きさらぎ賞予想|過去の傾向とデータ分析

きさらぎ賞【GⅢ】
2020/2/9(日) 京都競馬場・芝1800m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

毎年小頭数になることが多く2013年以降は10頭立て以下の年が続いていますが、昨年は6番人気タガノディアマンテと7番人気ランスオブプラーナが好走し3連単は14万馬券。近年は人気馬同士の決着は少ないレースです。

それでは2020年きさらぎ賞のデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
根岸ステークス
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

きさらぎ賞 登録馬

ディープ産駒の相性が抜群に良いレースということもあり、人気の中心になりそうなのは東スポ杯2着のアルジャンナ。前走はコントレイルには5馬身差をつけられたもののこの馬自身の走破タイムも1.45.3と非常に優秀です。

予想オッズでは札幌2歳S2着以来となるサトノゴールド、シンザン記念3着でコース経験もあるコルテジア、朝日杯FSで上がり最速で3着のグランレイが続いています。

今年は1勝クラス組が不在という珍しい年になりましたが、新馬組ではディープインパクト産駒のストーンリッジ、オルフェーヴル産駒のギベルティあたりが人気を集めそうです。

 

きさらぎ賞 コース分析

京都芝1800mの特徴

京都芝1800mは向こう正面のポケットからのスタートで、コーナーまでの距離は約900mと長くタテ長の展開になることが多いコースです。

ストレート部分が長いことに加えて坂の下りでスピードに乗りやすいのが特徴。直線も平坦で高速決着になりやすいためサンデー系種牡馬が得意としており、その中でもディープインパクト産駒の成績が抜群です。

きさらぎ賞 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【8-6-3-30】
  • リファール系【0-2-0-0】

過去8年の優勝馬は全てサンデー系で、ディープインパクト産駒は(4-5-2-10)と圧倒的な成績。他系統ではホワイトマズル産駒が2着2回、また昨年はケープブランコ産駒のランスオブプラーナが3着に入るなど欧州ノーザンダンサー系に注意。

ディープインパクト産駒はアルジャンナ、ストーンリッジ、トゥルーヴィルの3頭。

きさらぎ賞 母父別系統別データ

  • ダンジグ系【2-1-0-3】
  • フォーティナイナー系【2-0-0-1】
  • エンドスウィープ系【1-1-0-3】
  • デピュティミニスター系【1-1-0-2】
  • ノーザンテースト系【1-1-0-1】

米国型の母父が多いのが特徴。また父がミスプロ系の場合は母父サンデー系しか馬券に絡んでいません。

コースデータ

重賞ナビ

京都競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、京都芝…

きさらぎ賞 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-0-337.5%62.5%
2番人気1-2-3-212.5%75.0%
3番人気1-0-2-512.5%37.5%
4-6番人気3-4-2-1413.0%39.1%
7-9番人気0-0-1-190.0%5.0%
10-番人気0-0-0-50.0%0.0%

小頭数になることが多く、基本的には人気馬優勢。単勝1倍台だと(2-2-0-0)で連対率100%です。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-2-0-512.5%37.5%
2枠0-2-0-60.0%25.0%
3枠3-0-2-337.5%62.5%
4枠1-1-3-411.1%55.6%
5枠0-2-0-70.0%22.2%
6枠1-0-1-711.1%22.2%
7枠1-1-1-710.0%30.0%
8枠1-0-1-99.1%18.2%

小頭数になることが多いものの内枠優勢で、3~4枠の複勝率が高いのが特徴。

馬番データ

  • 偶数枠【1-4-4-24】
  • 奇数枠【7-4-4-24】

昨年のダノンチェイサーは4番枠からの優勝でしたが、それ以前は7年連続で奇数枠に入った馬が優勝しています。3番が(3-0-2-3)と成績が良く、1~5番に入った馬は(5-7-5-29)、6番以降は(3-1-3-25)。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-2-1-412.5%50.0%
先行5-2-2-2116.7%30.0%
差し2-1-3-913.3%40.0%
追込0-3-2-140.0%26.3%

