函館スプリントステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

函館スプリントステークス【GⅢ】
2021/6/13(日)
札幌競馬場・芝1200m

過去8年分の函館スプリントSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

函館スプリントS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 カレンモエ
2番人気 コントラチェック
3番人気 シゲルピンクルビー
4番人気 ビアンフェ
5番人気 ギルデッドミラー

参考:netkeiba.com

スプリント重賞で2戦連続2着のカレンモエが予想オッズ1番人気。オーシャンSでは11番人気ながらカレンモエを抑えて優勝したコントラチェックが2番人気に推されています。

3番人気以下は今年のフィリーズレビュー優勝馬シゲルピンクルビー、スプリント重賞で賞のビアンフェ、他には昨年のNHKマイルC3着馬ギルデッドミラー、阪急杯2着のミッキーブリランテあたりが続きます。

函館スプリントS コース&血統分析

札幌芝1200m 参考データ

札幌芝1200mの特徴

向こう正面のポケットからスタート。3コーナーまでの直線は約410mですが最後の直線は270m弱と長く、高低差も殆どないので先行馬が有利なコースです。

また洋芝で行われるため時計がかかり、欧州血統やパワーのある馬が活躍する傾向があります。

重賞ナビ

札幌競馬場・芝1200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、札幌芝…

父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-9-5-65】
  • ミスタープロスペクター系【3-4-2-23】
  • フェアリーキング系【3-1-0-9】
  • ストームキャット系【2-2-1-15】
  • ダンジグ系(欧)【2-0-0-6】
  • ディープインパクト系【1-2-2-8】

サンデー系ではダイワメジャー、キンシャサノキセキの成績が良く、ノーザンダンサー系はフェアリーキング系など欧州型が好成績。米国型ではストームキャット系は健闘しています。

母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【6-2-7-50】
  • ミスタープロスペクター系【4-4-4-35】
  • ダンジグ系(米)【3-2-1-9】
  • ヴァイスリージエント系【2-1-0-17】
  • ヘイロー系【1-1-1-6】

母系は米国型ノーザンダンサー系の成績が良く、サンデー系も好成績。この2系統は回収値も高く穴も期待できます。ミスプロ系やロベルト系は人気馬優勢。

函館スプリントS 傾向データ①

札幌芝1200m 参考データ

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠3-1-3-2210.3%24.1%
2枠1-2-1-273.2%12.9%
3枠2-2-2-305.6%16.7%
4枠2-5-1-295.4%21.6%
5枠0-2-5-320.0%17.9%
6枠5-2-2-3112.5%22.5%
7枠4-1-3-349.5%19.0%
8枠4-6-4-289.5%33.3%

好走馬がやや外枠に固まっているように見えますが、今回集計したレースが開催2~3週目に多く、今年は開催1週目(2日目)の開催になります。当日の馬場傾向はわかりませんが、上の表よりは内有利になる可能性は十分考えられます。

馬番データ

  • 偶数馬番【8-10-12-115】
  • 奇数馬番【13-11-9-118】

このコースで行われるキーンランドCでは特に馬番11~16番に好走馬が多いのが特徴です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-2-3-149.5%33.3%
先行7-7-11-519.2%32.9%
差し10-9-5-829.4%22.6%
追込2-3-2-852.2%7.6%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%

スタートから3コーナーまでの直線が410m、コーナーを回って最後の直線が266mと最後の直線が短いため4角後方では届きません。

性別で見ると牡馬は前に行った馬ほど複勝率が高く、牝馬は脚質による成績の差はありません。キーンランドCでも昨年のディメンシオン、2015年のウキヨノカゼなど人気薄の差し馬が好走しています。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-0-1-303.1%6.3%
440-4595-2-6-448.8%22.8%
460-4795-6-8-586.5%24.7%
480-4997-8-3-609.0%23.1%
500-5191-3-1-322.7%13.5%
520-2-2-2-913.3%40.0%

