』と呼ばれた男≫
三浦久寛  ≪元官僚、大手町の予想家≫
---------------------------------------------
総勢20名弱から好きな馬券師選んで毎週1人1回情報もらえます。
こんな企画初めて見ました!無料お試し依頼!!


気にいらなければ別の馬券師に翌週浮気OKなんです。
一度実績を見てみてください⇒⇒馬券師全員の少点数的中実績を見る

マイルCSに馬券師全員が準備開始してます。
まずは無料でいろんな馬券師を戯れてみてください。↓のバナーをCLICK(無料)



10月20日 京都9R 壬生特別

【爆勝ち】三連単・軸1頭マルチ
02 → 08、09、10
点数:18点 推奨:1,000円
投資合計:18,000円 → 2,922,600円

⇒ガチで帯封狙いなら迷わずココ


的中率の高い無料情報【贈】をまずは試してみて下さい♪

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.