きさらぎ賞予想|過去の傾向とデータ分析

G3
無断転載禁止
きさらぎ賞【GⅢ】
2022/2/6(日)
中京競馬場・芝2000m

過去8年分のきさらぎ賞のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

きさらぎ賞 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ダンテスヴュー
2番人気 マテンロウレオ
3番人気 アスクワイルドモア
4番人気 リューベック
5番人気 エアアネモイ

参考:netkeiba.com

予想オッズでは東スポ杯2歳Sでイクイノックスの4着に入ったダンテスヴューが1番人気。2番人気はホープフルS6着のマテンロウレオ、3番人気には札幌2歳S2着の実績を持つアスクワイルドモアが推されています。

4番人気以下は若駒Sでリアドを下したリューベック、新馬戦を0.5秒差で勝ち上がったエアアネモイ、ドゥラメンテ産駒のレヴァンジルなどが続きます。

きさらぎ賞 コース&血統分析

中京芝2000m【3勝クラス以上(12~3月)】参考データ

中京芝2000mの特徴

中京芝2000mはスタンド前の直線の坂の中間からスタートします。1コーナーまでの距離が短いため、やや内寄りの枠が有利なコースです。

道中のペースが緩みやすいため、差しが強い中京芝コースの中では比較的先行馬も健闘しています。

重賞ナビ

中京競馬場・芝2000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中京芝…

きさらぎ賞 父系統別データ

  • ディープインパクト系【6-5-5-40】
  • キングカメハメハ系【5-3-6-37】
  • サンデーサイレンス系【2-2-4-31】
  • ステイゴールド系【2-2-0-18】
  • ハーツクライ系【1-1-1-21】

昨年は1着がオルフェーヴル産駒、2~3着がディープインパクト産駒。世代限定戦のコースデータからはディープインパクト、ハービンジャー、ジャスタウェイ、ロードカナロア、エピファネイア、ノヴェリストあたりが好調です。

きさらぎ賞 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【6-2-5-46】
  • ロベルト系【5-2-2-19】
  • デピュティミニスター系【2-2-1-13】
  • ミスタープロスペクター系【2-2-1-21】
  • ストームキャット系【1-1-2-5】

母父デピュティミニスター系はギベオンやポタジェ、ストームキャット系はワンブレスアウェイやロードヴァンドールと米国型ノーザンダンサー系は人気薄の好走が多く回収値が高めです。

また昨年は愛知杯のマジックキャッスルやランブリングアレー、若駒Sの1~3着馬が母父ロベルト系。ショウナンバルディやシュヴァリエローズなど欧州型ノーザンダンサー系も直近では好調です。

きさらぎ賞 傾向データ①

中京芝2000m【3勝クラス以上(12~3月)】参考データ

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠5-1-2-2017.9%28.6%
2枠3-1-1-2410.3%17.2%
3枠1-3-0-273.0%12.9%
4枠1-2-5-243.1%25.0%
5枠4-2-4-2312.1%30.3%
6枠1-5-3-252.9%26.5%
7枠2-4-3-315.0%22.5%
8枠2-1-1-374.9%9.8%

大外8枠は連対率が10%を切っていますがそれ以外の枠は人気を考慮すると大きな差はありません。ただし多頭数時は13番以降に入るとやや割引き。

馬番データ

  • 偶数馬番【10-13-11-98】
  • 奇数馬番【9-6-8-113】

ここ1年程では中日新聞杯のショウナンバルディ、きさらぎ賞のラーゴムなど2番に入った馬が好調。今年に入ると愛知杯のルビーカサブランカ、寿Sのシュヴァリエローズと1枠1番に入った馬が優勝しています。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-3-4-1010.5%47.4%
先行7-4-4-4811.1%23.8%
差し8-9-8-867.2%22.5%
追込2-3-3-672.7%10.7%

昨年金鯱賞でデアリングタクトを抑え優勝したギベオン、中日新聞杯のショウナンバルディなど逃げ馬に注意。昨年のきさらぎ賞でも9番人気のタガノカイが4着に逃げ粘っています。

世代戦だとペースも落ち着きやすく、今年の若駒Sのリューベック、昨年の若駒Sのウインアグライア、昨年のきさらぎ賞のラーゴムはいずれも4角3番手以内から優勝しています。

馬体重データ(牡馬のみ)

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-50.0%0.0%
440-4592-2-1-1510.0%25.0%
460-4791-2-3-302.8%16.7%
480-4991-3-2-332.6%15.4%
500-5196-3-4-2416.2%35.1%
520-2-0-3-1510.0%25.0%

馬格が重要なコースで昨年も500kg台のラーゴム、ヨーホーレイクが1~2着、1番人気3着のランドオブリバティは468kgでした。

きさらぎ賞 傾向データ②

きさらぎ賞 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-2-225.0%75.0%
2番人気1-3-2-212.5%75.0%
3番人気2-0-1-525.0%37.5%
4-6番人気2-3-2-168.7%30.4%
7-9番人気1-0-1-185.0%10.0%
10番人気-0-0-0-30.0%0.0%

近年は多くても10頭立てくらいの小頭数が続いており、基本的には人気馬がキッチリ走るレースです。ただし小頭数に加え京都開催時からゆったりしたペースになりやすいこともあり、ここでの好走馬は近年クラシックでは苦戦しています。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-1-1-611.1%33.3%
栗東7-7-7-4011.5%34.4%

