小倉記念2021予想|過去の傾向とデータ分析

小倉記念【GⅢ】
2021/8/15(日)
小倉競馬場・芝2000m

過去8年分の小倉記念のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

小倉記念 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ファルコニア
2番人気 ヴェロックス
3番人気 ダブルシャープ
4番人気 ショウナンバルディ
5番人気 モズナガレボシ

参考:netkeiba.com

条件戦を着実に勝ち上がりエプソムCで3着に入ったファルコニアが予想オッズ1番人気。2番人気には休み明けのエプソムCを4着と好走したヴェロックス、3番人気には不知火Sを勝ったダブルシャープが推されています。

4番手以下は鳴尾記念、七夕賞共に人気薄で馬券圏内に好走したショウナンバルディ、佐渡S3着のモズナガレボシ、不知火Sで2着に入ったグランスピード、昨年の優勝馬アールスターなどが続きます。

小倉記念 コース&血統分析

小倉芝2000mの特徴

小倉芝2000mはスタンド前直線のポケットからのスタートで、1800mに最初の直線を200m後ろに下げたコースです。

1コーナーまでの距離が十分にあるためポジション争いが激しくなり前半のペースはやや速めになります。1800mに比べると逃げ馬の成績が落ち、差しが届きやすくなっています。

重賞ナビ

小倉競馬場・芝2000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、小倉芝…

小倉記念 父系統別データ

  • ディープインパクト系【2-3-2-17】
  • キングカメハメハ系【2-1-0-3】
  • サンデーサイレンス系【2-0-1-22】
  • ハーツクライ系【1-1-1-4】
  • ダンジグ系(欧)【0-3-0-6】

ディープインパクト、ハーツクライ産駒は安定していますが2019年、2020年はキングカメハメハ系が優勝。ハービンジャー産駒は2着3回と勝ち切れませんが複勝率は優秀です。

小倉記念 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-4-1-20】
  • グレイソヴリン系【2-0-1-3】
  • サドラーズウェルズ系【2-0-1-3】
  • ニジンスキー系【1-0-0-4】
  • ロベルト系【0-1-1-12】
  • デピュティミニスター系【0-1-1-5】

グレイソヴリン系は全てトニービンですが、ネヴァーベンド系やレッドゴッド系などナスルーラ系は全体的に安定。サドラーズウェルズ系やニジンスキー系などの欧州型ノーザンダンサー系も好調です。

サンデー系ではサンデーサイレンス自身やダンスインザダークの成績が良く、ミスプロ系は相性が良くありません。

小倉記念 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-1-80.0%11.1%
2枠1-0-2-710.0%30.0%
3枠3-1-1-725.0%41.7%
4枠0-2-1-110.0%21.4%
5枠0-1-1-140.0%12.5%
6枠2-2-1-1112.5%31.3%
7枠0-1-0-150.0%6.3%
8枠2-1-1-1311.8%23.5%

3枠は昨年10番人気で優勝したアールスター、13番人気3着のアウトライアーズで回収値を大きく上げています。

また昨年は馬番1~7番までの馬が掲示板を占め、1番人気ランブリングアレー、2番人気サトノルークスは2桁馬番で6着以下。近年は1桁馬番に入った馬が優勢です。

馬番データ

  • 偶数馬番【3-3-4-43】
  • 奇数馬番【5-5-4-43】

当日6番人気以下は偶数馬番が(0-0-2-28)、奇数馬番が(3-3-1-33)。

4歳馬

  • 1~4枠【0-0-0-9】
  • 5~8枠【4-2-0-9】

4歳馬は人気に推される事が多いのですが、好走馬は5枠以降に固まっています。ただ近年は内枠優勢のため、馬番が外過ぎても微妙。メールドグラースは6枠8番、トリオンフは8枠11番と10番前後に好走馬が多いのが特徴。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-2-70.0%22.2%
先行4-2-3-2013.8%31.0%
差し3-2-2-317.9%18.4%
追込1-3-1-273.1%15.6%
マクリ0-1-0-10.0%50.0%

1分57秒前後の高速決着になることが多く、直線に坂もないため前が止まりにくいコースです。

前走4角位置

  • 3番手以内【1-0-4-25】
  • 4番手以下【7-8-4-61】

前走4角3番手以内で好走した5頭はいずれも当日5番人気以内。今年はグランスピードのみが前走4角3番手以内でした。

前走上がり3F

  • 1~3位【3-4-1-25】
  • 4~5位【1-2-2-10】
  • 6位以下【4-2-5-50】

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-50.0%0.0%
440-4591-2-4-125.3%36.8%
460-4790-3-1-210.0%16.0%
480-4993-3-3-1910.7%32.1%
500-5193-0-0-1516.7%16.7%
520-1-0-0-146.7%6.7%

