キーンランドカップ予想|過去の傾向とデータ分析

キーンランドカップ【GⅢ】
2020/8/30(日) 札幌競馬場・芝1200m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

函館で行われた2013年を除く、過去8年分のデータ分析と予想です。

セントウルSに次ぐスプリンターズSの主要ローテで、昨年はこのレースの優勝馬ダノンスマッシュがスプリンターズSでも3着。またナックビーナスやブランボヌールなど牝馬の好走が目立つレースです。

それでは2020年キーンランドCのデータ分析を行なっていきます。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

キーンランドC 登録馬

函館スプリントSを快勝したダイアトニックが断トツの1番人気予想。2番手にはUHB賞を勝ち昨年も4着のライトオンキュー、3~4番手には函館スプリントS4着のフィアーノロマーノ、2着ダイメイフジが推されています。

以下UHB賞組のイベリス、メイショウショウブ、カッパツハッチ、エイティーンガールや51kgのヤマカツマーメイド、アイビスSD3着のビリーバーなどが続きますがこの辺りは混戦。

キーンランドC コース分析

札幌芝1200mの特徴

向こう正面のポケットからスタート。3コーナーまでの直線は約410mですが最後の直線は270m弱と長く、高低差も殆どないので先行馬が有利なコースです。また洋芝で行われるため時計がかかり、欧州血統やパワーのある馬が活躍する傾向があります。

キーンランドC 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-4-3-37】
  • ミスタープロスペクター系【1-1-1-12】
  • キングマンボ系【1-1-1-5】
  • エンドスウィープ系【1-0-1-6】

大きな特徴はサンデー系の性別成績。サンデー系の牡馬は(0-1-0-22)に対してサンデー系の牝馬は(3-3-3-15)と真逆の成績です。

牡馬はキングマンボ系やエンドスウィープ系などミスプロ系がやや優勢、牝馬は出走数の違いでサンデー系の成績が良く見えますが、割とどの系統でも走っています。

キーンランドC 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-0-3-23】
  • ダンジグ系【1-1-3-6】
  • ヘイロー系【1-1-1-4】

母系はそれほど差はありませんが、2年連続連対のダノンスマッシュや昨年3着のリナーテ、一昨年3着のペイシャフェリシタなどここ2年はダンジグ系が目立ちます。

コースデータ

重賞ナビ

札幌競馬場・芝1200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、札幌芝…

キーンランドC 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-3-1-137.5%87.5%
2番人気1-2-0-512.5%37.5%
3番人気2-0-2-425.0%50.0%
4-6番人気0-2-4-180.0%25.0%
7-9番人気1-1-1-214.2%12.5%
10-番人気1-0-0-482.0%2.0%

人気通りに決まりやすいレースで昨年も1~3番人気での決着。牡馬・セン馬は7番人気以下で(1-0-0-53)、優勝したのはセン馬のエポワスなので、人気薄狙いならどちらかと言えば牝馬。

また単勝7倍を切ると(6-6-2-9)と堅実ですが7.0~19.9倍が(0-0-5-30)と連対が無く3着が多いのも特徴。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-0-130.0%0.0%
2枠1-0-1-117.7%15.4%
3枠0-1-0-140.0%6.7%
4枠2-3-0-1112.5%31.3%
5枠0-1-2-130.0%18.8%
6枠2-0-1-1312.5%18.8%
7枠2-1-3-1012.5%37.5%
8枠1-2-1-126.3%25.0%

真ん中から外寄りの成績が良く、7~8枠は人気と比較しても優秀。

馬番データ

  • 偶数枠【4-2-7-47】
  • 奇数枠【4-6-1-50】

4番人気以下

  • 1~4枠【0-1-1-45】
  • 5~8枠【2-3-4-42】

3番人気以内だと枠の影響はそれほどありませんが、4番人気以下は完全に外優勢。1~4枠で好走したのはペイシャフェリシタ、ダノンスマッシュで母父ダンジグ系。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-1-1-425.0%50.0%
先行1-4-4-233.1%28.1%
差し5-1-2-3511.6%18.6%
追込0-2-1-340.0%8.1%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%

人気馬は位置取り不問、4番人気以下は4角4番手以内が(0-2-5-24)、5番手以下が(2-1-0-63)なので人気薄で注意したいのは前で競馬ができる馬。

前走4角位置(牡馬・セン馬)