520kg以上は人気馬が多かったこともあり特に有利という訳ではありません。牝馬はあまり馬格には左右されず、牡馬は500kg以上よりも500kg未満の方が回収値が高めです。

前走との馬体重差

  • +体重【10-7-6-110】
  • 増減無【3-4-3-33】
  • -体重【6-8-12-89】

函館スプリントS 傾向データ②

函館スプリントS 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-0-2-512.5%37.5%
2番人気0-2-0-60.0%25.0%
3番人気2-0-2-425.0%50.0%
4-6番人気3-3-1-1712.5%29.2%
7-9番人気1-0-2-194.5%13.6%
10番人気-1-3-1-392.3%11.4%

上位人気馬の成績があまり良くありませんが、3年連続で当日3番人気以内から2頭3着以内に入っています。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-1-5-337.1%21.4%
栗東5-7-3-576.9%20.8%

複勝率では差はありませんが、当日6番人気以下は関東馬が(1-0-1-24)、関西馬が(2-4-2-40)と人気薄なら関西馬から。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳2-2-2-814.3%42.9%
4歳1-2-3-115.9%35.3%
5歳3-1-2-308.3%16.7%
6歳1-2-0-233.8%11.5%
7歳-1-1-1-184.8%14.3%

3歳馬が52kg(牝馬50kg)で出走でき成績も抜群。1kg斤量が上がるキーンランドCでは3歳馬の複勝率は15%と大きく落ちます。

3歳馬はスプリンターでも春に1400~1600mを使わざるを得ない場合も多く、2015年12番人気3着のレンイングランドのようにスプリント適性のある馬に注意。

今年はシゲルピンクルビー、リンゴアメの2頭が3歳馬です。

騎手データ

  • 継続騎乗【3-3-2-42】
  • 乗り替わり【5-5-6-48】

人気馬は継続騎乗・乗り替わりで成績に差はありません。当日6番人気以下は継続騎乗が(0-1-0-27)、乗り替わりが(3-3-3-37)と乗り替わりの成績が抜群です。

前走との斤量差(4歳以上)

  • +斤量【4-0-1-30】
  • 増減無【1-3-3-23】
  • -斤量【1-3-2-29】

3歳馬はまず斤量減になるため4歳以上でのデータです。当日5番人気以内は斤量が±0kg以上の成績が良く、斤量減だと(1-0-1-13)と不振。

函館スプリントS 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ4-2-4-2411.8%29.4%
GⅡ2-0-1-818.2%27.3%
GⅢ0-1-0-70.0%12.5%
リステッド0-1-0-30.0%25.0%
オープン1-4-2-422.0%14.3%
3勝1-0-1-612.5%25.0%

前走GⅠ組の中でもマイルGⅠ組は(2-2-2-7)で複勝率46.2%。高松宮記念組は人気に推される事は多いものの成績はイマイチで、好走した3頭中2頭は当日1番人気でした。

主な前走

  • 高松宮記念【2-0-1-17】
  • 京王杯SC【2-0-1-7】
  • 桜花賞【2-0-0-1】
  • 韋駄天S【1-1-0-10】
  • ヴィクトリアマイル【0-1-1-2】
  • NHKマイルC【0-1-1-4】

前走距離

  • 1000m【1-1-0-10】
  • 1200m【3-3-3-45】
  • 1400m【2-2-2-26】
  • 1600m【2-2-2-9】

前走場所

  • 東京【2-2-4-20】
  • 中山【0-0-0-8】
  • 京都【1-4-0-27】
  • 阪神【2-1-1-3】
  • 中京【2-0-1-19】
  • 福島【0-0-1-3】
  • 新潟【1-1-0-10】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-0-1-514.3%28.6%
2番人気0-0-1-50.0%16.7%
3番人気0-2-0-40.0%0.0%
4番人気2-1-2-618.2%45.5%
5番人気1-1-0-810.0%20.0%
6-9番人気1-2-1-174.8%19.0%
10番人気-3-2-3-445.8%15.4%

