京成杯2020予想|過去の傾向とデータ分析

京成杯【GⅢ】
2020/1/19(日) 中山競馬場・芝2000m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

皐月賞と同コースで行われる重賞ですが、前後にホープフルSと弥生賞があるためメンバー的には手薄になりがち。ただ過去の好走馬を見るとジェネラーレウーノやコズミックフォース、キングズオブザサン、エイシンフラッシュと春のGⅠを人気薄で激走した馬も見られます。

それでは2020年京成杯のデータ分析を行なっていきます。

◎無料買い目で春のGⅠ8戦6勝!

春のGⅠは8戦中6戦で的中!
桜花賞:3連複14点125.9倍→50,360円
皐月賞:3連複14点91.5倍→36,600円
天皇賞・春:3連複10点135.0倍→67,500円
ヴィクトリアM:3連複13点29.6倍→11,840円
日本ダービー:3連複9点24.8倍→14,880円
安田記念:3連複5点8.4倍→6,720円

実際に配信された無料買い目がコチラです。


いろいろ見てますが 4月からG1連勝してる無料情報は他に見当たりません。
ここの前日夜公開の3連複無料買い目は絶対チェックするべきです。

今週はCBC賞の無料買い目を公開!
推奨は1点4~500円ですが、100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの予想サイトです。
≪毎週土日4レースを無料公開≫

京成杯 登録馬

1週前の予想オッズでは1戦1勝の牝馬スカイグルーヴが1番人気予想。2番人気はエリカ賞を逃げ切ったヒュッゲ、3番手にはディープ産駒のゼノヴァースが推されています。

以下芙蓉S2着のウインカーネリアン、京都2歳S2着のロールオブサンダー、キングカメハメハ産駒のヴィアメントあたりが続く人気となっています。

京成杯 コース分析

中山芝2000mの特徴

中山芝2000mは内回りコースを使用し、直線入り口あたりからのスタート。コーナーまでの距離が十分にあることから1800mよりも位置争いが激しくなりますが、道中のペースは落ち着く傾向にあります。

京成杯 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-2-4-42】
  • ダンジグ系【2-0-1-9】
  • レッドゴッド系【1-1-0-1】
  • キングマンボ系【0-3-2-13】

2014年の中山改修後の5年間では非サンデー系の優勝が続いています。ハービンジャーやバゴ、ノヴェリストと凱旋門賞やキングジョージの勝ち馬を父に持つ馬に注目。

父サンデー系は改修後の5年間で(0-1-2-26)と不振。3着以内の3頭は母系にニジンスキーかサドラーズウェルズを持っていました。

京成杯 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-4-2-29】
  • ロベルト系【1-1-2-7】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-1-11】

改修後の5年間では母父サンデーサイレンス系が(3-3-1-20)、ロベルト系が(1-0-1-2)と3着以内15頭中9頭を占め、昨年は母父ディープインパクトが1~3着を独占しました。

この2系統以外はダンジグ系、マッチェム系など様々ですが、残り6頭の共通点はノーザンダンサーのクロス持ち。

コースデータ

重賞ナビ

中山競馬場・芝2000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

京成杯 傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 2-2-1-3 25.0% 62.5%
2番人気 1-2-1-4 12.5% 50.0%
3番人気 1-0-1-6 12.5% 25.0%
4-6番人気 3-2-3-16 12.5% 33.3%
7-9番人気 1-2-2-19 4.2% 20.8%
10-番人気 0-0-0-46 0.0% 0.0%

1~2番人気はまずまず堅実で中穴までは狙えますが、10番人気以下は過去8年で3着以内がありません

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 0-0-2-9 0.0% 18.2%
2枠 0-1-2-11 0.0% 21.4%
3枠 1-1-1-11 7.1% 21.4%
4枠 1-1-1-11 7.1% 21.4%
5枠 2-1-0-13 12.5% 18.8%
6枠 2-1-2-11 12.5% 31.3%
7枠 0-0-0-16 0.0% 0.0%
8枠 2-3-0-12 11.8% 29.4%

