キーンランドカップ2021予想|過去の傾向とデータ分析

キーンランドC【GⅢ】
2021/8/29(日)
札幌競馬場・芝1200m

過去8年分のキーンランドCのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。(函館で開催された2013年は含めません)

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

キーンランドC 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 メイケイエール
2番人気 ミッキーブリランテ
3番人気 ダイアトニック
4番人気 レイハリア
5番人気 エイティーンガール

参考:netkeiba.com

予想オッズではチューリップ賞など重賞3勝を挙げているメイケイエールが1番人気。阪急杯2着や函館スプリントS3着など今年に入って安定しているミッキーブリランテが2番人気、昨年のスプリンターズS以来となるダイアトニックが3番人気に推されています。

以下葵Sを13番人気で優勝したレイハリア、昨年の優勝馬エイティーンガール、UHB賞2着のタイセイアベニールなどが続きます。

キーンランドC コース&血統分析

札幌芝1200mの特徴

札幌芝1200mは向こう正面のポケットからスタート。3コーナーまでの直線は約410mですが最後の直線は270m弱と長く、高低差も殆どないので先行馬が有利なコースです。ただし直線が短い割にコーナーの角度は緩く、小回り適性はそれほど求められません。

また洋芝で行われるため時計がかかり、欧州血統やパワーのある馬が活躍する傾向がありますが、水はけが良いコースで函館より雨の影響を受けづらいのも特徴です。

重賞ナビ

札幌競馬場・芝1200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、札幌芝…

キーンランドC 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-3-1-28】
  • キングカメハメハ系【1-1-1-7】
  • ディープインパクト系【1-1-1-4】
  • ミスタープロスペクター系【1-1-1-11】
  • ストームキャット系【1-1-0-6】

大きな特徴はサンデー系の性別成績。サンデー系の牡馬・セン馬は(0-1-0-19)に対してサンデー系の牝馬は(3-3-4-15)と真逆の成績です。今年はメイケイエールのみが父サンデー系の牝馬。

牡馬はキングカメハメハ系やエンドスウィープ系などミスプロ系がやや優勢、牝馬は出走数の違いでサンデー系の成績が良く見えますが、割とどの系統でも走っています。

キーンランドC 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-0-2-21】
  • ダンジグ系(米)【1-1-1-1】
  • ヘイロー系【1-0-1-4】
  • サドラーズウェルズ系【1-0-1-2】
  • ミスタープロスペクター系【0-4-0-18】

母系はどの系統でも走りますが、勝ち切っているのはノーザンダンサー系やサンデー系。ダノンスマッシュ、ペイシャフェリシタ、リナーテと近年はダンジグ系の好走が目立ちます。ミッキーブリランテ、メイケイエールが母父ダンジグ系。

キーンランドC 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-0-130.0%0.0%
2枠1-0-1-117.7%15.4%
3枠0-1-0-140.0%6.7%
4枠1-3-0-126.3%25.0%
5枠0-0-2-140.0%12.5%
6枠2-1-0-1312.5%18.8%
7枠3-1-3-918.8%43.8%
8枠1-2-2-116.3%31.3%

真ん中から外寄りの成績が良く、特に牝馬の7~8枠は(3-3-3-9)複勝率50%と非常に優秀です。

馬番データ

  • 偶数馬番【4-3-6-47】
  • 奇数馬番【4-5-2-50】

当日3番人気以内は偶数馬番が(2-2-3-2)複勝率77.8%、奇数馬番が(3-4-0-8)複勝率46.7%。

4番人気以下

  • 1~4枠【0-1-1-45】
  • 5~8枠【3-1-4-42】

3番人気以内だと枠の影響はそれほどありませんが、4番人気以下は完全に外優勢。1~4枠で好走したのはペイシャフェリシタ、ダノンスマッシュで母父ダンジグ系。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-1-1-425.0%50.0%
先行0-3-3-240.0%20.0%
差し5-2-3-3311.6%23.3%
追込1-2-1-352.6%10.3%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%

人気馬は位置取り不問ですが、4角2~5番手は(1-4-3-33)とやや勝ち切れません。また逃げて好走しているのはナックビーナス、パドトロワと520kg以上の大型馬が多いのが特徴。

前走4角位置(牡馬・セン馬)

