京王杯2歳ステークス予想|過去の傾向とデータ分析

G2
京王杯2歳ステークス【GⅡ】
2021/11/6(土)
東京競馬場・芝1400m

過去8年分の京王杯2歳Sのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

京王杯2歳S 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 コラリン
2番人気 ラブリイユアアイズ
3番人気 ジャスパークローネ
4番人気 ヴィアドロローサ
5番人気 ベルウッドブラボー

参考:netkeiba.com

予想オッズではカンナSを1番人気で勝ったコラリンが1番人気。2番人気には新馬・クローバー賞と連勝しているラブリイユアアイズ、3番人気にはカンナS、もみじSと続けて3着のジャスパークローネが推されています。

4番人気以下も混戦ですがすずらん賞勝ちのヴィアドロローサ、ダリア賞勝ちのベルウッドブラボー、もみじS2着のテーオースパロー、カンナS2着のシゲルファンノユメなどオープン特別で好走している馬が続きます。

京王杯2歳S コース&血統分析

東京芝1400mの特徴

東京芝1400mはスタート直後から上り坂になりそのままコーナーに入ります。そのため短距離戦でありながら前半のペースはそれほど速くはならず、直線でのキレが求められるコースです。

直線が長いため差し馬有利に見えますが、道中息が入りやすいため逃げ・先行馬が粘り波乱を演出することもあります。

重賞ナビ

東京競馬場・芝1400mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

京王杯2歳S 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-5-3-33】
  • キングカメハメハ系【1-0-1-4】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-0-7】
  • フォーティナイナー系【1-0-0-0】
  • ディープインパクト系【0-2-0-5】

サンデー系の中でもダイワメジャー、キンシャサノキセキといったスプリント系種牡馬の成績が良く、サンデー系をまとめると(3-8-3-40)と過去8年全てで2着にサンデー系が入っています。

今年はサンデー系が少なくコラリン、シゲルファンノユメ、ベルウッドブラボー、ホワイトターフの4頭。

京王杯2歳S 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-0-1-12】
  • ミスタープロスペクター系【1-1-1-13】
  • プリンスリーギフト系【1-1-1-5】
  • デピュティミニスター系【1-0-1-4】
  • ディープインパクト系【1-0-1-0】

母系は様々ですが近年はファンタジストの母父ディープインパクト、ビアンフェの母父サクラバクシンオーが成績を伸ばしています。アイムファイン、ヴィアドロローサが母父ディープインパクト。

京王杯2歳S 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-1-0-720.0%30.0%
2枠0-0-1-90.0%10.0%
3枠2-0-0-918.2%18.2%
4枠1-0-1-108.3%16.7%
5枠0-2-1-100.0%23.1%
6枠0-2-2-100.0%28.6%
7枠0-2-2-130.0%23.5%
8枠3-1-1-1217.6%29.4%

優勝馬は内外どちらからも出ていますが、2~3着馬は外枠が多いのが特徴です。人気馬は枠の影響はありませんが、当日6番人気以下は1~4枠が(1-0-0-26)、5~8枠は(0-3-1-33)と外枠優勢。

馬番データ

  • 偶数馬番【3-3-5-40】
  • 奇数馬番【5-5-3-40】

当日6番人気以下は偶数馬番が(0-0-1-31)、奇数馬番が(1-3-0-28)。

関東馬

  • 偶数馬番【0-0-2-28】
  • 奇数馬番【2-2-2-28】

関東馬は奇数馬番の成績が良いものの2018年のカルリーノ、2020年のユングヴィと近年は偶数馬番からも好走しています。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-1-0-612.5%25.0%
先行4-4-6-1513.8%48.3%
差し3-2-2-337.5%17.5%
追込0-1-0-260.0%3.7%

スローからの上がり勝負になりやすく、芝の状態も良いことが多いので先行馬優勢。差し・追い込みは人気馬が多く、穴を空けるのも前に行った馬です。

前走4角4番手以内

  • 1200m【3-2-2-17】
  • 1400m【2-1-3-11】
  • 1600m【0-2-2-5】

前走4角5番手以下

  • 1200m【2-2-1-13】
  • 1400m【1-1-0-18】
  • 1600m【0-0-0-11】

前走で先行していた馬は前走距離不問ですが、前走4角5番手以下だった馬は前走の距離が伸びるに連れて複勝率が下がります。

前走1400m以上+4角5番手以下で連対した2頭はアウィルアウェイ、タワーオブロンドンとどちらも当日1番人気でした。前走ポジション争いをしていない馬はここでは割引き。