前走6番人気以下からの巻き返しはほぼ重賞組。オープン特別組は前走5番人気以内が目安です。

前走オープン特別

  • 5番人気以内【1-4-2-15】
  • 6番人気以下【0-1-0-30】

アスタールビー、タイセイアベニール、ロードアクアが前走オープン特別で6番人気以下。

前走1200m

  • 4番人気以内【2-2-2-11】
  • 5番人気以下【1-1-1-34】

前走5番人気以下で好走した3頭中2頭は前走高松宮記念、もう1頭は2019年のアスターペガサスで葵Sを13番人気で2着。

アスタールビー、カツジ、コロラトゥーレ、コントラチェック、スギノヴォルケーノ、センショウユウト、タイセイアベニール、ビアンフェ、マイネルアルケミー、リンゴアメ、ロードアクアが前走1200mで5番人気以下。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-1-3-125.9%29.4%
2着0-1-1-60.0%25.0%
3着1-1-1-414.3%42.9%
4着0-1-0-40.0%20.0%
5着0-0-0-50.0%0.0%
6-9着2-0-0-1810.0%10.0%
10着-4-4-3-407.8%21.6%

こちらも前走下位着順で好走しているのは重賞組で、オープン特別組は前走4着以内が目安です。

前走オープン特別

  • 4着以内【0-4-2-16】
  • 5着以下【1-1-0-29】

前走5着以下で好走したのは除外馬多数で7頭立てだった2019年のカイザーメランジェ、前走ダートだった昨年のダイメイフジの2頭。

アスタールビー、アルピニズム、ケープコッド、ジョーアラビカ、スギノヴォルケーノ、ルッジェーロ、ロードアクアが前走オープン特別で5着以下。

前走タイム差(1200m・2着以下)

  • 0.2秒差以内【1-2-1-5】
  • 0.3秒差以上【1-0-1-33】

前走1200m組は敗れている場合0.2秒差以内が目安。0.3秒差以上敗れていて優勝したのは2014年のガルボで前走は高松宮記念。

前走1200mで1着または0.2秒差以内だったのはカレンモエ、コントラチェック、センショウユウト、ナランフレグ、マイネルアルケミーの5頭。

函館スプリントS データまとめ

買いデータ

ダイワメジャー、キンシャサノキセキ産駒
母父米国型ノーザンダンサー系、サンデー系
逃げ・先行馬
1200m実績のある3歳馬
前走マイルGⅠ

消しデータ

差し・追い込みの牡馬
当日6番人気以下の関東馬
当日6番人気以下+継続騎乗
前走オープン特別で6番人気+5着以下
前走1200mで5番人気以下(高松宮記念を除く)
前走1200mで0.3秒差以上負け

函館スプリントS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎カレンモエ
○シゲルピンクルビー
▲ケープコッド
△コントラチェック
△ビアンフェ
△アルピニズム

カレンモエは前走オーシャンSでタイム差無しの2着。母娘制覇が懸かるため人気は集中しそうですが血統的・データ的にも特に割引き要素はありません。乗り替わりになりますが過去騎乗経験のある鮫島騎手、コース成績上位の安田厩舎と軸としては信頼できそうです。

シゲルピンクルビーは1200mは初めてになりますが、モーリス産駒は昨年の札幌芝では6戦全て3着以内と抜群の成績。マイルの内容からも距離は短い方が良い可能性は高く、重賞勝ちの実績がありながら50kgで出走できるのは大きなアドバンテージです。

ケープコッドはコース成績の良いダイワメジャー産駒×母父ミスプロ系の配合。前走は着順のみを見ると足りませんがハイペースの中先行してある程度粘っており、2歳時に北海道で騎乗していた吉田隼騎手への乗り替わりは楽しみです。

コントラチェックも前走関連のデータでは特に問題ありませんが、1200mではテンが速い方ではないため敗れた2戦のように内枠に入るとスタート次第で持ち味を活かせない危険性も。あとはスプリント重賞2勝と実績上位のビアンフェ、大穴で父が欧州型ノーザンダンサー系のアルピニズム

最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。