アイビスサマーダッシュ予想|過去の傾向とデータ分析

アイビスサマーダッシュ【GⅢ】
2020/7/26(日) 新潟競馬場・芝1000m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

新潟名物の直千重賞アイビスサマーダッシュ。昨年1~2着のライオンボスとカッパツハッチ、一昨年1~2着のダイメイプリンセス、ラブカンプーなどコース巧者が集まりました。

それでは2020年アイビスサマーDのデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
根岸ステークス
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

アイビスサマーD 登録馬

昨年の優勝馬ライオンボスはこのコースで(4-1-0-0)とコース実績は抜群。前走韋駄天Sでも57.5kgの斤量で優勝しており抜けた1番人気が予想されます。

2番手には2年前の2着馬で前走CBC賞で久々の勝利を挙げたラブカンプー、3番手には7歳になりましたが前走韋駄天Sでも3着に食い込んだダイメイプリンセスが続きます。

以下初芝となったテレビユー福島賞で逃げ切り圧勝のアユツリオヤジ、韋駄天Sでは5着だったナランフレグ、昨年5着、一昨年4着のレジーナフォルテなど。

アイビスサマーD コース分析

新潟芝1000mの特徴

アイビスサマーダッシュが行われる新潟芝1000mはJRA唯一の直線コースです。

スタート後200mは上り坂で下りに入る2ハロン目が最も速くなり、他のレースで通らない外ラチ沿い(外枠)が有利。馬も騎手も得意不得意が分かれるコースです。

アイビスサマーD 種牡馬系統別データ

  • プリンスリーギフト系【2-2-0-11】
  • エンドスウィープ系【2-0-1-14】
  • デピュティミニスター系【1-0-2-3】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-1-8】
  • サドラーズウェルズ系【0-1-1-3】

プリンスリーギフト系はほぼサクラバクシンオー産駒ですが、ショウナンカンプ産駒のラブカンプーも2年前のこのレースで2着など牝馬の相性○。牝馬はノーザンダンサー系もよく走っています。

去年は2~3着にサンデー系の牝馬が入りましたが、過去8年ではサンデー系は(0-2-1-24)。

アイビスサマーD 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-3-0-21】
  • ボールドルーラー系【2-0-1-3】
  • プリンスリーギフト系【1-2-2-5】
  • ヘイロー系【0-1-1-1】

ボストンハーバー、サクラバクシンオーなどナスルーラ系の成績が目立ちます。サンデー系もサンデーサイレンス、ダンスインザダーク、フジキセキ、スペシャルウィークあたりはコース実績もまずまず。

また過去8年の連対馬15頭を見ると、2014年1着のセイコーライコウ以外の14頭は5代目までにノーザンダンサーのクロスを持っています。

コースデータ

重賞ナビ

新潟競馬場・芝1000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、新潟芝…

アイビスサマーD 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気6-1-0-175.0%87.5%
2番人気0-2-0-60.0%25.0%
3番人気0-2-2-40.0%50.0%
4-6番人気0-2-4-180.0%25.0%
7-9番人気2-1-2-198.3%20.8%
10-番人気0-0-0-540.0%0.0%

1番人気馬は7年連続連対で勝率も抜群。馬番2番のセイコーライコウ、4番のベルカントも優勝しているので内枠でも1番人気馬は切れません。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-0-130.0%0.0%
2枠1-2-1-97.7%30.8%
3枠0-0-0-140.0%0.0%
4枠1-1-0-146.3%12.5%
5枠0-1-1-140.0%12.5%
6枠1-1-1-136.3%18.8%
7枠1-1-4-135.3%31.6%
8枠4-2-1-1221.1%36.8%

コースデータ通りに外枠有利、特に8枠の勝率が抜群です。内では2枠も頑張っていますが基本的に内で買えるのは人気馬のみ。

馬番データ

  • 偶数枠【3-3-8-48】
  • 奇数枠【5-5-0-54】

馬番では13番(2-1-0-4)、15番(2-0-0-3)など外の奇数枠の勝率が高めです。また過去8年の3着馬は全て偶数枠。

4番人気以下

  • 1~5枠【0-0-1-59】
  • 6~8枠【2-2-5-32】

4番人気以下+1~5枠は軽視。唯一3着に入ったのは2012年4番人気のエーシンヴァーゴウ。高配当狙いで人気薄に流していくならやはり外枠から。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-5-0-714.3%50.0%
先行3-2-5-1512.0%40.0%
差し2-1-3-453.9%11.8%
追込1-0-0-352.8%2.8%

