函館記念予想|過去の傾向とデータ分析

函館記念【GⅢ】
2020/7/19(日) 函館競馬場・芝2000m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

七夕賞に続くサマー2000シリーズの第2戦。昨年は1番人気マイスタイルが逃げ切り優勝しましたが、過去8年で1~2番人気が(2-0-0-14)と上位人気の信頼度が低く荒れやすい重賞です。

それでは2020年函館記念のデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
根岸ステークス
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

函館記念 登録馬

ハンデ未定のため人気は割れ加減ですが、予想オッズでは重賞実績のあるニシノデイジー、レイエンダの2頭に人気が集まっています。

3番手にはエプソムCを18番人気で3着、巴賞を優勝と波に乗るトーラスジェミニ、2年以上の休養明けで巴賞6着のベストアプローチ、同じく巴賞組で前走1番人気だったレッドサイオン、メトロポリタンS4着のカウディーリョなどが続きます。

函館記念 コース分析

函館芝2000mの特徴

直線入り口奥のポケットからのスタートで、1コーナーまでの長さは約480mと長いため1800mよりも前傾ラップになるのが特徴。洋芝のため上がり平均も36秒台とキレより持続力が必要なコースです。

函館記念 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-4-4-55】
  • ロベルト系【1-2-1-8】
  • グレイソヴリン系【1-0-0-7】
  • サドラーズウェルズ系【1-0-0-4】
  • フェアリーキング系【1-0-0-0】

サンデー系ではステイゴールド産駒が(1-1-2-9)、ロベルト系はシンボリクリスエスが好成績。ディープインパクト産駒は(0-1-0-9)で、大系統ではミスプロ系も(0-1-3-15)とイマイチ。

函館記念 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-2-2-27】
  • ロベルト系【1-0-1-8】
  • ダンジグ系【1-0-0-7】
  • フォーティナイナー系【1-0-0-1】
  • リファール系【0-1-1-4】

母父サンデーサイレンスが(2-2-0-21)ですが率としてはそれほど高くはありません。

好走馬の血統表で目立つのはボールドルーラー系。過去8年の連対馬16頭中10頭が5代目までにボールドルーラー系を持っており、これを持たない場合はネヴァーベンド系やリボー系が入っているとプラス。

コースデータ

重賞ナビ

函館競馬場・芝2000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、函館芝…

函館記念 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-0-0-712.5%12.5%
2番人気1-0-0-712.5%12.5%
3番人気3-0-1-437.5%50.0%
4-6番人気3-0-0-2112.5%12.5%
7-9番人気0-5-6-130.0%45.8%
10-番人気0-3-1-510.0%7.3%

1~2番人気の成績が振るわない一方で、過去8年では7~9番人気の馬が毎年1頭以上馬券に絡んでいます。特に前走巴賞+当日7~9番人気が(0-3-2-5)と目立った成績。

また1番人気で優勝したマイスタイル、2番人気で優勝したラブイズブーシェは共に前年の五稜郭Sを勝っていました。このレースは他にもレインボーダリア、サトノガーネット、フラアンジェリコなど後の重賞馬や重賞好走馬を多数輩出しているレースです。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-1-2-120.0%20.0%
2枠3-2-1-1018.8%37.5%
3枠2-1-0-1312.5%18.8%
4枠2-2-0-1212.5%25.0%
5枠0-1-2-130.0%18.8%
6枠1-0-0-156.3%6.3%
7枠0-1-0-150.0%6.3%
8枠0-0-3-130.0%18.8%

好走馬は2~4枠に固まっています。特に良馬場だと内寄り優勢で、外枠決着となった2017年は重馬場でした。

馬番データ

  • 偶数枠【5-4-5-49】
  • 奇数枠【3-4-3-54】

馬番では3番(2-2-0-4)、6番(2-1-0-5)、8番(1-2-0-5)あたりが好成績。

枠順データ(良馬場)

  • 1~4枠【6-5-3-33】
  • 5~8枠【0-1-3-44】

馬番だと1~8番が(6-5-3-34)に対して9~16番は(0-1-3-43)となります。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ3-0-1-437.5%50.0%
先行3-5-4-1411.5%46.2%
差し1-3-3-442.0%13.7%
追込0-0-0-400.0%0.0%
マクリ1-0-0-150.0%50.0%

