JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

東京スポーツ杯2歳ステークス2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
2018年11月17日(土)
東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)
東京競馬場・芝1800m

ワグネリアン、ディープブリランテなどを輩出した、クラシックに向けての2歳の最重要レース。過去10年分のデータ分析と予想です。

東スポ杯2歳S 予想オッズと有力馬

ルヴォルグ 2.6倍

今回と同じ東京芝1800mの新馬戦では2着に4馬身差をつける圧勝。レースでは番手につけて直線追われてからの反応も良く、新馬戦の内容としては満点と言える内容でした。

ヴェロックス 3.0倍

野路菊Sでは断然の1番人気に推されましたがカテドラルに半馬身差遅れての2着。血統面からは成長力はありそうですが、今回ルメール騎手に乗り替わりでクラシックに向け賞金を確保したい所です。

カテドラル 3.8倍

前走野路菊Sではヴェロックスを抑えての逃げ切り勝ち。道中息の入る流れで展開に恵まれた面はありましたが、中京の新馬戦、野路菊Sを連勝というローテは昨年のワグネリアンと同じです。

ヴァンドギャルド 5.7倍

新馬戦では出遅れや直線やや進路取りのロスはありましたが、着差以上の強さを感じる勝利でした。新馬戦で3着に破ったメイショウショウブがデイリー杯で2着に好走したことで評価も上昇。

今週は3重賞の買い目を無料公開!


フローラS三連単8点344,040円
福島牝馬S三連単9点46,690円
皐月賞Gマイスター三連単6点35,120円
馬券師Gマイスターは先週も10点以下で的中させてきてましたね。



福島中央テレビ杯も12点的中!10番人気からの1着のカネトシブレス入れてきてましたね。
馬券師岩崎さんも元トラックマンなのでやはり頼りになりますね。 こんな的中が飛び交うので毎週楽しみなサイトさんなんです。
ただはじめての方はまずは無料情報からチェックしてみてください。

→(前日無料配信)重賞厳選買い目
メール送ると確認メールくるのでクリックしてログインしてみてください。

東スポ杯2歳Sのコース分析

東京芝1800mの特徴


スタート後すぐに2コーナーに斜めに進路を取るため内枠が有利なコース形態となっています。3コーナーまでの距離が長いため前半は比較的ゆったり流れ、直線の瞬発力勝負になることが多いです。

 

東京芝1800m 種牡馬データ


東スポ杯ではディープインパクト産駒が(2-2-2-9)、キングカメハメハ産駒が(2-0-1-2)とこの2頭の産駒が好走しています。ルヴォルグ、ヴァンドギャルド、ダノンラスター、ゴータイミングの4頭がディープ産駒です。

ハーツクライ産駒はスワーヴリチャードの2着はありますが(0-2-0-4)。ジャスタウェイも4着に敗れており、2歳秋時点の完成度ではディープ産駒の方がやや上か。

東スポ杯2歳Sの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気5-2-1-250.0%80.0%
2番人気2-2-0-620.0%40.0%
3番人気0-3-1-60.0%40.0%
4番人気2-2-1-520.0%50.0%
5番人気0-0-1-80.0%11.1%
6番人気0-0-1-90.0%10.0%
7-9番人気1-0-4-233.6%17.9%
10-番人気0-1-1-430.0%4.4%

1番人気馬の複勝率は80%と堅実ですが、昨年のワグネリアン以前は4年連続で1番人気馬が敗れていました。

また下位人気で勝ったのは2008年のナカヤマフェスタ。以降9年は全て4番人気以内の馬が勝っており1着固定なら4番人気以内、単勝オッズは10倍以内が目安です。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠4-0-2-633.3%50.0%
2枠0-2-0-130.0%13.3%
3枠1-0-2-136.3%18.8%
4枠1-0-1-155.9%11.8%
5枠0-1-2-130.0%18.8%
6枠1-0-2-155.6%16.7%
7枠2-2-1-1410.5%26.3%
8枠1-5-0-135.3%31.6%

内外極端な枠の成績が良く、人気より好走しやすいのは6~8枠です。7番人気以下を狙うなら馬番で10番前後に入った差しタイプが狙い目。

馬番

馬番着度数勝率複勝率
偶数番号4-4-5-496.5%21.0%
奇数番号6-6-5-538.6%24.3%

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-1-120.0%7.7%
先行5-2-1-2714.3%22.9%
差し2-4-5-324.7%25.6%
追込3-4-3-317.3%24.4%

直線の長い東京コースなので、脚質の有利不利はなく実力がそのまま結果に繋がりやすいレースです。

前走上がり3F

・2位以内(9-8-8-58)
・3位以下(1-1-2-43)

殆どの馬が2位以内に該当します。前走の上がり3Fが3位以下だったのはアガラス、トーラスジェミニ、ナイママ、ハクサンタイヨウ、ラバストーンの5頭。

東スポ杯2歳Sの傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦4-1-3-2014.3%28.6%
2戦4-9-3-308.7%34.8%
3戦2-0-1-315.9%8.8%
4戦0-0-2-140.0%12.5%
5戦0-0-1-20.0%33.3%
6戦~0-0-0-50.0%0.0%

