平安ステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

平安ステークス【GⅢ】
2021/5/22(土)
中京競馬場・ダート1900m

過去8年分の平安Sのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

※今年は京都競馬場改修の影響で中京開催になるため、参考データとしてご覧頂ければ幸いです。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

平安S 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 アメリカンシード
2番人気 マスターフェンサー
3番人気 オーヴェルニュ
4番人気 ロードブレス
5番人気 マルシュロレーヌ

参考:netkeiba.com

予想オッズではマーチSでは大敗するも条件戦では楽勝続きだったアメリカンシードが1番人気。昨年地方交流重賞を3連勝したマスターフェンサー、東海Sの勝ち馬馬オーヴェルニュが2~3番人気。

以下アンタレスSで3着のロードブレス、地方交流重賞3勝のマルシュロレーヌ、同コースで行われたシリウスSで2着に入ったサクラアリュール、マスターフェンサーと同じジャスタウェイ産駒のヴェルテックスなどが続きます。

平安S コース&血統分析

中京ダート1900mの特徴

中京ダート1900mは主に2勝クラス以下で使用されるコース。基本的には1800mとほぼ同じで高低差が大きいコースのため、距離以上のスタミナを要するコースです。最後の直線は高低差1.8mの急坂があり、坂を上ったラスト200m強はほぼ平坦となっています。

重賞ナビ

中京競馬場・ダート1900mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中…

平安S 種牡馬別データ

  • ハーツクライ【3-0-0-10】
  • ゴールドアリュール【2-2-1-9】
  • ステイゴールド【2-0-2-4】
  • キングカメハメハ【1-3-2-8】
  • オルフェーヴル【1-2-0-3】
  • ディープインパクト【1-1-1-9】

スタミナを要するコースのためサンデー系やキングカメハメハが上位の成績でミスプロ系、ノーザンダンサー系は割引き。昨年シリウスSが行われましたが2着サクラアリュールはゴールドアリュール産駒、3着エイコーンはフリオーソ産駒でした。

平安S 母父系統別データ

  • ミスタープロスペクター系【5-6-2-34】
  • デピュティミニスター系【3-1-4-24】
  • サンデーサイレンス系【2-5-6-53】
  • キングマンボ系【2-1-3-15】
  • サドラーズウェルズ系【2-1-0-13】
  • ダンジグ系【0-5-0-10】

母父ミスプロ系は良馬場、デピュティミニスター系は稍重以上の方が複勝率が高く、母父ロベルト系は(0-0-3-20)とやや苦戦しています。

有力馬ではマスターフェンサーが母父デピュティミニスター系、サクラアリュール、ケンシンコウが母父ミスプロ系。

平安S 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-3-5-285.3%26.3%
2枠2-3-3-305.3%21.1%
3枠4-2-3-349.3%20.9%
4枠1-3-2-382.3%13.6%
5枠4-2-2-369.1%18.2%
6枠1-2-2-382.3%11.6%
7枠5-4-3-3211.4%27.3%
8枠4-4-3-348.9%24.4%

小頭数のレースもありますが、どちらかと内外極端な枠の成績が良く中枠はやや割引き。特に馬番1~2番、13~16番の複勝率が安定しています。

馬番データ

  • 偶数馬番【11-12-9-135】
  • 奇数馬番【12-11-14-135】

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ3-1-0-2311.1%14.8%
先行10-12-8-5312.0%36.1%
差し7-9-12-985.6%22.2%
追込2-2-2-1011.9%5.6%
マクリ2-0-2-233.3%66.7%

主に下級条件で使われるコースですが、位置取りより末脚重視。また最初の100mは上り坂ですが、そこからコーナーに差し掛かるまでの2ハロンのラップがかなり速くなります。

昨年のシリウスSでは前半500mが(7.2-11.0-10.9)で1角で前にいた4頭は13~16着。次の1ハロンは13秒近くまでラップが落ちることが多いので必ずしも逃げ馬にキツいコースとは言えませんが、軸には向きません。

