JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

武蔵野ステークス2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
2018年11月10日(土)
武蔵野ステークス(GⅢ)
東京競馬場・ダート1600m

東京巧者のサンライズノヴァやインカンテーション、ダートで底を見せていないウェスタールンドなどが出走予定。過去10年分のデータ分析と予想です。

武蔵野ステークス 予想オッズと有力馬

サンライズノヴァ 2.3倍

昨年のこのレースでは12着に大敗しましたが、その後は6戦連続で東京ダートを使われフェブラリーS4着以外は全て連対。完全な追い込みタイプなので展開次第で差し損ねる可能性はあります。

インカンテーション 3.5倍

8歳にして全く衰えを感じさせず、2月のフェブラリーSでも0.1秒差の3着と健闘。過去にはフェブラリーS2着や昨年の武蔵野S1着などコース実績から言えば馬券からは外せない1頭です。

ウェスタールンド 5.4倍

夏にダートに転向し1000万、1600万と連勝。シリウスSでは最後方から一気に脚を伸ばしオメガパフュームにクビ差まで迫る2着。6歳馬ですがダートでは底を見せていないのが魅力です。

ナムラミラクル 7.6倍

グリーンチャンネルCではサンライズノヴァに3/4馬身差の2着。東京コースでは安定していますが今回は藤懸騎手からルメール騎手に乗り替わり予定。人気面ではかなり影響がありそうです。

  • 父:スパイキュール
  • 前走:グリーンチャンネルC 4番人気2着
「柴崎節」が炸裂するハイヴォルテージは見逃せない!
馬体診断を得意とする柴崎幸夫氏が監修する「ハイヴォルテージ
マイルCSの馬体診断の見解が待ち遠しい!
見解が出るまで、過去の実績を見たり色々と検証してみませんか?

過去の高配当実績を並べてみました。

☆10月28日(日) 東京10R 3連単2,126,200円獲得!
☆10月28日(日) 新潟09R 3連単2,895,900円獲得!
☆10月27日(土) 東京09R 3連単1,835,400円獲得!
☆10月21日(日) 京都11R 3連単1,005,900円獲得!
☆10月20日(土) 新潟11R 3連単4,391,600円獲得!
☆10月20日(土) 新潟10R 3連単1,390,600円獲得!
☆10月14日(日) 新潟08R 3連単1,974,900円獲得!
☆10月13日(土) 京都11R 3連単1,385,200円獲得!

なんと!マイルCSのステップレースでもある「富士S」も的中させてます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■2018年10月20日(土)
東京11R「富士S」3連単 96,500円獲得!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毎週2回の更新でユーザーを楽しませてくれている「柴ブロ

★毎週火曜日
先週の重賞結果から次週の重賞注目馬について「柴崎節」が炸裂!
★毎週金曜日
登録確定後に週中に入った極上の情報と柴崎氏注目馬を公開!

柴ブロは必ずチェックして下さい!

今週の無料情報は「11月18日(日)京都11R マイルCS」です。
⇒今すぐサイトを見に行く

武蔵野ステークスのコース分析

東京ダート1600mの特徴


JRA唯一のダート1600mですが、スタート後約150mは芝コースとなっており、長く芝を走れる外枠が有利なコースです。前半のペースが速くなりがちで、クラスが上がるほど差しや追い込みが届くようになります。

東京ダート1600mm 種牡馬データ


ゴールドアリュール産駒はフェブラリーSでは断トツの成績ですが、昨年のサンライズノヴァも12着に敗れるなど武蔵野Sでのゴールドアリュール産駒は(0-1-0-9)と奮いません。

キングカメハメハやプリサイスエンドなどミスプロ系が7勝を挙げるなど他を圧倒しています。母父もミスプロ系が強く、過去10年の優勝馬でミスプロの血を持たないのは2009年のワンダーアキュートのみでした。

有力馬ではクインズサターン、ゴールデンバローズ、ナムラミラクルあたりが父・母系共にミスプロ系以外です。

武蔵野ステークスの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-2-420.0%60.0%
2番人気1-1-0-810.0%20.0%
3番人気0-1-1-80.0%20.0%
4番人気1-3-0-610.0%40.0%
5番人気2-1-0-720.0%30.0%
6番人気2-0-2-620.0%40.0%
7-9番人気2-1-3-246.7%20.0%
10-番人気0-1-2-650.0%4.4%

1番人気の複勝率は60%とそこそこ信頼できますが、2~3番人気が不振で4~6番人気の方が成績・回収値共に高めです。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-2-1-160.0%15.8%
2枠2-1-2-1410.5%26.3%
3枠2-0-1-1710.0%15.0%
4枠1-1-3-155.0%25.0%
5枠0-1-0-190.0%5.0%
6枠3-1-2-1415.0%30.0%
7枠1-2-1-165.0%20.0%
8枠1-2-0-175.0%15.0%

芝スタートですが外枠の成績がそれほど良くはありません。人気より好走しやすいのは2~3枠で外枠は人気になりやすいため人気より着順を落としがちです。

馬番(偶数・奇数)

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号5-4-2-686.3%13.9%
奇数番号5-6-8-606.3%24.1%

奇数番号の複勝率が高く、馬番では11番(2-0-2-6)と13番(1-2-1-6)が複勝率40%でトップ。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-0-0-820.0%20.0%
先行2-5-5-245.6%33.3%
差し4-4-2-556.2%15.4%
追込2-1-3-414.3%12.8%

直線は500mと長く、脚質による有利不利はそれほどありません。

武蔵野ステークスの傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳4-3-3-1814.3%35.7%
4歳1-1-2-243.6%14.3%
5歳3-3-2-327.5%20.0%
6歳1-3-2-243.3%20.0%
7歳1-0-1-234.0%8.0%
8歳上0-0-0-70.0%0.0%

