金鯱賞2020予想|過去の傾向とデータ分析

金鯱賞【GⅡ】
2020/3/15(日) 中京競馬場・芝2000m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

GⅠに昇格した大阪杯の前哨戦として開催時期が変わり今年で4年目。昨年はダービー以来となるダノンプレミアムが優勝し、2着リスグラシューは同年GⅠを3勝し年度代表馬に選ばれました。

過去8年を対象にしていますが、金鯱賞は2017年から開催時期が変わったので参考データとしてご覧ください。

それでは2020年金鯱賞のデータ分析を行なっていきます。

◎無料買い目で春のGⅠ7戦5勝!

ダービー的中!頼りになる3連複!
前日夜に公開された無料買い目はコチラ↓


春のGⅠは7戦中5戦で的中!
桜花賞:3連複14点125.9倍→50,360円
皐月賞:3連複14点91.5倍→36,600円
天皇賞・春:3連複10点135.0倍→67,500円
ヴィクトリアM:3連複13点29.6倍→11,840円
日本ダービー:3連複9点24.8倍→14,880円

実際に配信された無料買い目がコチラです。



いろいろ見てますが 4月からG1連勝してる無料情報は他に見当たりません。
ここの前日夜公開の3連複無料開放買い目は絶対チェックするべきです。

今週は安田記念の無料買い目を公開!
推奨は1点4~500円ですが、100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの予想サイトです。

金鯱賞 登録馬

皐月賞馬で有馬記念2着のサートゥルナーリアが断トツの1番人気予想。2番人気は1勝クラスから5連勝でチャレンジCを制したロードマイウェイ、3番人気は中日新聞杯2着、AJCC3着のラストドラフトと4歳馬が人気を集めています。

サトノガーネットやソウルスターリングは中山牝馬Sにも登録があり、この2頭次第では上位と下位のオッズはかなり開きそうです。

金鯱賞 コース分析

中京芝2000mの特徴

中京芝2000mはスタンド前の直線の坂の中間からスタートします。1コーナーまでの距離が短いため、やや内寄りの枠が有利なコースです。

道中のペースが緩みやすいため、差しが強い中京芝コースの中では比較的先行馬も健闘しています。

金鯱賞 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-6-6-48】
  • キングマンボ系【2-1-2-9】
  • ロベルト系【1-0-0-6】

ディープインパクト、ハーツクライ、キングカメハメハの3頭の成績が良く、昨年も上位3頭がいずれかの産駒でした。

金鯱賞 母父別系統別データ

  • ロベルト系【3-0-0-9】
  • ミスタープロスペクター系【2-1-0-8】
  • サンデーサイレンス系【1-2-3-22】
  • ボールドルーラー系【1-0-0-2】
  • グレイソヴリン系【0-2-2-7】

ロベルト系やナスルーラ系の成績が良く、ノーザンダンサー系は3着までが多いのが特徴。グレイソヴリン系はサトノノブレス1頭が4回馬券に絡んでいます。

コースデータ

重賞ナビ

中京競馬場・芝2000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中京芝…

金鯱賞 傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 3-1-1-3 37.5% 62.5%
2番人気 1-0-3-4 12.5% 50.0%
3番人気 1-0-0-7 12.5% 12.5%
4-6番人気 3-3-3-15 12.5% 37.5%
7-9番人気 0-4-1-19 0.0% 20.8%
10-番人気 0-0-1-33 0.0% 2.9%

現在の開催時期になってからは3年連続で2番人気以内だった馬が優勝していますが、ロードヴァンドールやサトノノブレスなど人気薄の逃げ馬が2着に入ることもあります。今年はペースを作るとすればダイワキャグニーか。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-1-0-8 10.0% 20.0%
2枠 1-0-1-8 10.0% 20.0%
3枠 1-1-2-7 9.1% 36.4%
4枠 0-1-2-10 0.0% 23.1%
5枠 1-0-3-11 6.7% 26.7%
6枠 0-1-1-13 0.0% 13.3%
7枠 2-2-0-11 13.3% 26.7%
8枠 2-2-0-13 11.8% 23.5%

昨年は1枠のダノンプレミアム、一昨年は8枠のスワーヴリチャードが優勝。コースデータからは真ん中から内寄りの複勝率が高めです。

馬番データ

  • 偶数枠【4-2-4-41】
  • 奇数枠【4-6-5-40】

馬番では4番(1-1-1-5)、5番(0-0-4-4)の複勝率が高めです。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 0-2-0-6 0.0% 25.0%
先行 3-3-1-21 10.7% 25.0%
差し 5-3-7-24 12.8% 38.5%
追込 0-0-1-30 0.0% 3.2%

近年は4角6番手以内の馬の成績が良く、後方からは届きません。

前走4角位置

  • 4番手以内【5-3-1-22】
  • 5番手以下【3-3-7-57】

当日5番人気以内+前走4角4番手以内が(5-0-1-5)と勝率が高いのが特徴。予想オッズからはニシノデイジーが該当。

前走上がり3F

  • 1~3位【4-3-4-23】
  • 4~5位【0-0-3-8】
  • 6位以下【4-3-1-48】

前走上がり6位以下+当日6番人気以下だと(0-1-0-34)。2着に入ったのは2017年のロードヴァンドール。

前走上がり6位以下はギベオン、ケイデンスコール、サトノソルタス、ジュンヴァルカン、ソウルスターリング、ダイワキャグニー、ニシノデイジー、マイネルファンロン

金鯱賞 傾向データ②

馬齢データ(過去3年)

馬齢 着度数 勝率 複勝率
4歳 2-1-0-5 25.0% 37.5%
5歳 1-1-2-9 7.7% 30.8%
6歳 0-0-1-7 0.0% 12.5%
7歳- 0-1-0-8 0.0% 11.1%