ただし今回の登録馬は差しタイプが多く、それほど先行争いは激しくならなそうです。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-0-0-233.3%33.3%
440-4592-2-0-315.7%11.4%
460-4799-7-8-6310.3%27.6%
480-4995-9-5-685.7%21.8%
500-5194-4-8-645.0%20.0%
520-3-2-3-495.3%14.0%

当日3番人気以内は馬格の影響はありませんが、当日4番人気以下+460kg未満は(0-1-0-27)。前走時の馬体重ではマリオマッハー、マルシュロレーヌが460kg未満。

平安S 傾向データ②


人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-0-0-450.0%50.0%
2番人気0-0-1-70.0%12.5%
3番人気1-3-1-312.5%62.5%
4-6番人気1-2-5-164.2%33.3%
7-9番人気1-2-0-214.2%12.5%
10番人気-1-1-1-502.2%6.7%

当日5番人気以内が(6-4-7-23)と人気馬は安定しています。単勝オッズ別に見ると2.9倍以内が(4-0-0-2)、3.0~4.9倍が(0-0-1-8)、5.0~9.9倍が(2-3-4-7)。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦0-0-0-270.0%0.0%
栗東8-8-8-748.2%24.5%

関東馬は人気薄が多いものの2019年4番人気のアナザートゥルース、2017年2番人気グレンツェント、2015年1番人気アジアエクスプレスなど人気馬も全滅。ケンシンコウ、デルマルーヴルが関東馬。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳4-2-1-2313.3%23.3%
5歳3-2-2-288.6%20.0%
6歳1-2-1-243.6%14.3%
7歳-0-2-4-260.0%18.8%

若い馬の優勝が多いレースですが、高齢馬でも複勝率はあまり変わりません。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-5-5-57】
  • 乗り替わり【2-3-3-44】

人気関係なく継続騎乗組が優勢です。また乗り替わりで優勝した2頭はいずれも前走1着でした。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-54.00-0-0-40.0%0.0%
55.00-1-1-00.0%100.0%
56.02-2-3-682.7%9.3%
57.02-4-0-217.4%22.2%
58.02-1-3-715.4%46.2%
59.02-0-1-150.0%75.0%

京都開催時は58kg以上を背負った馬の成績が良く斤量減になる馬は苦戦しています。前走から斤量減で好走した4頭は、前走から2~2.5kg減+当日5番人気以内(うち牝馬2頭)でした。

マスターフェンサー、オーヴェルニュ、ロードブレスが斤量58kg。

前走との斤量差

  • +斤量【2-2-2-26】
  • 増減無【6-4-4-53】
  • -斤量【0-2-2-22】

平安S 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-1-1-220.0%40.0%
GⅡ0-0-0-40.0%0.0%
GⅢ3-4-3-485.2%17.2%
リステッド0-1-0-10.0%50.0%
オープン2-0-2-208.3%16.7%
3勝0-0-0-150.0%0.0%
地方2-2-1-1013.3%33.3%

過去8年ではアンタレスS組が目立ちますが、2017年以降はグレイトパール、サンライズソア、チュウワウィザード、オメガパフュームと距離短縮組が4年連続優勝

逆にアンタレスS組は2017年以降は20頭が出走し、馬券に絡んだのは2018年5番人気3着のクインズサターンのみ。

主な前走

  • アンタレスS【3-3-3-37】
  • フェブラリーS【1-1-1-2】
  • ダイオライト記念【1-1-0-3】
  • ブリリアントS【1-0-2-11】
  • 仁川S【1-0-0-1】
  • マリーンC【0-1-1-0】

前走距離

  • 1600m【1-2-2-5】
  • 1800m【3-4-4-65】
  • 1900m【0-0-0-7】
  • 2000m【2-1-0-3】
  • 2100m【1-0-2-15】
  • 2400m【1-1-0-3】