脚質データはあって無いようなものですが、スタートの出遅れは致命的です。

前走4角位置

  • 1番手【4-4-1-11】
  • 2~4番手【0-3-3-24】
  • 5番手以下【3-1-3-67】

昨年1着のライオンボス、2着カッパツハッチは共に前走4角先頭。前走コース問わず4角先頭の馬には注意。また前走上がり順位は不問で、上がり下位だった馬の方が連対率が高いのが特徴。

有力馬ではアユツリオヤジ、ジョーカナチャン、ラブカンプーが前走4角先頭。

アイビスサマーD 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-2-1-70.0%30.0%
4歳3-1-1-725.0%41.7%
5歳3-5-3-229.1%33.3%
6歳0-0-2-300.0%6.3%
7歳-2-0-1-365.1%7.7%

若い馬が強く、特に牝馬は3~5歳が(3-5-4-20)、6歳以上だと(0-0-1-21)。ダイメイプリンセス、ポップシンガー、メイショウカズヒメ、レジーナフォルテが6歳以上の牝馬。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-4-1-475.5%14.5%
栗東5-4-7-557.0%22.5%

こちらも牡馬はそれほど差はありませんが牝馬は関東馬(0-3-1-23)、関西馬(3-2-4-18)。また関西牝馬+3~5歳に絞ると(3-2-3-11)複勝率42.1%まで上がります。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-3-3-39】
  • 乗り替わり【3-5-5-63】

騎手データでは牡馬の継続騎乗が(4-2-1-22)複勝率24.1%、乗り替わりは(1-1-2-39)複勝率9.3%と牡馬は継続騎乗優勢。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-1-0-90.0%10.0%
440-4590-0-0-120.0%0.0%
460-4791-3-3-223.4%24.1%
480-4994-3-5-348.7%26.1%
500-5191-1-0-185.0%10.0%
520-2-0-0-722.2%22.2%

2018年2番人気2着のラブカンプーは424kgでしたが小柄な馬は買いにくく、過去8年で唯一1番人気で敗れたビウイッチアスも438kgでした。

前走との馬体重差

  • +体重【2-4-2-37】
  • 増減無【2-2-0-20】
  • -体重【3-2-5-45】

前走との斤量差

  • +斤量【2-2-3-49】
  • 増減無【4-2-3-31】
  • -斤量【2-4-2-22】

アイビスサマーD 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-0-20.0%0.0%
GⅡ0-0-0-20.0%0.0%
GⅢ6-2-2-3015.0%25.0%
オープン2-5-2-483.5%15.8%
3勝0-1-1-150.0%11.8%
2勝0-0-2-40.0%33.3%
1勝0-0-0-10.0%0.0%

オープンクラス以下からも馬券には絡んでいますが勝つことが多いのはGⅢ組。1200mのGⅢ組か直千組が中心になります。

前走オープン特別で勝った2頭は昨年のライオンボスと2017年のラインミーティアで、どちらも同年の邁進特別を54秒台で勝利していました。

主な前走

  • CBC賞【4-1-0-11】
  • 韋駄天S【2-3-1-16】
  • 函館スプリントS【2-1-2-14】
  • バーデンバーデンC【0-1-1-18】

前走距離

  • 1000m【2-3-2-20】
  • 1200m【6-5-6-68】
  • 1400m【0-0-0-13】
  • 1600m【0-0-0-1】

前走場所

  • 中京【4-1-1-15】
  • 函館【2-1-2-15】
  • 福島【0-2-2-29】
  • 新潟【2-3-1-20】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-1-0-416.7%33.3%
2番人気2-1-2-914.3%35.7%
3番人気2-2-0-522.2%44.4%
4番人気0-1-0-80.0%11.1%
5番人気1-2-0-710.0%30.0%
6-9番人気1-1-3-312.8%13.9%
10-番人気0-0-2-380.0%5.0%

