JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

ラジオNIKKEI賞2019予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
2019年6月30日(日)
ラジオNIKKEI賞(GⅢ)
福島競馬場・芝1800m

中山で開催された2011年を除く、過去10年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

古くは残念ダービーと言われていた3歳限定の重賞ですが、昨年はこのレース2着のフィエールマンが菊花賞を制覇。スクリーンヒーローやソングオブウインドもこのレース2着から後にGⅠを制しました。

ラジオNIKKEI賞の傾向
  • 1~3枠の人気馬が強い
  • 黒鹿毛・青鹿毛○、栗毛×
  • 前走東京組が強い(1800m除く)

それでは2019年ラジオNIKKEI賞のデータ分析を行なっていきます。

ラジオNIKKEI賞 登録馬

実績馬では毎日杯優勝のランスオブプラーナ、弥生賞3着のブレイキングドーン、スプリングS3着のディキシーナイトらが登録しています。

他ではマイネルサーパス、ヒシイグアス、ブレイブメジャー、アドマイヤスコールなどかなりの混戦模様。


無料買い目が絶好調!マイルCS、エリ女連続的中!



マイルCS:インディチャンプ軸で的中!
→3連複3,200×400=12,800円獲得◎(228%回収)
エリザベス女王杯:ラヴズオンリーユー軸で的中!
→3連複4,060×400=16,240円獲得◎(290%回収)

マイルCSはダノンキングリー、エリザベス女王杯はクロノジェネシスを軸にして外した方も多いと思います。ここの軸馬はガチで参考になるので、無料買い目を見て自分の予想と比較してみるのがお勧めです。

【Gプレミオ】この秋の重賞でも小点数で高配当連発!


グロリアのお勧めコンテンツはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】

今週は「ジャパンC(G1)」週。グロリアは毎週土日2鞍ずつの計4鞍無料配信です!

グロリアの無料買い目をチェック!
↑無料買い目はメール登録で確認できます。エントリーはお早目に!

ラジオNIKKEI賞のコース分析

福島芝1800mの特徴


直線スタンド前からスタートしコースを1週するコース。直線が短く前に行く馬が有利なので先行争いが激しくなり、テンが速くなりがちです。

福島コースは4コーナーから直線にかけて下り坂になっているため、近年のラジオNIKKEI賞ではラスト3~4ハロンで11秒台後半のラップを刻むレースが多く見られます。

福島芝1800m 種牡馬データ


ラジオNIKKEI賞では過去10年の勝ち馬は全てサンデーサイレンス系です。ディープインパクトが(3-1-0-4)、マンハッタンカフェが(2-0-0-6)と好相性。相性が悪いのはダイワメジャー産駒で(0-1-0-12)。ディープ産駒はゴータイミング1頭のみの登録です。

他系統ではバゴ産駒が2018年キボウノダイチ、2015年ミュゼゴーストで好走していますが、非サンデー系は2~3着まで。

ラジオNIKKEI賞 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【10-7-2-62】

主な出走馬の血統分析

福島芝1800m 母父データ


ブライアンズタイム、シンボリクリスエスなどのロベルト系、エルコンドルパサーなどのキングマンボ系の相性が良さそうです。

また父サンデー系×母父ノーザンダンサー系が今年は7頭いますが、過去馬券に絡んだのは当日3番人気以内の馬のみです。

ラジオNIKKEI賞 母父別系統別データ

  • ロベルト系【3-1-0-8】
  • キングマンボ系【3-0-0-4】
  • ミスタープロスペクター系【1-2-2-11】
  • ボールドルーラー系【1-0-2-1】

有力馬ではセントウルが母父キングマンボです。

ラジオNIKKEI賞の傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-3-1-420.0%60.0%
2番人気3-1-1-530.0%50.0%
3番人気1-0-0-910.0%10.0%
4番人気0-1-0-90.0%10.0%
5番人気2-0-2-620.0%40.0%
6番人気0-1-1-80.0%20.0%
7-9番人気2-2-3-236.7%23.3%
10-番人気0-2-2-590.0%6.3%

1番人気、2番人気が揃って飛ぶことはあまりなく、過去5年間の優勝馬は全て単勝10倍以内なので頭は人気サイドからが無難です。

3番人気以下は人気順はアテになりませんが、3年連続で9番人気馬が馬券に絡んでいます。

単勝オッズ別データ

  • 4.9倍以下【4-3-1-5】

単勝オッズ5.0~19.9倍は成績の差はほぼありません。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-0-1-165.6%11.1%
2枠3-3-3-916.7%50.0%
3枠1-1-2-145.6%22.2%
4枠0-1-0-180.0%5.3%
5枠1-1-1-175.0%15.0%
6枠1-3-0-165.0%20.0%
7枠1-0-0-195.0%5.0%
8枠2-1-3-1410.0%30.0%