暑い時期になるためか500kgを超える大型馬は複勝率としてはイマイチで、500kg以上で優勝した4頭はいずれも8月に行われたレースでの連対実績がありました。

当日5番人気以内だと480~499kgが(2-3-2-3)複勝率70%と安定しています。有力馬ではヴェロックス、ダブルシャープが前走時480~499kg。

前走との馬体重差

  • +体重【6-6-2-37】
  • 増減無【1-1-1-17】
  • -体重【1-1-5-32】

当日5番人気以内はプラス体重だと(5-5-2-9)、±0kg以下だと(0-0-3-16)と連対がありません。

小倉記念 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-0-1-525.0%37.5%
2番人気0-3-1-40.0%50.0%
3番人気2-0-1-525.0%37.5%
4-6番人気2-5-4-138.3%45.8%
7-9番人気0-0-0-240.0%0.0%
10番人気-2-0-1-355.3%7.9%

昨年は10番人気以下の大穴が2頭馬券に絡み大荒れとなりましたが、過去8年で見ると6番人気以内で決まることが多いレースです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦0-1-2-60.0%33.3%
栗東8-7-6-807.9%20.8%

ほぼ関西馬ですが、関東馬でも特に割り引く必要はありません。また池江調教師は(1-4-1-10)。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-2-0-00.0%100.0%
4歳4-2-0-1717.4%26.1%
5歳3-4-3-2010.0%33.3%
6歳0-0-4-240.0%14.3%
7歳-1-0-1-253.7%7.4%

5歳以下の成績が良く、7歳で好走した2頭はいずれもディープインパクト産駒。

キャリアデータ

  • 10戦以下【0-2-0-6】
  • 11~20戦【7-5-2-18】
  • 21戦以上【1-1-6-62】

キャリア別に分けると11~20戦の複勝率が抜群に高く、キャリア21戦以上が3着に入ることが多いのが特徴です。またキャリア21戦以上で連対したのもディープ産駒。

イロゴトシ、スーパーフェザー、ヒュミドール、ファルコニア、モアナアネラ、ヴェロックスがキャリア11~20戦。

騎手データ

  • 継続騎乗【0-2-6-27】
  • 乗り替わり【8-6-2-59】

3場開催のため乗り替わりが多いレースですが、過去8年の優勝馬は全て乗り替わり。和田騎手、武豊騎手、川田騎手あたりが好成績。

生産者データ

  • ノーザンF【1-4-1-18】
  • 社台F【1-0-2-8】
  • 社台白老F【0-3-1-8】

社台系生産馬はまとめると2着が多いのが特徴。いずれも人気薄での好走があり穴でも注意。グランスピード、スーパーフェザー、ファルコニア、モアナアネラ、ヴェロックスが社台系の生産馬です。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-52.01-0-0-137.1%7.1%
53.02-1-1-1411.1%22.2%
54.01-2-2-155.0%25.0%
55.00-1-1-180.0%10.0%
56.01-3-1-135.6%27.8%
57.0-57.53-1-2-1117.6%35.3%
58.0-0-0-1-20.0%33.3%

56kg以上の複勝率が僅かに高いものの、53~54kgの好走も多く斤量自体はそれほど重要ではありません。

前走との斤量差

  • +斤量【2-2-2-5】
  • 増減無【1-2-2-46】
  • -斤量【5-4-4-35】

斤量の増減がある馬の複勝率が高く、特に今回1.0~1.5kg増になる馬は(2-1-2-3)。また前走2000mで今回斤量減になる馬が(4-1-2-13)とこちらも好成績。

小倉記念 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-3-1-411.1%55.6%
GⅡ0-0-0-30.0%0.0%
GⅢ4-3-6-466.8%22.0%
リステッド0-0-0-30.0%0.0%
オープン0-1-0-150.0%6.3%
3勝3-1-1-1316.7%27.8%

鳴尾記念や七夕賞など2000mの重賞組が中心です。オープン特別組は人気馬が少ない影響もあり成績はイマイチで、3勝クラスを勝ってきた勢いのある馬の方が人気・好走しやすい傾向。

主な前走

  • 鳴尾記念【3-0-0-3】
  • 天皇賞・春【1-1-0-1】
  • 七夕賞【1-0-4-31】
  • マレーシアC【1-0-0-5】
  • エプソムC【0-1-1-1】