  • 4番手以内【2-2-3-30】
  • 5番手以下【0-3-1-36】

牝馬の優勝が多いレースですが、牡馬は前走4角4番手以内がやや優勢。前走4角5番手以下で好走した4頭中3頭は当日2番人気以内でした。

前走上がり3F

  • 1位【4-2-1-10】
  • 2~5位【0-3-4-34】
  • 6位以下【3-3-3-49】

前走函館で上がり1位だった馬が(3-1-1-2)ですが今年は該当馬無し。前走上がり6位以下だった馬は東京・中京組の複勝率が高めです。

キーンランドC 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳1-2-0-165.3%15.8%
4歳3-3-4-1313.0%43.5%
5歳3-1-3-278.8%20.6%
6歳0-1-0-200.0%4.8%
7歳-1-1-1-214.2%12.5%

4歳牝馬が(2-2-2-4)複勝率60%。6歳以上で好走した4頭中3頭は1200mの重賞勝ち馬で、残る1頭は北海道巧者だったエポワス。

4歳牝馬はアスタールビー、イベリス、エイティーンガール、クールティアラ、メイショウショウブの5頭。

キャリアデータ

  • 10戦以下【3-2-0-11】
  • 11~15戦【2-3-2-20】
  • 16~20戦【0-0-4-15】
  • 21戦以上【3-3-2-51】

3番人気以内+キャリア15戦以下が(4-4-1-5)、また4番人気以下+キャリア11~20戦は(0-0-3-28)。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-1-3-445.9%13.7%
栗東5-7-5-527.2%24.6%

人気馬の信頼度は関西馬の方が高く、4番人気以下は複勝率では差はありません。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-4-3-38】
  • 乗り替わり【3-4-5-59】

関西馬は継続騎乗が(4-4-2-21)複勝率32.3%に対して乗り替わりが(1-3-3-31)複勝率18.4%。

生産者データ

  • 社台F【4-1-2-12】
  • ノーザンF【1-0-1-11】

このレースの大きな特徴がノーザンF生産馬より社台F生産馬が非常に強い点ですが、今年は該当馬無し。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4391-0-0-516.7%16.7%
440-4590-1-1-120.0%14.3%
460-4792-2-1-208.0%20.0%
480-4993-2-2-278.8%20.6%
500-5190-1-2-250.0%10.7%
520-2-2-2-814.3%42.8%

タワーオブロンドンやナックビーナスなど人気の大型馬は堅実です。4番人気以下+480kg未満は(0-1-0-34)と不振で、2着に入ったのは2018年4番人気のダノンスマッシュ。

前走との馬体重差

  • +体重【4-5-3-46】
  • 増減無【1-1-1-13】
  • -体重【2-2-4-37】

前走との斤量差

  • +斤量【1-1-2-38】
  • 増減無【6-2-3-35】
  • -斤量【1-5-3-24】

今回斤量増+当日4番人気以下は(1-0-0-35)で優勝したのは2015年のウキヨノカゼ。当日3番人気以内は同斤量だと(5-1-1-4)、斤量増減ありで(1-4-2-6)。

イベリス、カッパツハッチ、ショウナンアンセム、ダイシンバルカン、ディメンシオン、メイショウショウブ、ラベンダーヴァレイが今回斤量増になります。

人気が予想される馬ではダイアトニック、ライトオンキュー、ダイメイフジが同斤量、フィアーノロマーノが斤量減になります。

キーンランドC 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-2-2-87.7%38.5%
GⅡ0-0-0-40.0%0.0%
GⅢ5-4-3-3710.2%24.5%
オープン1-0-2-412.3%6.8%
3勝1-2-1-314.3%57.1%
2勝0-0-0-00.0%0.0%
1勝0-0-0-00.0%0.0%

軸にするなら函館スプリントS組かGⅠ組。それ以外のローテだと札幌か函館の芝1200m組が紐候補。UHB賞は昨年3~4着のリナーテ、ライトオンキューなど近年はある程度狙えます。

主な前走

  • 函館スプリントS【4-2-2-20】
  • UHB賞【1-0-1-32】
  • アイビスサマーD【1-0-1-10】
  • 札幌日刊スポーツ杯【0-1-1-0】