基本的にはスローからの上がり勝負。レースの上がり最速馬は(4-2-2-0)で複勝率100%。

前走上がり3F

  • 1~2位【6-8-4-18】
  • 3位以下【2-0-4-29】

前走上がり3位以下で優勝したのは前走が朝日杯FSのアメリカズカップと前走がシンザン記念のタマモベストプレイ。

前走上がり3位以下はクリノプレミアム、コルテジアの2頭。コルテジアは前走シンザン記念です。

きさらぎ賞 傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦1-0-0-811.1%11.1%
2戦4-3-0-630.8%53.8%
3戦2-3-5-811.1%55.6%
4戦1-2-2-97.1%35.7%
5戦-0-0-1-170.0%5.6%

キャリア2~3戦の成績が良く、キャリア4戦で連対した3頭は全てノーザンF生産馬です。キャリア2~3戦はアルジャンナ、グランレイ、サイモンルモンド、サトノゴールド

生月データ

  • 1月【1-0-1-4】
  • 2月【4-2-1-9】
  • 3月【1-4-4-12】
  • 4月【2-2-0-17】
  • 5月【0-0-2-6】

勝率の高い2月生まれはギベルティ、コルテジア、サトノゴールド、ストーンリッジ

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-1-0-320.0%40.0%
栗東7-7-8-4510.4%32.8%

関東馬で連対したのは1番人気だったルージュバックと2番人気だったグローリーヴェイズ。ギベルティ、クリノプレミアムの2頭が関東馬です。

また池江調教師は過去8年で(4-1-1-1)。4着以下に敗れたのはキャリア1戦だったリグヴェーダ。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-4-5-16】
  • 乗り替わり【2-4-3-32】

2番人気以内+継続騎乗は(3-2-2-0)で複勝率100%。また4番人気以下+乗り替わりは(0-2-2-26)で1着無し。

生産者データ

  • ノーザンF【5-6-2-11】

ノーザンF生産馬は4番人気以内だと(4-5-2-4)。アルジャンナ、ストーンリッジ、トゥルーヴィルの3頭がノーザンF生産馬です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-1-0-20.0%33.3%
440-4593-1-3-1116.7%38.9%
460-4791-3-3-125.3%36.8%
480-4993-1-1-1415.8%26.3%
500-5190-1-1-80.0%20.0%
520-1-1-0-133.3%66.7%

馬格による差はありませんが、近年は馬格がある馬がやや不振。過去5年では480kg未満が(3-4-5-14)、480kg以上が(2-1-0-12)となっています。

前走との馬体重差

  • +体重【2-3-3-22】
  • 増減無【3-1-3-11】
  • -体重【3-4-2-15】

きさらぎ賞 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-0-2-414.3%42.9%
GⅡ・GⅢ1-0-0-109.1%9.1%
オープン2-0-0-340.0%40.0%
1勝3-7-3-1710.0%43.3%
未勝利0-1-3-50.0%44.4%
新馬1-0-0-811.1%11.1%

近年はGⅠ組か1勝クラス組の成績が良く昨年の1~3着馬も前走1勝クラスでしたが、今年は前走1勝クラスが不在と珍しい年になりました。

主な前走

  • こうやまき賞【1-1-0-0】
  • 朝日杯FS【1-0-2-3】
  • 若駒S【1-0-0-2】
  • シンザン記念【1-0-0-2】
  • シクラメン賞【0-3-0-0】
  • エリカ賞【0-2-0-1】
  • 福寿草特別【0-1-2-2】

前走距離

  • 1200m【0-0-0-1】
  • 1400m【0-0-1-3】
  • 1600m【3-1-4-15】
  • 1800m【0-4-1-12】
  • 2000m【5-3-2-16】

前走1800mは過去8年で優勝が無く、1番人気だったダノンマジェスティやサトノアーサーも敗れています。

前走場所

  • 東京【1-0-0-4】
  • 中山【0-0-0-9】
  • 京都【4-2-3-22】
  • 中京【1-1-1-3】
  • 阪神【2-5-3-9】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-3-4-1019.0%52.4%
2番人気2-3-2-516.7%58.3%
3番人気1-1-0-416.7%33.3%
4番人気0-0-2-20.0%50.0%
5番人気0-1-0-80.0%11.1%
6-9番人気1-0-0-137.1%7.1%
10-番人気0-0-0-60.0%0.0%