枠順では2枠の成績が断トツです。当日5番人気以内+2枠に絞ると(2-2-2-1)で唯一3着を外した2016年のアップクォークも4着。

また当日3番人気以内+1~3枠も(4-2-1-3)なので、まずは1~3枠に入った有力馬をチェック。

馬番データ

  • 偶数枠【5-7-2-62】
  • 奇数枠【5-3-8-61】

馬番では3番(1-0-3-6)、4番(1-3-0-6)、6番(1-2-1-6)が複勝率40%で並んでいます。他では11番(2-1-0-7)、15番(0-1-2-5)あたりもまずまず。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-2-3-70.0%41.7%
先行5-4-2-3012.2%26.8%
差し4-2-2-418.2%16.3%
追込1-2-3-442.0%12.0%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%

人気馬なら脚質による偏りはそれほどありませんが、人気薄を狙うなら前で競馬が出来る馬。

また昨年のメイショウテッコン、キボウノダイチ、2017年のウインガナドル、2016年のクラリティシチーと前走4角先頭だった馬が3年連続で好走しています。

今年は前走4角先頭だったのはサヴォワールエメ、ダディーズマインド、ブラッドストーンの3頭。

前走上がり3F

  • 2位以内【5-3-2-36】
  • 3~5位【2-3-3-29】
  • 6位以下【3-4-5-57】

前走上がり2位以内で信頼できるのは、前走距離が1800~2000mだった馬です。該当するのはギルマ、レッドアネモスの2頭。

前走4角位置

  • 3番手以内【1-5-3-45】
  • 4番手以下【9-5-7-78】

1着馬は前走4角4番手以下から出ることが多いレースです。前走4角3番手以内から勝ったのは昨年のメイショウテッコン。

また前走4角先頭は(1-3-1-9)ですが、2~3番手は(0-2-2-36)とイマイチ。有力馬ではアドマイヤスコール、セントウル、ディキシーナイト、ヒシイグアス、ブレイブメジャー、ランスオブプラーナ、レッドアネモスが前走4角2~3番手に該当します。

ラジオNIKKEI賞の傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
-2戦1-1-1-220.0%60.0%
3戦0-0-0-20.0%0.0%
4戦1-0-1-146.3%12.5%
5戦3-0-1-1317.6%23.5%
6戦1-3-1-204.0%20.0%
7戦1-2-2-223.7%18.5%
8戦1-2-1-184.5%18.2%
9戦1-0-0-118.3%8.3%
10戦-1-2-3-213.7%22.2%

キャリアは幅広く出ていますが近年はキャリア6戦以下が優勢。

毛色別データ

  • 鹿毛【3-4-7-58】
  • 黒鹿毛【4-2-3-15】
  • 栗毛【1-3-0-28】
  • 芦毛【0-0-0-9】
  • 青鹿毛【2-0-0-7】

毛色データは井崎先生が時々やっていますが、このレースは黒鹿毛・青鹿毛が強く栗毛が不振

昨年9番人気3着のキボウノダイチ、2017年8番人気2着のウインガナドル、9番人気3着のロードリベラルは全て黒鹿毛です。また昨年優勝のメイショウテッコンは青鹿毛でした。

栗毛は2012年のヤマニンファラオ以降は19頭が出走していますが3着以内がありません。

黒鹿毛はショウナンバルディ、セントウル、ブラッドストーン、ブレイキングドーン、マイネルサーパス、ランスオブプラーナの6頭。青鹿毛はヒシイグアス、ヒルノダカールの2頭。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦8-7-8-718.5%24.5%
栗東2-3-2-523.4%11.9%

関西馬の出走もそこそこ多いレースですが、成績・回収値共に関東馬優勢です。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-3-6-41】
  • 乗り替わり【4-7-4-82】

騎手別では戸崎騎手、内田騎手など関東騎手の成績が良く関西騎手は割引き。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-0-2-136.3%18.8%
440-4591-2-4-292.8%19.4%
460-4791-5-1-382.2%15.6%
480-4995-3-1-2514.7%26.5%
500-5190-0-1-110.0%8.3%
520-5392-0-1-622.2%33.3%
540-0-0-0-10.0%0.0%

複勝率が高いのは480~499kgですが、毛色別の馬体重データにも特徴があります。

黒鹿毛は馬体重による偏りはなし。鹿毛は440~479kgか520kg以上の成績が良く、480~499kgはイマイチ。栗毛は全体的に振るわないと上のデータで紹介しましたが、好走馬は480~499kgに集中しています。

今年は栗毛が2頭しかいないので鹿毛の480~499kgを調べてみると、有力馬ではアドマイヤスコール、ギルマ、ダディーズマインド、ブレイブメジャーあたりが該当しそうです。