近い時期に共同通信杯もあり関東馬の出走は多くありませんが、率としては変わりません。

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦1-1-0-99.1%18.2%
2戦3-3-1-820.0%46.7%
3戦2-3-5-811.1%55.6%
4戦1-1-2-79.1%36.4%
5戦1-0-0-516.7%16.7%
6戦-0-0-0-90.0%0.0%

キャリア2~3戦の複勝率が高く、当日3番人気以内+キャリア2戦は(3-3-1-1)。有力馬ではマテンロウレオがキャリア2戦、ダンテスヴュー、リューベック、レヴァンジルがキャリア3戦です。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-4-6-15】
  • 乗り替わり【2-4-2-31】

継続騎乗組の複勝率が高く乗り替わり組は前走3着以内で(2-4-2-15)、4着以下で(0-0-0-16)。

生産者データ

  • ノーザンF【5-6-3-15】

代替開催で中京で行われた昨年もノーザンF生産馬が1~2着。ノーザンF生産馬は当日4番人気以内が(5-6-3-5)、5番人気以下だと(0-0-0-10)と人気馬は堅実ですが人気薄は期待できません。

今年はセルケト、ダンテスヴュー、フォースクエア、リューベック、レヴァンジルがノーザンF生産馬。

きさらぎ賞 前走データ

きさらぎ賞 過去8年のデータ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-1-3-411.1%55.6%
GⅡ0-0-0-10.0%0.0%
GⅢ2-0-1-525.0%37.5%
オープン1-0-0-325.0%25.0%
1勝3-6-2-1710.7%39.3%
未勝利0-0-2-70.0%22.2%
新馬1-1-0-99.1%18.2%

京都開催時は1800m、中京では2000mでの開催になり昨年の1~3着馬はいずれも前走が2000mの重賞でした。

また昨年は距離延長組で人気を集めていたダノンジェネラル、ドゥラモンドがいずれも下位に沈んでいるため前走クラスよりは前走距離重視が良さそうです。

前走頭数

  • 10頭以下【5-6-2-13】
  • 11頭以上【3-2-6-33】

またきさらぎ賞自体小頭数の年が続いていますが、前走が10頭立て以下のレースだった馬の連対率が高いのが特徴です。昨年1着のラーゴムも前走京都2歳Sは10頭立てでした。

エアアネモイ、ストロングウィル、メイショウゲキリン、リューベック、レヴァンジルが前走10頭立て以下。

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-3-1115.8%42.1%
2番人気3-3-4-421.4%71.4%
3番人気0-1-0-50.0%16.7%
4番人気0-1-1-20.0%50.0%
5番人気0-1-0-80.0%11.1%
6-9番人気2-0-0-1115.4%15.4%
10番人気-0-0-0-50.0%0.0%

京都開催時は前走上位人気だった馬の成績が良く、昨年の上位3頭も前走重賞で4番人気以内でした。前走5番人気以下だったのはアスクワイルドモア、シェルビーズアイ、ショウナンマグマ、ダンテスヴュー、トーセンヴァンノ、マテンロウレオ

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着5-5-3-1816.1%41.9%
2着1-1-2-511.1%44.4%
3着1-2-0-316.7%50.0%
4着0-0-0-00.0%0.0%
5着0-0-0-20.0%0.0%
6-9着1-0-1-117.7%15.4%
10着-0-0-1-70.0%12.5%

前走下位から巻き返したのはいずれもGⅠ組。前走新馬・未勝利戦組は1着必須、前走1勝クラス以上は3着以内が目安になります。

きさらぎ賞 データまとめ

買いデータ

ディープインパクト産駒
母父ノーザンダンサー系、ロベルト系
逃げ・先行馬
馬体重500kg以上
当日3番人気以内+キャリア2戦
前走1勝クラス以上で3着以内

消しデータ

キャリア6戦以上
乗り替わり+前走4着以下
当日5番人気以下のノーザンF生産馬
前走1800m以下

きさらぎ賞 予想

1週前の登録時点での予想です
◎マテンロウレオ
○ダンテスヴュー
▲フォースクエア
△ストロングウィル
△セルケト

マテンロウレオは前走ホープフルSではキャリア1戦ながら3着馬とは0.1秒差の6着。当日3番人気以内ならキャリア2戦が強調要素になり、母父ロベルト系に横山典騎手の継続騎乗想定など大きな割引き要素はありません。ただ世代戦はスローペースになりやすいので位置取りが鍵。

ダンテスヴューは距離延長ローテは割引きですが中京芝2000mの実績もあり、血統的にも母父フレンチデピュティと悪くありません。マテンロウレオ同様前走中団からの競馬だったのは気になりますがコース実績豊富な川田騎手ならそれほど気にしなくても良さそうです。

距離延長に加えノーザンF生産馬なので人気薄ならデータ的には微妙ですが、フォースクエアは父エピファネイア×母父キングカメハメハと血統は魅力的。

ストロングウィルは前走未勝利戦なのでローテは強調できませんが、シルバーステート産駒と松山騎手は共にコース回収値が高く人気薄なら妙味がありそう。セルケトは前走同コースの未勝利戦を好タイムで優勝。牝馬ながら馬格もあり2~3着狙いなら。

テキストのコピーはできません。