前走4番人気以内の複勝率が高く、前走6番人気以下で優勝したのは2017年のアメリカズカップで前走は朝日杯FS。

前走未勝利

  • 1番人気【0-1-2-3】
  • 2番人気以下【0-0-1-2】

クリノプレミアムが前走1番人気、サイモンルモンドが前走5番人気です。

前走1勝クラス

  • 2番人気以内【3-5-2-4】
  • 3番人気以下【0-2-1-13】

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着5-5-4-1417.9%50.0%
2着1-1-2-511.1%44.4%
3着1-1-0-320.0%40.0%
4着0-1-0-20.0%33.3%
5着0-0-0-50.0%0.0%
6-9着1-0-1-146.3%12.5%
10-着0-0-1-70.0%12.5%

前走1勝クラス以下が多いため好走馬が中心ですが、重賞組は下位からの巻き返しも見られます。

前走1勝クラス

  • 1着【3-4-1-1】
  • 2~4着【0-3-2-3】
  • 5着以下【0-0-0-13】

前走1着馬は堅実。2~4着馬も馬券にはよく絡んでいますが、前走で0.3秒差以上敗れていると(0-0-0-14)。

きさらぎ賞 データまとめ

  • 父サンデーサイレンス系が中心、ディープ産駒が抜群
  • 1~2番人気馬は堅実、単勝1倍台は連対率100%
  • 小頭数でも内枠優勢、奇数枠の勝率が高い
  • 前走上がり2位以内が優勢
  • キャリア2~3戦の複勝率が高い
  • 2番人気以内+継続騎乗○
  • 池江調教師の成績が抜群
  • ノーザンF生産馬は安定
  • 近年は馬格がある馬が不振
  • 前走1800m組は2着が多い
  • 前走4番人気以内・4着以内の成績が良い

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

きさらぎ賞 注目馬

※1週前の登録時点での予想です。

アルジャンナ

人気が予想されるディープインパクト産駒という点だけで買えますが、ノーザンF生産馬でキャリア2戦、馬体も460kg前後と近年の好走傾向に当てはまっています。川田騎手の継続騎乗予定も好材料で、単勝1倍台ならデータ的に連は確実。

前走1800mは過去8年で優勝がありませんが、東スポ杯で戦った馬のその後を見てもレースレベルは高いと思われます。またこのレースで抜群の成績を誇る池江厩舎という点が何よりのプラス要素。

 

サトノゴールド

1週前の古馬3勝クラス飛鳥Sでは1~2着が父サンデー系×母父ミスプロ系。1着バイオスパークの父はオルフェーヴル、2着アシュリンの母父はフサイチペガサスと血統的に似ています。シルクロードSでも普段はミスプロ系が強いコースですが今年は1着、3着が父サンデー系。サンデー系やステイゴールド系は今の京都では要注意です。

アルジャンナと同じく前走1800mは割引きですが、今年は1勝クラス組不在と珍しい年なので参考程度でも良いかと思います。当日3番人気以内なら乗り替わりでも問題ありません。

 

ギベルティ

キャリア1戦の関東馬と他馬に比べると買い要素は少ないものの、サトノゴールドと同じく父ステイゴールド系×母父ミスプロ系という血統は今の京都には合っています。武豊騎手の継続騎乗を予定しているのも好材料。

ただキャリア1戦馬や前走中山など割引き要素も多く、調教や枠順次第。同じくキャリア1戦で優勝したサトノフェイバーや500kg以上で好走した馬は馬番2~5番に固まっているのでこの辺りに入れば。

 

その他

グランレイは朝日杯で上がり最速の3着でコース経験もあり、池添騎手がデビュー以来ずっと手綱を取っている点は好感が持てますが、非サンデー系なので割引き。

ストーンリッジは前走上がり33.1秒でディープ産駒らしくスローからの上がり勝負は合っていそうです。母父デピュティミニスター系はポルトドートウィユなどの好走例もありますが、ここよりは弥生賞で狙いたい血統。

テキストのコピーはできません。