キャリア1戦と2戦の勝利数は4勝ずつですが、2着にはキャリア2戦の馬が入ることが多いのが特徴です。

生月別データ

生月着度数勝率複勝率
1月0-1-2-20.0%60.0%
2月3-3-3-317.5%22.5%
3月2-5-3-364.3%21.7%
4月2-1-1-266.7%13.3%
5月3-0-1-727.3%36.4%

今年の登録馬では1月生まれは不在、5月生まれはホウオウサーベル1頭です。それ以外では大きな差はありません。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦5-6-7-586.6%23.7%
栗東5-3-3-449.1%20.0%
地方0-1-0-00.0%100.0%

関東馬は2番人気以内の成績が(3-4-0-0)で連対率100%となっています。ルヴォルグが2番人気以内ならデータ的には鉄板。

関西馬は1番人気が(4-0-1-2)ですが2番人気が(0-0-0-6)、3~4番人気は(1-3-1-7)とまずまずですが5番人気以下は(0-0-1-29)。

カテドラル、クリノガウディー、ゴータイミング、ヴァンドギャルド、ヴェロックスの5頭が関西馬ですが当日の人気には要注意。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4390-1-0-90.0%10.0%
440-4594-0-3-1617.4%30.4%
460-4793-0-2-2510.0%16.7%
480-4993-8-3-356.1%28.6%
500-5190-1-2-120.0%20.0%
520~0-0-0-50.0%0.0%

440kg以下の軽量馬、500kg以上の大型馬は1着がありません。前走馬体重ではトーセンギムレット、ルヴォルグが500kgを超えています。

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増4-4-5-476.7%21.7%
増減無3-2-2-1812.0%28.0%
今回減3-4-3-376.4%21.3%

東スポ杯2歳Sの前走データ

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅡ0-0-0-20.0%0.0%
GⅢ2-1-0-1411.8%17.6%
オープン3-3-3-288.1%24.3%
500万0-1-0-110.0%8.3%
未勝利1-3-4-262.9%23.5%
新馬戦4-1-3-2014.3%28.6%

回収値が高いのは新馬・未勝利組で500万下以上は人気馬が中心です。オープン特別は2013年までのいちょうS(1-2-1-10)が含まれますが、3年連続で前走オープンクラスだった馬が優勝しています。

前走距離は1800mが(7-2-6-48)、次いで1600m(3-3-3-34)となっており前走2000mは(0-4-1-13)で2着は多いのですが1着がありません。

また前走のコース別では阪神、京都、東京が中心で新潟や中山をつかってきた馬は不振です。ホウオウサーベルが前走新潟なので割引き。

主な前走

・札幌2歳S(1-0-0-7)
・萩S(1-0-0-5)
・野路菊S(1-0-0-2)
・サウジアラビアRC(1-0-0-0)
・新潟2歳S(0-1-0-7)
・アイビーS(0-0-2-2)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-7-3-279.8%34.1%
2番人気2-2-3-1310.0%35.0%
3番人気4-1-1-1025.0%37.5%
4番人気0-0-2-180.0%10.0%
5番人気0-0-0-60.0%0.0%
6-9番人気0-0-1-210.0%4.5%
10-番人気0-0-0-70.0%0.0%

優勝馬は全て前走3番人気以内から出ています。新馬戦やオープン特別などは3番人気以内であればOKですが、前走未勝利戦だけは1番人気がほぼ必須。

前走新馬戦組ではクリノガウディー、ゴータイミングが4番人気以下となりマイナス評価です。

前走未勝利戦

・1番人気(1-3-3-10)
・2番人気以下(0-0-1-15)

未勝利戦2番人気以下から好走したのは2012年3着のインプロヴァイズで、ムーア騎手が騎乗していました。今年はアドマイヤスコール、メイスンハナフブキ共に2番人気以下なので軽視で良さそうです。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着9-8-8-5910.7%29.8%
2着1-1-1-117.1%21.4%
3着0-0-1-60.0%14.3%
4着0-1-0-20.0%33.3%
5着0-0-0-70.0%0.0%
6-9着0-0-0-110.0%0.0%
10-着0-0-0-60.0%0.0%

ほぼ前走1着馬ですが、前走オープンクラスで敗れていた場合は0.2秒差以内なら巻き返し可能です。

また前走タイム差無しで勝っていた馬は(1-0-3-18)と不振です。優勝した1頭も2008年9番人気のナカヤマフェスタ(前走新馬戦)。

アドマイヤスコール、ゴータイミング、ニシノデイジー、メイスンハナフブキが前走タイム差無しの1着でした。

血統に特化した新サイト「血統ウィナーズ」

1982~2015年まで中央現場記者が転身。
福島民報杯では好走したカデナ11人気をとらえて100万馬券的中!
━━━━━━━━━
的中率 :★★★★☆
回収率 :★★★★★
血統理論:★★★★★
地方予想:★★★☆☆
━━━━━━━━━
無料メルマガ登録のみで確認可能です。

→血統研究家の無料予想
確認メールきたらクリックしてログインしてみてください。

東スポ杯2歳S データ推奨馬



※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の最終予想はコチラ


毎週金曜夜~土曜に公開。他の競馬ブロガーさんの予想印も見れるので参考になります。

主な出走馬の血統分析

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.