2016年までは年末の開催だったため直近3年分のデータですが、軸は4~5歳馬。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 1-1-1-18 4.8% 14.3%
栗東 7-7-8-63 8.2% 25.9%

関東馬は出走数も少なく、特に意識しなくても良さそうです。

騎手データ

  • 継続騎乗【7-4-4-30】
  • 乗り替わり【1-4-5-51】

5番人気以内だと継続騎乗が(7-1-4-11)に対して乗り替わりは(0-2-2-13)。サートゥルナーリアはルメール騎手に戻る形ですが、ロードマイウェイは川田騎手、ラストドラフトは吉田隼騎手と初コンビの予定。

生産者データ

  • ノーザンF【3-2-3-27】
  • 社台F【1-1-2-14】
  • 社台白老F【1-1-0-5】

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
-439 1-0-0-1 50.0% 50.0%
440-459 0-2-0-10 0.0% 16.7%
460-479 1-0-0-13 7.1% 7.1%
480-499 1-3-1-28 3.0% 15.2%
500-519 4-3-6-17 13.3% 43.3%
520- 1-0-2-12 6.7% 20.0%

開催時期が変わっても馬格がある馬が強く、当日500~519kg+4番人気以内は(3-1-4-2)

前走との馬体重差

  • +体重【5-4-8-52】
  • 増減無【2-3-0-7】
  • -体重【1-0-0-22】

金鯱賞 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 4-2-3-26 11.1% 25.7%
GⅡ 2-0-2-22 7.7% 15.4%
GⅢ 1-2-1-17 4.8% 19.0%
オープン 1-0-2-9 8.3% 25.0%
3勝 0-2-0-5 0.0% 28.6%

3月開催になってからの優勝馬は全て前走GⅠ。前走距離は2400m以上だった馬の勝率が高いのが特徴です。

前走凱旋門賞のサトノダイヤモンドやサトノノブレス、香港ヴァーズのリスグラシューなど前走海外の馬でも問題ありません。

前走距離

  • 1800m【0-3-1-11】
  • 2000m【2-3-4-28】
  • 2200m【0-0-2-14】
  • 2400m~【6-2-2-24】

前走人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 3-0-0-8 27.3% 27.3%
2番人気 1-1-2-6 10.0% 40.0%
3番人気 1-1-2-5 11.1% 44.4%
4番人気 0-1-0-5 0.0% 16.7%
5番人気 1-1-0-5 14.3% 28.6%
6-9番人気 1-0-3-28 3.1% 12.5%
10-番人気 1-2-1-22 3.8% 15.4%

前走オープン特別以下で馬券に絡んだ5頭は全て前走4番人気以内。重賞組も前走人気だった馬が優勢ですが、下位人気からの巻き返しもあります。

前走着順データ

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 1-1-3-7 8.3% 41.7%
2着 1-2-0-5 12.5% 37.5%
3着 0-0-1-6 0.0% 14.3%
4着 2-2-2-2 25.0% 75.0%
5着 1-0-0-4 20.0% 20.0%
6-9着 2-2-1-26 6.5% 16.1%
10-着 1-1-2-31 2.9% 11.4%

前走が国内の重賞で5着以内だと(5-2-4-16)、6着以下だと(2-2-2-49)。6着以下で馬券に絡んだ6頭はダービー、天皇賞・秋、エリザベス女王杯と全て前走GⅠでした。

金鯱賞 データまとめ

  • 人気馬が優勢、人気薄の逃げ馬に注意
  • 近年は4角6番手以内が中心、後方からは届きづらい
  • 前走4角4番手以内+当日5番人気以内の勝率が高い
  • 前走上がり6位以下+当日6番人気以下は割引き
  • 4~5歳馬が中心
  • 継続騎乗になる人気馬が強い
  • 馬格がある馬が強く、500~519kgの成績が良い
  • 前走からマイナス体重の馬は割引き
  • 前走2400m以上の勝率が高い
  • 前走国内の重賞で5着以内だった馬が中心、6着以下はGⅠなら問題なし
◎2年連続無料買い目でダービー的中!

▼直近の的中実績
早苗賞/3連単1,340,640円(16点)
京都8R/3連単1,297,740円(9点)
東京4R/3連単1,386,840円(12点)
様々なキャンペーン情報で実績を残しています。
このキャンペーン情報の他に無料予想が毎週土日4鞍配信されます。

◆昨年に引き続きダービー的中!

10番人気ヴェルトライゼンデを買い目に入れる見事な予想。
「負けない買い方」がこのサイトの魅力です。

◆直近の無料予想も絶好調!

フローラSは3連複124.6倍×500円→62,300円◎
他にも青葉賞10,950円、ヴィクトリアマイル14,800円などをに的中させています。

現在鳴尾記念の無料買い目を公開中!
ここの無料予想はチェックする価値があります◎

無料メール登録のみでOKです。

金鯱賞 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎サートゥルナーリア
○ロードマイウェイ
▲ニシノデイジー
△ラストドラフト
△ダイワキャグニー

前走2400m以上からのローテや人気馬優勢ということを考えてもやはりサートゥルナーリアが中心。ラストドラフトやロードマイウェイと比べて馬格があるのも好材料です。

ロードマイウェイはこのコースが得意なジャスタウェイ産駒ですが、やや馬格に欠ける点や乗り替わりはマイナス。ニシノデイジーは有力馬の中では継続騎乗が予想される点や前走4角位置、馬格があるのがプラス。

ラストドラフトも乗り替わりになりますがコース実績はあり、ノヴェリスト産駒はコース変更に強いのも特徴。ダイワキャグニーはキングカメハメハ産駒で馬格もあり、人気薄での逃げが打てそうなのは魅力的。

テキストのコピーはできません。