直線は262mと先行有利なコースで昨年も4角3番手以内の3頭でそのまま決着。コーナー4つの小回りコースで前半が極端に速くなることも少ないため先行・特に内枠の先行馬が有利です。

前走4角位置

  • 5番手以内【2-1-6-51】
  • 6番手以下【6-7-2-52】

先行有利なコースですが前走で特に先行している必要はなく、前走4角5番手以内で連対した3頭は当日3~4枠。

前走上がり3F

  • 1~3位【4-3-2-22】
  • 4~5位【0-1-1-21】
  • 6位以下【4-4-5-60】

前走上がり3位以内はカウディーリョ、ドンアルゴス、バイオスパーク、プレシャスブルー、ベストアプローチ、ミスマンマミーアの6頭。

前走上がり6位以下は当日偶数枠だと(4-3-2-29)、奇数枠だと(0-1-3-31)。

函館記念 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-0-1-20.0%33.3%
4歳1-3-1-87.7%38.5%
5歳3-0-4-269.1%21.2%
6歳2-1-2-348.7%21.7%
7歳-2-4-0-335.1%15.4%

若い馬の方が人気になりやすい傾向はありますが、2018年は7歳馬がワンツーを決めるなど年齢を重ねた馬でも好走可能です。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-4-2-506.7%16.7%
栗東4-4-6-536.0%20.9%

連対数では互角、複勝率では若干関西馬優勢です。関東馬は10番人気以下で(0-0-0-31)なので大穴狙いなら関西馬。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-3-3-49】
  • 乗り替わり【3-5-5-54】

生産者データ

  • 社台F【2-2-1-17】
  • ノーザンF【2-1-1-24】
  • ビッグレッドF【1-1-0-3】

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4591-1-2-126.3%25.0%
460-4793-2-4-239.4%28.1%
480-4992-4-1-335.0%17.5%
500-5191-1-0-224.2%8.3%
520-1-0-1-136.7%13.3%

人気に対しての好走が目立つのは500kg未満で、500kg以上はやや苦戦しています。

前走との馬体重差

  • +体重【4-2-2-41】
  • 増減無【0-1-1-22】
  • -体重【4-5-5-40】

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-53.00-2-1-140.0%17.6%
54.02-1-2-208.0%20.0%
55.0-55.52-1-3-188.3%25.0%
56.0-56.53-2-1-308.3%16.7%
57.0-57.51-1-1-194.5%13.6%
58.0-0-1-0-20.0%33.3%

56.5kg以上になると勝ち切れず、57kgは(0-0-0-12)と全滅。

前走との斤量差

  • +斤量【1-1-1-11】
  • 増減無【3-2-0-34】
  • -斤量【4-5-7-58】

今回斤量減になる馬の方が人気より好走しやすいのが特徴。また今回同斤量の馬は1~3枠だと(3-2-0-12)、4~8枠だと(0-0-0-22)。

函館記念 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-1-2-120.0%20.0%
GⅡ3-1-0-1218.8%25.0%
GⅢ3-2-3-259.1%24.2%
オープン2-4-2-493.5%14.0%
3勝0-0-1-30.0%25.0%

昨年の1~2着馬は前走巴賞で、オープン特別からの好走はほぼ巴賞。

主な前走

  • エプソムC【2-1-0-7】
  • 目黒記念【2-0-0-8】
  • 巴賞【1-4-2-38】
  • 鳴尾記念【1-0-1-8】

前走距離

  • 1600m【0-0-1-7】
  • 1800m【4-5-2-50】
  • 2000m【2-1-4-24】
  • 2200m【0-0-0-1】
  • 2400~2500m【2-1-0-12】
  • 2600m~【0-1-1-6】

前走場所

  • 東京【4-1-2-20】
  • 中山【0-1-0-7】
  • 京都【0-1-1-10】
  • 阪神【1-0-2-13】
  • 函館【1-4-2-42】
  • 福島【1-0-0-5】
  • 新潟【0-1-1-5】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-0-1-127.1%14.3%
2番人気2-0-0-722.2%22.2%
3番人気0-1-1-70.0%22.2%
4番人気0-0-2-60.0%25.0%
5番人気0-1-0-70.0%12.5%
6-9番人気4-4-3-358.7%23.9%
10-番人気1-2-1-293.0%12.1%