3歳馬の成績が断トツですが今年は登録馬無し。ただ若い方が良いということでもなく4歳馬よりは5~6歳の方が馬券になっています。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-0-2-374.9%9.8%
栗東8-10-8-916.8%22.2%

関西馬が圧倒的に優勢で、関東馬は4頭中3頭が当日2番人気以内。例外は2009年ワイルドワンダーでフェブラリーS2着や根岸S1着の実績がありました。今年の関東馬はイーグルフェザーゴールデンバローズ、グレンツェントなどが登録していますが人気サイドまではならなそうです。

騎手データ

・三浦皇成(1-3-0-2)
・戸崎圭太(1-1-1-4)
・ルメール(2-0-0-2)
・蛯名正義(0-1-1-5)

三浦騎手は昨年のインカンテーションなどこのレースと相性が良く、戸崎騎手は昨年、一昨年と1番人気馬を飛ばしており馬券に絡んだ3回は5~7番人気という内容です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4390-0-0-10.0%0.0%
440-4591-0-1-612.5%25.0%
460-4791-0-0-234.2%4.2%
480-4994-3-1-359.3%18.6%
500-5192-3-4-364.4%20.0%
520-5392-3-3-216.9%27.6%
540~0-1-1-60.0%25.0%

480kg以上が目安で馬格がある馬ほど複勝率は安定していきますが、大きな差はないのでそれほど気にしなくても良さそうです。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増5-4-6-596.8%20.3%
増減無1-1-2-223.8%15.4%
今回減4-5-2-476.9%19.0%

武蔵野ステークスの前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-1-1-80.0%20.0%
GⅡ0-0-0-20.0%0.0%
GⅢ2-0-2-266.7%13.3%
オープン3-5-3-534.7%17.2%
1600万2-0-2-1510.5%21.1%
地方3-4-2-249.1%27.3%

前走距離では1600mは(1-4-3-24)と勝率が低めですが2~3着が多め。勝ち馬は1400mからの延長か2000m以上からの短縮のどちらかから出ることが多いのが特徴です。

ダートは番組変更が多く特定のローテーションが良いというものはありませんが、前走東京が(4-5-6-51)と多くなっています。前走は東京か地方が多く、他場から馬券に絡んだのは2012年6番人気3着のダノンカモン(前走中京)まで遡ります。

ローテーションとしては前走東京のサンライズノヴァ、ナムラミラクル、イーグルフェザーや地方のメイショウウタゲあたりがデータ的には良く、ウェスタールンドインカンテーション、ユラノトあたりはやや割引きです。

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-3-3-1615.4%38.5%
2番人気2-2-1-246.9%17.2%
3番人気3-2-1-1613.6%27.3%
4番人気1-3-1-174.5%22.7%
5番人気0-0-0-100.0%0.0%
6-9番人気0-0-3-250.0%10.7%
10-番人気0-0-1-200.0%4.8%

過去10年の連対馬20頭は全て前走4番人気以内でした。6番人気以下から3着に入った4頭中3頭は重賞組。例外は2016年のカフジテイクで前走オープンのグリーンチャンネルCを6番人気で制していました。

有力馬ではウェスタールンド、クインズサターンは前走シリウスSで下位人気だったのでデータ的には3着までか。サンライズノヴァ、インカンテーション、ナムラミラクル、ユラノトあたりが前走4番人気以内です。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着7-3-3-2817.1%31.7%
2着0-2-1-130.0%18.8%
3着1-3-0-107.1%28.6%
4着1-0-1-136.7%13.3%
5着0-1-2-120.0%20.0%
6-9着1-1-1-283.2%9.7%
10-着0-0-2-230.0%8.0%

前走1着馬の勝率が高く、今年はサンライズノヴァ、イーグルフェザー、ダンツゴウユウ、パルトネルラーフ、ユラノトが前走1着です。

前走オープン特別

・1着(2-3-1-10)
・2~4着(1-1-2-11)
・5着以下(0-1-0-32)

前走オープン特別は4着以内がほぼ必須。ゴールデンバローズ、マイネルオフィール、モルトベーネあたりは前走5着以下なのでマイナスです。

武蔵野ステークス データ推奨馬

※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


エリ女3連単12点で仕留める馬券師Gマイスターを筆頭に!!
---------------------------------------------
池野新   ≪IQ 145の合理主義者≫
金子秀二  ≪獣医師免許を有する馬体派≫
押山龍勇斗 ≪理解不能の博才≫
佐久間佑介 ≪佐久間式ラップギア理論≫
柳井ハリス ≪本場イギリスからの刺客≫
諸積優衣  ≪148cmの努力家≫
成田博臣  ≪『土古のオミ』と呼ばれた男≫
三浦久寛  ≪元官僚、大手町の予想家≫
---------------------------------------------
総勢20名弱から好きな馬券師選んで毎週1人1回情報もらえます。
こんな企画初めて見ました!無料お試し依頼!!


気にいらなければ別の馬券師に翌週浮気OKなんです。
一度実績を見てみてください⇒⇒馬券師全員の少点数的中実績を見る

マイルCSに馬券師全員が準備開始してます。
まずは無料でいろんな馬券師を戯れてみてください。↓のバナーをCLICK(無料)



10月20日 京都9R 壬生特別

【爆勝ち】三連単・軸1頭マルチ
02 → 08、09、10
点数:18点 推奨:1,000円
投資合計:18,000円 → 2,922,600円

⇒ガチで帯封狙いなら迷わずココ


的中率の高い無料情報【贈】をまずは試してみて下さい♪

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.