  • 4番手以内【2-3-2-28】
  • 5番手以下【0-2-1-34】

牝馬の優勝が多いレースですが、牡馬は前走4角4番手以内が優勢。前走4角5番手以下で好走した3頭は当日2番人気以内でした。

前走4角5番手以下の牡馬・セン馬はアストラエンブレム、カツジ、シュウジ、ジョーアラビカ、セイウンコウセイ、タイセイアベニール、ダイアトニック、マイネルアルケミーの8頭。

前走上がり3F

  • 1位【3-2-1-11】
  • 2~5位【0-4-3-34】
  • 6位以下【4-2-4-48】

前走函館で上がり1位だった馬が(2-1-1-2)と好成績。カツジが該当します。牡馬は前走上がり順位が良いほど複勝率が上がりますが、牝馬は成績の差はありません。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-0-0-420.0%20.0%
440-4591-1-2-116.7%26.7%
460-4792-2-1-237.1%17.9%
480-4992-2-2-276.1%18.2%
500-5190-1-2-240.0%11.1%
520-2-2-1-815.4%38.5%

タワーオブロンドンやナックビーナスなど人気の大型馬は堅実です。4番人気以下+480kg未満は(1-1-1-35)ですが、この3頭の好走時はいずれも稍重以上。逆に良馬場だと480kg以上の穴馬に要注意。

前走との馬体重差

  • +体重【4-5-2-48】
  • 増減無【1-1-2-12】
  • -体重【2-2-4-36】

キーンランドC 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-3-1-225.0%75.0%
2番人気1-3-0-412.5%50.0%
3番人気2-0-2-425.0%50.0%
4-6番人気1-1-3-194.2%20.8%
7-9番人気1-1-2-204.2%16.7%
10番人気-1-0-0-482.4%2.4%

当日3番人気以内に推された馬は安定しており、大穴はあまり期待できません。牡馬・セン馬は6番人気以下で(1-0-0-49)、優勝したのはセン馬のエポワスなので、人気薄狙いなら牝馬。

また単勝7.0倍を切ると(5-7-2-9)と堅実ですが7.0~14.9倍が(0-0-4-19)と連対が無く3着が多いのも特徴。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-1-3-416.3%14.6%
栗東5-7-5-556.9%23.6%
地方0-0-0-10.0%0.0%

人気馬の信頼度は関西馬の方が高く、4番人気以下は複勝率では差はありません。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳1-2-0-175.0%15.0%
4歳3-3-3-1512.5%37.5%
5歳3-2-3-278.6%22.9%
6歳0-1-1-200.0%9.1%
7歳-1-0-1-185.0%10.0%

4歳牝馬が(2-2-2-7)複勝率46.2%。全体的に若い馬の成績が良く、6歳以上で好走した馬はいずれも5枠以降でした。

キャリアデータ

  • 10戦以下【2-2-0-12】
  • 11~15戦【3-3-1-20】
  • 16~20戦【0-1-4-16】
  • 21戦以上【3-2-3-49】

当日3番人気以内+キャリア15戦以下が(3-4-1-4)。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-4-2-44】
  • 乗り替わり【3-4-6-53】

生産者データ

  • 社台F【3-1-1-12】
  • ノーザンF【1-0-1-10】
  • ダーレーJF【0-2-1-3】

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
51.01-0-0-516.7%16.7%
52.00-0-0-10.0%0.0%
53.00-2-0-90.0%18.2%
54.04-3-4-2511.1%30.6%
55.00-0-1-50.0%16.7%
56.02-1-2-384.7%11.6%
57.01-1-1-98.3%25.0%
58.0-0-1-0-50.0%16.7%

当日3番人気以内は斤量の増減無しまたは斤量減だと(5-5-1-7)、斤量増だと(0-1-2-3)。

前走との斤量差

  • +斤量【1-1-3-41】
  • 増減無【6-2-2-33】
  • -斤量【1-5-3-23】

キーンランドC 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-1-2-79.1%36.4%
GⅡ0-0-0-20.0%0.0%
GⅢ4-4-4-388.0%24.0%
リステッド0-0-0-10.0%0.0%
オープン2-1-1-424.3%8.7%
3勝1-2-1-314.3%57.1%
2勝0-0-0-10.0%0.0%

函館スプリントS組の人気馬は安定しており、紐荒れ狙いなら札幌か函館の3勝~オープン特別組。

主な前走

  • 函館スプリントS【3-2-2-21】
  • UHB賞【2-1-1-37】
  • アイビスサマーダッシュ【1-0-1-12】
  • NHKマイルC【1-0-0-3】
  • CBC賞【0-2-0-4】