7枠を除き1着馬は外寄りの枠から出ることが多いものの、3着馬は5年連続で1~3枠から出ています。3連系を狙うなら3列目には内枠を抑えておいた方が良さそうです。

馬番データ

  • 偶数枠【5-1-2-49】
  • 奇数枠【3-7-6-45】

7番(1-1-2-4)、5番(0-2-1-5)、11番(0-2-1-5)と奇数枠の複勝率が高いのが特徴。過去5年では偶数枠の複勝率11.4%に対して奇数枠は28.2%と2倍以上の差があります。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 0-0-0-8 0.0% 0.0%
先行 3-2-2-24 9.7% 22.6%
差し 5-3-2-36 10.9% 21.7%
追込 0-3-3-26 0.0% 18.8%
マクリ 0-0-1-0 0.0% 100.0%

昨年のラストドラフトのように近年は先行押し切りが多く、2018年のコズミックフォースや2017年のガンサリュートのように4角10番手前後からの追い込みが2~3着に来るパターンが多く見られます。

前走4角位置

  • 4番手以内【4-5-3-43】
  • 5~9番手【4-2-4-29】
  • 10番手以下【0-1-1-22】

前走4角10番手以下から3着以内に入った2頭はメートルダールとブラックバゴで、どちらも当日2番人気以内でしたが今年は該当馬無し。

前走上がり3F

  • 1~2位【6-3-7-33】
  • 3~5位【1-3-1-25】
  • 6位以下【1-2-0-36】

近年は前走上がり2位馬の勝率が高く、前走上がり1位馬は近年3着止まり。前走上がり2位はビターエンダーのみ。前走上がり1位はクリスタルブラック、スカイグルーヴ、ゼノヴァース、ヴィアメントの4頭。

京成杯 傾向データ②

キャリアデータ

キャリア 着度数 勝率 複勝率
1戦 1-0-3-9 7.7% 30.8%
2戦 1-2-1-21 4.0% 16.0%
3戦 5-4-2-23 8.3% 16.7%
4戦- 1-2-2-41 2.2% 10.9%

昨年はキャリア1戦のラストドラフトが優勝し2~3着もキャリア2戦以下。近年はキャリア4戦以上はやや割引です。

ウインカーネリアン、カップッチョ、フルフラット、リメンバーメモリー、ワスカランテソーロ、ヴィアメントの6頭がキャリア4戦以上。

生月データ

  • 1月【2-0-0-7】
  • 2月【1-3-3-26】
  • 3月【3-3-0-33】
  • 4月【1-1-5-16】
  • 5月【1-1-0-12】

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 5-5-5-66 6.2% 18.5%
栗東 2-3-3-27 5.7% 22.9%
地方 1-0-0-1 50.0% 50.0%

関東馬・関西馬で成績の差はありません。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-1-2-35】
  • 乗り替わり【2-7-6-59】

1着は継続騎乗組が優勢。乗り替わりで優勝したのは2016年のプロフェット(フォーリー騎手)と2013年のフェイムゲーム(ベリー騎手)でどちらも海外騎手。

また6番人気以下は継続騎乗が(0-0-1-29)、乗り替わりが(1-2-3-42)。唯一継続騎乗で3着に入ったのは昨年のヒンドゥタイムズで、関西所属の中谷騎手の継続騎乗でした。

生産者データ

  • ノーザンF【2-4-4-20】
  • 社台F【2-1-0-9】
  • 社台白老F【1-1-1-5】

ノーザンF生産馬はスカイグルーヴ、ディアスティマ、ヒュッゲの3頭。社台F生産馬はリメンバーメモリー、ヴィアメントの2頭。

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
-439 0-0-0-5 0.0% 0.0%
440-459 3-1-3-16 13.0% 30.4%
460-479 4-3-2-33 9.5% 21.4%
480-499 1-2-2-24 3.4% 17.2%
500-519 0-2-0-11 0.0% 15.4%
520- 0-0-1-5 0.0% 16.7%