前走距離

  • ~1600m【0-0-0-8】
  • 1800m【0-3-1-15】
  • 2000m【7-3-6-50】
  • 2200m【0-0-1-4】
  • 2400m【0-1-0-1】
  • 2500m~【1-1-0-4】

前走2200m以上で馬券に絡んだ4頭はいずれも前走GⅠ。

前走場所

  • 東京【0-3-1-8】
  • 中山【0-1-0-0】
  • 京都【1-1-1-3】
  • 阪神【4-0-2-19】
  • 中京【2-1-0-10】
  • 函館【0-1-0-2】
  • 福島【1-0-4-40】
  • 新潟【0-1-0-3】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-0-1-342.9%57.1%
2番人気1-0-1-810.0%20.0%
3番人気0-0-0-70.0%0.0%
4番人気0-1-0-60.0%14.3%
5番人気1-1-1-98.3%25.0%
6-9番人気2-3-3-226.7%26.7%
10番人気-1-3-2-312.7%16.2%

前走1番人気の成績が良く、重賞組は下位人気だった馬でも問題ありません。

前走重賞(2000m)

  • 1番人気【2-0-1-0】
  • 2~5番人気【0-0-1-16】
  • 6番人気以下【2-3-3-24】

前走が2000mの重賞で1番人気だった馬は好走していますが、2~5番人気だった馬が不振。唯一3着に入ったのは2014年のメイショウナルトで前走七夕賞で1着でした。

今年は前走が2000mの重賞だった馬はアールスター、ショウナンバルディの2頭ですがいずれも前走6番人気以下。

前走3勝クラス

  • 5番人気以内【3-1-1-8】
  • 6番人気以下【0-0-0-5】

グランスピード、ダブルシャープが前走3勝クラスで5番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-2-3-135.3%31.6%
2着2-0-0-625.0%25.0%
3着0-1-0-30.0%25.0%
4着1-0-1-416.7%33.3%
5着0-0-1-70.0%12.5%
6-9着3-3-1-288.6%20.0%
10着-1-2-2-253.3%16.7%

前走5着以下から巻き返しているのは大半が重賞組。また前走重賞で1着だと(1-1-2-2)。

前走2000m

  • 4着以内【4-1-4-15】
  • 5着以下【3-2-2-35】

イロゴトシ、ショウナンバルディが前走2000mで4着以内。

5歳馬

  • 4着以内【1-3-2-3】
  • 5着以下【2-1-0-17】

ショウナンバルディ、ヴェロックスが前走4着以内の5歳馬。

小倉記念 データまとめ

買いデータ

ディープインパクト、ハーツクライ産駒
母父グレイソヴリン系、欧州型ノーザンダンサー系
当日5番人気以内+480~499kg
キャリア11~20戦
前走重賞で1番人気+1着
前走4着以内の5歳馬

消しデータ

当日6番人気以下+偶数馬番
4歳馬+1~4枠
前走4角3番手以内(3着まで)
8月好走実績が無い500kg以上の馬
当日5番人気以内+馬体重±0kg以下(3着まで)

小倉記念 予想

1週前の登録時点での予想です
◎ヴェロックス
○フェルコニア
▲アールスター
△ショウナンバルディ
△グランスピード
△ダブルシャープ

ヴェロックスは当日3番人気以内+馬体重480~499kg、キャリア14戦、前走4着以内の5歳馬と複勝率の高いデータに一通り当てはまります。過去の戦績を考えるとワンターンの東京からコーナー4つの小倉に替わるのはプラス。ただ小倉大賞典のようにタフな馬場になると不安もあります。

ファルコニアはコース成績の良いディープ産駒にコース成績抜群の川田騎手を想定。近走の内容から人気が予想されますが、やや馬格に欠ける点と母父ミスプロ系は割引き。また3歳時に勝っているコースですが、どちらかと言えば広く直線の長いコースでの実績が多い点も気になります。

アールスターは昨年の優勝馬なので500kg台の馬体でも問題無し。今年は2000m組が少ないためローテ的にプラス。戦績にはムラがありますが小倉では安定しており、ロードカナロア産駒の間隔もクリア。キャリア21戦以上の6歳馬なのでデータ的には3着狙い。

ショウナンバルディは母父が欧州型ノーザンダンサー系、前走七夕賞3着と大きな割引き要素はありませんが、アールスターと同じくキャリア21戦以上、また馬格に欠けるためこちらも2~3着狙いが無難。

他ではキャリア10戦ですが8月の小倉での勝利実績を持つグランスピード、6歳馬ですが小倉・また小回り実績豊富なダブルシャープ

テキストのコピーはできません。