前走距離

  • 1000m【1-0-1-11】
  • 1200m【6-6-7-73】
  • 1400m【0-0-0-4】
  • 1600m【1-2-0-9】

前走場所

  • 東京【1-2-0-9】
  • 中京【0-2-2-6】
  • 札幌【1-1-2-33】
  • 函館【5-3-3-26】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-3-3-916.7%50.0%
2番人気0-1-0-90.0%10.0%
3番人気0-1-1-140.0%12.5%
4番人気0-0-1-90.0%10.0%
5番人気0-0-0-100.0%0.0%
6-9番人気2-2-1-227.4%18.5%
10-番人気2-1-2-227.4%18.5%

前走1番人気馬の成績が良く、函館スプリントSで1番人気だった馬は(2-1-0-0)。2~5番人気は不振です。

前走6~9番人気はGⅢ組、10番人気以下はGⅠ組がよく馬券に絡んでいますが大半は牝馬。

牡馬・セン馬

  • 1番人気【1-2-2-4】
  • 2~5番人気【0-2-1-28】
  • 6番人気以下【1-1-1-34】

牝馬

  • 1番人気【2-1-1-5】
  • 2~5番人気【0-0-1-14】
  • 6番人気以下【3-2-2-10】

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-2-4-1512.5%37.5%
2着1-1-0-127.1%14.3%
3着1-2-1-610.0%40.0%
4着0-0-0-60.0%0.0%
5着0-1-0-40.0%20.0%
6-9着2-1-1-286.3%12.5%
10-着0-1-2-250.0%10.7%

性別関係なく前走3着以内はまずまず安定しています。牝馬は前走下位からの巻き返しもよく見られますが、牡馬は好走馬優勢。

牡馬・セン馬

  • 3着以内【1-4-3-20】
  • 4着以下【1-1-1-46】

牡馬で前走4着以下から巻き返した3頭中2頭は前走GⅠ。残る1頭はエポワスです。ダイアトニック、ダイメイフジ、ライトオンキュー、ルヴォルグ、レッドアルマーダが前走3着以内の牡馬・セン馬。

前走タイム差(牝馬・2着以下)

  • 0.5秒差以内【3-2-1-12】
  • 0.6秒差以上【0-0-2-10】

牝馬は前走掲示板を外していても巻き返すパターンはありますが、前走0.6秒以上敗れていると連対無し。有力馬ではエイティーンガールが前走0.6秒敗れています。

キーンランドC データまとめ

  • サンデー系は牡馬×、牝馬○
  • 1番人気は堅実、単勝7倍を切ると安定
  • 4番人気以下は1~4枠×、5~8枠○
  • 人気馬は位置取り不問、4番人気以下は先行馬狙い
  • 前走上がり1位馬が好成績
  • 4歳馬が好成績、6歳以上は重賞勝ち馬なら
  • 3番人気以内+キャリア15戦以下○
  • 社台F生産馬が好相性、ノーザンF生産馬は不振
  • 4番人気以下+480kg未満は不振
  • 4番人気以下+斤量増は不振
  • 函館SS組・GⅠ組が中心
  • 前走1番人気馬は安定、前走6番人気以下の牝馬が狙い目
  • 牡馬は前走3着以内優勢、牝馬は巻き返しあり

キーンランドC 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ダイアトニック
○ライトオンキュー
▲ダイメイフジ
△フィアーノロマーノ
△エイティーンガール
△ビリーバー

ダイアトニックは相性の良い函館スプリントSで1番人気1着。当日単勝7倍を切る人気になることはほぼ間違いなく、人気馬の同斤量や武豊騎手の継続騎乗が好材料。血統も問題なく昨年優勝している安田厩舎という点など買い材料は豊富です。

ライトオンキューは昨年と同じUHB賞からのローテ。当日3番人気以内ならキャリア15戦以下がプラス要素になります。一応ローテや前走人気など若干複勝率が低いデータはありますが、相対的には上位評価。

ダイメイフジは前走人気薄でしたが逃げて2着に粘った内容は高評価。6歳馬の重賞未勝利馬は割引きですが、馬格があるのはこのレースでは好材料。

フィアーノロマーノは年齢とスプリント実績でやや割引ですが、こちらも馬格があり抑えは必要。牝馬では前走1番人気+今回同斤量のエイティーンガール、アイビスSDでは上がり最速で3着に追い込んだビリーバー

テキストのコピーはできません。