神戸新聞杯2021予想|過去の傾向とデータ分析

神戸新聞杯【GⅡ】
2021/9/26(日)
中京競馬場・芝2200m

過去8年分の神戸新聞杯のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

神戸新聞杯 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 シャフリヤール
2番人気 ステラヴェローチェ
3番人気 キングストンボーイ
4番人気 ワンダフルタウン
5番人気 レッドジェネシス

参考:netkeiba.com

圧倒的な人気が予想されるのはダービー馬シャフリヤール。2番人気には皐月賞・ダービー共に3着のステラヴェローチェが続き、予想オッズではこの2頭が抜けています。

離れた3番手には青葉賞2着のキングストンボーイ、青葉賞など重賞2勝を挙げているワンダフルタウン、同コースの京都新聞杯勝ちのレッドジェネシス、中京開催の白百合Sを勝ったセファーラジエルなどが続きます。

神戸新聞杯 コース&血統分析

中京芝2200m【2勝クラス以上】参考データ

中京芝2200mの特徴

中京芝2200mは直線入り口あたりからのスタート。芝2000mよりもコーナーまでの距離が長く直線の上り坂もあるため、先行争いはあまり激しくならずペースが落ち着きやすいのが特徴です。最後の直線は高低差2.0mの急坂があり、坂を上ったラスト200m強はほぼ平坦となっています。

主に2勝クラス以下で使われるコースですが、ここを勝った馬はムスカテールやパフォーマプロミス、リオンリオンなど後に2200m以上の重賞で活躍する馬も多く見られます。

重賞ナビ

中京競馬場・芝2200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中京芝…

神戸新聞杯 父系統別データ

  • ディープインパクト系【8-1-4-33】
  • ロベルト系【7-5-1-13】
  • ステイゴールド系【3-6-2-28】
  • キングカメハメハ系【3-5-6-28】
  • ハーツクライ系【2-3-1-18】

勝率ではディープインパクト産駒がトップで今年の京都新聞杯をレッドジェネシスが、昨年の神戸新聞杯をコントレイルが勝っています。ロベルト系も京都新聞杯でルペルカーリアが2着、日経新春杯でミスマンマミーアが2着など複勝率は抜群。

他ではハーツクライやエピファネイア産駒も好調で、ルーラーシップ産駒は2着が多くキングカメハメハ産駒は3着が多いのが特徴。

神戸新聞杯 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【8-9-4-57】
  • ロベルト系【3-3-5-18】
  • キングカメハメハ系【3-1-3-8】
  • ディープインパクト系【2-1-2-5】
  • ミスタープロスペクター系【3-2-0-28】
  • グレイソヴリン系【1-0-4-10】

父系同様ロベルト系は全体的に複勝率が高いのが特徴。近年はキングカメハメハ、ディープインパクトの2頭が大きく成績を伸ばしており、特に母父キングカメハメハは日経新春杯1着のショウリュウイクゾなど人気薄での好走も目立ちます。

神戸新聞杯 傾向データ①

中京芝2200m【2勝クラス以上】参考データ

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-0-2-276.5%12.9%
2枠5-3-1-2315.6%28.1%
3枠1-4-5-223.1%31.3%
4枠4-4-2-2511.4%22.9%
5枠2-3-5-285.3%26.3%
6枠2-6-5-284.9%31.7%
7枠3-3-5-386.1%22.4%
8枠8-4-2-3715.7%27.5%

1枠は比較的人気馬が多かったものの成績は振るわず、人気より好走しやすいのは3~5枠。

また昨年の神戸新聞杯、今年の日経新春杯では共に3枠5番に入ったロバートソンキー、ミスマンマミーアが2桁人気で好走。人気薄は特に4~7番からの好走が目立ちます。

馬番データ

  • 偶数馬番【18-15-9-106】
  • 奇数馬番【9-12-18-122】

馬番では6番が(4-3-4-16)、4番が(4-4-2-17)、5番が(1-5-4-17)と複勝率40%前後。また偶数馬番の連対率が高く、昨年から代替で開催された神戸新聞杯、京都新聞杯、日経新春杯はいずれも偶数馬番に入った馬が優勝しています。