オープン特別組は前走5番人気以内がやや優勢、重賞組は前走下位人気の好走馬が目立ちます。

前走重賞

  • 5番人気以内【1-0-1-12】
  • 6~9番人気【4-3-3-18】
  • 10番人気以下【1-1-1-19】

前走重賞で6~9番人気+5着以内が(4-2-0-1)と好成績ですが、今年は該当馬無し。

前走オープン特別

  • 5番人気以内【2-2-2-22】
  • 6番人気以下【0-2-0-27】

カウディーリョ、トーラスジェミニ、ベストアプローチ、レッドサイオンの4頭が前走オープン特別で5番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-0-1-136.7%13.3%
2着1-0-0-614.3%14.3%
3着2-2-2-814.3%42.9%
4着0-0-0-70.0%0.0%
5着2-1-0-622.2%33.3%
6-9着2-2-2-256.5%13.6%
10-着0-3-3-380.0%13.6%

前走下位だった馬でも問題ありませんが、前走左回りだと5着以内が(4-1-1-3)に対して6着以下が(1-1-2-22)と好走していた馬が優勢。

また前走中央開催組は好走馬優勢で、巻き返しが多いのはローカル組。

前走中央開催

  • 5着以内【4-2-2-11】
  • 6着以下【1-1-3-39】

カウディーリョ、バイオスパークの2頭が前走中央開催で5着以内。

前走ローカル開催

  • 5着以内【2-1-1-29】
  • 6着以下【1-4-2-24】

前走巴賞は5着以内が(0-1-1-23)、6着以下が(1-3-1-15)と掲示板を外していた馬の方が複勝率が高く、今年はドゥオーモ、ナイトオブナイツ、ベストアプローチ、レッドサイオンの4頭が該当。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.9秒差以内【6-6-3-54】
  • 1.0秒差以上【1-2-4-36】

前走1秒以上敗れていて優勝したのは昨年1番人気のマイスタイル。

函館記念 データまとめ

  • ステイゴールド産駒、父ロベルト系○
  • ボールドルーラー系持ち◎、ネヴァーベンド系、リボー系持ち○
  • 1~2番人気は不振、前走巴賞+7~9番人気が好成績
  • 2~4枠・馬番で8番から内が好成績
  • 内枠の逃げ・先行馬が強い
  • 前走上がり6位以下は当日偶数枠なら
  • 関東馬+当日10番人気以下は割引き
  • 500kg以上はやや苦戦
  • 56.5kg以上が勝ち切れない
  • 重賞組は前走6~9番人気+5着以内の成績が良い
  • オープン特別組は前走5番人気以内の成績が良い
  • 前走中央開催・また左回りは5着以内○
  • 前走1秒以上敗れていると2~3着まで

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

函館記念 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎レイエンダ
○カウディーリョ
▲アドマイヤジャスタ
△バイオスパーク
△ベストアプローチ
△トーラスジェミニ

枠要素が大きくハンデも決まっていない現時点で絞り込むのは困難ですが、レイエンダは2年前の松前特別を1.59.3の好タイムで優勝。近走はマイル中心で差す競馬が多かったので前で競馬が出来ればといった所ですが、ハンデはやはり57kg以上になりそうなのでその点は割引き。

このコースでは母父サンデーサイレンスの存在感は大きく、前走内容や年齢・またハンデが重くならなそうということでカウディーリョが2番手。

アドマイヤジャスタは前走人気を考えれば健闘。コース成績の良いハーツクライを祖父に持ちボールドルーラー系も持ちます。バイオスパークもステイゴールドを祖父に持ち前走内容は問題無し。

あとは前走久々のレースでも上がり最速をマークしたベストアプローチ、内枠に入れば逃げ粘る可能性十分のトーラスジェミニなどが抑えですが、良馬場なら1~4枠が強いレースなので枠順が重要です。

テキストのコピーはできません。