キングエルメス、テーオースパロー、ファンデル、レッツリブオンの4頭が前走1400m以上+4角5番手以下。

前走上がり3F

  • 1~2位【6-4-4-33】
  • 3~5位【2-3-3-24】
  • 6位以下【0-1-1-21】

父サンデー系は前走上がり2位以内が(3-4-2-15)、3位以下が(0-4-1-23)。コラリン、シゲルファンノユメ、ベルウッドブラボーが前走上がり2位以内の父サンデー系。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-60.0%0.0%
440-4591-1-2-273.2%12.9%
460-4794-4-3-1416.0%44.0%
480-4991-1-3-194.2%20.8%
500-5192-1-0-1114.3%21.4%
520-0-1-0-30.0%25.0%

460~479kgの成績が抜群に良く、当日5番人気以内だと(4-4-3-3)複勝率78.6%。460kg以下で好走しているのは関西馬が多く関東馬+460kg未満は(0-0-1-28)。有力馬ではコラリン、ラブリイユアアイズ、ヴィアドロローサが関東馬で440kg前後。

前走との馬体重差

  • +体重【5-4-4-38】
  • 増減無【1-0-3-12】
  • -体重【2-4-1-30】

京王杯2歳S 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-2-225.0%75.0%
2番人気3-0-1-437.5%50.0%
3番人気1-1-0-612.5%25.0%
4-6番人気1-4-5-144.2%41.7%
7-9番人気0-1-0-220.0%4.3%
10番人気-1-0-0-323.0%3.0%

以前は荒れやすいレースでしたが近年は6番人気以内の人気サイドで決まることが多いのが特徴。7番人気以下で好走したのはロードマックス、カラダレジェンドの2頭でいずれも前走重賞。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-2-4-563.1%12.5%
栗東6-6-4-2215.8%42.1%
地方0-0-0-20.0%0.0%

関西馬の複勝率が高く関東馬は前走1着で(2-2-3-29)、2着以下で(0-0-1-27)。シゲルファンノユメが前走2着以下の関東馬。

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦2-0-0-1016.7%16.7%
2戦4-4-3-2511.1%30.6%
3戦2-4-4-216.5%32.3%
4戦-0-0-1-240.0%4.0%

キャリア4戦で3着に入ったのは2017年のアサクサゲンキで前走小倉2歳Sで1着。キャリア2戦馬の成績が優秀ですが、関西馬が(4-4-2-9)、関東馬は(0-0-1-16)と馬券に絡んでいるのは大半が関西馬です。

生月データ

  • 1月【0-0-0-6】
  • 2月【4-2-2-14】
  • 3月【0-4-2-32】
  • 4月【4-2-3-21】
  • 5月【0-0-1-7】

アポロルタ、キングエルメス、コラリン、ホワイトターフが2月生まれ、シゲルファンノユメ、セルバーグ、ファンデルが4月生まれ。

騎手データ

  • 継続騎乗【4-7-5-46】
  • 乗り替わり【4-1-3-34】

人気馬、人気薄共に継続騎乗組の複勝率が高めです。乗り替わり組は前走重賞だと(3-0-1-6)、オープン特別以下は(1-1-2-28)と前走が重賞なら気にせず買えます。

生産者データ

  • ノーザンF【3-3-0-6】

ノーザンF生産馬で2番人気以内だった馬が3年連続で連対。今年はコラリンのみがノーザンF生産馬です。

またルメール騎手はモントライゼ、タイセイビジョン、タワーオブロンドン、モンドキャンノとこのレースは(4-0-0-0)でうち3頭がノーザンF生産馬。

京王杯2歳S 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅢ5-4-3-1419.2%46.2%
オープン1-2-1-223.8%15.4%
1勝0-0-2-140.0%12.5%
未勝利0-2-2-180.0%18.2%
新馬2-0-0-1016.7%16.7%

小倉2歳S、函館2歳Sなど1200mを使ってきた馬の成績が良く、近年は前走が西開催だった馬が好調。

また過去8年では1200m、1400m組が半々ですが近年はスプリント色が強く、直近5年では前走1200m組が(4-3-2-15)。1400m組で連対した3頭中2頭は当日1番人気でした。

ただし前走1勝クラス以下だった馬は前走が1200mだと(0-0-0-10)、1400m以上で(2-2-3-30)なので注意。

主な前走

  • 小倉2歳S【3-1-2-4】
  • 函館2歳S【2-2-1-4】
  • ききょうS【1-0-1-1】
  • 新潟2歳S【0-1-0-3】
  • カンナS【0-1-0-8】