前走との馬体重差

  • +体重【3-7-3-60】
  • 増減無【1-1-1-19】
  • -体重【6-2-6-73】

ラジオNIKKEI賞の前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-2-3-200.0%20.0%
GⅡ2-0-0-1115.4%15.4%
GⅢ0-0-0-90.0%0.0%
オープン3-5-2-239.1%30.3%
1000万3-0-2-1316.7%27.8%
500万2-3-3-463.7%14.8%

クラシック路線を歩んできた馬よりも、秋に向けて素質馬・上がり馬の勢いに期待したいレースです。

主な前走

  • プリンシパルS【2-2-1-8】
  • 青葉賞【2-0-0-5】
  • 白百合S【1-3-0-11】
  • NHKマイルC【0-1-3-6】

前走距離

  • ~1400m【0-0-1-5】
  • 1600m【3-2-5-40】
  • 1800m【2-4-2-35】
  • 2000m【3-3-2-18】
  • 2200m~【2-1-0-24】

前走場所

  • 東京【8-6-7-66】
  • 中山【0-1-0-10】
  • 京都【1-2-2-21】
  • 阪神【0-0-1-13】

前走東京組が圧倒的ですが、1600、2000、2400m組は安定しているのに対して1800m組は(0-0-1-12)と不振。

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-3-2-1715.4%34.6%
2番人気1-0-1-146.3%12.5%
3番人気3-0-0-827.3%27.3%
4番人気0-2-0-110.0%15.4%
5番人気0-0-0-90.0%0.0%
6-9番人気0-2-7-340.0%20.9%
10-番人気2-3-0-305.7%14.3%

前走オープン特別以下は人気馬優勢、重賞組は前走5番人気以内が(0-0-0-8)とさっぱりで、6番人気以下だった馬の方が好走しています。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着5-3-3-478.6%19.0%
2着0-2-0-60.0%25.0%
3着1-1-0-514.3%28.6%
4着1-0-1-810.0%20.0%
5着0-1-0-50.0%16.7%
6-9着2-2-3-197.7%26.9%
10-着1-1-3-332.6%13.2%

500万組は前走1着がほぼ必須です。1000万組は6着以下からの巻き返しが多く、オープン特別組は5着以内が優勢です。

前走重賞

  • 9着以内【2-2-1-15】
  • 10着以下【0-0-2-25】

前走重賞組は10着以下だと連対がありません。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.9秒差以内【5-6-3-43】
  • 1.0秒差以上【0-1-4-33】

前走で1秒以上タイム差をつけられている馬は3着まで。

また前走東京組の出走が多いレースですが、前走勝っている場合は0.1~0.2秒差をつけていると○。敗れている場合は0.3~0.9秒で敗れている馬の巻き返しが多いのが特徴です。

ラジオNIKKEI賞 注目馬



ダディーズマインド

きんもくせい特別でマイネルサーパスの3着。皐月賞では14番枠から積極的に道中2番手につけて直線見せ場もあり、人気を考えれば大健闘と言える内容。中山1800、福島1800で勝っているように小回り1800mは現状ではベスト。

ディープインパクト系種牡馬が強いレースであり、またレース実績はありませんが母父フレンチデピュティはコース相性が良い血統。netkeibaの予想オッズでは低評価ですが、皐月賞が内容が濃いレースだったのでそこそこの人気にはなると思います。

 

マイネルサーパス

1週開催が遅れたプリンシパルSから中1週でダービーと厳しいローテだったので、疲れが残っていないかは気になりますが、同コースのきんもくせい特別はダノンチェイサーを破り2歳レコードで勝利。

非サンデー系ですが、2017年は同じくきんもくせい特別を勝ったロードリベラルが9番人気で3着に好走しておりコース実績からは外せません。今年は先行勢の有力馬が多く、前走4角4番手以下なのも○。

 

レッドアネモス

昨年のメイショウテッコンと同じ白百合Sからのローテ。ヴィクトワールピサ産駒らしく1800mに距離延長してからは前で粘れる競馬が出来ており、1戦1戦成長を感じさせる内容。関東騎手が強いレースですが、北村友騎手は関西所属の割に福島で乗る機会もそれなりに多く、結果も残しています。

新馬戦ではマイネルサーパスやヴィッテルスバッハ、サフラン賞ではコントラチェックやジョディーを破っており、地力は十分にあります。ここで好走すれば秋華賞でも楽しみな存在。

 

その他

枠順による偏りも大きいレースなので現時点で絞り込むのは難しいですが、血統面で面白そうなのはディープブリランテ産駒で母父バゴのショーヒデキラと母父メジロマックイーンのヒルノダカール。ローテーションからはプリンシパルS組のインテンスライト

この3頭は共に前走4角4番手以下で差す競馬をしてきた馬。今年は近年あまり振るわない前走4角2~3番手の有力馬が多いため、枠順次第では人気薄の差し馬が面白そうです。

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© 重賞ナビ , 2019 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。