500kgを超える馬の成績がイマイチで、優勝馬は450~470kgくらいから多く出ています。有力馬ではウインカーネリアン、ロールオブサンダー、ヴィアメントあたりが前走480kg以上。

前走との馬体重差

  • +体重【3-6-3-47】
  • 増減無【1-1-3-20】
  • -体重【4-1-2-27】

京成杯 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 1-1-0-9 9.1% 18.2%
GⅡ・GⅢ 0-3-1-23 0.0% 14.8%
オープン 1-0-1-12 7.1% 14.3%
1勝 4-2-2-27 11.4% 22.9%
未勝利 1-2-1-14 5.6% 22.2%
新馬 1-0-3-9 7.7% 30.8%

前走1勝クラスの成績が良く、新馬戦や未勝利組も健闘しています。近年は重賞組の成績が悪く過去5年に絞ると(0-2-1-24)。

前走コースでは中山芝2000mが(3-3-4-43)と半分近くを占めます。他には東京芝1800m、阪神芝2000m、京都芝1800mあたりが好相性。

主な前走

  • 葉牡丹賞【2-2-1-4】
  • 朝日杯FS【1-1-0-8】
  • エリカ賞【1-0-1-4】
  • 百日草特別【1-0-0-1】

前走距離

  • 1600m【1-1-0-19】
  • 1800m【3-1-2-24】
  • 2000m【4-6-6-50】

前走場所

  • 東京【2-1-1-15】
  • 中山【4-4-5-56】
  • 京都【1-2-0-5】
  • 阪神【1-1-2-15】

前走人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 2-3-1-8 14.3% 42.9%
2番人気 3-0-0-12 20.0% 20.0%
3番人気 0-1-2-13 0.0% 18.8%
4番人気 1-3-0-6 10.0% 40.0%
5番人気 0-0-1-10 0.0% 9.1%
6-9番人気 2-1-4-26 6.1% 21.2%
10-番人気 0-0-0-19 0.0% 0.0%

前走4番人気以内が目安ですが、1勝クラスや未勝利で下位人気だった馬も好走しています。

前走着順データ

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 5-3-6-33 10.6% 29.8%
2着 1-2-2-4 11.1% 55.6%
3着 0-1-0-6 0.0% 14.3%
4着 0-1-0-6 0.0% 14.3%
5着 1-1-0-10 8.3% 16.7%
6-9着 1-0-0-21 4.5% 4.5%
10-着 0-0-0-14 0.0% 0.0%

前走6着以下は基本的には消し。唯一1着になったのは2014年のプレイアンドリアルで前走朝日杯FSを2番人気で7着。東スポ杯2着と実績のある馬でした。

前走着順(1勝クラス)

  • 2着以内【4-2-2-11】
  • 3着以下【0-0-0-16】

1勝クラス3着以下は過去8年で3着以内無し。2着以内はウインカーネリアンヒュッゲ。ただし1勝クラスは0.3秒以上負けていると(0-0-0-17)なのでウインカーネリアンはタイム差では割引き。

前走タイム差(未勝利)

  • 0.1秒差以上【1-2-1-8】
  • タイム差無し【0-0-0-6】

前走未勝利組は前走での着差が大きいほど好走しやすいのが特徴。キングオブドラゴン、チュウワジョーダン、ワスカランテソーロが前走未勝利戦でタイム差無し。

前走タイム差(重賞・2着以下)