前走距離

  • 1200m【5-4-3-30】
  • 1400m【3-2-3-29】
  • 1500m【0-0-0-1】
  • 1600m【0-2-2-16】
  • 1800m【0-0-0-4】

前走場所

  • 東京【1-0-3-25】
  • 中山【0-1-1-13】
  • 京都【1-1-0-7】
  • 阪神【1-0-1-1】
  • 札幌【0-0-0-4】
  • 函館【2-2-1-5】
  • 新潟【0-3-0-15】
  • 小倉【3-1-2-6】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-6-1-2112.5%34.4%
2番人気2-0-3-1013.3%33.3%
3番人気1-0-4-116.3%31.3%
4番人気0-1-0-110.0%8.3%
5番人気0-0-0-30.0%0.0%
6-9番人気1-1-0-146.3%12.5%
10番人気-0-0-0-100.0%0.0%

前走4番人気以下で好走したのは全て重賞組。前走オープン特別以下、また関東馬で前走4番人気以下だった馬は大幅に割引きです。

前走オープン特別以下

  • 3番人気以内【3-4-5-35】
  • 4番人気以下【0-0-0-29】

関東馬

  • 3番人気以内【2-2-4-27】
  • 4番人気以下【0-0-0-29】

アイムファイン、アポロルタ、ジャスパークローネ、スズカコテキタイ、セルバーグ、テーオースパロー、ファンデル、ホワイトターフ、ラブリイユアアイズが前走オープン特別以下または関東馬で前走4番人気以下。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着4-7-6-436.7%28.3%
2着3-0-0-827.3%27.3%
3着0-0-2-60.0%25.0%
4着0-0-0-70.0%0.0%
5着0-0-0-20.0%0.0%
6-9着1-1-0-810.0%20.0%
10着-0-0-0-60.0%0.0%

過去8年で前走2着以下から巻き返したのは全て重賞組。前走1着馬は2着馬につけた着差が大きいほど複勝率も上がります。

また関東馬で馬券に絡んでいるのはほぼ前走1着馬なので、重賞組でも関西馬>関東馬。

前走オープン特別以下

  • 1着【3-4-5-37】
  • 2着以下【0-0-0-27】

キングエルメス、シゲルファンノユメ、ジャスパークローネ、テーオースパロー、ファンデル、ホワイトターフが前走オープン特別以下で2着以下。

関東馬

  • 1着【2-2-3-29】
  • 2着以下【0-0-1-27】

前走2着以下から巻き返したのは2018年のカルリーノで前走は函館2歳Sで3着。

京王杯2歳S データまとめ

買いデータ

逃げ・先行馬
父サンデー系+前走上がり2位以内
当日5番人気以内+460~479kg
キャリア2戦の関西馬
前走小倉2歳Sまたは函館2歳S

消しデータ

当日6番人気以下+1~4枠または偶数馬番
前走1400m以上で4角5番手以下
前走重賞以外+当日7番人気以下
前走オープン特別以下で4番人気+2着以下
関東馬で前走4番人気+2着以下

京王杯2歳S 予想

1週前の登録時点での予想です
◎コラリン
○ベルウッドブラボー
▲シゲルファンノユメ
△ヴィアドロローサ
△ラブリイユアアイズ
△トウシンマカオ

今年は前走重賞組が不在という珍しい年になったため過去好走例が無いデータでも切りづらくなりましたが、コラリンはダイワメジャー産駒でノーザンF生産馬+ルメール騎手想定が大きな強調要素。唯一馬格に欠ける点が割引きですが、それ以外は大きなマイナスはありません。

ベルウッドブラボーは新馬戦でコース経験済、前走ダリア賞はラスト2Fが11.1-11.0という内容で勝っています。関東馬の中では馬格があり、前走人気や4角位置なども特に問題ありません。

シゲルファンノユメは例年ならオープン特別2着が割引きですが、ある程度馬格があり継続騎乗予定などそこそこ買える要素はあります。この3頭は父サンデー系ということもあり相手には入れておきたいです。

他では関東馬のヴィアドロローサ、ラブリイユアアイズの2頭はコラリンと同じく馬格に欠ける関東馬になるのは割引き。また共に3月生まれなので2~3着狙い。最後に新馬戦を危なげなく勝ち上がったトウシンマカオ

テキストのコピーはできません。