前走距離

  • 1000m【1-0-1-13】
  • 1200m【6-7-6-74】
  • 1400m【0-0-0-3】
  • 1600m【1-1-1-7】

前走場所

  • 東京【1-1-0-7】
  • 阪神【0-0-1-0】
  • 中京【0-2-2-6】
  • 札幌【2-2-2-39】
  • 函館【4-3-2-23】
  • 新潟【1-0-1-13】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-3-2-1016.7%44.4%
2番人気0-2-0-90.0%18.2%
3番人気0-1-1-130.0%13.3%
4番人気0-0-1-100.0%9.1%
5番人気0-0-0-90.0%0.0%
6-9番人気2-2-1-217.7%19.2%
10番人気-2-0-3-237.1%17.9%

クラス問わず前走1番人気馬が好成績。牡馬は前走で人気に推されているほど複勝率が上がり、牝馬は前走下位人気でも問題ありません。

牡馬・セン馬

  • 1番人気【1-2-1-5】
  • 2~5番人気【0-3-1-26】
  • 6番人気以下【1-0-1-31】

前走6番人気以下で好走したのは前走アイビスサマーダッシュで優勝したパドトロワ、前走が高松宮記念だったマジンプロスパー。

今年は前走1番人気だった牡馬・セン馬はおらず、タイセイアベニール、ダイアトニック、マイネルアルケミー、ミッキーブリランテ、メイショウチタン、ロードアクアが前走2~5番人気。

牝馬

  • 1番人気【2-1-1-5】
  • 2~5番人気【0-0-1-15】
  • 6番人気以下【3-2-3-13】

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着2-3-3-168.3%33.3%
2着1-1-0-146.3%12.5%
3着1-2-1-79.1%36.4%
4着0-0-0-60.0%0.0%
5着0-1-0-30.0%25.0%
6-9着3-1-2-269.4%18.8%
10着-0-0-2-240.0%7.7%

性別関係なく前走3着以内の複勝率がやや高め。牝馬は前走下位からの巻き返しもよく見られますが、牡馬は好走馬優勢。

牡馬・セン馬

  • 3着以内【1-5-2-22】
  • 4着以下【1-0-1-40】

カイザーメランジェ、タイセイアベニール、ミッキーブリランテが前走3着以内。

前走GⅢ

  • 3着以内【3-3-2-11】
  • 4着以下【0-1-2-26】

ミッキーブリランテが前走GⅢで3着以内。

キーンランドC データまとめ

買いデータ

父サンデー系の牝馬
7~8枠の牝馬
前走函館で上がり1位
4歳牝馬

消しデータ

父サンデー系の牡馬
当日4番人気以下+1~4枠
前走6番人気+4着以下の牡馬
前走GⅢで4着以下

キーンランドC 予想

1週前の登録時点での予想です
◎レイハリア
○メイケイエール
▲ミッキーブリランテ
★ヒロイックアゲン
△ダイアトニック
△エイティーンガール

レイハリアは前走葵Sがややフロック視されますが、破ったヨカヨカ、オールアットワンスがその後古馬相手に重賞勝利。2走前の雪うさぎ賞でも先行馬総崩れの中を勝つなど能力はあり、約3か月間隔を空けている点もロードカナロア産駒の傾向からは好材料。やや馬格に欠けるため良馬場+4番人気以下だと割引き。

メイケイエールは父サンデー系の牝馬で母父がダンジグ系のハービンジャーと血統的には適性が高そうです。スムーズに走れば3歳世代でも能力はトップクラスで最近の3歳馬の活躍からするとこの馬も期待できますが、やはり気性面の課題はあり飛ぶ可能性も十分考えられます。

ミッキーブリランテも同じく母父ダンジグ系ですが、父サンデー系の牡馬は過去の傾向からは割引き。ただし函館スプリントSで3着に入り今回も人気が予想されるという点ではデータ的に信頼できます。

人気は無く直千のイメージがありますが、ヒロイックアゲンはUHB賞4着、オーシャンS4着と近走はスプリント戦では大きく負けておらず、騎手次第では面白そうです。

あとは11か月振りのレースになりますがスプリント実績はメンバー中上位のダイアトニック、昨年のように道悪になればエイティーンガール。あとは人気薄は外枠に好走馬が多いので枠次第で。

テキストのコピーはできません。