6番人気以下

  • 1~7番【3-2-10-87】
  • 8~16番【2-1-1-68】

小頭数になるレースが多い影響もありますが、外寄りに入った人気薄は苦戦しています。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ3-4-4-1611.1%40.7%
先行12-11-11-5413.6%38.6%
差し9-8-10-798.5%25.5%
追込3-4-2-763.5%10.6%
マクリ0-0-0-30.0%0.0%

レースの上がり3位以内の成績が(22-19-14-32)に対して上がり4位以下は(5-8-13-196)と大きな差があります。

条件戦では能力のある逃げ・先行馬が押し切る形が多いものの重賞になると差し馬の成績が良く、昨年のヴェルトライゼンデは4角16番手から2着に入っています。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4392-1-0-218.3%12.5%
440-4596-5-5-4010.7%28.6%
460-4797-3-9-529.9%26.8%
480-4996-5-7-587.9%23.7%
500-5192-12-4-383.6%32.1%
520-4-1-2-1915.4%26.9%

牡馬は小柄な馬の出走は少ないものの、昨年のムーンライトHで430kg台のアドマイヤビルゴが勝つなど馬格の影響はそれほどありません。

神戸新聞杯 傾向データ②

神戸新聞杯 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気6-1-0-175.0%87.5%
2番人気1-2-1-412.5%50.0%
3番人気1-2-2-312.5%62.5%
4-6番人気0-1-2-210.0%12.5%
7-9番人気0-2-2-190.0%17.4%
10番人気-0-0-1-420.0%2.3%

過去8年で1番人気馬が6勝を挙げており、3番人気以内は堅実です。単勝オッズが3.0倍を切ると(7-2-0-1)と鉄板。唯一4着以下に敗れたのは出遅れた2018年のエポカドーロ。シャフリヤールは単勝3.0倍を切る1番人気はほぼ確実と思われます。

ただし昨年は14番人気のロバートソンキーが3着に入り、17番人気のターキッシュパレスが5着。阪神よりは紐荒れする可能性はありそうです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-0-1-612.5%25.0%
栗東7-8-7-836.7%21.0%
地方0-0-0-10.0%0.0%

関東馬の出走は多くありませんが2017年のレイデオロが1番人気で優勝、昨年のロバートソンキーが14番人気で3着。今年はキングストンボーイのみが関東馬です。

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
-4戦0-0-2-50.0%28.6%
5戦4-1-3-726.7%53.3%
6戦2-2-0-1311.8%23.5%
7戦1-3-3-184.0%28.0%
8戦-1-2-0-472.0%6.0%

好走馬はキャリア5~7戦に固まっており、8戦以上で優勝したのは2014年のワンアンドオンリーで前走ダービー優勝+当日1番人気。

ダービー組はキャリア5戦が(4-1-2-4)、6~7戦が(2-3-0-13)とキャリア5戦馬の成績が目立ちます。今年はシャフリヤールがキャリア4戦という点が過去の好走馬とは異なる点です。

騎手データ

  • 継続騎乗【6-5-7-41】
  • 乗り替わり【2-3-1-49】

継続騎乗組の成績が良く、乗り替わりはノーザンF生産馬が(2-2-1-12)、他生産馬が(0-1-0-37)。またルメール騎手は過去8年で4回騎乗し全て優勝しています。

生産者データ

  • ノーザンF【6-5-4-16】
  • ノースヒルズ【2-0-0-1】

ノーザンF生産馬が圧倒的に強く当日1番人気で(4-1-0-0)、2~3番人気でも(2-3-2-2)と堅実です。有力馬ではシャフリヤール、ステラヴェローチェ、レッドジェネシス、ワンダフルタウンがノーザンF生産馬。

神戸新聞杯 前走データ

神戸新聞杯 過去8年のデータ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ7-5-2-2816.7%33.3%
GⅡ0-0-0-30.0%0.0%
GⅢ0-0-1-50.0%16.7%
オープン0-0-2-70.0%22.2%
3勝1-0-0-325.0%25.0%
2勝0-3-2-270.0%15.6%
1勝0-0-1-140.0%6.7%

ダービー組の成績が圧倒的で、唯一前走3勝クラスで優勝したのは2015年のリアファル。この年は実績上位馬がリアルスティールくらいでやや手薄なメンバーでした。

主な前走

  • 日本ダービー【7-5-2-26】
  • マレーシアC【1-0-0-0】
  • 信濃川特別【0-1-1-3】
  • HTB賞【0-1-0-1】
  • ラジオNIKKEI賞【0-0-1-4】