前走場所

  • 東京【2-1-3-16】
  • 中山【0-1-0-15】
  • 京都【0-0-0-11】
  • 阪神【4-4-3-44】
  • 中京【0-0-0-3】
  • 地方【2-2-1-10】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-1-1713.0%26.1%
2番人気2-0-0-1115.4%15.4%
3番人気1-0-3-97.7%30.8%
4番人気0-1-1-80.0%20.0%
5番人気1-3-1-106.7%33.3%
6-9番人気1-2-0-224.0%12.0%
10番人気-0-0-1-230.0%4.2%

前走・今回共に5番人気以内の関西馬は(6-3-6-15)で複勝率50%。前走6番人気以下から巻き返したのはアンタレスS組、唯一前走10番人気以下から3着に入ったのは前走ブリリアントSだったマイネルバイカ。

予想人気からはマスターフェンサー、アメリカンシードが該当します。

前走アンタレスS

  • 5番人気以内【2-1-3-11】
  • 6~9番人気【1-2-0-9】
  • 10番人気以下【0-0-0-17】

アンタレスS組ではロードブレスが6~9番人気、ケンシンコウ、ミヤジコクオウ、ケイアイパープル、アルドーレが10番人気以下。

前走2000m以上

  • 2番人気以内【4-1-0-9】
  • 3番人気以下【0-1-2-12】

マスターフェンサー、マルシュロレーヌが前走2000m以上で2番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-2-1-279.1%18.2%
2着3-1-0-1218.8%25.0%
3着0-0-1-50.0%16.7%
4着0-0-2-70.0%22.2%
5着0-2-1-60.0%33.3%
6-9着0-0-2-270.0%6.9%
10着-2-3-1-178.7%26.1%

前走10着以下からの巻き返しは4歳馬に多く、5歳以上は前走5着以内が優勢。

前走アンタレスS

  • 5着以内【2-2-2-17】
  • 6着以下【1-1-1-19】

ロードブレスが前走アンタレスで5着以内。

5歳以上

  • 5着以内【4-4-5-40】
  • 6着以下【0-2-2-38】

マスターフェンサー、サクラアリュール、マルシュロレーヌ、ロードブレス、サトノギャロス、サンライズソア、アルドーレが5歳以上+前走5着以内。

平安S データまとめ

買いデータ

父サンデー系、キングカメハメハ
馬番1~2番、13~16番
単勝オッズ2.9倍以内
斤量58kg以上
前走2000m以上
前走・今回共に5番人気以内の関西馬

消しデータ

当日4番人気以下+460kg未満
関東馬
乗り替わり+前走2着以下(2~3着まで)
前走アンタレスSで10番人気以下
5歳以上+前走6着以下

平安S 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎マスターフェンサー
○サクラアリュール
▲アメリカンシード
△ロードブレス
△マルシュロレーヌ
△オーヴェルニュ

マスターフェンサーは父サンデー系に母父デピュティミニスター系なのでコースデータ的には稍重以上の方が買いやすいものの、前走2000m以上や前走・今回共に5番人気以内が予想される点、斤量58kgなど強調要素が多め。松山騎手の継続騎乗になる点も好材料です。

サクラアリュールは同コースで行われたシリウスSで2着。データ的にはまずまずですが今年は代替開催ということでゴールドアリュール産駒のコース相性、また武豊騎手のコース成績の良さが強調要素。戦績からも左回りでは安定しています。

アメリカンシードは前走の敗因は落鉄や砂を被った影響とのことで、今回はメンバー的に先行争いが楽になりそうなのは好材料。この馬自身犬山特別でのコース実績を持ちますが、タピット産駒は出走数は少ないながら1900m成績は◎。

ロードブレスはアンタレスS組では6番人気3着、今回58kgと上位評価。ただ代替開催ですが近年アンタレスS組が不振なのが気になります。他では距離短縮+コース巧者の川田騎手騎乗のマルシュロレーヌ、東海Sの内容が非常に強かったオーヴェルニュ

最新情報をチェックしよう!
テキストのコピーはできません。