前走で上位人気だった馬が強く、特に前走1000m組・前走オープン特別組は3番人気以内だった馬が優勢。

また牡馬で連対しているのは前走5番人気以内、前走6番人気以下は3着までという傾向なので馬券の種類によっては機械的に振り分ける手も。

前走芝1000m

  • 3番人気以内【2-3-1-4】
  • 4番人気以下【0-0-0-16】

カッパツハッチ、ナランフレグ、ライオンボスが前走芝1000mで3番人気以内。

前走オープン特別

  • 3番人気以内【2-3-1-9】
  • 4番人気以下【0-2-1-39】

こちらも上記3頭のみが該当します。

牡馬

  • 5番人気以内【4-3-0-19】
  • 6番人気以下【0-0-3-42】

牡馬で前走5番人気以内はナランフレグ、ライオンボスの2頭。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-1-4-125.6%33.3%
2着1-3-1-411.1%55.6%
3着1-2-0-98.3%25.0%
4着3-0-0-633.3%33.3%
5着0-1-0-70.0%12.5%
6-9着1-1-1-342.7%8.1%
10-着0-0-2-300.0%6.3%

重賞組は下位からの巻き返しも見られますが、クラス関係なく前走好走馬が優勢。また近年は前走敗れていた場合は0.5秒差以内が巻き返しの目安。

前走芝1000m

  • 2着以内【1-3-1-3】
  • 3着以下【1-0-1-17】

ライオンボス、ジョーカナチャンが前走2着以内。

前走オープン特別

  • 5着以内【2-5-1-20】
  • 6着以下【0-0-1-32】

ライオンボス、ジョーカナチャン、ダイメイプリンセス、ナランフレグの4頭が前走5着以内。またオープン特別組は前走0.6秒以上敗れていると(0-0-1-24)。

牡馬

  • 4着以内【5-2-2-18】
  • 5着以下【0-1-1-43】

人気同様、牡馬は前走である程度走っていないと割引き。下位人気や下位着順からの巻き返しを狙うなら牝馬です。こちらはアユツリオヤジ、ライオンボスが該当。

アイビスサマーD データまとめ

  • 父サンデー系は2~3着まで
  • 母父ナスルーラ系、サンデー系が好相性
  • 1番人気馬は7年連続連対
  • 7~8枠有利、4番人気以下+1~5枠は割引き
  • 前走4角先頭だった馬の連対率が高い
  • 若い馬が強く、特に牝馬は3~5歳が好調
  • 460kg未満は割引き
  • 前走1200mのGⅢ組か直千組が中心
  • 前走1000m組は3番人気以内+2着以内○
  • 前走オープン特別組は3番人気以内+5着以内○
  • 牡馬は前走5番人気以内+4着以内○
  • 牝馬は前走下位人気、下位着順からの巻き返しも多い

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

アイビスサマーD 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ライオンボス
○ダイメイプリンセス
▲ジョーカナチャン
△ナランフレグ
△ラブカンプー

ライオンボスは昨年優勝を含めコース実績抜群で前走人気や内容も文句無し。データ的にも1番人気が7年連続連対ということで、枠関係なく今年も最有力です。

ダイメイプリンセスは7歳という年齢は割引きですがこちらもコース実績豊富で血統的にも○。今年の牝馬の中では馬格があるのもプラス評価です。

ジョーカナチャンは前走僅差の2着でコース適性は高いものの、ノーザンダンサーのクロスを持たない点で若干割引き。ナランフレグも前走内容は及第点ですが父サンデー系の相性が悪いレースなので相手まで。

前走久々の勝利を挙げたラブカンプーは父プリンスリーギフト系のコース相性や一昨年2着の実績もありますが、韋駄天Sの内容を見ると予想オッズ2番人気は過剰人気か。

人気馬中心になりそうですが、ライオンボス以外はあまり差がない評価になるのであとは枠順次第です。

テキストのコピーはできません。