前走距離

  • 1600m【0-1-0-0】
  • 1800m【0-0-3-14】
  • 2000m【1-2-3-23】
  • 2200m【0-0-0-5】
  • 2400m【7-5-2-30】
  • 2500m~【0-0-0-14】

前走場所

  • 東京【7-5-2-30】
  • 中山【0-0-0-3】
  • 京都【0-0-1-6】
  • 阪神【0-0-1-4】
  • 中京【1-1-0-1】
  • 札幌【0-1-0-14】
  • 函館【0-0-0-5】
  • 福島【0-0-1-4】
  • 新潟【0-1-2-8】
  • 小倉【0-0-1-13】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-2-1410.0%30.0%
2番人気2-2-3-159.1%31.8%
3番人気2-0-1-622.2%33.3%
4番人気0-1-0-40.0%20.0%
5番人気2-0-1-916.7%25.0%
6-9番人気0-0-1-190.0%5.0%
10番人気-0-3-0-220.0%12.0%

前走ダービーで3番人気以内だった馬は過去8年に限れば連対率100%。前走がダービー以外だった馬は前走5番人気以内がほぼ必須です。

前走日本ダービー

  • 3番人気以内【6-2-0-0】
  • 4番人気以下【1-3-2-24】

今年のダービー組はいずれも前走4番人気以下です。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着5-3-1-2415.2%27.3%
2着2-0-4-1111.8%35.3%
3着0-2-0-90.0%18.2%
4着1-2-0-512.5%37.5%
5着0-0-0-30.0%0.0%
6-9着0-0-2-160.0%11.1%
10着-0-1-1-210.0%8.7%

ダービーで4着以内だった馬は堅実です。ダービー時点での差を埋めるのは難しく、2000m時代や中京・京都で代替開催となった年など平成以降を振り返っても前走ダービーで6着以下だった馬の優勝はありません。

前走日本ダービー

  • 1~2着【6-0-0-1】
  • 3~4着【1-4-0-2】
  • 5着以下【0-1-2-22】

シャフリヤールが前走ダービー1着、ステラヴェローチェが3着、ワンダフルタウン、レッドジェネシスが5着以下です。

前走条件戦

  • 1着【1-3-0-23】
  • 2着【0-0-3-6】
  • 3着以下【0-0-0-16】

条件戦組ではモンテディオが前走1着。

神戸新聞杯 データまとめ

買いデータ

ディープインパクト産駒、父ロベルト系
母父ロベルト系、キングカメハメハ
1番人気または単勝オッズ2.9倍以内
当日3番人気以内+ノーザンF生産馬
前走ダービーで3番人気+4着以内

消しデータ

当日6番人気以下+馬番8番以降
キャリア8戦以上
ノーザンF生産馬以外で乗り替わり
前走ダービー以外で6番人気以下
前走条件戦で3着以下

神戸新聞杯 予想

1週前の登録時点での予想です
◎シャフリヤール
○ステラヴェローチェ
▲ワンダフルタウン
△キングストンボーイ
△レッドジェネシス

シャフリヤールはキャリア4戦という点のみ気になりますが前走ダービー優勝にノーザンF生産馬、福永騎手の継続騎乗と過去の好走馬と見比べても遜色ありません。ただアルアインの全弟という血統や過去2戦レコード勝ちという内容から中京芝2200mはベストではなさそうで、タフな馬場になると不安も。

ステラヴェローチェは皐月賞・ダービー共に人気以上の好走で3着とこちらもデータ的には特に問題はありません。ただし同じ左回りの東京では好走していますが、血統的には母父ディープは近年コース成績が良いものの、バゴ産駒は中京芝は苦手としています。

ワンダフルタウンも同じく母父ディープ。ダービー10着は割引きですがルーラーシップ産駒は2着が多いものの複勝率は悪くなく、中京は合いそうです。ダービー以外では3着以内を外していない安定感も魅力。

キングストンボーイは前走青葉賞というローテが少ない分割引きですが、ルメール騎手のコース複勝率は抜群。またドゥラメンテ産駒はクラスが上がると小頭数のレースの成績が良く、登録11頭のここは狙い目です。

レッドジェネシスはコース実績があり、乗り替わりですがノーザンF生産馬なので問題ありません。ただキャリア8戦は割引きです。

テキストのコピーはできません。