  • 0.5秒差以内【1-4-1-9】
  • 0.6秒差以上【0-0-0-23】

重賞組は0.5秒差以内が巻き返しの目安。ロールオブサンダーが前走京都2歳Sで0.8秒差。

京成杯 データまとめ

  • 改修後は父サンデー系は不振、欧州血統○
  • 母父はサンデー、ロベルト系○、他系統ならノーザンダンサーのクロス持ち
  • 1~2番人気は堅実、10番人気以下×
  • 1着馬は真ん中から外寄りが多め、改修後は1~3枠の3着が多い
  • 前走上がり2位馬の成績が良い
  • 近年はキャリア3戦以下が優勢
  • 継続騎乗優勢、6番人気以下は乗り替わり○
  • 440~479kgに好走馬が多い
  • 近年は重賞組の成績が悪く、新馬~1勝クラスが強い
  • 前走4番人気+5着以内が目安
  • 前走未勝利組は0.1秒差以上で勝っている馬
  • 1勝クラスは0.3秒以上、重賞は0.6秒以上敗れていると3着以内無し
◎重賞の無料買い目ならこのサイト

▼6/13~14の的中実績
灘S:3連単543,0800円(12点)
八王子特別:3連単1,054,050円(16点)
ジューンS:3連単2,534,320円(12点)
三浦特別:3連単1,954,080円(8点)
駒ヶ岳特別:3連単350,940円(8点)

雨の影響もあり波乱が目立った先週(6/13~14)。
3連単63万馬券のジューンSをはじめ帯封、高配当連発!

このキャンペーン情報の他に無料予想が毎週土日4鞍配信されます。

◆昨年に引き続き無料買い目でダービー的中!

10番人気ヴェルトライゼンデを買い目に入れる見事な予想。
負けない買い方がこのサイトの魅力です。

▼直近の無料買い目
安田記念:3連複4,200円
日本ダービー:3連複12,400円
ヴィクトリアマイル:3連複14,800円
青葉賞:3連複10,950円
フローラS:3連複62,300円
日経賞:3連複39,900円
などを的中させています。

毎週2レース無料買い目を公開中!
ここの無料予想はチェックする価値があります◎

無料メール登録のみでOKです。

京成杯 注目馬

※1週前の登録時点での予想です。

ヒュッゲ

過去8年で4勝を挙げている1勝クラス組では唯一の前走1着馬。ノーザンF生産馬でキャリア3戦、馬体重も470kg台に3月生まれとまずまず複勝率の高いデータに当てはまっていますが、逃げ馬不振なレースなので番手で競馬を進めて欲しい所。

血統はノーザンダンサーのクロスを持ちますが父サンデー系に母父ダンジグ系は微妙。ただし年明けの中山芝ではハーツクライ産駒の成績が良く、前週フェアリーSの2~3着馬もハーツクライ産駒でした。

 

ゼノヴァース

ヒュッゲと同じく近年不調の父サンデー系ですが、母父サドラーズウェルズ系にノーザンダンサーのクロスを持つので血統的には問題無し。ディープ産駒の割に東京より中山が良いタイプでこの時期の中山は合いそう。

前走上がり1位やキャリア3戦、馬体重460kg前後が強調材料で、中山芝2000mの未勝利戦を0.4秒差で勝っているのはフェイムゲームと同じです。乗り替わりになりますがマーフィー騎手を予定しているので頭でも狙えます。

 

ヴィアメント

キングカメハメハ産駒は昨年のランフォザローゼスや一昨年のコズミックフォースなど2~3着が多いのが特徴。また母父は近年好調のサンデー系でノーザンダンサーのクロス持ちと血統面は○。

前走デットーリ騎手で乗り替わりは確定なので人気薄でも狙えますが、乗り替わり自体は2~3着が多く、他にも血統面や馬体重などデータ的には2~3着に当てはまる要素が多め。

 

その他

スカイグルーヴは前走の内容は秀逸も、破った馬がその後勝ち切れておらず血統面も母父キングマンボ系にノーザンダンサーのクロス無しとイマイチ。ルメール騎手の継続騎乗は好材料ですが、ルーツドールの例もあり過信は禁物。

あとは同コースの芙蓉S2着で松岡騎手の継続騎乗予定のウインカーネリアン、中山金杯・フェアリーSで母父ストリートクライが好走しましたが、その産駒ストリートセンスを母父に持つディアスティマあたりが抑え。

テキストのコピーはできません。